人気ブログランキング |
 ”おいしい豚肉”   まきばのホームページはこちら →


uonumamakibaをフォローしましょう


オモシロおいしい魚沼をお届け中
by ランチェスター戦略実践肉屋(有)まきば 桑原一成
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

タグ:生産者紹介 ( 603 ) タグの人気記事

自分の頭で考えているようで実は考えていない事実【ニュースを聞いて妄想しよう】

自分の頭で考えているようで

実は考えていない事実

【ニュースを聞いて妄想しよう】


f0121909_18205303.jpg
今日は久しぶりにボクシングジムへ行きます。

なので、本日はいつにもましてテキスト感満載の殺風景ブログです。

本を読むようになるまで、新聞やニュース番組は完全なる真実を報道しているものと信じてました。

ただどうしても報道する側のフィルターを通りニュアンスが変わって報道されてしまいます。

言われたままを信じてうまくゆけば問題ないですけど、信じて付いていった結果ハシゴ外されてしまったら結局誰も責任取ってくれないわけです。

こないだ老後の生活全うするには夫婦で2000万円不足するなんて報道が世間を驚かせましたね。

「夫婦で2000万円足りないけど、国が全部面倒見ますから安心してね(^-^)b」

とはならないわけです。

「自分で運用して将来に備えてくださいね!」

となるわけです。

年代別人口の推移や日本の借金の増加率の情報を調べて自分の頭で考えておけばおおよそ検討はつきますよね。

私もそういうことはうすうす気づきはすれども真剣に考えたことはありません。

ただ、日曜日のお昼過ぎの番組の


「そこまで〇って〇〇会」に出てくる頭のいいパネリストの皆さんは膨大な情報を仕入れて自分なりに考え、某新聞や某テレビ局の報道に対してかなり強い意見を展開してます。

(おお、そんな考えになるのか!)

そういう経験から、自分の頭で考えねばなぁと漠然と思っていました。


■ちきりんさんの

 目からうろこの思考のワザ


まずある情報を見たときにまず考えるべきことは、


「なぜ?」



「だからなんなの?」


の2つであると教えてくれてます。


(完全にあらすじチックな内容になってしまってますね。でも続けます。)


「なぜ?」とは、その情報はなんの現象の結果そうなったのかという背景を探る問いです。


「だからなんなの」はある現象の結果今回の出来事が起こったのだとしたら


「次は何が起こる?」


「それに対して自分はどうすべきなんだ?」


というように未来のこと、先のことを考える問いです。


いまいちよく分からないと思うので、私の妄想を披露しましょう。


■高齢者の痛ましい事故の

報道を聞いて自分の頭で考える


連日高齢者の痛ましい事故の報道を聞くようになりました。


つい2、3年前と比較してその頻度が飛躍的に増えたとおそらく皆さんも感じていると思います。


70を超えた芸能人、タレントが自主的に免許の返納をする光景も流されました。


では「なぜ?」の問いでこの報道の背景を考えます。


・高齢者の交通事故の報道が飛躍的に増えたけど、去年より事故件数が飛躍的に増えたんだろうか?


・若者世代の事故の件数は高齢者事故の件数より少ないのだろうか


(すみません、2つくらいしか浮かびませんでした。)


次は、「だからなんなの?」です。


・70超えた芸能人、タレントさんたちが自主返納したけど、彼らには自分の代わりに運転してくれる人がいるからできるんわけで、特に地方で電車もバスもないような地域で返納は進むのか?


・地方で免許を返納した高齢者で夫婦もしくは一人暮らしの人たちはどうやって買い物するのか?
 おそらくインターネットは使えない。


・地方のスーパーマーケットで宅配を行っている店舗の報道は一時期頻繁にされたがその後聞かないのはどうしてか?
 やはり黒字化のめどが立たないのか?


・ネット有機食品販売会社オイシックスのグループ会社「とくし丸」の移動販売車は、国の補助を受けていないが黒字化しているというのを聞いたことがある。
 とくし丸が全国に一気に普及するのではないか?


・高齢者の事故防止機能を搭載した車もしくは今の車にオプションで後付できる事故防止機能装置が、これからさらに進む高齢化に向けて発達してゆくかもしれない。


・そしたらその装置を開発している会社の株価が上がると思われるので、今から調べて購入しよう。


・いや待てよ、自分のような素人がそういう発想になる言うことはすでにその会社の株は買われていて割高になっている為高値掴みする危険性があるからPER他慎重に調べておこう。


かなりちきりんさんの良質な思考と違い不良質な思考でしたが、こういう風にいろいろと連想ゲームのような思考を習慣化できれば


「だまされたぁ!」



とはならず、



「そのパターンで来たのね^^」



と大人の対応ができると思います。


ああ、時間が20時になりました。


久しぶりのボクシングジムなので、軽めでかんべんしてもらおう。


ああ、連打したくない・・・・。



(おしまい)

by ma-ki-ba | 2019-06-17 18:20 | 日々のできごと | Comments(0)

【恵まれた時代】ユーチューブは無料で学びを得られる宝庫【出し惜しみなし】

【恵まれし時代】

ユーチューブは無料で学びを得られる宝庫

【出し惜しみなし】

f0121909_21133888.png

お疲れ様です。

天才バカボンの歌のように、この日も朝から夜だった状態です。

忙しいことは良いことです。

でも、目先のことだけに追われるだけだと数年後悲惨な状態になってしまうので一日の仕事で将来に花開くための行動を入れるようにしてます。

このブログも先を見越した種まきです。

今は全く誰の目にも触れてませんが、数年後のためにタネをまき続けます。


今日は下記のツイートをしました。


ユーチューブは学びを得られる宝庫です。

【理由】

・志高い人たちが苦労して体得したことを余すことなく教えてくれる

・いつでも好きな時に見ることができる

・ジャンルは無限、習熟度も無限

あとはその有益な情報をキャッチできるアンテナいかにして持つか。

日々の仕事と読書がめっちゃ大事。


これらについて深掘りしてゆきます。

■志が高い人たちが

苦労して体得したことを

余すことなく教えてくれる

ユーチューブを見て驚くことは、本当に有益な情報を余すことなく無料で教えてくれる人が本当にたくさんいることです。

はっきり言って、この情報数万円の価値あるよねっていうものがめっちゃたくさんあります。


■価値を感じるユーチューブ情報

・マナブ

・メンタリストDaiGo

・両 学長

・与沢 翼

・神王TV

・園原夫婦株式会社

・リクサルリビト

・イケハヤ大学

超有料級の情報が無料で聞き放題です。

ではなぜこのような有料級の情報を無料で余すことなく発信してくれるのか。

(ほぼ私の推測)

・有料な情報を無料で発信することでその人に対する信頼感がアップする

・信頼感がアップすることでその人の進める教材を購入したり、その人のコンテンツに多数人が集まることが結果広告収入として返ってくる

・単に学んだことを人に教えるのが楽しい


■いつでも好きな時に見ることができる

基本皆さん忙しいです。

一日でゆっくりできる時間は少ないでしょう。

なのでいつでも好きな時に見れるユーチューブはピッタリです。

【私のユーチューブを聞く(ながら作業中に聞く、見ることなし)シーン】

・朝の掃除中、胸ポケットに入れて聞く

・朝シャワー浴びる際に棚に置いて聞く

・洗面台に立てかけて聞く

・筋トレしながら聞く

隙間時間ですけど結構な情報ゲットできます。


■ジャンルは無限、習熟度も無限

自分の興味のある分野の動画が必ずあります。

更に、自分のレベルにあったものもかなりの確率であります。

例えば私の場合、投資関連の内容に興味があるので「両学長」の動画をしばしば聞きます。

数多くの投資関連の本を読んでいきついたのは、

・個別の株式投資はリスクが大きすぎる

・FX、株のテクニカルの技術を要するトレードは本業がおろそかになるので向かない

・結果、長期・積立・分散を機械的に積み上げてゆくのが最もベターである

そうなると次はいったい何に、長期・積立・分散すべきか?という問題になります。

それを懇切丁寧に両学長の動画は説明してくれます。

結論、

・楽天証券のeMAXIS Slim 先進国株式インデックス

・イデコ

・NISA

・他

先日金融機関の方に、海外個人年金保険を進めて頂いた。

今現在貯金しても利息はほぼゼロ。それと比較してこの商品であれば年率〇%で運用できますよ的な説明。

両学長の動画を見ていたので、

・手数料がネット証券に比べてめっちゃ高いこと

・運用するのならあえて保険で運用する必要なし

ということを事前に知っていた。

これ知らなかったら利率も良さげだしお付き合いもあるしなんて考えて入っていたかも。


■有益な情報をキャッチできる

 アンテナいかにして持つか


このような有益な情報を有益と感じなければスルーしてしまいます。

私ももっともっと自分にとってまだ気づいていない有益な情報スルーしてはいないだろうか?と結構思ってます。

当然有益というものは人によって十人十色。

どれが正解どれが不正解というものはありません。

自分の場合、脱ラットレースが目標の第一なので「仕事」「投資」「モチベーション」「考え方」「ネット活用」が自分にとっての有益な情報です。

最近人生を全うするのに2000万円たりませんので、みなさん資産運用しましょうね的な発言がニュースになりました。

こんな感じで、「急にあとは自分たちで頑張ってね^^みたいなことおこるなきっと」と思ったので「投資」のマイランキングは急上昇です。

悲観になり過ぎては人生つまらない。

楽しみつつ備えつつ最適バランスで生きてゆきます。

(おしまい)


by ma-ki-ba | 2019-06-13 21:57 | 日々のできごと | Comments(0)

【実感】隣の芝生は青く見える そんな時こそ立ち止まります

【実感】隣の芝生は青く見える

そんな時こそ立ち止まります

自分の良いところにフォーカス



f0121909_20224347.jpg


お疲れ様です。

今日も気づけば夜でした。

本日下記内容をツイートしました。


お客様へ提案した案件がことごとく不採用。
こちらの商品は価格が高くあわず。
もう一方の会社は要望に応え値段を下げた提案によって見事採用。
一瞬企業努力不足と感じる。
しかし少し考えるとこだわり犠牲にして安価な商品を提案すべきではないと気づく。
自分の価値を求める人は必ずいるから。 




他人と比較するとついつい自分が劣っているって思ってしまうことについて書いてみます。

■ことわざになるくらい人間共通の強烈な心理

隣の芝生は青く見えるということわざの通り、他人がやっていることってすごくよく見えてしまいます。

今回私が提案したある商品がありました。

大変高価且つストーリー性のある差別化の利いた原料を使った商品です。

(価格も高いけどそれを補って余りあるおいしさと差別化があるからいけるはず!)

しかし結果は燦燦たるもの。

「値段が高くてとてもじゃないけど合わない!」

この意見だけなら、

(今回相手が求めるもの以上のハイスペックな商品提案してしまったな)

で終了です。

しかしそのあと言われた言葉に嫉妬に似た感情が芽生えてしまった。

「A君はお客さんの要望に沿ってきちんと価格合わせた商品提案してきたぞ!」

「Bさんは、4個セットで先方の要望する金額に合わせてくれたから〇〇〇パックも売れてヒットしたぞ!」

方や私の提案は高すぎて不採用となり、方や他社さんは相手の求める金額内で商品を設計・提案しそれがかなりの大きな売り上げ点数をあげている。

こんなこと聞かされてしまうと、

(自分が全くダメなのに、他社さんはすごく実績を出していてすごいな。)

というように強烈に思います。

自分がこの世で誰よりもダメなんではなかろうかってくらいに沈みます。


■立ち止まって客観的に

自分の立ち位置を考えてみる

このようにまず一度沈んだ後に、立ち止まって客観的に自分の立ち位置を考えてみます。

・提案したお客さまの要望と自社の商品のコンセプトがあっているのか

・ずれていた場合相手に合わせるべきであるのかないのか

まず、今回の案件はとにもかくにもまずは「価格」が最重要課題でした。

相手がいい悪いではなく、まず価格が合わなければ相手も予算が限られている為商品構成を組むことができません。

また、相手様は原材料も国産や価格調味料不使用というハードルもありませんでした。

つまり、私の商品作りのコンセプト(手作り、最低国産、化学調味料不使用)と一致してませんでした。

次に、相手に合わせるべきか検証しました。

国産原料、化学調味料不使用で先方の金額に合わせられるような商品であれば積極的に行うべし。

ただし今回の商品は、合わせようもなく、また合わせようと原料を変えれば競合他社の商品と同じ品質になり価格競争となるため合わせるべきではないとの結論に至りました。

頭が整理されると嫉妬に似た対抗意識はおさまり、今回の案件は落ちるべくして落ちたと頭が切り替わりました。

■この考え方に至った経緯

当然この考え方にはじめから至ったわけではありません。

下記の体験からこの考え方に徐々になっていきました。

・飲食店に流しまくったFAXDMの反応

・ランチェスター経営の差別化戦略の繰り返し学習

・日々感じたことから

何度も紹介してますが、まきばに入った当初お客さんがほとんどおらず、また全く営業をしていない会社でしたんで考えた結果手書きのFAXをネットで調べた飲食店さんにFAXしまくりました。

当然当初はまずは地元新潟県の飲食店さん。

この反応が恐ろしいくらいに低かった。

・魚沼の美味しい食材を提案しても、その土地その土地にも美味しい食材がある

・飲食店の数が東京・大阪・名古屋と比較し極端に少ない

・食材はただで配達してくれるものといった常識
(ヤマト運輸で送料負担という概念が薄い)

・そもそも値段が高い!

(俺って誰にも必要とされてないの?(T0T)カナシー)

夜遅くまでかけて作ったFAXDMを夜遅くまで流し、反応なし。

かなり精神的にこたえました。

■求めてくれる人との出会い

とはいえ、他にやることなかったのでひたすらFAXを流してるとあっという間に新潟県内ではFAXを送る場所がなくなった。

となると次はおのずと「東京」となります。

(新幹線で1時間半でいけるし、お金持ち多いだろうし)

この時一つの実験をしました。

ぐるなびには予算別で絞り込みができる。

予算別で反応試してみよう。

ここで予算別にざっくりとした反応書きます。

■予算 下限無し~3000円

・味は良いんだけどちょっと高いな

・いくら以上だと送料無料になるの?

・○○豚はもう少し安いけど同じくらい美味しいよ

■予算 4,000~7,000円

・美味しいね 試しに一度使ってみようか

・一度魚沼に伺ってもいいですか

・魚沼の味噌や椎茸も扱ってるんですね

■予算 1万円以上

・肉に臭みが感じられますね

・なにかもっと希少性を謳えるようなブランドないの?

・同じ生産者さんでも豚ごとに味は変わってくるからうちはどの豚を使うかまで指定しているよ


以上より、自社に適したお客さまは4,000~7,000円であるということが明確に分かりました。

と同時に、自分の適した範囲外にはいくら労力を投入したところで得られるものはとても少ないということを実感しました。

ちょっと雑だけど今回のまとめ。

・むやみやたらに他人と比較しない

・自分の立ち位置を客観的に知る

・自分にマッチした相手へのアプローチ効率が良く、ずれていると苦労ばかりが増える


(おしまい)

by ma-ki-ba | 2019-06-11 20:57 | 生産者さん紹介 | Comments(0)

新しいことをはじめるとき 準備せずに飛び込むのが効率的と思う件

新しいことをはじめるとき

準備せずに飛び込むのが効率的と思う件

f0121909_16092040.jpg

こんにちは。

休日は、終日強制的に外出を課してますが今日はネット情報発信の為午後から部屋で作業してます。

早速下記の内容をツイートしてみました。

「新しいことにチャレンジするときは、思い切って飛び込むのが最も効率的だと思います。学生時代ガチンコファイトクラブが流行ったときソッコー一人でボクシングジムに入会。はじめはメッチャ緊張したけどすぐ慣れて楽しめました。多分友達誘ったり色々調べてたらやる気冷めてたでしょうね。」

自分の体験談をもとに振り返ってみます。


▪️事前の情報収集で不安は無くならない


新しいことをはじめるとき、必ずや不安やストレスを感じます。

それを少しでも解消する為に知人に聞いたりネットでググったりして情報収集しもしもの危険に備えるという一見理にかなった行動に見えます。

ただ、実際情報を集めて

「あー安心。これでなんの不安もなくはじめられる!」

っていう状態になれたという記憶はほぼあらず。

でもやっぱりまだ不安だから他の人にも聞いてみよう。

そうやっていろんな人の話を聞きながら否定的な意見と巡り会い「やっぱりやるべきではない」もしくは「今はまだその時期ではない」となり今まさにその時期に一生会うことなく流れてしまう。

要は、

・不安を正当化してくれる意見を待ってい

・慣れ親しんだ今の状況から変わりたくない(コンフォートゾーンに留まりたい)

という元々人間に備わった性質に沿ってしまうということでしょうか。

▪️実際に飛び込むと想定していた恐怖の100分の1

私の場合、石橋を叩いて叩いて壊してしまうくらい慎重な性格であり、前からそれが嫌でした。

同じく学生時代バイト先の友人と一緒に免許を取りに行こうと話していたのですが、学科試験の勉強がまだ完璧ではないとの思いから伸ばし伸ばし。

実技試験も慎重に慎重を重ね完璧と思うまで試験を受けませんでした。

結果、めでたく一度も落ちることなく受かりました。

ただ、残念なことにとんでもなく時間がかかってしまい、友人は自分を見限って一人で試験を受けとっとと合格してました。

多分あそこまで完璧にせずとも受かっていたと思います。

30センチのボーダーラインを越えればいいのに、1メートルの高さを超えるまで一生懸命練習していたようなイメージでした。

そんな経験を通して、万全を期すより飛び込むべきという思考になっていたので学生時代ボクシングジムに誰に相談することなく即飛び込みました。

はじめて行って見学。

ちょうどスパーリング開始。

(あれ?スパーリングしてる人の白いTシャツの背中に徐々に模様ができてるのなんで?)

スパーリングの最中に出た鼻血が飛び散り背中に滴っていました(T0T)マジカ

結構やんちゃそうな人たちもいましたけど、練習してるうちに仲良くなりました

多分友人誘っても誰も入会しなかっただろうし、入会しない為の理路整然とした非の打ち所のない意見が出ていたことと思います。

▪️相談した相手にリスクはない

例えば今やるかどうか迷っていることがあって、一歩勇気を出してはじめることで今までとまったく違う世界に行けたとします。

もし相手の意見に従ってはじめは断念。

月日は流れ5年後やっぱり気になり今度は自分の意思でチャレンジ。

そしてら素晴らしい成果が得られ、当初イメージしていた不安なんてまったく関係なかった。

5年前にチャレンジしていればよかった(>0<)

「お前のアドバイスのせいで5年間棒に振ったじゃないか!」とは言えないわけです。

ものごとの決断も、投資も、すべて自己責任デス。

▪️時に我慢強さが弊害になる

新しいことをはじめるという点と似た要素があると思うので最後に一つ追加。

アーリーアダプターって大事だと思います。

カタカナ使ってしまいました。分かりズラいですね。

新製品とか出た時に即それを使う人、要は新し物好き。

私は、新しいものへの好奇心が本当にありません。

今前携帯電話とかも、型落ちしたやつの方が安くてコスパいいじゃん!って思いそれを買ってました。

先日、仕事で使っているパソコンのマウスを見た弟が、

「そんな旧式使ってたら効率悪いから新しいの買った方がいいよ。」

と言われてしまった。

内心(まったく不便を感じてないからこれでいいんだけど)と思いつつも、弟の意見に沿ってその場でアマゾンでおすすめマウス2個購入(有線と無線の両方を買うことにした)

・無線反応悪そう

・マウス設定するのメンドそう

いざ到着。

パソコンに有線の方の新しいマウス繋いでびっくり!

設定しなくても今のマウスってすぐ動くんですね(知らんかった)。

で、無線のマウスどうしようか?って思った時閃いた。

(3年前に買ってほぼ不使用だったMacBookあったな。)

つけてみてこれまた設定なしで動いた!

また閃いた。

(もしかしたら家でブログ書けんじゃね?)

家はWifi環境あるから実際書いてみると、当たり前だけどできた!

ただ、会社のパソコンWindowsなのでMacの操作に悪銭苦闘しつつこのブログを書くことできました。

いい意味で今の環境の不便さを感じ、もっと楽できる方法ねえかな?って手抜き思考すべきだって思いました。

f0121909_15454060.jpg

今度憧れだったタリーズMacデビューしてみよう。

カフェで仕事してますよオーラ全開でハッタリかましてみます!

(おわり)

iPhoneから送信

by ma-ki-ba | 2019-06-09 15:45 | 日々のできごと | Comments(0)

今日の出張40点

みなさんこんばんは。

今日も活躍されたかと思います。

さて、本日は名古屋に出張行ってきました。

もちろんお決まりの日帰りです。

私の最寄り駅は「浦佐駅」。

家から浦佐駅まで車で10分かからず。

浦佐駅から東京まで新幹線で1時間半程度。

下手したら郊外に住んでて職場東京って人の通勤時間よりも短い可能性有りです。

さて、本日営業してきたわけですがランチェスター経営戦略では

営業力=営業マンの質×訪問面会件数²

の方式があります。

あとこれも重要↓

f0121909_21423742.jpg
営業マンが使う時間で、

・移動時間=お金をばらまくに等しいマイナスの時間

・社内業務時間=利益は生まないがやらないといけない時間

・訪問、面会時間(人数)=利益につながる時間

となります。

本日私は、朝5時に家を出て9時過ぎに名古屋到着。

つまり往復で8時間費やしました。

このマイナスの移動時間を少しでも有意義な時間にするために、

・iPadで社内のパソコンにつないで社内業務を行う

・本読んでインプット蓄える

をやります。

ただ、今回寝る時間少なかったせいで恐ろしいほどの睡魔が襲ってきてせっかくの移動時間を有効活用できずうつらうつら。

座ると眠くなるんで、帰りの東京駅からずっと立って本読んでました(立ってりゃ寝ることない)。

名古屋はお客様の件数が極端に少ない為このように移動時間に比例して訪問面会件数を増やすことが難しい。

なので、名古屋に行くときは一緒に大阪もしくは静岡のお客様にアポイントを取るように心がけています。

今回は急遽出張決定したためこのような非効率な結果となりました。

しかし、本日訪問した唯一のお客様の、購買決定権者さん4名と面会できたので実質4件訪問したのと同じ効果を得ることができた。

トータルすると100点満点中40点というところでしょうか。

私はそうは思いませんが、遠くへ出張すると疲れた感が出てイコール今日は良く働いたと感じる傾向があるそうです。

地球の裏側に行こうが、エベレストを登ろうが成果につながるのは購買決定権者さんに会う時間のみ(ちなみにだからと言ってダラダラ長く話せばよいというものでないので念のため。要点整理して話せば15分で十分)。

てなことで繰り返しになりますが、今日の営業40点。

(おわり)

by ma-ki-ba | 2019-06-06 21:58 | 生産者さん紹介 | Comments(0)

化学反応

皆さん今日もお疲れ様です。

明日の出張に備え、今日は早めに帰宅しました。

ブログは、自宅でiPadで書いてる為本日は無味乾燥なテキスト形式となります。

今日まきばであったささやかな出来事のご紹介です。

まきばの愉快な天然事務スタッフお花畑まっちゃんがふとこんなことを口にしました。

(ま)「隣の工場って二階建てなんだよねぇ~」

(ほかの一同)「えっ?」

みんな初耳であることをまっちゃんに伝える。

(ちなみに隣の工場というのは、1つの建物をまきばとお隣さんの2社で間仕切りして使ってるんです。)

(ま)「うそだぁ〜、みんないるときにそういう話ししたじゃん!誰が言ったか覚えてないけど」

一応そういうことを言いそうな人に確認したけど誰も言ってない。

(小川どん)「あんた、幽霊の言葉でも聞いたんじゃないんか?どすえぇ~」

(ま)「やめてよぉ~、こわいよぉ~、絶対言ってたも~ん!誰か覚えてないけど」

ちょうどこの日、まきばの工場内カメラ増設の為業者さんが来ていた。

この業者さんまきばと隣の工場両方に出入りしているので、もしかしたらこの業者さんが事務所に来た時にそういうこと言ったんじゃない?

ってなことでその業者さんに私確認してみた。

(ぎょ)「隣さんまきばさんと同じ平屋建てですよ」

(ま)「やだぁ〜、うそぉ~、私頭おかしくなったみたいじゃぁ〜ん」

(マイハートのなかのツイート)((´・ω`・)エッ?、…。自覚無いの…)

完全にまっちゃん残念でしたぁ~になると思われたその時!急展開が。

税理士さん対応していた常務(母です)が事務所に帰ってきた。

(わたし)「常務、前にお隣の工場が二階建てだって言ったことありますか?」

(常)「えぇーーーーー、そうだよぉ~~~~。ここに移る前この建物には階段があったんだよぉ~~~」


皆さんお察しの通り、常務はまっちゃん以上に天然です。

(ま)「ですよね!隣の工場階段あったって言いましたよねぇ~」

この会話にめっちゃつまらない&融通の利かない左脳型人間の私がかみつく。

今の会話おかしい。

①工場移転前のこの建物の時点の工場に階段が設置されていた

②その後、工場内を居抜き工事して現在の工場が完成した

③現在の工場は二階建てではなく平屋建て工装である

④ゆえに、お隣の工場が二階建てであるという発言は事実無根であり、居抜き工事前の建物が二階建て工装であったということが事実である

(常)「アハハハハ~~~♪やだぁ~~( *´艸`)」

(ま)「あたしの勘違いじゃなかったぁぁぁぁ~♪」

化学反応がスパークしました

(おしまい)



by ma-ki-ba | 2019-06-05 20:18 | まきばのできごと | Comments(0)

実践顧客戦略 【感謝は態度で示せ】

実践顧客戦略

【感謝は態度で示せ】

f0121909_20465850.jpg




こんばんは。

今日も気づけば夜でした。

仕事終わらずであきらめて、いったん休憩がてらブログ書きます。

★今日の戦略原則 【感謝は態度で示せ】

「お客さまは神様です」、「顧客第一主義」という言葉聞いたことがあると思います。

っていうより、こういうことを言わない会社を探す方が難しい。

「お客さまは普通の人です」、「自分第一顧客第二」なんてスローガンうたってる会社見たことない。

ただ、普段生活しているとどう考えても愛想が悪い、対応も悪いという場面に出くわしたことがあると思います。

ということで、まずは実態の把握からしてみます。

ものを購入した際に、感謝の表れとして「お礼状」がどの程度出されているかの調査結果を見てみます。

※ランチェスター経営㈱ 顧客戦略より引用

・過去にスーツやコートを購入したお店から心のこもったお礼状(またははがき、手紙)をもらったことがある
 3%

・保険に加入した後セールスレディー(セールスマン)からお礼状をもらったことがある
 3%

・自動車を購入したとき担当の営業マンからお礼状をもらったことがる
 6%

・家を新築したあと、工務店から年賀状をもらっている
 7%

結果、「お客さまは神様です」、「顧客第一主義」とみんなが言う割合に比べて感謝を実行に移している会社はごく一部のようです。

■感謝を態度で示すを実践!

 その結果やいかに

ランチェスターの顧客戦略DVD見てこの実態を知ってから、とにかく実際に感謝を態度で示せす会社はだいたい1~5%くらいしかないから印象に残るためにも何かしら感謝で示そうと考えたわけです。

じゃあ何をするか。

前のブログに書いたように、当初お客さんがいなかった時ネットでぐるなび検索した飲食店さんに片っ端からサンプル紹介のFAX流しまくってた。

(まずは、サンプルの依頼をくれたお客さんにサンプル出荷した後手書きのお礼のはがきを出そう)

とにかく時間だけはあり余ってたのではがきを書く時間はたっぷりある。

FAX流し、サンプル依頼着たらサンプル出荷し、次にはがきを書く。

てなことで当初は毎日はがきばっか書いていました。

■予期せぬはがきの効果を実感

はじめははがきを1枚書くのに5分くらいかかってました。

お客さんごとにいろんなお例文を書いていた。

でもこれもまた量質転化で、書くほどに代替要点をついた文例みたいなのができてきて3分程度で書けるようになった。

それと、サンプルを送ってそのままだと当然買ってもらえる確率は上がらないので、いやだけど緊張するけどサンプル到着後2・3日したら感想をうかがう電話をかけねばならない。

皆さんも経験あると思うけど、「無料サンプル贈呈」とかいうキャンペーンとか応募してサンプルもらった後に勧誘の電話しつこくされたなんてありません?

あれ経験すると、その後無料サンプル!とかあっても(どうせまた勧誘来るんだろ)ってなって請求するのもおっくうになる。

そうなるとおのずと勧誘の電話をした側は迷惑オーラ全開で対応の洗礼を受けるとなるわけ。

しかし、自分の場合手書きの感謝のお礼のはがきを送った後に電話するんで結構な確率で皆さん丁寧に接してくれるんですね。

小心者の自分にはこれが本当に精神的な負担を緩和してくれて助かった♪

■感謝するポイントを探す

感謝するほど他社との差別化になり、感謝するほどにその後のコミュニケーションのストレスが緩和し、さらに感謝するのに時間は多少使うがコストはたいして使わないということに気づいてから、はがき出す以外に感謝するポイントが無いかと思うようになった。

ソッコー見つけました。

「代金を入金頂いた

 タイミングで感謝する」

(てか、顧客戦略のテキストに書いてありました)

てなことで、お客さまから入金頂いたタイミング(入金されるとFAXで通知が来る)でこちらも入金のお礼のFAXを流すことに。

差別化のためにパソコン打ち文章ではなく手書きにします。

ただ、私は字がめっちゃ下手(丁寧に書いてもミミズがはった字って言われる(T0T))なので、常務(母)に書いてもらうことに。

各お客様月末入金が主なので、毎月その月にマッチしたお礼文を書いてもらい流すことに。
(はじめは恥ずかしいからいやだと拒否られたが説得)

f0121909_21224296.jpg
これを入金確認後、FAX可能なお客様へ送信。

するとこれがまた結構大きな効果が。

お客さんに電話対応していると、

「あのお礼状ビックリしたよ。本当に達筆だねぇ~」

とか、あるお客様訪問した時には

「ああいうお礼状送ってくれる会社の態度が本当に素敵です」

なんても言ってもらえました。

■結論

・顧客第一主義と言われる割に実践している会社は少ない

・まだ関係が初期段階でも優しく対応してくれる

・手書きは多少時間がかかるが圧倒的な差別化になり、かかった時間以上のメリットが帰ってくる


by ma-ki-ba | 2019-05-30 21:18 | まきばのできごと | Comments(0)

ランチェスター経営を実践してみて体験したこといろいろ

そもそもランチェスター法則とは

ランチェスターの法則は戦争における戦闘員の減少度合いを数理モデルにもとづいて記述した法則。一次法則と二次法則があり、前者は剣や弓矢で戦う古典的な戦闘に関する法則、後者は小銃やマシンガンといった兵器を利用した近代戦を記述する法則である。 ※ウィキペディアより

戦争での法則を経営に当てはめることで効率的に運営をしてゆくこと。

自分は、感情等に左右されない数学・物理が好き(決して得意であったわけでないので念の為)だったので原理原則に基づいたこの法則に惹かれたのがきっかけ。

まず経営ってなあに?ってところを明確にしてみます。

f0121909_09253517.jpg

目的は利益(粗利)を得ること。

利益の大本は商品、サービスをお客様へ販売して対価を得るそれ以外に方法は存在せず。

シンプルだけどもこれがめんどい。

①商品、サービスのPRをいくらしても買うかどうかの意思決定はお客さまが下す
(これだけ営業したんだから買ってくれないと困ります!と言ってキレても意味ない)

②競争相手が横から妨害してくる

なので正しい考え方は、お客様のことを考え、競争相手の情報を集め対策を練る。

間違った考え方は、社内の都合を優先して商品やら対応やらを決めること。

「(営業側)こういう商品・サービスは相手もめんどくさがってやらないしお客さんも求めてる!」

と言っても

「(製造側)そんな面倒なことやってられるか!それよりこのうちの得意な商品(作るの簡単な商品)をPRしろよ!」

というのがこの図を見ると意味の無いことが良くわかる。

さて、全体像は分かったけど何から始めたらいいか分からん。

そこで今度は経営の構成要素はどんなものがあって成果にどういう影響を及ぼすのか調べてみた。

f0121909_09353643.jpg

①②はお客様作り関連。

お客さま、競争相手のことを考えて決める。

これで業績の8割がたが決まる。

③④は社内関連。内部関連。

どういう組織にするか、社員教育するか、モチベーション維持するか、給与体系はどうするか、どこに資金を振り向けるべきか。

全体の2割。

つまりは、外を見て活動している会社は業績が良く、内部の事ばっかやってる会社は業績が上がりにくい。

良くFAXのダイレクトメールで

「業績を良くするために社員のモチベーションをあげるセミナー開催!」

みたいなの来るけど、

(MAXでも2割しか効果ないから効率悪い)

と分かるから即排除。

てなことで、男は黙ってひたすら営業!

ここでまた問題。

営業大事ってわかったけど何をどう営業したらいいか分からない。

考えて初めてやった営業らしきこと、それはFAXDM。

いきなり売り込みせずに

①まきばの紹介とサンプルの呼びかけ(100%)

②サンプル依頼の返信着たらサンプル出荷&感謝のお手紙(3%)

③サンプル送って数日後に勇気を出して電話をかけ感想を聞く(3%)

④うまくゆくと初回購入(1%)

⑤さらにうまくゆくと継続購入(0.1%)

ぐるなび検索して飲食店のFAX番号調べてFAXするだけの日々。

反応率揚げる為にこんな感じの手書きFAX送ってました。

f0121909_09584295.jpg

いかにも田舎のお肉屋さんが地元の食材をPRしている感を狙いました。

大量にやって実感したことがあります。

全然成果が出ない(T0T)トロウカンハンパネー

by ma-ki-ba | 2019-05-26 10:00 | まきばのできごと | Comments(0)

祝!タリーズが地元にやってきた

タリーズコーヒーが

生活にもたらすメリット


f0121909_19440250.jpg

本読読むことで成果が出ます。

・考え方が変わる

・行動が変わる

・結果が出る

・楽しくなる

・さらに本を読む

このサイクルが回転してゆくと、本にかける投資(時間・お金)>リターンが顕在化してきます。

結果、自分の部屋や職場の机にブックタワー、いわゆる「積読」タワーがそびえたちます(T0T)オイツカネー

なので本を読む時間増やすぞ!

と朝はやる気満々なんですが、夜になると気力がほぼほぼなくなり、結局帰って「吉田類の酒場放浪記」眺めながらお酒の誘惑に負けるというパターン。

家に帰るとホッとしてしまうんで、喫茶店でコーヒー飲みながら本でも読みたい!

その目的を達せようと仕事の後探しました。

気づきました。

地元にそんなとことは無い!

考えてみたら一目瞭然。

コーヒー専門店というビジネスモデルは田舎では成り立たない。

飲んで食べてしてもらわなければ利益にならないわけ、お店は。

人口が多い都市ならまだしもただでさえ人がいない地域で、コーヒー飲みながらゆったりひと時を楽しむなんてされたら回転率も低いわ人も少ないわで成り立つわけがない。

しかし、蔦屋の集客力がこの不可能を可能にしてくれる。

更にさらにうれしいことに結構遅くまで営業してるんで仕事終わりの遅い時間帯でもよることができる。

ちなみに今まではわざわざ高速道路使ったりしてタリーズ行ったりしてました。

でも、行き帰りの移動時間と本読んでる時間が大差ないので効率悪い。

多分今日あたりはオープンで人たくさんでざわざわしてそう。

早く落ち着いてゆったりできる感じになってくれること祈りつつ、ブログ書いたら寄ってみます。

by ma-ki-ba | 2019-05-25 19:56 | まきばのできごと | Comments(0)

営業で心掛けていることと成果の出ない暗黒時代との向き合い方

今日は出張してきました。

出張の際に心掛けていることあります。

できる限り多くの人に会うこと。

理由


営業力=営業マンの能力×訪問面会件数²


はい、ここでも出ました。

凡人にとってのご来光。

能力不要でやる気さえあればできる量の部分につく神がくれた希望の「²(二乗)」。

訪問面会件数をあげてれば、必然的に多くの人に会うことになり、はじめは口も聞いてくれないひとも同情から話しを聞いてくれるようになり、そのうちいろんなつかいっぱしりとして使ってくれ、気づいたら普通に取引をやっていた。

量をこなせばだれでも質に変わってゆく。

ある意味自分みたいな単純人間だと継続でき、頭がいい人だともっと効率の良いやり方があるはずとやり方を変えてくれる。

今日は4件訪問(内2件は営業というより打ち合わせ)。

ただ、幸いなことに3件目の面会の際に3社の取引先さんに会えたので実質5件訪問したのと同じ成果となりました。

一日の訪問面会件数を上げるには、

・1ヶ所で複数の購買決定権者に会う

・移動時間が短くなるようにルートを決める

・1件当たり訪問面会時間を短くする

があります。

これ全部ランチェスター教材で知りました。

そんな時に自分たちに一つ大きなウィークポイントがあることに気づいた。

それは、地方のためメインの得意先様への訪問回数がライバルより上回ること地理的に難しいこと。

まきばの心掛けていることは、地元の良質且つストーリー性のある食材を使い、手間のかかる手作り製法で作り、その付加価値を認めてくださる高級こだわり志向のお客様へ販売するというもの。

おのずとお客様は首都圏や大都市圏に集中します。

しかし、大都市圏へ毎日訪問すること難しく、仮に東京へ出張所を作って維持管理するだけのコストをペイできるかははなはだ不透明。

いまだこれに対する解は出ていません。

ただ、うちのようにメーカーが直接販売先様を訪問し、試作の依頼を頂いてはソッコーで試作し(営業と現場仲良しなので)、提案するというスピードを買って頂いてか今は安定的に案件を頂けています。

この量質転化は大変使い勝手が良いですけど、結構成果出るまでに挫折する確率は高いようです。

まず成果が出るまで自分の肌感覚だと3年はかかります。

しかも、成果が出るといっても本当に微々たるもので成果と気づかないくらいはかないものです。

(あれ、最近電話で問い合わせ増えてない?気のせい?くらいのレベル)

自分の場合は、

・パソコン教室に通ってホームページ作って1か月目に奇跡の注文第一号が来た

・ぐるなびで飲食店のファックス番号調べて手書きのFAXDM100件流したら3件からサンプル依頼来た

・あまりにやることなかったから近所の工業団地にお昼に揚げ物売りに行った
(2000円程度の売上上げるために1時間かけて揚げ、30分かけて販売するという完全に赤字状態)

多分5年くらいこんな状態でした。

まさに出口のない真っ暗なトンネルの中を走ってる感じ。

もし同じことやれと言われたらソッコー拒否です。

今また新たなことにチャレンジしようと思ってます。

多分成果が出るのはどんなに早くても2年後でしょう。

忙しくて途中挫折するかもしれないですけど数うちゃ当たるを体験できたことが功を奏しています。

バラ色の未来に一切期待せず、小さくはじめてみます。

by ma-ki-ba | 2019-05-22 20:46 | 日々のできごと | Comments(0)
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
最新のトラックバック
大和商工会東支部のIT勉..
from @南魚沼市
ba/ba
from お悩み解消ネット
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧