人気ブログランキング |
 ”おいしい豚肉”   まきばのホームページはこちら →


uonumamakibaをフォローしましょう


オモシロおいしい魚沼をお届け中
by ランチェスター戦略実践肉屋(有)まきば 桑原一成
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

タグ:豚肉紹介 ( 407 ) タグの人気記事

【朗報】ライフサイクル曲線を意識すると自分をコントロールしやすくなる件【浮かれず・落ち込まず】


【朗報】

ライフサイクル曲線を意識すると

自分をコントロールしやすくなる件

【浮かれず・落ち込まず】


f0121909_19383857.png


皆さん今日もお疲れ様です。


日々ライフサイクルを意識して日々淡々と行動しています。


今日こんなツイートをしました。



ツイート


商品のライフサイクル曲線は人の一生に置き換えられる

・導入期(デビューしたての下積み時期)

・成長期(かけた労力と共に実力が伸びる時期)

・成熟期(伸びは鈍化、競争は激化)

・衰退期(伸びはマイナス、消える人続出、差別化できねば撤退あるのみ)

これをイメージ

辛さに耐え

好調に浮かれず


ツイートの内容について詳しく書いてゆきます。


自分の立ち位置をイメージできると一喜一憂しなくなります。


⚫️その場の雰囲気に流されると、


 のちのちシンドイ話し


自分の現在位置を俯瞰せずにその場のノリで動くと結構シンドイかもです。


■商品のライフサイクルの原則が


 人生にメチャメチャ当てはまると気づいた


皆さん商品のライフサイクルの原則って知ってますか。


f0121909_19061548.gif

・導入期


 商品が発売されたばかりでまだ世間は知られておらず。


 世間に知ってもらうのに多くのお金と人が必要です。


 まだ売れていないけれど多くの経費がかかるので商品は少数に絞ります。


・成長期 世間にどんどん普及してゆく段階です。


 この段階では、継続して普及させるためにまだまだお金と人が必要な段階です。


・成熟期


 世間に広く普及されてみんながほぼ持っている状態。


 なので伸び率は低下。


 それでも各社競って販売するために価格が下がってきます。


 プラス、種類も豊富に。


 そんな中で利益を出して生き残るために差別化が必要になります。


・衰退期


 ピークを過ぎて商品自体の市場が減ってゆきます。


 利益を出せるのは上位の一握りの会社のみ。


 続けていけなくなった会社は撤退。競合他社がどんどんと減ってゆきます。


■芸能人にライフサイクルの原則に当てはめて考えてみた


芸能人の方には申し訳ないですがわかりやすいので、ライフサイクルの原則を芸能人にたとえてみたいと思います。


・導入期


 売り出し中でまだ誰にも認知されていません。


 オーディションを受けたり、地方の営業に出かけたり、SNSで情報発信したりと少しでも自分を売り込もうと出れるところに積極的に出てゆきます。


 しかし、この導入期から成長期に入れる人はごくわずかです。


・成長期


 苦節の年月が報われてめでたくM1の本選へ出場!


 念願のCDデビュー!


 ゴールデンタイムのドラマから役がもらえた!


 まだ認知度がどんどん上がってゆきます。


 ただ、まだ知らない人たちは多いので引き続き広告を打ち、活動を行ってゆきます。


・成熟期


 世間での認知度がピークとなり、ほとんどの人が知る存在になります。


 レギュラー番組を数本抱える売れっ子。


 音楽ダウンロードトップ10入り


 映画の主演をゲット。


 テレビやネットで見ない日はありません。


 人気は絶頂。


 ただ、人前に出る頻度が上がる=「飽き」につながるという側面があります。


・衰退期


 新しい人たちが現れ、そちらに人気が移行します。


 また今までファンだった人たちも年齢を重ねることでライフステージが変わり、結果嗜好も変わってゆきます。


 テレビに出る頻度も少しずつ減ってゆき、徐々に見る機会がなくなってきます。


 20○○年を振り返る的な番組とかで久しぶりに映像が流れ、「なつかしぃ〜」ってなります。


 この時期に、もう一度話題を集めようと衝撃的な話題を振りまくということがありますが(ワイドショーネタ)、一瞬話題となりますがやはり真の需要は低いため、パッっと光ってシュッっと消えてしまうケースが多いように思います。


■社運をかけた商品に

 ライフサイクル原則を当てはめて考えてみた


 次に、社運をかけた商品にライフサイクルの原則を当てはめてみます。


 今回は資金力の乏しい零細企業(仮に我が社)を例に考えてみます。


・導入期


 魚沼の雪を使った天然冷蔵庫「雪室」で低温熟成させたジャガイモを使った甘味たっぷり食感なめらかな「雪室ジャガイモコロッケ」を開発しました。


 ちなみに揚げ調理済みの冷凍品。


 電子レンジでチンするだけの簡単調理。


 しかも揚げたてサクサクな食感です。


 でも誰も知りません。


 この商品以外にもメンチカツやトンカツなどいろんな商品がありますが、みんなに知ってもらうための営業活動やサンプルの提供など多くの経費がかかってしまうので、まずは一番特徴のあるこの商品1種類に絞ることにしました。


 ホームページ、SNSでのPR、既存取引先への営業活動などなど。


 PRして3ヶ月たち、サンプル代や営業の交通費、人件費など多くかかっていますがまだ売り上げはほとんどありません。


 でも継続して地道にPR活動を続けてゆきます。


・成長期


 あるお客様に提案したところ、雪室でジャガイモを低温熟成させているという珍しさ、食べてみて実際に美味しいこと、またレンジアップなのにサクサクとした食感に驚いてくださり見事導入決定。


 さらに、これに続けとばかり今まで提案した他のお客様でもどんどんと企画が決まってゆきました。


 また、今まで1種類の味だったけどお客様から様々な要望をいただき味のバリエーションも5種類に増えました。


 しかし、まだ導入に至っていないお客様も多数。


 引き続き、サンプルを配り、出張して訪問営業を重ねて普及を図ってゆく必要があります。


 ここが踏ん張りどころです。


・成熟期


 商品を提案して丸3年経ちました。


 おかげさまでほぼ全てのお得意先様に採用をいただくことができました。


 するとこの商品の評判を聞きつけた同業他社も同じ雪室ジャガイモコロッケを作り始めました。


 さらに、会社規模が大きく機械化されているので価格は我が社の1/2。


 また、今まで我が社では作っていなかった味のラインナップを揃えてきた。


 結果、価格は下がり種類は増え利益率は下がります。


・衰退期


 多くの同業他社が参戦した雪室ジャガイモコロッケ。


 価格は下がり、種類も多くなりすぎました。


 価格が下がるとともにおいしくない商品も増え、消費者がどんどん離れて行きました。


 結果、ほとんどの会社が儲からなくなり撤退。


 雪室ジャガイモコロッケの市場は無くなってしまいました。


⬛️しかし奇跡的に生き残ることができるケース


以上のように、競合他社が多数参加すると特別感のあった商品はコモディティ化(一般化)されて価値が低くなり消えていくというケースを見てきました。


これを未然に防ぐ方法があります。


差別化です。


売れるとわかり周りが大量生産し、価格を下げ、バリエーションを増やしている時に、一貫して品質と売り先の差別化を図ったとします。


そもそも雪室で熟成させたジャガイモってそうたくさんないのでその時点ですでに差別化してます。


また、安く大量に販売するという誘いは丁重にお断りし、商品の品質や作り手の思いに共感してくれて価値を認めてくれるお客様に限定する。


すると、販売量は限られますが継続して取り扱いをしてくださいます。


例えば、日本酒とかでこれ以上は作れないと言い頑なに自分の納得のゆく酒造りをしている蔵元とか。


零細企業の生き残る道ですね。


それと逆なのが松下幸之助さんの水道学理論(だったっけ?)。


水道の水のように可能な限り安くすることで広く世間に普及してみんなの生活が豊かになる。


これは大手さんが取るべき手段ですね。


すらばしい考えですが、零細企業がやっちゃうと電話帳から社名が消えてしまうでしょう。


⚫️ライフサイクル曲線を意識すると

 自分をコントロールしやすくなる件


すいません、ようやく本題にたどり着きました。


今まで話してきたライフサイクル曲線を意識すると自分んをコントロールしやすくなります。


仕事も人生も山あり谷ありです。


山になると嬉しいし浮かれます。


逆に谷は、めちゃくちゃ凹みますし精神的にキツイ。


そんな時ライフサイクル曲線を意識すると、客観的に自分の位置がイメージできます。


例えば、頑張っても頑張っても全く成果が出ない時。


(まだ初めて3ヶ月目。


 自分は今導入期の真っ只中。


 しんどいのに成果は全然でないけど、この導入期を抜けることができたら成長期に入ることができる。)


そう思うとしんどいのも結構頑張って続けられます。


逆に、今までの苦労が実って商品の受注が増えて仕事は大忙しの時。


売り上げも順調に増え気分がとってもいい状況です。


そんな時ライフサイクル曲線を意識すると、


(もう少ししたら今売れている商品は、成熟期に突入してしまう。


 ライバルが出てきて価格競争になるかもしれない。


 お客さんに飽きられはじめる危険性もある。


 だったら今の好調なうちに第二第三の商品を投入して今出ている利益を新商品の導入期を乗り越えるために使おう。)


こう考えると、今がいいからちょっといい車を買っちゃおうかなとか贅沢しちゃおうかなという横道にそれる気持ちがなくなります。


辛くても悲観しすぎす、楽しくても浮かれず。


ライフサイクル曲線は、明太マヨのようにいろんなものにマッチします。

by ma-ki-ba | 2019-08-18 21:06 | 営業物語 | Comments(0)

仕事も生活も上手くいっている人は会計思考であると思う話し【続き】

⚫️売り上げと利益を最大にするための会計思考

 売り上げを取るか、利益を取るか、

 バランスできるか


▪️オープン初日の結果やいかに

f0121909_13550627.jpg
ベーカリー吉本午前7:00オープンと同時にお客さんが店舗に押し寄せました。


商品はお好み焼屋「千房」店長時代に好評だったお好み焼きの味を楽しめるお好み焼きパン。


1個100円。


この日は1200個用意。


先日新聞おりこみしたチラシ4,000枚の効果と、前職のお好み焼屋の社長さんが広く知人に紹介してくれたため出足好調。


おかげさまで、閉店時間の夜7:00どころか午後3:00に売り切れてしまいました。


吉本さんの家族がパンの補充をしてくれたり、レジを手伝ったりしてくれたためトラブルもなくこの日の営業を終了。


この日の売り上げ結果は、


・売り上げ12万円
・広告費  3万円
・原材料費 2万4千円
・人件費  家族の協力のため0円


結果、利益6万6千円。


まさに大成功。


しかしオープン初日は、物珍しさやチラシの効果、周りからの協力(前職の社長さんからの紹介)などがあるので真の実力ではありません。


果たして明日以降この売り上げを大きく凹ませることなく維持させることができるか。


これからが本当の挑戦のはじまりです。


▪️一ヶ月経過、その結果やいかに

f0121909_13564779.jpg


オープンして1ヶ月が経過しました。


さすがにオープン当初の勢いは落ち着きました。


スタートダッシュが大事ということで、吉本さん一日も休まず営業を続けました。


商品がお好み焼きパン1種類だけなので、仕込み、レジもスムーズ。


たまに手伝いに家族が来てくれますが、基本自身1人でなんとか回せています。


1ヶ月30日間平均の売り上げを集計


・売り上げ 9万円(100円×900個)
・広告費  千円(初日の3万円÷30日)
・原材料費 1万8千円(20円×900個)
・人件費  家族の協力のため0円

結果、1営業日当たり利益 7万1千円

1ヶ月30日に換算すると、

・売り上げ270万円
・広告費   3万円
・原材料費 54万円
・人件費 家族の協力のため0円
・利益  213万円

ぼろ儲け!


そう思うかもしれませんがそこまで単純ではありません。


パン屋をはじめるにあたり、前職のお好み焼屋の社長さんから小さな物件を格安で紹介してもらってました。


家賃20万円/月


また、パンを焼く機械、小麦粉を攪拌する機械、パンを包装する機械、ショーケースなどを設備しました。


当然借りた物件をパン屋にするためには工事が必要。


自分の貯金で払って足りない部分は銀行からの借り入れ。


結果、毎月80万円を5年間を返済。


水道光熱費が月間10万円。


結果、213万ー110万=利益103万


ただ、この1ヶ月休まず家族に協力してもらいつつなんとかやれたけど来月も同じようにするのはまず無理。


それにいつまでもお好み焼きパン1種類では飽きられてしまう。


そこで来月から従業員を2名雇うことに。


1人の給料を20万とすると2人で40万。


2人の作業着等も準備しないといけない。


初月にあげた利益はあっという間に使い切ってしまいそうです。


⚫️ゲットした利益を残すための会計思考
 見た目は一緒、効果はべつもの


▪️一年経過、その結果やいかに


f0121909_13580793.jpg


新体制になって1年が過ぎました。


ベーカリー吉本は、お好み焼きパンの美味しいお店として安定した売り上げを上げていました。


ただ、お客さんからのリクエストもあり他の惣菜パンのラインナップも増やしたため、製造やレジのオペレーションの手間は増えました。


実は3名体制か人員をさらに2名増やして5名体制にしそれぞれ休日をずらしつつお店を回していました。


また、パンの種類も増えたため今まで特定の原料を大量に購入していたのが多品種の原料を少量ずつ仕入れることになったので仕入原価も上がってしまいました。


ともにコストアップです。


しかしそれ以上に評判は上々で、1年で利益が1000万円上がりそう。


店舗も手狭になってきたので、早くもお店の移転を考えなければならない状況。


不動産屋に相談したところ2つの選択肢を出してくれた。


1、賃貸物件


2、空いている土地に自分の店舗を建てる


さて、どちらが良いでしょうか。


▪️会計思考で考えて見る


考え方を単純化するために、借りても建てても月々の物件への支払いは80万円だとしましょう。


どっちがとくですか?それともどちらも同じでしょうか。


正解は賃貸。


理由は、家賃経費となり、建物は資産になるから。


なんだそれ??ってな感じかもしれません。


新店舗に移転して、家賃を含まない利益が仮に1000万でたとします。


すると税金が変わってくる。


賃貸の場合家賃は経費なので、1000万円ー家賃960万円(80万円×12ヶ月)=40万円の利益に税率が掛けられます。


自分で建てた場合、家賃という経費は無くなり利益1000万円に税率が掛けられてしまいます。


どちらがたくさん税金を払う結果になるかは一目瞭然ですね。


(自社物件に対しては建物の劣化分を経費にする減価償却費があり、法人税も計算が細かいのでざっくりとだけ説明)


また、自分で建てるとその店舗は資産になるので固定資産税もかかります。


建物が古くなってきたら修繕もしないといけません。


賃貸の場合、借りているので持ち主の方が雨漏りなどした場合修理してくれます。


会計のチョットした知識があればどちらが得であるかが明らかです。


▪️車を買いたい!

 中古車を買うべき?新車を買うべき?


f0121909_13593373.jpg


会社に利益が出ると車を買う経営者さんいらっしゃいます。


良い悪いは別としてもし買うとしたら中古と新車どちらを買うべきでしょうか。


答えは中古です。


まず、車を買う意味は節税のためです。


仮に1000万円利益が今季出そうである。


すると1000万円に対して税金がかかってしまう。


努力に努力を重ねて生み出した利益を税金で持っていかれるのは悔しい。


税金を抑えるには利益を小さくするのが一つの手段。


その一つの手段として車の購入があります。


仮に600万円の高級普通自動車を買うとした場合、当然ですが600万円全てが一括で経費にはなりません。


もし出来てしまったら利益が簡単に操作されてしまいます。


ではいくらが経費になるのか。


法律上でその資産は何年間使えるのかというのが決まってます。


新車の場合は6年です。


つまり1年あたり100万円ずつ経費として利益から引けます。


これが新車登録してから4年経った中古車の場合どうなるか。


法律上でその資産を使える年数は2年。


一年あたり300万円経費として利益から引けます。


ということで、「4年落ちの中古ベンツが最強の節税アイテム」と言われるのはこういう背景からです。


⚫️来季によりたくさんの利益
 を上げるための会計思考

 種を食べてしまうか、
 育ててその果実を収穫するか

 税金に対する考え方が大きく影響する説


▪️絶対に損したくない思考が実は損する話し

 税金は会社を強くするための必要経費


自分の汗と努力の結晶である利益を毎年毎年積み重ねてゆくことで会社は厚みを増して安定します。


積み重ねるためには、税金を払った後の利益を積み増さねばなりません。


税金を払わずに積み増すことはできませんからね。


絶対に損したくないという気持ちが強すぎて経費を多く計上しすぎると確かに払う額は減りますが同時に積み増す額も減るわけです。


例えば今後も必ず○○ショックというものは定期的に起こります。


多少の波が来ても長年積み上げた体力があれば乗り越えることができますし、積み上げがなければ吹っ飛びかねません。


▪️ただ、必要経費は抑える工夫はすべき


だからと言って、聖人君主的に「私からどんどん持ってゆきなさい」という考え方もどうかと思います。


やはり、長く永続しつつけてゆくためにはコスト意識はメチャメチャ重要。


払うべきは払う、節約できる部分は節約する。


細かなところがしっかりできずに大きな部分をしっかりとできるというのはなかなか難しいです。


▪️将来大きくなって
 帰ってくるものを見極める


・血と汗と涙の結晶である利益から取られる税金を抑えたい


・税金を納めなければ会社を強くできない


この2つの事実に合致した行動は、


・将来の利益につながるものに対してお金を使う


この支出は、来年自分たちに利益として帰ってくるものか否か。


その考え方がメチャメチャ身につきます。


100均に行っても安くて便利そうなものがたくさんありますけど、不要なものはとことん買わなくなります。


家のスペースが取られないか。


片付けるのに労力が取られないか。


ごちゃごちゃして気が散らないか。


価格より価値重視になります。


何かにお金を使うとき、


・これは価値を重視してるのか


・心の満足感を重視しているのか


・生きるために必要だから買っているのか


ということが反射的に考えます。


▪️会計思考を身につける
 のにオススメなこと


日商簿記3級、できれば2級の知識があると結構専門用語言われても納得できます。


足し算引き算掛け算割り算と、はじめに出てくる専門用語を繰り返し理解して行けば慣れます。


中小企業の社長さんたちは、簿記の知識はなくても直感的に簿記の本質を捉えている方が多いと思います。

by ma-ki-ba | 2019-07-28 14:00 | 日々のできごと | Comments(0)

石田さん(年齢は本人まで)久しぶりの登場だべっちゃ~

 最近私のブログから影を潜めていたまきばの事務スタッフ石田さん(年齢は本人まで)。

 最近の私のブログネタが真面目すぎるとの石田さんに言われたので久しぶりに登場させます。

 と言っても特に最近石田さんの面白いこと覚えておらず(面白いこと、腹立たしいこと日々ありすぎていちいち覚えてない)。

 ついこの間までの暑い日のことでも書きますか。

 毎日筋トレ休憩している私。

 筋トレ休憩後はゼーゼーハーハー息が上がります。

 汗引くの待ってる時間もったいないのでその状態で事務所の自分の机について仕事開始。

 汗引かないのでシャツの下に着てるタンクトップ姿でゼーゼーハーハーいいながら仕事。

 すると、まきばの事務スタッフ石田さん(年齢は本人まで)、小川ドン(どすぇ~)から大ブーイング。

 (まっちゃん(ど天然)は口では言わず、心の中でブーイングしてるのがその様子からわかる・・・)

(石田)「おめー、きしょいべっちゃ!タンクトップ姿でゼーゼー言うなべっちゃ!!」

(小川)「きしょいどすぇ~!セク〇ラだどすぇ~!!」

(まっちゃん)(心の中でおそらくキショイと言ってる)

(私)「うるさい!時間がもったいねぇーだろ!女性ぶってキショイ言うな!世の男たちは絶対俺の肩持つはずだ、俺の味方だ!!」

 すると石田さん、

(石田)「そんならなぁ~、オレが逆にタンクトップ姿になっても文句言わねぇ~んだべっちゃな!!」

(小川)「石田石田違う違う、うちらの場合はキャミだからキャミ!」

(石田)「キャミ?知らねぇべっちゃ。オレの時代にキャミなんてねぇ~べっちゃ!」

想像するのもおぞましかったのでおとなしく白衣を着て仕事を再開する私です。
by ma-ki-ba | 2017-09-02 10:28 | まきばのできごと | Comments(0)

逃亡!

 お盆休みですね。

 皆さんゆっくりできてますか。

 私は今日逃亡しました。

 本日14日。

 お盆で唯一一日自分のやるべきことに時間を向けることのできる充実した日になる予定でした・・・。

 時系列で書いてみます

・5時50分
 急遽魚沼炊飯のおこわの手伝い依頼を告げられる

・8時
 おこわ配達手伝い終了

・8時半
 まきばにて敬老会準備資料作成、読書、新聞、HACCP資料目を通す、レッツ筋トレ・・・のはずであったが店舗販売肉の注文、現場助っ人の要請、はたまた仕事の電話対応依頼などがどかどかやってきたので自宅へ撤退。

・9時半
 自宅に撤退し、本来の作業をしようと試みるも帰省している甥っ子に捕まり結局相手をすることに。

・11時
 自分の部屋へ撤退。
 読書試みるもウトウトしてしまい気づいたら寝ていた。

・15時
 遅れを挽回すべく、敬老会準備の買出しへ

・16時半
 落ち着ける飲食店へ、遅い昼食&敬老会スケジュール作り&業者への手配&会場確保&本の予定であったが・・・
★たまたま居合わせた同級生たちに遭遇、楽しく会話(^-^)b
★監修商品依頼をしていた飲食店さまからのサンプルに対する意見のお電話

・18時
 まきばに出社していた社員全員帰宅しているところを見計らって再度まきばへ!
 常務(母)レジの売り上げ計算中(予想外、そしていやな予感)
 レジが合わないと言いながら私に確認を求めてくる(私レジ全く分からんのになぜ私に確認を求める!)

 
 やばいです、明日も怒涛の仕事が待ち受けている。

 果たして敬老会、無事開催することができるのだろうか・・・。

 自分の時間を確保するために、そしてやらなければならないことをこなすために。

 非情に徹することを決意しました。
by ma-ki-ba | 2017-08-14 18:59 | 日々のできごと | Comments(0)

まきば脱皮の時期

 新工場に移り早1年5ヶ月。

 使い勝手にも慣れてきたし、備品もほぼほぼそろってきたので効率を重視する時期に来ました。

 人が増えたことでコントロールすることが本当に面倒だと痛感。

 今まで1の不要な動作があってもそれほど影響なかったけど、人が増えればその分不要な要素のロスは大きなものに。

 ナノで、商品提案等が主な役目の私の頭の中は今は社内の改善でのウェイトがかなり高くなってます。

 これからいろんな手を尽くしてゆきます。

 当然新しいことをすると反発があると思いますが、みんなの理解を得ながら時には力で押し切りながら量質転化を目指して恐ろしくしぶとく続けてやります(^-^)

 さて、本日から来年3月まで月に1度の頻度で衛生の専門家の方を招いての工場衛生改善の取り組みが始まります。

 初回の本日はなんと7名もの方が朝から夕方までみっちり指導。

 こちらから希望して手を挙げたわけですが、めっちゃ多忙な中丸一日かけてこれだけの大人数の専門家の方から指導をいただくので精神的なプレッシャーも相当です。

 まきばのみんなからも「なんでこんな忙しい時期にそんなことやるの?!」と言われました。

 でも、このときなら落ち着いていて最適!なんてタイミングは一生来ないし、幸運の女神は後ろ頭はげで走り抜けるから来た瞬間を逃すと捕まえられないという教訓の元即実行することに決めました。

 (ああ、今日一日自分の仕事ほぼできないから朝のうちにとにかく片付けねば・・・。ってか、ブログ書いてる場合じゃぁない)

 今日はとにかくぶつかってきます。

 ああ・・・、近づいてくる敬老会の役員の仕事・・・・、手につかねぇ~(T0T)タスケテェー
by ma-ki-ba | 2017-08-01 06:00 | まきばのできごと | Comments(0)

恐怖に震えてます。がんばらねば地域行事。

 夏。それは一年でもっとも忙しい時期かもしれません。

 通常の仕事に加え、地域行事が目白押し。

 いままで、何度もだめかと思いながらも何とか乗り越えてきました。

 しかし、今回は史上最大のやばさ。

・製造現場助っ人

・敬老会の準備(もう期間がない!マジやばい)

・来客、同行2件

・工場衛生検査2件

・出張

・学生時代の仲間とのバーベキュー大会(会場押さえて、段取り組んで)

 特に気がかりが敬老会の準備。

 気づけばあと1ヶ月と少ししか時間がない・・・。

 準備がまったくできていない・・・。

 にもかかわらず、忙しくて時間が取れない。

 恐怖のあまり夜眠りにつけない・・・。

 こういうときに限り、新たな仕事がどんどんやってくるというのが今までのパターン。

 とにかく睡眠取りまくろう。

 寝ないといいことひとつもない。

 こういうときに思います。コンサルティング会社の人たちって頭フル回転させて、睡眠時間もほとんどなくて、クライアントに満足行く仕事の成果を提供するハンパ無い人たち。

 それに比べれば私の状況は序の口なのでしょうね。

 敬老会、絶対に大成功させてみせる。
by ma-ki-ba | 2017-07-23 19:34 | 日々のできごと | Comments(0)

勇気出して!お店開拓

 保守的思考日本代表みたいな性格を自覚しています。

 よく言えば慎重、悪く言えば行動力無し。

 慎重さは十分持ち合わせているため、大胆さ・行動力を身につけるための試みを意識してやるようにしています。

 そのひとつが、今まで行ったことのないお店に入ること。

 意外と勇気入ります。

 先日もチャレンジしました。

 ちょっとシャレた喫茶店。

 本をゆったり読みながら時間気にせずお茶できるところがほしくて。

 おなかすいてたのでパスタとコーヒー頼むことに。

(私) 「パスタと、飲み物はカフェラテのアイスで」(メニューにはカフェラテ ホット or アイス と書いてある)

(店員さん)「カフェテラですね?」

(私)「イヤイヤ、カフェラテです!」

(店員さん)「すみません、入ったばかりなもので」

(私)(そういう問題か?)

 厨房へ行った店員さん戻ってきた。

(店員さん)「すみません、いままだ寒いのでアイスはやってないんだそうです」

(私)「わかりました、じゃぁアイスコーヒーで!」(メニューにはアイスコーヒーと書いてある。 ホット or アイスの選択制じゃないから大丈夫だろう)

 するとまた厨房から店員さん戻ってきた。

(店員さん)「すみません、まだ寒いんでアイスコーヒーやってないんだそうです」

(私)(ならメニューに載せとくなよ・・・)

(私)「それならホットのカフェラテお願いします。」

(店員さん)「ホットのカフェテラですね?」

(私)「カフェラテ・・・、です・・・」

(店員さん)「すみません、入ったばかりなもので」

(私)(そういう問題なのか?・・・)

 店員さん厨房へ。

 戻ってきた店員さん、パスタの付け合せのサラダをテーブルに置きながら

 「パスタのサービスで紅茶かコーヒー付きますがどちらにしますか?」

(それ、事前に言ってほしかったぁ~)

(私)「・・・・・。こっ、紅茶で・・・。」

 ホットのカフェラテにホットの紅茶。

 おかげさまで、おなかたっぷたぷになりました。

 また行きます。
by ma-ki-ba | 2017-04-03 07:42 | まきばのできごと | Comments(0)

四半期ぶりのレッツボクシング



 おかげさまで、昨年末から今まで本当に多忙な日々を送らせて頂きました。

 ここで大きな山を乗り越えひと段落。

 ということで、久しぶりにレッツボクシング。

 4ヶ月ぶりでした。

 行ってみると、知らない人ばかり・・・。

 うれしいことに私はめっちゃ久しぶりにジムに顔を出しても特別待遇!

 なにが特別かって?

 普通4ヶ月ぶりだと体力も落ちてるので初めはかるめのメニューから徐々に負荷を上げてゆきますよね。

 私の場合は4ヶ月ぶりだろうと通常メニュー(っていうか、通常よりもハードじゃない?∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!)

 いやぁ~、特別待遇していただいてうれしい限りです!

 今回、ジムでもハードな雰囲気満載の須佐道場に(強制?)入会。

 須佐さんの熱血指導を受けてきました。

 「ちょっと、もうパンチの威力落ちてきてるよ!もっと力こめなさい!」

 日々の筋トレ休憩だけではやっぱりだめですね。

 でもめっちゃ楽しかったので週一で通うこと目指します!!
by ma-ki-ba | 2017-03-28 09:12 | レッツ筋トレ | Comments(0)

新チャレンジ

 陽気も春っぽくなってきました。

 また、まきばでも地元のお客様からホルンの注文を受けるようになりました。

 陽気が暖かくなるとホルモンの注文が出てくるので、私はホルモン注文=春の訪れという解釈です。

 さて、困難怪奇な年末調整、新商品立会い製造、複雑膨大書類整理もひと段落つきそうな今日この頃。

 久しく気持ちも入れ替え新たなチャレンジをしようと思います。

 米利上げ→円安・ドル高→日本株高

 投資をするにはよいタイミングかもしれません(すでに織り込み済みとも見えますが・・・)

 観光&美味しいもの探しも楽しそう(商品開発&感性磨きに役立ちそう)

 久しぶりにレッツボクシングもやらないともったいないし。

 同じことの繰り返しはひとつを極めるには重要ですが、別の見方だと後退とも見えます。

 何はともあれ新チャレンジしたいと思います。
by ma-ki-ba | 2017-03-13 07:58 | まきばのできごと | Comments(0)

まさに納得!

 毎年サラリーマン川柳というものがあります。

 昨日たまたま目にしました。

 すべてなるほど納得!というものばかり。

 中でもそう強く思った一句、

 「効率化  提案するため  日々残業」  

 私の今年の目標が、「暇になること」

 暇になるというのは、自分が何でもかんでも仕事を引き受けているという状況から、人に任せることによって会社として今までよりもはるかに多い仕事量を悠々とこなせる体制を作るというもの。

 その体制作りのため、今までよりも多くの仕事を必死こいて今やってます(T0T)リソウハハルカサキ

 そのひとつが製造現場での効率化です。

 今まで、見積もり・商品提案資料作り・仕様書作り・訪問、面会・アポ取り、備品の整理、掃除体制作りなどなどいろんなことを取り組んできましたが製造現場の仕事に関しては現場任せ。

 現場の皆さんの自主性に頼りっきりでした。

 皆さん全員まじめな人ばかり。

 しかし、人は信じても人のやることには必ずミスやら非効率などが発生するので闇雲に信じてはいけないとの一言を本を通じて目にして納得。

 ということで、特に段取りが重要となる現場の始業時間に実際に現場に入って状況を見たり一緒に作業をしたりしながら状況を把握、改善を図ってます。

 言うのは簡単だけど、これまでほとんど入った事のない現場に入ることってメッチャストレス。

 いたるところに改善の余地が見当たりまくり!

 (この準備に時間かかりすぎ!)

 (なんでそんなことに手間取ってるんだ!)

 (一向に右往左往するばかりで仕事がはじまらんぞ!)

 (作業が遅い)

 (確認の最中にいちいち手を止めるなよ!)

 ショックと同時に、

 (これを改善できれば改善しただけすべてプラスになる!これってすごい宝の山発見状態!)

とも自分に言い聞かせてます。

 やっぱりまずは何でも自分が率先して仕組みを作ってそれから任せる、その後は定期的にメンテナンスチェックを継続する。

 理想の暇状態をゲットするためにどたばた劇を演じている今現在です。
by ma-ki-ba | 2017-02-14 04:18 | まきばのできごと | Comments(0)
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
最新のトラックバック
大和商工会東支部のIT勉..
from @南魚沼市
ba/ba
from お悩み解消ネット
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧