人気ブログランキング |
 ”おいしい豚肉”   まきばのホームページはこちら →


uonumamakibaをフォローしましょう


オモシロおいしい魚沼をお届け中
by ランチェスター戦略実践肉屋(有)まきば 桑原一成
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

タグ:ランチェスター経営 ( 412 ) タグの人気記事

【体験談】辛い、怖い、キツイ営業→楽しい、ストレス無し、依頼ドンドコの営業へ


【体験談】辛い、怖い、キツイ営業

→楽しい、ストレス無し、

依頼ドンドコの営業へ


f0121909_21240350.jpg
今週もお疲れさまでした。


今週は、出張や外出で4日間外に出ていたのでかなりドタバタでした。


私は営業職ですけど、今現在ストレスほぼゼロ状態で楽しくややらせてもらってます。


さて、本日下記のツイートをしました。


ツイート

営業は、断られる、つらい、怖い、キツイ、病んでしまう、成績が上がらない、冷たい対応をされるというマイナスイメージが一般的に強いかも。

でもやり方を変えると全く逆の楽しい、ストレス無し、依頼がどんどんやってくる。

人に売込みするのが嫌だった。

売り込まない営業はかなりストレスフリー♪



私の体験談を交えながら深掘りしたいと思います。



・1.売り込まなければ断られない

(売りこまれる方も不安である

 ということを察してあげよう)



売り込まなければ断れない。


当たり前すぎです。


売れなければ実績にならないだろう!


こっちには毎月のノルマがあるんだ!


ノルマ上げられなかったら給料やボーナス減らされるんだ、ローンどうすんだ!


確かにその通りです。


私の場合ルートセールス的な性質の営業なので保険や住宅のような一回契約したら基本終了というものではなく、その後も継続的にお取引が続くからそんなことが言えるんだという意見もあると思います。


(とはいえ、ほとんどのお客さまはゼロから今に至るので結構大変でしたよ)


では逆に考えてみて、ガンガン売り込みかけたら売れるんでしょうか。


例えその商品がその人にとってめっちゃ必要な商品でも、はじめにガンガン来られると反射的に「間に合ってます」になります。


会社に突然かかってくる営業電話って、たいてい「間に合ってます。ガチャ」ですよね。


私の前職時代、入社2年目で知識ほぼゼロで営業に放り込まれました。


(なんとか売り上げあげねば)


知識ゼロの人間が、自分の営業所に置いてある相手の役に立つかどうかも分からないパンフレット持って必死こいて売り込んでました。


相手はめっちゃ迷惑そう。


やさしい人は迷惑そうに思いながらも聞いてくれるが当然買ってもらえない。


厳しい人からは当然邪魔者扱いですね。


(どうせ売れねえし、どうせ営業成績全国でほぼビリだし、売り込み辞めよう。)


ということで、売り込み辞めて利益率低い修理品(こないだのブログの内容)をせっせこ集めて超スピードで対応してました。


そういうことやってるとそのうち相手とも少しずつ仲良くなってきた。


毎回修理品あるわけじゃないわけで、そうすると相手の会社に訪問してもやることない。


それならばと思い、お客さんの顔眺めてました。


「お前何しに来た?」


「お客さんの顔見に来ました」


「お前気持ちわりいな ー0ー 」


ただ、顔見ていて怒鳴る人はおらず。


変な面白い新人がいる的に認知してもらいました(これが私のいじられキャラ誕生の瞬間?)。


そんなあるとき、仲良くなってきたお客さんに電話かけました。


(私)「はいっ!桑原です!!」


(客)「桑原ぁ〜。どこの桑原さんだぁ〜(/ ̄ー ̄)フフフ」


(私)「なに言ってるんですかあ?


    あなたの桑原ですよぉ~」


相手が電話越しでウケてました。


てなことで、商品売り込まず自分との距離を縮めてもらう(自分を売り込む)と精神的にかなり楽です。



・2.ゴールまでにたくさんの

   階段を作るほどスムーズ



(高いところに行くのに

 最短目指せばロッククライミング。

 ゆったり進めば緩やかなスロープ)



電話や訪問でいきなり売り込みをかける人を見るとある意味で「この人たち勇気あるなぁ〜」と驚きます。


99.99%強い断りを受けるの分かってんのによくそんなことできるなぁって。


買ってください → YES


確かに最短距離です。


これはロッククライミングと同じだと思います。


目の前に断崖絶壁の崖がある。


最短で登るにはロッククライミングでよじ登るという方法になる。


途中で足を踏み外したら落っこちるし、体力も必要。


目的地にたどり着ける人って特殊な才能を持った一部でしょう。


片や、歩く距離はめっちゃ長くなるけど緩やかな坂道を選べば着実にゴールに近づける。


結構この手法コンサルタント会社さんやってますよ。


①見逃していませんか!御社が受け取ることのできる助成金無料セミナー

(興味を引かせる、無料の言葉で心理的ハードル下げる、いかにも公的機関が開催してる雰囲気の紙面にする)


②セミナーに参加

(こんな助成金、あんな助成金得られます。私たちがサポートします。そう言って安心感を得る。参加者も相手の人柄もある程度分かるので安心感UP)


③初回無料で個別相談会行います

(一度相談してみようかしら。かかる費用より得られる助成金の方が多いみたいだし。)


④一連のやり取りを行った後でクロージング

(やられますか?どうしますか?)


ゆっくりゆっくりと坂道を上がってめでたく本契約。


もしこれがいきなり電話がかかってきて


「補助金受け取れるからうちと契約是非お願いします!」


めでたく厳しい断りを受けて精神的ダメージゲットです。



・3.実は競争相手居ない説


(競争相手の名前、血液型、

 星座、好きな食べ物言えます?

 実は、一人だけの闇試合?)


99.99%の業界にはライバルが存在し、競争も存在します。


競争が激しい競争が激しい。


でもこれって本当だろうか。


そんなに自分のことを苦しめている競争相手です、気になって気になって仕方ないはず。


では会社名、相手の営業マンの名前、血液型、星座、好きな食べ物言えるだろうか。


実は、競争が激しいといいつつもその原因となる相手の会社名も実はよくわからんってこと結構あります。


例えばですが、以前も紹介しましたがうちの人気商品に「きんぴらごぼうの豚肉巻き」があります。


f0121909_22181265.jpg

お客さまからこれ作れない?との要望を頂き開発した商品です。


これ、1分間に平均3本くらいしか巻けません。


なのに、初回企画で14万本以上の注文来てしまいました。


地獄見ましたがなんとか乗り切りました。


こんなに売れた商品です。


普通他社がガンガン真似したり、値段を下げて横取りしようとしたりしてきますよね。


しかし現実誰も妨害してこない。


なぜ?


・人手不足でとてもそんな商品作ってられない


・こんな面倒な商品取ってきたら現場に何言われるかわかない


当然こういう商品作り得意としている会社ありますんで競争ゼロとは言いません。


ただ、競争激しい、厳しいということって誰でもできることを奪い合って値段たたきあってるだけかも。


人のゆく裏に道あり花の山


結構広いお花畑広がってる気がします。




・4.チャンスはピンチの

 顔してやってくる件

(クマが出たぁ~!!

 いや、よく見たらくまモンだった)



まさにさっきのきんぴらの豚肉巻きがそのいい例です。


14万本注文着たときは完全に終わった・・・って思いました。


まさにクマが出たぁ~状態です。


死を覚悟しましたが、なんとか乗り越えたらこれがまきばの強みのある商品となってリピートリピートリピート。


すると、この作業に慣れたおかげで似たような豚肉巻き商品の話しもやってくる。


(だって、他社めんどくさがるし人員足りてないしで手を出してこない)


ただ、まきばもそれは同じで魚沼冬のスキーシーズンは人手が足りないけど応募も来ないというめっちゃ大変でした。


そのために人を募集する方法をあれこれ考え実行してゆくうちに人を集めるのがうまくなった。


結果、はじめピンチだったけど振り返ってみるといいことばかりのチャンスでした。


凶暴に見えたクマは実はくまモンでした。


●まとめ


・いきなり売り込まず、緩やかな長い道を歩もう


・競争相手が嫌がるけど

 自分たちは得意な分野を探そう


・凶暴なクマは実はゆるキャラだったりもする


by ma-ki-ba | 2019-06-29 20:14 | 商品開発 | Comments(0)

自分の頭で考えているようで実は考えていない事実【ニュースを聞いて妄想しよう】

自分の頭で考えているようで

実は考えていない事実

【ニュースを聞いて妄想しよう】


f0121909_18205303.jpg
今日は久しぶりにボクシングジムへ行きます。

なので、本日はいつにもましてテキスト感満載の殺風景ブログです。

本を読むようになるまで、新聞やニュース番組は完全なる真実を報道しているものと信じてました。

ただどうしても報道する側のフィルターを通りニュアンスが変わって報道されてしまいます。

言われたままを信じてうまくゆけば問題ないですけど、信じて付いていった結果ハシゴ外されてしまったら結局誰も責任取ってくれないわけです。

こないだ老後の生活全うするには夫婦で2000万円不足するなんて報道が世間を驚かせましたね。

「夫婦で2000万円足りないけど、国が全部面倒見ますから安心してね(^-^)b」

とはならないわけです。

「自分で運用して将来に備えてくださいね!」

となるわけです。

年代別人口の推移や日本の借金の増加率の情報を調べて自分の頭で考えておけばおおよそ検討はつきますよね。

私もそういうことはうすうす気づきはすれども真剣に考えたことはありません。

ただ、日曜日のお昼過ぎの番組の


「そこまで〇って〇〇会」に出てくる頭のいいパネリストの皆さんは膨大な情報を仕入れて自分なりに考え、某新聞や某テレビ局の報道に対してかなり強い意見を展開してます。

(おお、そんな考えになるのか!)

そういう経験から、自分の頭で考えねばなぁと漠然と思っていました。


■ちきりんさんの

 目からうろこの思考のワザ


まずある情報を見たときにまず考えるべきことは、


「なぜ?」



「だからなんなの?」


の2つであると教えてくれてます。


(完全にあらすじチックな内容になってしまってますね。でも続けます。)


「なぜ?」とは、その情報はなんの現象の結果そうなったのかという背景を探る問いです。


「だからなんなの」はある現象の結果今回の出来事が起こったのだとしたら


「次は何が起こる?」


「それに対して自分はどうすべきなんだ?」


というように未来のこと、先のことを考える問いです。


いまいちよく分からないと思うので、私の妄想を披露しましょう。


■高齢者の痛ましい事故の

報道を聞いて自分の頭で考える


連日高齢者の痛ましい事故の報道を聞くようになりました。


つい2、3年前と比較してその頻度が飛躍的に増えたとおそらく皆さんも感じていると思います。


70を超えた芸能人、タレントが自主的に免許の返納をする光景も流されました。


では「なぜ?」の問いでこの報道の背景を考えます。


・高齢者の交通事故の報道が飛躍的に増えたけど、去年より事故件数が飛躍的に増えたんだろうか?


・若者世代の事故の件数は高齢者事故の件数より少ないのだろうか


(すみません、2つくらいしか浮かびませんでした。)


次は、「だからなんなの?」です。


・70超えた芸能人、タレントさんたちが自主返納したけど、彼らには自分の代わりに運転してくれる人がいるからできるんわけで、特に地方で電車もバスもないような地域で返納は進むのか?


・地方で免許を返納した高齢者で夫婦もしくは一人暮らしの人たちはどうやって買い物するのか?
 おそらくインターネットは使えない。


・地方のスーパーマーケットで宅配を行っている店舗の報道は一時期頻繁にされたがその後聞かないのはどうしてか?
 やはり黒字化のめどが立たないのか?


・ネット有機食品販売会社オイシックスのグループ会社「とくし丸」の移動販売車は、国の補助を受けていないが黒字化しているというのを聞いたことがある。
 とくし丸が全国に一気に普及するのではないか?


・高齢者の事故防止機能を搭載した車もしくは今の車にオプションで後付できる事故防止機能装置が、これからさらに進む高齢化に向けて発達してゆくかもしれない。


・そしたらその装置を開発している会社の株価が上がると思われるので、今から調べて購入しよう。


・いや待てよ、自分のような素人がそういう発想になる言うことはすでにその会社の株は買われていて割高になっている為高値掴みする危険性があるからPER他慎重に調べておこう。


かなりちきりんさんの良質な思考と違い不良質な思考でしたが、こういう風にいろいろと連想ゲームのような思考を習慣化できれば


「だまされたぁ!」



とはならず、



「そのパターンで来たのね^^」



と大人の対応ができると思います。


ああ、時間が20時になりました。


久しぶりのボクシングジムなので、軽めでかんべんしてもらおう。


ああ、連打したくない・・・・。



(おしまい)

by ma-ki-ba | 2019-06-17 18:20 | 日々のできごと | Comments(0)

時間戦略実践記

f0121909_19165929.jpg
↑ランチェスター経営㈱竹田先生からいただいた直筆サイン



 ランチェスター経営の8大要因(商品、営業地域、業界客層、営業、顧客、組織、財務、時間)の中で1、2を争うくらい好きなのが「時間戦略」。

 単に長時間費やすことを推奨している戦略のため、頭が良くない、スポーツできない自分に唯一光をくれる戦略だったから(おなじ理由で「量質転化」という言葉が好き)。

 会社の業績をシンプルな公式で表すと、

 業績= 資源(顧客、商品、知名度、歴史)
    ×人的能力(営業力、顧客対応、商品開発力)
    ×時間²

 3つの要素すべて高ければ問題ないけれどそんな会社は多くなく、自社ももれなくその状態。

 入社したばかりはより顕著にどれも低い状態。

 しかしこの公式をよーく見てみると一つの希望発見。

 時間だけ「時間²」ってなっている。

 資源、人的能力は頑張ってのばしても正比例での増加。

 時間だけは二乗比で増加。

 ランチェスター法則全般に共通する素晴らしいところは、才能無くても気合い入れたらできる要素に二乗がついているところ。

まさに自分にピッタリ。

 っていうことで、早速長時間にチャレンジ。

 具体的にどの程度長時間やったらいいのか。

 なんとこれにもきちんと法則・公式があります(ほんと素晴らしい)。

 中小企業のおおよその平均年間労働時間は1850時間(月間19.27日×8時間労働計算)。

 この時普通の人の2倍働いてやろうと決意した場合。

 働く時間は√2倍(ルート2倍、1.41421356倍、ひとよひとよにひとみごろ)にすればよい。

 なぜならば

 業績= 資源 × 人的能力 × 時間²

で、時間は二乗になってるから平均労働時間に√2倍すれば2倍働いたことになる。

 1850時間×√2=2620時間

 単純に1か月20日間働くとしたら一日平均約11時間(お昼休みの時間除く)。

 この平均労働時間の何倍働くかという倍数には名前がついている。

 3倍=必勝の条件 1850時間×√3倍=3,200時間(社長最低限仕事時間型)
 4倍=圧勝の条件 1850時間×√4倍=3,700時間(おすすめ型)
 5倍=決死型の条件 1850時間×√5倍=4,140時間(死んだつもり型)
 6倍=超人型の条件 1850時間×√6倍=4,530時間(ベンチャー型)

 ちなみに3倍型がなぜ必勝の条件と言うかというと、戦争で空中戦をするとき1機の飛行戦闘機に3機で立ち向かうと必ず勝てる(1機の方がいかに手練れの戦闘員が乗っていたとしても)という物理の計算式から導きだされた法則。

 では自分の置かれた状況では何倍を目指せばいいか。

 これもまた物理的な参考となるデータがありました。

 飛行機が離陸するときに費やすエネルギーでした。

 飛行機は離陸するときに最もエネルギーを使い、軌道に乗るとそこまで力を費やさなくても安定飛行に入ることができる。

 その離陸する際の費やすエネルギーは、安定飛行時の3~3.5倍。

 となると、無いもの尽くしの状態から離陸するまでの期間、3~3.5倍の時間働けばいいことが判明。

 4倍=圧勝の条件 1850時間×√4倍=3,700時間(おすすめ型)

を実行することに。

 毎週6日働くとした場合、年間約312日間×約12時間(休憩時間除く)を軌道に乗るまでやればいい。

・朝7時出社
・お昼休み1時間

と計算すると

 毎日朝7時~夜8時までを年間312日実行すればだれでも成功できる。

 目標さえできればあとは続けるだけのお手軽作業。

 信じやすい単純な性格も大変マッチ。

 この法則を照らし合わせるといくつかの事実が浮かんでくる。

★ベンチャー企業の社長さんは死んだつもりで働かないと軌道に乗らない

 死んだつもりで頑張ります!ということの意味は

・年間4,140時間以上働きます!(死んだつもり型)
(言い換えれば一年365日休まず11.3時間(休憩含まず)働きます)

 ここから見えてくる事実は、ベンチャー企業の社長さんは労働基準法の適用外となるということ(定時出社、定時帰宅、週休二日で起業大成功♪というのは宝くじに当たるくらいの確率)。

★若いうちにやっておくべき

 若いうちは体力があるので寝なかったり休まなかったりしても何とでもなる。

 これが年を取ってから急に業績が傾いてきたから60過ぎて決死型!なんてやったらリアルに決死してしまいかねない。

 年齢を重ねるごとに徐々に仕事時間を減らす。

 会社が軌道に乗っていれば、趣味の旅行や食事も安心して楽しめる。


 無理はできるだけ若いうちに済ませておきなさいとまで教えてくれる時間戦略は神。


by ma-ki-ba | 2019-05-18 19:16 | 日々のできごと | Comments(0)

まきばノンフィクション劇場

 人間というものは時にすごい能力を発揮します。


 よく人間の脳は10%しか使われていないと言います。


 私の勝手な想像ですが、もし100%使ってしまったら多大なる負担がかかり脳も体も持たないのではないでしょうか。


 もしかすると人体に悪影響が及ばぬよう10%に抑えているのかもしれません。


 さて、まきばにて今日この脳の使用量との関連するかもしれないすごい出来事が起こりました。


 その出来事の対象者は、まきばの事務スタッフお花畑松井さん。


 あまりのほんわかとしたまるでお花畑でちょうちょを追いかけてるかのような雰囲気は他の追随を許さないすごさを秘めています。


 今日の休憩時間のことでした。


 従業員玄関を出たばかりのところでまきばの事務スタッフ小川どん(どすえぇ~)含む仲間たちが和気あいあいとお話ししながら休憩中。


 そこに加わろうとお花畑松井さん。


 従業員玄関のドアを開けようとしたら開かない!


 次の瞬間に放った一言に一同騒然・・・


(ま)「ちょっと意地悪してカギ閉めないでくださいよぉ~(#`皿´) ムキーーーー!





(お)(????? (  ゚ ▽ ゚ ;)エッ!!




 私たち外。





 あなた中。






 外から鍵って・・・、






 かけれないよね?)






 ドアノブきちんと回せていなかったようです。







 さて、明日は土曜日。



 まきばの事務スタッフお花畑松井さん&小川どんは子供の運動会でお休みです。



 商品出荷の送り状はこの2名が担当。



 ということで明日は私が送り状を発行することに。



 送り状の発行のやり方を覚える為、一連のやり方をまずは小川どんから聞く。



 全体の流れを把握したところでもう一度同じ説明を小川どんにしてもらい、その様子を私の携帯の動画で撮影。



 その動画を見ながら試しに一人で送り状の発行練習をしていました。



 すると再生している動画から



「若槻さぁ〜ん!」




という音声が流れた。





 次の瞬間、




(ま)「ちょっとぉ、恥ずかしぃ~~(((p(≧□≦)q)))


    録画された自分の声聞くのぉ~~~」





(一同)(????? (  ゚ ▽ ゚ ;)エッ!!




   「この声・・・、





    あなたじゃなくて・・・





    志太さん(もう一人の事務スタッフ)だけど・・・。」





(ま)「えっ!





    たしかに





    あたし




    さっき




   「若槻さん」なんて





    言ってなかったね・・・。






    ちょっとやだぁ~。動画の声って紛らわしぃ~~






    ヾ(´ε`*)ゝ チョット-、シンジランナーイ





 あまりにもすさまじいポテンシャルを持っているのですね。




 常人よりもガッチリ強いリミッター効いているみたい。

by ma-ki-ba | 2019-05-17 17:59 | 日々のできごと | Comments(0)

まきば日記


筋トレモチベーション動画で聞いたことって以外の頭の中に残る。

その一つ「本当に効くスキンケア」。

アメリカ皮膚科学会の発表で、肌につけて効果があるものは「日焼け止め」と「保湿剤」のみ!

良く行くドラッグストアには、本当にたくさんの化粧品がずらり。

さらに値段結構高い。

仕事柄開発した商品の原価計算をしているので、普通の人よりは商品の値段がどういう構成のもので決まっているかはわかると思う。

TVやネットCMを打ち、ポスターを作り、タレントを使い、めっちゃ豪華そうな容器に入れる。

確かにPRしないと売れないんだろうけど、購入者の本来の目的は化粧品の効果。

となると一番メリットを享受するには、使う人が何が効果をもたらすかを学び、華やかな広告宣伝に惑わされず、真に高価なものをチョイスすること。

そんな労力を使うことなく筋トレしながら聞いたことを実践するだけというめっちゃコスパの良いやり方で知ったこたえが「ココナッツオイルを塗る!」。

早速買いに行きましたよココナッツオイル。

塗りたくりましたよ顔に、ココナッツオイル。

塗り過ぎたのか、目がシパシパ(>0<)シパシパ

仕事中にこのことをお花畑松井さんに話した。

(お花)「へー、だからなんですねぇ。確かに肌のつやいい感じですね。」

(マジでぇ!やっぱいいのかココナッツオイル)

(お花)「いつもみたいに粉っぽくなくっていいですよ」

∑( ̄[] ̄;)!コナッポイ!!

 相変わらずお花畑の住人感満載の松井さんでした。


by ma-ki-ba | 2019-05-11 18:54 | まきばのできごと | Comments(0)

魚沼ソウルフード「モツ焼き」スタート




 雪が解け温かくなる4月の終わりころから「モツ焼き」がスタート。

 新鮮な生を焼くのでとってもジューシー。

 先月朝のNHKの番組で魚沼ホルモンが紹介され、それを見た人たちから予想外の注文がホームページに寄せられてプチパニックに陥りました(>0<)デモウレシー

 魚沼ではメジャーだけど全国的にはまだ知る人ぞ知るという「モツ焼き」。

※こちらで販売してまーす ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 ゼロマージナルコストエコノミーにて今年は普及を図ってゆきます。


by ma-ki-ba | 2019-04-22 06:25 | 生産者さん紹介 | Comments(0)

アマゾンおすすめでそのまま購入。予想以上に面白いという体験。

f0121909_20504053.jpg


 米中間の貿易関税掛け合いによって企業業績の下方修正の記事を新聞で見かけることが増え、それを見かけるたびに若干テンションが下がる今日この頃。

 10月に消費税アップ(予定)、働き方改革で雇用側としては有給5日間消化実施、原料価格の相次ぐ高騰、人手不足による賃金上昇、南魚沼有効求人倍率3倍(らしい)、という中で業績を求められるという嫌がおうおなしに経営レベルの向上が求められる状況となってまいりました。

 これをピンチととらえ悲観的になるのではなく、レベル向上のためのもってこいのチャンスと(無理やり)とらえてハイテンションに日々を過ごしております。

 さて、いったい何をどうやればレベルの向上につなげることができるのか?という好奇心が自然と生まれてきます。

 その周りが何をやってるんだ?を手っ取り早く知ることができる媒体の一つが新聞や四季報など。

 そういうものに興味を持つと自然と興味を持ってくるのが投資について。

 「投資」

 ギャンブル、リスク、怖い、不安定、負けを取り戻そうとはまってしまう人、などなど貯金が美徳の教育が見事なまでに行き届いた国の多くの人が直感的に抱く感情と言われてます。

 私の見解ではやる人によるに尽きる。

 現代に必須の自動車も、免許を持っていない人が運転すれば凶器、普段運転している人が運転すれば便利な移動手段、ペーパードライバーが運転すれば諸刃の剣(嘘です)。

 そんな貯金美徳国家にて投資信託を広めて皆さんの理想とする生活の実現を目指した人たちの話し、これは大好物の苦しみ、悲劇、努力、まさかの出来事、トラブルの香りがプンプンしたので即購入。

 期待を裏切らない内容を美味しく頂きました。

 本業を持ちながら投資で大成功という人もいると思います確かに。

 でもそれはほんの一握りの才能と幸運と出会いがあった人でしょう(本屋にはそういう一握りの人のものがほとんどなので勘違いしてしまう)。

 本業を持ってる人はやはり本業に専念するのが費用対効果MAX。

 自分の不得意分野は専門家へ。(持ってないけど)

by ma-ki-ba | 2019-04-17 20:50 | 日々のできごと | Comments(0)

最適送料

送料。
切っても切れない重要な要素。
人手不足、働き方改革によるより一層厳格な労働時間の管理等によってどんどんコストアップしております。
少しでも効率的で無駄のない配送を手配運輸便、業者便を使い分けています。
この配送便の手配を担当しているのがまたまた登場まきばの優秀ほんわか事務スタッフお花畑まっちゃん。
先日まっちゃんどの配送便を使用したらいいかで残業しながら悩んでいた。

「どの配送便使ったらいいかわからないんですぅ~。複雑すぎますぅ~。」

内容はこうでした。

・お届け先、日本各地に点在
・出荷数もその都度バラバラ
・商品代と別途で送料請求
・ヤマト運輸便条件
 送料割高
 地域によって送料が変わる
 段ボール1箱梱包最大重量7kg
 1個口から出荷可能(段ボール2箱を一括りにして1個口として出荷可能)
 1個口で出荷可能な商品最大重量14kg
・業者便
 送料割安
 地域によって送料が変わる
 段ボール1箱梱包最大重量10~11kg
 エリアによって最低出荷ロットが1個口、5個口、10個口の3パターン
(例:新潟県は5個口、神奈川県は10個口、山形県は1個口)
 業者便は2箱を縛って1個の荷物として出荷してはいけない
(重量が重すぎて倉庫の担当者の作業の負担となるため)

 以上の複雑極まりない条件の中で、頂いたご注文のお届け先と注文数からヤマト運輸便にするか業者便にするかどちらを選んだらよいかわからないと悩んでいたのでした。

 このままでは生産性の無い作業に多大な時間がかかってしまう。

 ということで一瞬で最適解を導き出せる方法が無いか考えることに。

 見つけました!

【前提条件】
・ヤマト運輸便1個口送料>業者便1個口当たり送料×2
・ヤマト運輸便2箱1くくりで1梱包出荷可能
・業者便は2箱1くくり出荷不可
・業者便は最低出荷 1個口、5個口、10個口の3パターンエリア別に設定されている

【思考順】
ヤマト運輸個口送料   業者便個口送料
1個口(2箱)   > 2個口(2箱)
2個口(4箱)   > 4個口(4箱)
3個口(6箱)   > 6個口(6箱)
4個口(8箱)   > 8個口(8箱)
5個口(10箱)  > 10個口(10箱)

【結論】
①業者便最低出荷数1個口の配送エリアのお客様へは業者便を使用する方が安い(誰の目から見ても明白)
②業者便最低出荷数5個口の配送エリアのお客様へは、ヤマト運輸便で3個口未満の場合はヤマト運輸便、3個口以上の場合は業者便の方が安い。
③業者便最低出荷数10個口の配送エリアのお客様へは、ヤマト運輸便で5個口未満の場合はヤマト運輸便、5個口以上の場合は業者便の方が安い。

 試行錯誤し、まっちゃんが理解しやすいように紙に図を書きまとめ上げるのにおよそ1時間かかりました。

 しかしこの1時間によって今後発生するであろう無駄な時間が無くなるのであれば生産的な1時間です。

 いざまっちゃんに説明。
 なんとか理解できたようでした。

 最後に確認。

 「ところで今回悩んでたお届け先様は、業者便の配送条件どれなんだろう?」

(まっちゃん)「業者便で最低出荷数1個口で出せるところ(①)ですぅ~」


 (ちきしょぅ)

by ma-ki-ba | 2019-04-06 09:19 | 日々のできごと | Comments(0)

立場変われば考え変わる

 今回も仕事場での出来事です。

 わたし、営業を主に担当(雑用もめっちゃ多いけど)。

 当然ですが、会社の製造能力に対して最適な仕事量が入ってくるのが一番好ましい。

 でもどうしても仕事の入ってくる量というものは自分たちにとっての最適量ではなく、時には多く時には少ないものです。

 その不一致をいかにして平準化させてゆくかもしくはこの波にうまく適応するかが会社の強みとなるわけです。

 お客さんに、

「自社に最適なタイミングで最適な量の仕事くれなければ困りますよ!」なんていえないわけですからね。

 先週のことです。

 まきばの製造現場の仕事が若干落ち着いたことで、ある作業をするグループの仕事があまりないという状況になった。

「現場の仕事落ち着いていちゃってますよ!」

 営業担当してる私にこう言ってくるわけですね。

 先の仕事前倒しでやってうまく調整するようにあれこれ話をするわけです。

 すると今週になり、来月の学校給食さんからのご注文がドカドカッっといただいた(しかも納期めっちゃ短い)。

 さらに、予定していた企画の注文数が当初予定していた数の1.5倍になることが判明。
 こちらも急遽作らねばならなくなった。

 すると今度は、

 「人員に対して仕事の量が多すぎどすぇ~!営業なんとかしろどすぇ~!」

 これが現場の心境というものだなぁ~とつくづく納得した。

 当然だけど暇ならもっと仕事くれ!となるし忙しければ抑えろ!と言う。

 これが正常の人間の反応というものです。

 もし、「暇なら自分たちで何をしたらいいか見つけよう!忙しければどうしたら効率よくこなせるか自分たちで試行錯誤して解決策を見つけよう!」なんて思うような人ならば自分で独立してうまくやっちゃいます。

 そこでこんなたとえ言いました。

 あのな、回転すしとか家族で行ったりするだろ?

 あんなにいろんな多くの種類のすしを100円で食べれるんだろ。

 今までの普通の店側の常識で考えたら、

「そんなたくさん種類出せるわけねぇだろ!」

「おいしいもの1皿100円なんて無理に決まってるだろ!」

「注文受けて短時間でだせるわけねぇだろ!」

となんだろ。

 その無理を実現させたところが今成長してんだろ。

 自分だってそういう店使ってんだろ。

 お客さんとしてお店に行って、

「そうですよね、お店の人大変ですよね。だから1皿300円でもいいです、種類少なくても我慢します。ゆっくり握ってください!」ねんて絶対思わないだろ。

 立場変われば考え変わるもんです。

by ma-ki-ba | 2018-05-29 06:07 | 営業物語 | Comments(0)

お仕事終わったときの出来事

 一日のお仕事の終わり。

 まきばの現場の仲間たちが次々とあがってきます。

 「お疲れ様でした)^0^(」の挨拶をしながら皆さん帰ってゆきます。

 いつも大体最後に事務所には、私とお花畑まっちゃんが残ります。

 まっちゃんも仕事を終えてもう使わないパソコンや機械の電源落としている様子。

 「マツイさん、帰るときに自分の上以外の蛍光灯消してってね(節電)」

 「はぁ~~い。わかりましたぁ~~。」

 「それではお疲れ様でしたぁ~~。」

 (バタン)

 三歩あるいて私のお願い忘れたようです・・・。

by ma-ki-ba | 2018-05-15 13:07 | お客様の声 | Comments(0)
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
最新のトラックバック
大和商工会東支部のIT勉..
from @南魚沼市
ba/ba
from お悩み解消ネット
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧