人気ブログランキング |
 ”おいしい豚肉”   まきばのホームページはこちら →


uonumamakibaをフォローしましょう


オモシロおいしい魚沼をお届け中
by ランチェスター戦略実践肉屋(有)まきば 桑原一成
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

タグ:もっと頑張れ自分 ( 608 ) タグの人気記事

社員の人数で変わる役割分担【平屋建→二階建てに移行中】(体験談)


社員の人数で変わる役割分担

【平屋建→二階建てに移行中】

(体験談)


f0121909_19274111.png
今日もお疲れさまでした。


毎日気づけば夜だった状態。


おかげさまでお客様とのありがたいご縁を日々いただいております。


明日も今までのお取引がきっかけで新規のお客様に来社いただくこととなりました。


おてんと様は常に見ているという意識で日々を送るのが吉だと思う今日この頃です。


さて、今日こんなツイートをしました。



ツイート


社員の人数によって会社の組織構造は変わってゆきます。

・一人なら何から何まで自分で行い

・10名になったらそれぞれ専門の担当持ちつつ助けあう

・40名になったらチームのリーダーがメンバーに指示を与え社長はチームリーダーに現場を任せつつコミュニケーションをとる

現場が気になるが我慢我慢


今回は、自分の実体験中心にこの内容について深堀りしてゆきます。


▪️はじめはみんなで協力

サザエさんの温かい家庭

のような平屋建組織


ネットでググった情報ですが、日本には380万社の会社がありそのうちの99%は中小企業だそうです(ソースが曖昧ですみません)。


また、圧倒的に少人数の会社が多く99人までの会社が99%だそうです。


さらに、従業員数5名以下の小規模企業は日本の企業の9割弱を占めています。

(出展 クラウドシエンLAB)


社長も社員もみんな一緒に協力試合って働く組織は、「平屋建組織」。


みんなで複数の仕事をなんでもこなすことが最も効率の良く、コミュニケーションも頻繁に行われるためアットホームな雰囲気。


お昼ご飯も自分の家から持ってきたものをシェアして食べたりみんな仲良しです。


▪️二階建て組織の特徴


二階建て組織は、平屋建の時と比べて自分の役割が専門的になっていきます。


営業、製造、経理、というように自分の専門特化した役割に集中することが最も効率的になります。


こうなると以前の平屋建の時のようにみんなでいろんな仕事をこなしていた時と比べて同じ仕事をする人たち内でのコミュニケーションにとどまる傾向が出てきます。


そうすると発生するのが他の役割同士との対立。


よく聞くのが営業と製造現場が仲が悪いというもの。


営業がお客さんのところに訪問して取ってきた仕事について現場で批判が出る。


工場の意見:お客様の意見を重視しすぎて無茶な案件を取ってくる営業


営業の意見:お客様の要望に応えるのが私たちの役割だろう!


お互いがお互いに自分の専門分野を重視するがゆえに起こってしまう対立。


この件については、どこでも当たり前のように起こっている珍しくない出来事であるくらいに思っているのが良いです。


▪️まきばの組織の移り変わりを

 今思い返してみた


まきばは私が小学校低学年の時に創業しました。


当時は、私の両親とパート1名の3人でスタート。


本当に地域のお肉屋さんでした。


創業当初は、まさにお肉屋さんという感じで2坪程度の店頭でメンチカツやトンカツなどのお惣菜を揚げて販売してました。


小学生ながら本当にこの先我が家は生きていけるのだろうか・・・と心配をしていたことを覚えています(ちなみに私は4人兄弟だったのでなおのこと心配だった)。


お店オープンしてから間もない時のエピソード。


父が夕方お店から帰ってきていった言葉。


「今日は儲かった儲かった。売り上げ2000円だった。」


我が家は終わった・・・。


子供ながらに覚悟しました。


ということで、この当時は完全に平屋建組織でした。


▪️高校生時代、

 2階建組織っぽくなってた。


私が中学を卒業して高校が始まるまでの間、まきばでバイトしたことがありました。


この時両親に加えて社員さんが3名、パートさんが4・5名、トータル約10名。


会社の2階の事務所にはソファーが置いてあったのを珍しく見た記憶があります(当時我が家にはソファーなんて無い、築150年のまさに平家)。


当時、母が乗務として経理の方に専念していたように記憶しています。


(ああ、今は現場で肉を切ったりトレーに詰めたりしていないんだ)


父は現場で肉を切ったりすることもあればお客さんのところに冷凍車で配達に行ったりといろんなことをやってました。


若干専門的な仕事をするようになりつつある平屋建組織でした。


▪️26歳の年にまきばに入社

 結構2階建組織っぽくなりつつあった


大学を卒業し、会社勤めを3年間してからまきばに入社しました。


その当時は、二階の事務所に両親の他3名の従業員さんと現場には2名の社員さんとパートさんが6名ほど。


また物流専門の社員さんが2名。


トータルで20名足らずの人数でした。


事務所の人員は完全に自分の仕事に専念。


現場は現場の作業に専念


(完全に分業しているんだなぁ)


その時一つ感じたのが事務所と現場との距離感。


お互いにあまり交わらないためお世辞にも仲が良いとは言えない雰囲気。


また、現場は定時に上がるのに事務所の仕事は終わらず深夜まで書類作りということもしばしば。


偏りを感じました。


▪️新工場へ移転当初


旧工場が手狭になり物理的に今いただいている仕事をこなすことが困難に。


幸運にも知人の紹介によって今の工場を借りることができました。


面積は旧工場のおよそ4.5倍。


移転当初の人員は27、8名だったと思います。


こんな広い工場使いこなせるんだろうか。


前の工場よりも圧倒的に使い勝手が良いはずにもかかわらず、作業時間は旧工場よりもかかり効率も上がらず。


さらに驚いたことに、売り上げが移転前より微減(T0T)マジカ


こんなにコストをかけまくったにもかかわらずこの結果。


今思うと設備に慣れていないということもありますが、人数が30名近くになっても今までと変わらない仕事のやり方がめちゃめちゃ非効率であった結果じゃないかと思います。


▪️工場移転後3年経過

 現在に至る


工場移転して現在3年目。


人員は40名に。


働き方改革が叫ばれ残業は減らさなければならず、有給は5日間消化が義務化。


そこで人数を増やして無理なく仕事をこなせるようにと人員を増やしました。


私としては、当初固定費が増えることになるため(本当にやっていけるのだろうか?)とめちゃめちゃ不安でした。


しかし、今はほぼ定時に近い時間にみんな帰ることができ翌日もリフレッシュした表情で出社してくれるので今のところ正解であったと思っています。


今現在、事務所、現場、営業(わたし)でコミュニケーションも比較的スムーズにとれてるので対立などもなし。


言いたいことがあればお互いに意見し合ってます。



あと変わったのが、現場の各役割のグループ(精肉加工、惣菜製造、包装、フライヤー)に班長が出来たこと。


今まであの人に言ったり言わなかったりとかありましたが、今は班長さんに伝えてそれを自分のグループのみんなに伝えるという形。


もう一つ変わったのが、わたしが現場の助っ人に呼ばれなくなった(呼ばないようにした)こと。


今までは忙しいとわたしにヘルプ要請が来て、一緒に作業。


現場の状況を知ることができるしコミュニケーションが取れるというメリットあり。


でも現場で一緒に作業しないといけないってことは今後もずっと現場作業しつづける??


てなことで、現場に呼ばれなくなったことを嬉しく思うと同時に現場の状況がよくわからん?という不安とのはざまでモンモンとすることもあり。


自分でやったほうが楽という考えから未だに抜け出せていない。


まだ二階建てになるまで時間がかかりそう。

by ma-ki-ba | 2019-07-18 20:42 | まきばのできごと | Comments(0)

「時間が無い」は言い訳なのか【実際に忙しい人の方が行動をしている説】


「時間が無い」は言い訳なのか

【実際に忙しい人の方が行動をしている説】


f0121909_20532107.jpg

皆さんお疲れ様です。


昨夜は、魚沼地域は大変な大雨でした。


ブログを書きつつ雨が弱まるか外を見ていましたが私が寝落ちするまでは大雨のまま。


朝起きたらやんでいたので一安心。


農作物に被害が出ないことを祈るばかりです。


今日こんなツイートをしました。



ツイート


忙しい、時間が無い、やりたくてもできないと多くの人が思っています。

対照的に多忙極まりない人がいろんなことにチャレンジし結果を出したり楽しんだりしています。

これは

・決断力と行動力のスピード

・常識とする考え方

・優先順位のつけ方

・発想力の差によるもの。

全ては頭の中で差が生まれる



これについて深掘りしてゆきたいと思います。


■一日の必須時間を考えてみる


忙しい、時間が無い、と日々感じているわけです。


では、まず生きる為で最低限必要な時間を考えてみましょう。


あくまでザックリです


・食事 1時間(1食20分×3)


・睡眠 7時間(8時間が望ましいと言われている)


・風呂、歯磨き、身だしなみ 45分


・トイレ、休憩等 1時間


・料理、家事 1時間


・通勤、買い物 1時間


上記時間をトータルすると11時間45分。


これに仕事の時間を加えると20~22時間くらいにはなるでしょうか。


仕事時間が長い人なら24時間を超えてしまうかもしれません。


平均すると普通にお勤めの方は一日の自由な時間は1~2時間程度と推測されます。


■決断力と行動力のスピード

(いつやるの?今でしょ!)



自由な時間が平均して1~2時間であることが分かりました。


この事実を踏まえできることは、


・限られた自由時間を効率的に使う


・短縮できる時間が無いか探す


・同時並行でマルチタスクする


です。


まずはたから見たら多忙なのにいろんなことをこなす人はとにかく決断と行動が鬼のように早い。


これお願いね!


と頼んで振り返ったらももうそこにはいなかったっというイメージ。


めちゃめちゃ多忙だからこそ迷ってる暇がないっていうのが本音です。


この本いいよ!って進められたら1分後にアマゾンで購入完了。


今度ごはんでも行きますか?って言われたら手帳を取り出し「いつにします?」。


迷ったうえで決めたときにははるか先の見えないくらいのところに行っちゃってます。



■常識とする考え方が違う


(×一日しかない、◎あと24時間もある)



どんどんと多くのことをこなす人と、時間が無いと愚痴りがちな人のそもそもの考え方が違います。


例えばどんどん多くのことをこなす人に30分ふいに与えた場合、


・常に持ち歩いている本を10分読み


・15分で筋トレを行い


・残りの5分でツイッターで2、3ツイート情報発信



時間が無いと言っている人は、


急に30分もらってもできることは思い浮かばずついつい携帯を触って時間が終了。


つまり時間に対する根本的な考え方が違う。


これ私の実体験があります。


高校時代、体育の授業で通っていた高校のオリジナルの体操がありました。


おそらく私が風邪で休んでいたか何かでその練習をできておらず、ある日はじめて体育の授業でその体操を習った。


しかもそのテストが明日。


体育の先生に言いましたよ。



「自分今日が初めての練習でいきなり明日テストって無理じゃないですか?」



(先生)「お前なに言ってんの。明日までまだ24時間あんだろ。」



なるほどそういう考え方もあるもんだとやけに納得しました。


■優先順位のつけ方が違う

(忙しすぎて餓死した人のニュースは聞かない)



本当にやりたいことであれば忙しかろうが何だろうが絶対にやるはずです。


その一つが食事。


人間の3大欲求と言われる強い欲求です。


つまりは、優先順位が高いわけです。


忙しくて椅子に座ってご飯を食べてる時間が無いということはよくある話ですが、忙しすぎてご飯を食べる時間を物理的に取れなくて餓死しましたなんてニュースを未だかつて聞いたことがありません。


つまり、本当にやりたい、ご飯を食べることより優先順位が高いのならどんな手を使ってでもやるわけです。


結果、時間が無いと言ってできないことは優先順位が単に低いだけとも言えます。


■発想力の差によるもの

(時間が無くてできません。

 なので〇〇してみました。)




最後に発想力の差です。


仕事でもよくあるフレーズが、


「〇〇だから無理」


「〇〇だからできない」


だからどうしたらいいでしょう?的な言葉です。


「教えてくん」「教えてちゃん」ですね。


大量にこなす人は発想力が抜群です。


普通にやったら〇〇だからできないな。


それなら■■やったらできそうだぞ。



その■■を実際にやってみたらやっぱりうまくいかなかった。


じゃあ▼▼を今度やってみようという感じであれがだめならこれで、これもだめならそれでみたいにどんどんチャレンジ回数が増えます。


そのチャレンジ回数が経験になって蓄えられてゆき、結果更にスピードが加速してゆきます。


はじめに○○だからできないの人はレベル1のまま


試行錯誤繰り返した人はレベル10



■まとめ


・時間がたっぷりと与えられる状況は一生来ないと思っていい


・時間が無くてできない→「だから■■やってみよう」の一歩踏み込んだ発想をやってみる




今日はブログの書き出しが遅かったためただいま夜の10時


こんな私は暇人なのでしょうね。

by ma-ki-ba | 2019-07-17 21:57 | まきばのできごと | Comments(0)

長期投資家目線で自分を品定め【地味でパッとしないが健全がお好き】


長期投資家目線で自分を品定め


【地味でパッとしないが健全がお好き】


f0121909_19552816.jpg

みなさん今日もお疲れ様でした。


夕方前頃から雨音が強くなってきました


そのうち止むだろう。


しかし雨の勢いは強いままを保ったまま、現在夜の8:00。


未だに勢いは弱まらず。


もしかすると、このブログを執筆中に消防団の召集がかかるかもしれません。


被害が出ないことを祈るばかりです。


さて、今日こういうツイートをしました。



ツイート

長期投資家目線で自分を品定めしてみる。

・本業と違うあらぬ方向へ行ってしまわないか

・毎年きちんと成長してくれるのか

・将来に備えての研究開発費(勉強)への投資をしているか

・ちょっとの成功で天狗になって身の丈以上の生活をしないか

投資は長距離走。死ぬ直前まで続く道のり。


実体験を交えて深堀したいと思います。


▪️長期投資家の思考を

イメージして自分を見てみる


世間一般的に投資家というとなんだかお金をたくさん持っていて、いろんな情報をしていて、自分自身は汗水流して働かずに大金を設けているというようなイメージがあるかもしれません。


度々ブログで紹介しますが、学生時代に読んだ金持ち父さん貧乏父さんに強い衝撃を受け、その後投資金融関連の本をかなりの量読みました。


するとわかるのが、世間一般では投資家と投機家がごちゃごちゃに認識されているという事実。


・スキャルピング

・デイトレーダー

・スイングトレーダー

・毎月コツコツ積み立てる人

・一度買ったら一生売らないくらいいの勢いで持ち続ける人


その中で自分に一番しっくりときたのが長期投資。


この会社は今後伸びそうだ。


そう思える会社に出会えたら一生寄り添ってゆく。


短期でたまたま業績が良くなって株価が上がっても売らず


逆に短期でマイナスが重なり業績が急降下しても本質が問題なければ動じず


短期の上がり下がりで心を乱されていたら正確な判断はできません。


上がっても浮かれず下がっても恐れず。


この考えに合致する会社はかなり少数に限られます。


私は、個別株はリスクが高いので基本的にはやりません。


しかし、過去にたまたま会社四季報を見て運命的な出会いをした会社に少額ですが投資をしました。


・自己資本率50%以上

・毎年利益と売り上げ10%アップ

・配当0、成長のための投資へ投入

・パッとしないので人気がない

・社長が若い

・過去に何度も父さんの危機に直面した経験からめちゃめちゃ堅実


この会社の株を購入してから6年目。


未だに配当0。


人気もあまりない。


株価も絶賛低迷中。


でも持ち続けています。


やっていることに一貫性があり、10年後に大きく花開いている可能性を感じるから。


ということで、私自身がこの会社のように周りに思ってもらえるような行動を取ろうと考えました。


・頭が良くない


・パッとしない


・だけども愚直に同じことを継続


・将来もしかしたら、万が一、奇跡が起これば、花開く可能性が、1億分の1あるかも?


▪️実は全世界の人類全員投資家


みなさん投資家さんって自分と関係ないって思ってませんか。


実は全世界の人類全員が投資家です。


「投資」=資産を投じる


と書きます。


資産とは。


いろいろありますが、皆が平等に持っている資産は「時間」です。


今現在大成功を収めている人で、親の資産を受け継いだ以外で0から物事を成した人は必ずと言っていいほどまずは人類皆平等で持っている「時間」という資産を投じています。


みんなが知っているMicrosoft創業者「ビルゲイツ」。


当たり前ですが、生まれた時から世界一のお金持ちではなかった。


本業に年間6000時間を20年間続けたと言われています。


一年間一日も休まなかったとして一日約16時間30分働き続けた計算デス。


私が神とあがめる日本電産の永守社長は、一年間のうち正月の午前中以外は休まなかったそうです。




▪️全てはシンプル


自分がやったことが自分に返ってきています。


自分が好きでやっていることが、長期投資家から見て「お前のその時間の使い方好きだぞ」と言ってもらえるようなことをやれたら将来花開くのではないでしょうか。


それよりも自分の楽しみのために時間を使うべきだ。


まさにその通りで、結局は自分の人生自分で歩こうデスね。


死ぬ直前に「我が人生に一片の悔いなし」。


そう叫んでハッピーエンドを迎えられるよう明日も楽しみましょう。

by ma-ki-ba | 2019-07-16 20:51 | まきばのできごと | Comments(0)

【石の上にも三年】三年間は仕事を辞めないで続けるべきか考えてみた


【石の上にも三年】

三年間は仕事を辞めないで

続けるべきか考えてみた


f0121909_21043525.jpg
皆さんお疲れさまでした。


週の真ん中水曜日も終了。


今日は、突発的な仕事が舞い込んだため事務所は戦争状態。


気づいたら夕方。


まだ日課の筋トレすらしていない。


感情をゼロに設定し、淡々と、ただ淡々と作業をこなしております。


さて、今日は新たなモチベーションアップユーチューブチャンネルを発見。


クリスの部屋




この動画の力を借りて夕方筋トレ乗り切りました。


動画の内容は、


仕事辞めたい!入社3年以内で辞めていい理由が見るとわかるよ!


「入った職場に石の上にも三年で頑張る」


が良いのか


「いやだと思ったら新しい職場に素早く移るべきか」


わたしなりに、ユーチューブや本、経験を通じて得た考えに照らして深掘りしたいと思います。


■実際の離職率はどうなっているのか


高卒新卒社員の平均離職率

•1年以内離職率・・・17.1%(平成29年度就職者)

•2年以内離職率・・・29.0%(平成28年度就職者)

•3年以内離職率・・・39.3%(平成27年就職者)


大学卒新卒社員の平均離職率

•1年以内離職率・・・11.5%(平成29年度就職者)

•2年以内離職率・・・21.9%(平成28年度就職者)

•3年以内離職率・・・31.8%(平成27年就職者)


(出典:Raorsh~社会人の為の情報サイト~)


3年以内に高卒で約4割、大卒で約3割が職場を辞めています。


■どういう理由で離職しているか


ではどういう理由で離職しているのでしょうか。

同じく、(出典:Raorsh~社会人の為の情報サイト~)より。


•思っていた仕事と違った。やりがいがなかった。


•給料が低かった。


•会社の環境になれなかった。


•職場の人間関係がつらい。


■三年やるかやらないか以前に思うこと


以上の情報を見てどのように感じるでしょうか。


相手と自分がいて、その中で何か事が起こったとき原因が片方に100%ありもう片方が0%であるということはほぼないと思います。


例えば離職理由の、


•思っていた仕事と違った。やりがいがなかった。


•給料が低かった。


事前に調べりゃ分かるだろ?って感じです。


こちらも面接をするとき、なぜ前の会社を辞めたの?って聞くことがあります。


その時に、前の会社の悪いところばかりを並べる人の場合はちょっと警戒してしまいます。


・うちに入って辞めて次の職場を探す際にも同じようなことを言うんではなかろうか


・自分が悪いという思考を一切しない人なのではなかろうか


ブラック企業という言葉を聞くと違和感を覚えることが多々あります。


単に自分の努力と能力が足りていないがために大変であるだけなのにそれをブラック企業と呼んでいる場合があるからです。


ってか、新入社員でも簡単にこなせてしまうような仕事だけやっている会社で利益出して存続できる仕事ってあるんでしょうか。


はなはだ疑問です。


■以上を踏まえて

「入った職場に石の上にも三年で頑張る」について



まず、新卒である場合その大半がレベルゼロです。


わたしの知ってる昔のドラクエで言えばヒノキの棒か素手でスライムをやっとこ倒すレベルです。


はっきり言って会社の戦力ではなくまずは仕事を覚えるという時期。


なのにそのレベルゼロか1の人間が、


・給料が安い


・思ったのと違う


という自分で事前にリサーチしていれば分かることを理由に辞めるのは単に自分のショボさを会社のせいにしているだけだと思います。


逆に、


・入社前にインターンシップで仕事を経験、職場の雰囲気もある程度つかめた


・入社後の条件についてもきちんと確認


ここまでの下調べをやった結果入社を決めた。


けれどもその会社が他社に買収されてしまい、仕事内容、職場の人事異動、待遇面も全部変わってしまった。


こういうケースでは、離職は選択肢の一つとして検討して当然では。


■仕事ができる人は

「自責」思考である件



結果、石の上にも三年頑張るとか、会社がブラック企業であるとかいうのが真理であるか正しいことであるかはその人次第というのが実際のところではと思います。


あと、良く思うのは仕事ができる人は「自責」思考であるということ。


さっきの離職の理由をあげると他責思考(原因は他人にあり、自分は全く悪くない)の人は、


•思っていた仕事と違った。やりがいがなかった。


•給料が低かった。


•会社の環境になれなかった。


•職場の人間関係がつらい。


を理由に新たな理想の世界を探して旅立つわけです。


考え方が今のままで変わらないようであるとしたらその理想の世界は蜃気楼だと思います。


それと比較し自責思考(自分のやり方で改善できるかも?)の人は、


•思っていた仕事と違った。やりがいがなかった。

(次はインターンシップを経験してから職場を決めよう)


•給料が低かった。

(仕事を探すとききちんとリサーチしよう)


•会社の環境になれなかった。

(まだ3か月しかたっていないのであと1年間なれるようにチャレンジしてみよう)


•職場の人間関係がつらい。

(上司に相談して他の部署に回してもらえるか話をしてみよう)


他責思考は不満を言いながら耐えるか逃げるか、自責思考は自分が動いて変えられる方法を考えて動く。


おのずと発せられる言葉はポジティブです。


●まとめ


・石の上にも三年は、言う人によって正しいか間違っているかが変わってくる


・自分の行動で変えられることにフォーカスした方が結果も出るしストレスも少ない


by ma-ki-ba | 2019-07-10 21:59 | 生産者さん紹介 | Comments(0)

生きてゆく知恵はユーチューブが教えてくれる【わたしのおすすめご紹介】


生きてゆく知恵はユーチューブが教えてくれる

【わたしのおすすめご紹介】


f0121909_21405744.jpg

今日もお疲れ様でした。


最近仕事が早めに切り上げられる日が増えてきました。


会社の人員もおかげさまで増え、その分短時間で集中的に仕事を終わらせてみんなで帰るというメリハリのある会社に変貌しつつあります。


本日、早めに職場を離れいつものタリーズへ。


ブログを書こうとカバンを開く。


肝心のノートパソコン忘れてました(T0T)


てなことで、読書に専念。


帰宅前に再度会社によってノートパソコン持ってきてただいま自分の部屋で書いてます。


本日は、わたしが個人的におすすめのYouTubeチャンネルのご紹介です。


毎日このYouTubeチャンネルをローテーションして聞いています。



▪️頭を使わない日々の作業時に

 YouTubeを聞くのがおすすめ


前のブログで紹介した通り頭を使わない日々の習慣作業時にYouTubeを聞いています。


朝起きてからの時系列でいうと、


・車運転時


・朝会社の掃除をしている時

 白衣(仕事中は常い白衣を着ています)のポケットにYouTube再生した携帯を入れて掃除


・シャワーを浴びている時

 お湯がかからないようタオルで携帯を覆う


・洗面台に立っている時

 ドライヤー使ってる間は聞こえないのでOFF


・筋トレ中

 モチベーション上がって一石二鳥


わたしは頭を使う作業中は聞かないようにしています。


一見ながら作業で効率良いように思いますが、実際やってみると仕事も集中できず聞いている内容も頭をスルーしてかえって非効率になります(わたしの場合は)。


なので、やらなければいけないけど頭を使う必要がない行動をしている時に聞くのがわたしにはマッチしています。


▪️なんのためにYouTubeを聞くのか

 その目的を決める


わたしの場合「今よりも今後の方が一ミリでも楽になるように」なるための行動をとるようにしています。


・仕事で成果を出し社員みんなでハッピーになる


・結果得た対価を浪費や消費で使い切ることなく将来リターンの見込める投資に向ける


・それができるようになるための思考パターンを身につける


・だからと言って今を節約倹約ばかりで味気ないものにせずきちんと楽しむ


死ぬ直前が人生で一番お金持ちな状態ってどうなんでしょう。


自分の子や孫に楽をさせてあげたいという気持ちは素晴らしいです。


でも相続税ってかなり持ってかれてしまいます。


相続資産は使えば無くなりますが、相続された知識は使うほどにレベルアップしてゆきます。


▪️わたしの聞いているおすすめYouTube

(日々更新中)

⚫️マナブ



(失礼ですが)凡人が超人的な継続をすることで天才的な結果を出すことが可能であることを紹介してくれるチャンネルです。

最近の動画はお話が上手ですが、初期の動画は「こいつ何?」状態です。


量質転化をまざまざと教えてくれる素晴らしい動画です。


⚫️イケハヤ大学



世間一般の常識が論理的に考えると結構非常識だよねという考え方を歯に絹着せぬ論調で紹介してくれています。

また、資産運用など今よりも先をいかに豊かにするか、そのためには何をすべきかをめちゃくちゃ丁寧に紹介してくれています。

「わたしには無理」「今から始めても遅い」「そもそも投資する余裕なんてない」

そういう考え方の人でも考え方を変えればできますよということを教えてくれます。

早口で結構内容難しいけど、100回くらい繰り返すと頭に入るので根気よく聞くのが吉です。


⚫️両学長




資産運用について恐ろしいくらいに細かく様々な人にマッチした内容を紹介してくれます。


わたしは、この動画を聞いて


NISAで日経225ノードードオープン(金融機関より購入)を選択したことを大後悔し、その後に楽天証券を開設&楽天カードに入会してeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の積立を開始しました。


多分この分野に興味ない人は???でしょうが、何度も聞いているうちに頭に入ってきます。


今の生活より将来を一ミリでも良くしたいとと思われている人にはおすすめです。


ちなみに、わたしはこのライオンのマッチョな理由は動画を撮っている両さんが筋トレしまくっているからであろうと推測しています。


さらにこの両さん、10代で1億儲けた実績があるのでかなりお話リアルです。


⚫️daigo




メンタリストの人でしょ、最近テレビ出ないよね。


そう思っている人は、テレビ見すぎです。


メンタリストdaigoがラディッツなら、今のdaigoはスーパーサイヤジン3です。


仕事、投資、モチベーション、恋愛


全てにおいて権威性と根拠のあるソースを元に独自の視点を加えながら紹介してくれます。


ちなみに筋トレによってバキバキの体もゲットしています。


成果を出す人は筋トレをしているという法則はかなり高い確率でリアルです。


⚫️まきば(桑原一成)


まきばの工場の風景中心に紹介してます。


誰も見てくれてないんで情けで見てください。


⚫️まとめ


・YouTubeを娯楽で終わらせるか学びととるかで人生は大きく変わる


・まきばのYouTube、見てくれたら嬉しい

by ma-ki-ba | 2019-07-09 22:48 | 生産者さん紹介 | Comments(0)

生きてゆく知恵はユーチューブが教えてくれる【超優良情報がコストゼロで得られる時代】


生きてゆく知恵は

ユーチューブが教えてくれる

【超優良情報がコストゼロで得られる時代】

f0121909_22490673.jpg
みなさんお疲れさまです。


新しい一週間の初日もあっという間に終わりました。


今日は、仕事終了後に約一ヶ月ぶりにボクシングジム行ってきました。


その前に行ったのが約半年ぶりだったので、まー体が動かない動かない。


練習の合間に飲むヴァームと水がうまいことうまいこと。


日々の筋トレと運動は別物であることを痛感しました。


さて、みなさんYouTube見ますか?


わたしは、毎日「聞きます」。


半端なく勉強になります。


YouTubeのおかげでモチベーションが高まり、会社の仕事はうまくいき、結果得られた利益を最適なものへ投資でき、それが地味にもきちんとしたリターンを生み出していることを実感しています。


この神ループについて今回深掘りしてゆきたいと思います。


▪️YouTubeの価値に

 気づいている人と気づいていない人


わたしは、毎日YouTubeを「聞いて」います。


なぜ見ずに聞いているか。


それは、必ず何かしらの作業と同時並行で行っているから。


わたしは暇人ですが、忙しい人はYouTubeをじっくり見ている時間なんてまずありません。


普段必ず行う行為だが生産的ではないものってありますね。


わたしの場合は、


・シャワーを浴びている時間


・洗面台に立つ時間


・車を運転している時間


・朝に、会社の掃除をしている時間


・筋トレしている時間


この時間帯は、頭を使わない日々のルーティンワークの時間デス。


脳みそはフリー状態。


なのでこの時間帯に必ずYouTubeを流します。


頭を使わない時間帯に知識を吸収。


これらの時間を合わせると毎日1時間は確保できます。


一年間なら365時間デス。


10年なら3650時間(閏年2、3回入るからプラスアルファ2、3時間か)


この時間、知識を吸収したものとしないものとでは自ずと差は生まれてしまいますね。


わたしは、世間の大多数が同じようにこの宝物のような情報が無料で手に入る時代を喜んで享受しているものと思ってました。


ただ、ある時この話を会社の事務所で話すその反応にビックリ!


みんな、何か未知の生物を見るかのごとく目でわたしの方を見る。


(イデコの掛け金は可処分所得から控除されるからこの先老後2,000万足りないって金融庁行っちゃったからやっといたほうがいいかもね)


(自分の年金のために積立NISAも利益に課税されないから選択肢の一つとしていいんじゃない?)


(バフェットのCDメッチャためになるから貸そうか?車運転してる時に聞くといいよ。)


そういうことを言うと返ってくる反応は、


「はぁ?」


こんなにすごい価値あるものを無料でゲットできるのになんで?


わたしがこういう考えに至った経緯は、学生時代から新社会人の時の経験によるものです。


学生時代、税理士になろうと無謀にも当時マジで考えていた時期がありました。


その当時、わたしの通っている大学にAVライブラリーという暇人が映画を見て時間を潰すという施設がありました。


わたしは、税理士になるために簿記の勉強を独学でしようと考えてました。


すると、AVライブラリーに日商簿記2級までのVHSがあることを発見。


夏休みに交渉して特別にそのビデオ全巻借りて自分のアパートで勉強してました。


(暗黒のガリ勉大学1年生時代)


おかげで普通科高校出身で、当時大学で簿記の授業受講してませんでしたが半年かからず日商簿記2級取れました。


(簿記って面白い)


その後、新社会人になり営業成績全国ワーストトップ10に入ってしまったため挽回せねばと当時好きだった竹田陽一ランチェスター経営カセットテープセット17万円を購入してカセットテープウォークマンで営業車運転しながら聞いてました(営業車カセットテープ聞く機能なく、FMもなく)

そして、現在の会社に入ってからは竹田陽一ランチェスター経営のDVDフルライン(当時)を購入。


3桁万円の教材です(数年かけて毎月コツコツ分割払い)。


なので、通信講座の価値というものを痛いほど理解していました。


そんな中、同等レベルの知識がYouTubeで無料でゲットできることを知った時は衝撃が走りました。


こんなお得な状況を現代人は無料で入手できる。


ただし同時にある衝撃も受けました。


この価値に気づいている人がめちゃめちゃ少ない。


マジで七不思議状態。


それなら、みんなが気づかないならこっそりその価値を自分一人でゲットしてしまおう。


ちょっとした気づきで差をつけることのできる本当にいい時代ですね。




▪️本業のスキルアップは有料で


プライベートなスキルアップはYouTubeで



わたしなりに考えた生活を豊かにする方程式があります。



①本業に専念し成果を出す



②得た成果を毎月コツコツ投資に回す



③人生後半の生活をイージーにする



①の段階で必要となる知識をわたしは竹田陽一ランチェスター経営DVDと数多くの本でゲットしました。


これらの情報は当然有料です。



トータルで結構いい車買えるだけのコストはかけたと思います。


 
それをはるかに上回るリターンを得れるのでおすすめです。



②からが現代の人々平等に与えられたチャンス。


全てYouTubeで得ることができます。


とか言いながら、YouTubeってパケットのギガ使うから有料だろう!


わたしもギガが減るのでYouTubeはWi-Fi環境のある自宅で聞くことが中心でした。


しかし先週ソフトパンクショップに行ってYouTube見てもギガの減らないプランへ変更(しかも月々のコストは下がった)。


なので今はギガを気にせず運転中はブルーツゥース使ってYouTube聞いています。


マジいい時代になりましたね。


▪️真のやり手ユーチューバーは、

 価値ある情報を無料で

 提供しまってくれている


真のやり手ユーチューバーは価値ある情報を無料でバンバンくれまくってます。


なぜならそれの全部自分に返ってくるという法則を熟知しているから。


価値ある情報(やサービスや物)を無料(もしくは価値以下の金額)で提供するとそれ以上の価値が自分に返ってきます。


家族の休日、回転寿司屋に行きませんか。


あんなに美味しくて、値段もお手頃で、子供達もあんなに喜んでくれる、そんなメニューが一皿100円。


払うお金より満足感が高い。


その差が集客力となり、結果繁盛して自分に返ってくる。


もし払った金額より、得た価値が低いと思うようなお店にリピートしませんよね普通。


ユーチューバーは、無料で価値ある情報を提供することでそれがチャンネル登録者数というリターンになって帰ってくるんです。


なのでとにかく無償のギブを私たちにくれまくってくれます。


とりあえず今日は以上。


続きは明日また追記させて頂きます。

by ma-ki-ba | 2019-07-08 23:41 | まきばのできごと | Comments(0)

【実践】弱者の戦略 小さい会社は徹底的に絞り込むべし


【実践】弱者の戦略

小さい会社は徹底的に絞り込むべし



f0121909_19524682.jpg
今日もお疲れ様です。


昨日は、ブログアップを怠ってしまいました。


継続の難しさを改めて痛感。


継続するには、時間の確保以上に精神の安定が必要出ることを身をもって感じました。


本日こんなツイートをしました。



ツイート


鶏口となるも牛後となるなかれ

大きなものはもうかりそうに見え

小さなものは取るに足らないように見える

大きな市場でNO1を取るのはとてつもない競争を潜り抜けなければならない。

ほんの極小の市場であればNO1は、現実的。

小さな市場のNO1は結構おいしい立ち位置です。




この内容について深掘りしてゆこうと思います。


■大企業にあこがれていた学生時代


普段生活していると、テレビでみるものがとてもカッコよく見えます。


生活するなら東京


就職するなら大企業


ということで、学生の就職活動開始とともに当時興味のあった「証券」「商社」に絞り込み企業説明会に参加しました。


まず結構世間に名の知れている企業の会社説明会に参加した際に、学生からの質問の時間が設けられました。


その時、某有名大学の学生たちがなんのこっちゃらよくわからない難しい質問を連発していました。


まだ若かったこともあり、質問している学生の様子を見て


(こりゃ勝てねえな)


と思いました。


大企業にはこういう頭のいい人たちがわんさかやってきて、そんな人たちと競いながら少ない出世の椅子を取り合う、これは無理だ。


その後、偶然にも中堅の上場企業から内定を頂くことができたのは自分でもびっくり。


新入社員研修の時、某大手銀行から転職された重役さんに言われました。


君たちはこの組織の中で頑張れば上に行ける可能性が十分にある。


銀行のような巨大組織で上に行ける人間はほんの一握りしかいないからやりがいがあるよ。


入社できた会社ですら自分にとっては大きいと思っていたので、大企業の重役は雲の上の人?ってその時は感じました。


■地元の中小企業の社長さん

 なぜ高級車?



そんな経験をしつつ、日々生活しているとふと疑問を感じました。


大組織の重役さんがとんでもない競争を潜り抜けてきたことは紛れもない事実。


でも、地元の中小零細企業の社長さんでなんかとてもリッチっぽい人がいるのはなぜ?


前職を終えて地元に戻ってきてまもなく投資勉強会みたいなのに参加していたことがありました。


その時、地元の建設会社の社長さんが途中から参加。


みんなでどの銘柄がいいかなんていろいろと話し合いながらそれぞれが小口の金額を出し合いみんなで決めた銘柄を購入してその後どういう変動をするかをみてまた話し合いをするというものでした。


途中から参加された社長さん、いきなり結構な金額を投資!


私の個人的なイメージですが、前職の部長さんよりもリッチオーラを感じました。


上場企業の部長よりも、地方の会社の社長さんの方がリッチなのはなぜ?


その後、いろいろと興味を持ち本を読んでゆくうちにだんだんその理由が分かってきました。



■山奥にあるバカ売れしている豆腐屋さん


話しは変わり新潟県に栃尾という地域があります。


油揚げの有名な地域です。


ここに星長豆腐店というお豆腐屋さんがあります。


ちなみにまきばでは、この星長豆腐店の油揚げを一部お客さまへ販売させて頂いています。


未だにリピートになっている人気商品です。


現在この星長豆腐店さん新築されましたが、私が何度かお邪魔したときは失礼ながらお世辞にもきれいなお店とは言えない小さな小さなお店でした。


私の父が星長豆腐店の店主さんと知り合いだったのがきっかけでお邪魔しました。


はじめて行った時の衝撃は忘れません。


杤尾という土地自体が山奥にあり、道は狭く入り組んでいます。


そんな土地の小さな豆腐店にお客さんが殺到しているぅ~!!


交通誘導員までいるぅぅ~!!


この光景の意味がはじめ分かりません。


わたしも並んでおぼろ豆腐を購入。


家に帰って食べる。


「これっ、豆腐じゃない・・・」


ちなみに醤油も何もつけないで食べるのが一番私は好きです。


なぜなら、めちゃくちゃまろやかでなめらか。


イメージは、豆乳プリン。


きっと食べた事のない人に「これヘルシーなプリンだよ」と言ってシロップかけて食べさせたら分からないと思う。


それくらいにうまい。


販売してるのは、油揚げと豆腐数種類(と、おまけのおから(セルフサービス))。


一品でも突き抜けたおいしさを作れるとこんなことになるのかと驚きました。


■【イメージ】

 一滴のインクでどれだけ水の色を変えれるか



「鶏口となるも牛後となるなかれ」


大きな団体で人の尻についているよりも小さな団体でも頭になるほうがよい、という意味のことわざ(?)。


先ほどの星長豆腐店さんも、お客さんが来るには適していない立地であり商品も油揚げと豆腐だけにもかかわらずお客さんが殺到しているわけです。


おそらくとんでもなく繁盛しています。


もしこれが、豆腐から納豆からお菓子から洗剤まで販売するスーパーみたいな業態をしていたらおそらくパッとしない商店になると思います。


小さなものに絞り込んでそれを徹底的にとんがらせる。


イメージは、インク一滴でどれだけ水の色を変えられるか。


インク一滴をプールに垂らしても全く水の色は変わらないでしょう。


ドラム缶一杯の水にインク一滴垂らしてもほとんど変わらない。


お鍋一杯の水でもほとんど変わらないかな?


もしこれがお猪口(おちょこ)一杯の水だと、結構変わるでしょう。


つまり自分はこのインク一滴と同じような存在。


影響力を出すには、お猪口のような小さな小さな標的を狙うべき。


東京の名だたる大企業。


まずはいることすらかなわない(T0T)


でも入ったとしておそらくプールにインク一滴状態。


それなら自分の支配できる小さな小さなお猪口を見つけてそこでNO1。


大企業の課長クラスくらいの待遇はゲットできるやもしれません。


●まとめ


・普通に生活をしていると大きいものが良いものと思える


・地方の業績のいいオーナー社長さんは上場企業の部長以上(?)


・自分に合った小さなお猪口を探して支配しよう


by ma-ki-ba | 2019-07-04 20:47 | まきばのできごと | Comments(0)

【読書は合法的なカンニング】現代、過去時代を超えた知識を使いたい放題


【読書は合法的なカンニング】

現代、過去時代を超えた知識を使いたい放題

f0121909_20344110.jpg

皆さんお疲れ様です。

本日こんなツイートをしました。


読書は合法的なカンニングです

現代、過去のすぐれた人たちが必死こいて考えたり大変な経験をした上で得た知識をわずかなお金でゲットできます。

携帯、パソコン、ネット、本当に便利。

この便利なものを一から自分で発明しようとは思わないですね。

読書は他人の知識発明をお手軽に使うのと一緒です。



この内容を深掘りしてゆきます。

一から全部自分の体験だけで習得しようと思ったら、永遠なる命が必要ですね。


▪️読書は最も手軽で効果的な投資


私は、学生時代まで全く本を読むという習慣がありませんでした。


むしろ学校のテストで勉強する必要がなくなってまで本を読む人が存在することが不思議でしょうがありませんでした。


そんなある日、同じ大学の友人と何気ない会話をしているとその友人がすごい読書家であることが分かってびっくり。


なぜびっくりしたかというと、その友人見た目・雰囲気がホスト的、私生活なぞ、K−2のチャンピオン(らしい。ある日いきなり首にコルセット巻いて登場)。


どっちかというとかなり近寄りがたいオーラを出していた。


勉強するように全く見えない彼が読書家?


話を聞いているうちに徐々に謎が解けてきた。


彼はいわゆる学校での勉強のための知識でなくて、生きていく上で有利になる知恵のために本を読んでいるのがわかった。


(読書ってかっこいいな)


その後、彼に海外で一緒にバーをやらないかと誘われた。


飲酒禁止の国の国境付近でバーを開けば絶対儲かるとのこと。


当時の私からはあまりにブッとんだ考えに引きつり笑いするしかありませんでした。


▪️よくある読書ができない理由

 本代が高い(または無い)


読書ができない理由とし本代が高い(またはお金が無い)があげられます。


確かに本屋に行けば通常のビジネス書で1冊1,500〜2,000円くらいでしょうか。


1冊1500円でも5冊買えば7500円デス。


日本のサラリーマンの平均お小遣いが約30,000円。


7,500円だとお小遣いの25%。


かなり痛い出費デス。


でも現代はネットの発達した時代なので、中古本市場もかなり充実してます。


私も社会人なりたての時は新刊買えず常にブックオフに通ってました。


当時大好きでよく読んでいた中谷彰宏さんの本とかめっちゃたくさんあったし、文庫本ならさらに安い。


私は本に線を引いたり書き込み入れたりしながら読んでたので図書館で借りることはしませんでした。


あと、読書家の友達がいればきっと快く貸してくれます。


読書家は買う量がハンパ無いので一度読んだ本を改めて読み直すことはおそらく稀。


今の時代メリットをフル活用すればほんの少額でたくさんの本が読めます。


▪️よくある読書ができ無い理由

 本を読む時間が無い


確かにって思います。


特に女性で働きに出ながら、子供の面倒も見て、家事もしなければなら無いとなると一日の自分の時間は30分取れるかどうかではないでしょうか。


今の生活で大満足で全く変化を求めませんという方は今の生活を継続するのがマスト。


もし今の生活環境を変えてみたいと思う場合は、今使っている時間の棚卸をするのがおすすめです。


例えばどんなに忙しくても携帯眺めたりTV見たりする時間が一ヶ月間ゼロですという人はまずい無いのでは無いでしょうか。


忙しいけど新しいことをしたい場合、今やっていることを削るしか無いです。


とはいえ、ほっと一息の時間すら削らなければなら無いとなると精神的にかなりきつい。


私も、月曜日の夜なんて「吉田類の酒場放浪記」いながらしみじみお酒飲んだりしてます。


(あの時間は最高です)


何事も100%目指さずまずは1%を目指してみることおすすめです。


例えば、今日は本を1行だけ読もうでもok。


何事も変化はまずは小さな一歩から始まります。


▪️ちなみに世間の人たちは

 どのくらい本を読んでいるの?


軽くググってみました。



4割の人が0冊だそうです。


ネットで十分という人もいます。


本を読んだ人とネットで常用収集した人の成果を比較したデータを調べてい無いのでどちらが正解であるかはわかりません。


私の場合、成果を出している人をフォーカスしその人が皆読書家であるため本を読むことが効果的であるという結論付けをしています。



▪️とはいえ得た情報を活かしてナンボ


読書習慣が身についてくると、もっと効率よくもっとたくさんの本を読みたくなる衝動にかられることがあります。


最近になってようやく意識するようになったことは、「得た情報を活かしてナンボ」。


本を読んでると、


⚫️あの人は毎月100冊読んでいる


⚫️速読で10分間で1冊読んだ


⚫️本専用の部屋を持っている


などなどモンスターリーダーの情報が耳に入るようになります。


自分ももっとたくさんの本を読みたい。


こうなると読書で得た知識を活かして成果を出すという本来の目的から、本をいかにたくさん読むかということが目的となって本末転倒。


読書は読んだ冊数を競う競技では無いです。


これ、読んだ本についてブログで書こうとした時に気づきました。


本を読んで何を得てこれからどう活かしていきたいかについて・・・、書けない。


本棚に並んだ本を眺めて優越感に浸るのが目的では無いですね。


▪️合法的なカンニングを最大限利用して

 ライバルをボコボコにしよう


再度おさらいですが、読書は合法的なカンニングです。


世間の4割が本を読んでい無いわけです。


そんな中、全世界の過去から現在にかけて恐ろしく頭の良い人たちが試行錯誤して血の滲むような苦労をした結果得られた知識が手に入るわけです。


世間の4割がクイズミリオネアで自分の頭だけで挑んでいるところに、自分は過去から現代の全世界の人たちに無限オーディエンスOK状態で戦うという恐ろしいほどのアドバンッテージがあるわけです。


ただそのアドバンテージの凄さに多くの人たちは気づいていない。


チャンス以外の何物でもない。


でもこのチャンスに気づいている少人数の人たちは笑いを噛み殺しながら日々淡々とやってます。


古今東西の英知をちょっぴり使えば圧倒的優位に簡単に立てるいい時代です。


⚫️まとめ


・ネットの時代、情報は限りなく無料に近い(近くなる)


・合法的カンニングに気づけたらこの世は結構イージーゲーム


・電気を一から自分で開発する必要なし

by ma-ki-ba | 2019-06-28 22:09 | まきばのできごと | Comments(0)

【下積み時代】会社の仕事を自分の成長に利用しよう【3つのメリットを紹介】


【下積み時代】

会社の仕事を自分の成長に利用しよう

【3つのメリットを紹介】

f0121909_19513743.jpg

お疲れ様です。

私は、営業を主たる仕事として行っています。

今の営業スタイルの元となったのは前職での営業職の仕事です。

会社の仕事を自分のために利用するとキレイごとではなく成長にめちゃめちゃ貢献してくれます。


▪️内気で人と接するのが嫌すぎて

 「営業」職をえらびました


現在結構誰とでも緊張することなく話が出来ます。


でも学生時代は同一人物?と言われるくらい根暗。


人と接することが苦手なことと、なぜか意識高い系だったので大学入学と同時に税理士になろうと決め図書館で簿記の勉強ばかりやってました。


入学と同時に購買にあった大原簿記学校のパンフレット見たら、


税理士には定年がない


平均年収3,000万


という文言に衝撃を受けたから。


それから大学2年の夏くらいまで簿記の勉強してましたが、このままだと人間としてどうなんだ?と疑問を感じ税理士の目標をストップ。


(実際に税理士になっても顧客開拓(つまり営業)をしなければ収入が得られないということを知ったことも一因)


大学を華やかに楽しくしなければと180度方向転換。


バイトにサークルにボクシングジムに入会ととにかく今までの考え方と真逆のことをすることにしました。


そして大学3年の秋、就職活動開始。


当時は、就職氷河期真っ只中。


税理士を断念した理由の「士業といえども営業せねば高給なし」という現実、つまり大抵の職業では必ずや売り込みをしなければならないという原理原則に気付いたため最もやりたくない「営業職」を選びました。


どうせ営業から逃げても逃げきれないんなら飛び込んでやれ。


そんな気持ちで就職活動開始。


なんと大学4年の4月に上場企業から内定を頂きました。


自分が上場企業に入れるなんて思っていなかったからびっくり。


その後も一応就職活動続けましたが内定は得られず。


ということで内定を頂いた会社に就職。


どこもそうでしょうけど仕事は厳しく、毎年入社1年で半分近くが辞めてしまうということも事前に聞いていました。


それくらい厳しい会社でやれればかなり成長できるはず。


▪️予想以上に自分が

 使えなさすぎる現実


1年目は配達でした。


先輩と係長の担当するお客さまの受注した商品を検品し、準備し、車に積み込み、伝票と一緒に照合して配達。


早く準備しないと配達時間に遅れてしまいめっちゃお客さんに怒られる。


だからと言って焦って準備すると配達するべき商品を忘れてしまいこれまためっちゃ怒られる。


焦る気持ちを抑えながらでも急ぎながら。


この時はマジで毎日冷や汗。


2日に1回は何かしら忘れてました。


お客さまは容赦なく怒り、そのことを伝えると先輩、上司にも怒られる。


ちなみにこの時の事務の女性が一番強く、かなり精神的にやっつけられました。


360度敵に囲まれているという心境。


それに睡眠不足がいい感じなスパイスとしてより効率的に追い込みをかけてくれます。


この時は、はっきり言って成長なんてことは頭からすっ飛んでました。


「耐える」


まさにこれだけでした。



▪️人間のなれるという

 能力の凄さを知る


日々怒られまくってくるときついけど嫌だけど面白いことに慣れてきました。


何かミスををすると、


(やべぇ、これかなり強いのくるぞ!)


ガッツリ怒られた後、


「ありがとうございましたぁ〜」


っていう風になってきた。


プロレスラーがどつき合いする時、防がないで殴らせ、当たる瞬間気合い入れ痛みを超越するあの感じ。


散々怒られたお客さんとも少しずつ仲良くなり、わざと怒られるような冗談を言える余裕も出てきた。


ボクシングでいうと、今までパンチされると強くて目をつぶってたのが相手のパンチをしっかりと見極められるようになってきたようなそんな感じ(わかるかな?)。


相変わらず怒られまくってましたが、この感じをつかんでから少し相手とのやりとりが面白くなりました。


▪️2年目で再度地獄を

味わうがコツを覚える

2年目で配達から営業に変わりました。


工作機械、測定機械の専門商社でしたので商品のことを聞いてもチンプンカンプン。


そんな状態で、1週間お客様周りをして引き継ぎ終了。


ほぼど素人の状態で放り込まれました。


お客さんに商品のこと聞かれても答えられない。


お客さん激怒!


引き継がれたお得意先さんのほとんどが今まで営業していなかったところだったので対応も冷たい。


結果、1ヶ月目の営業成績は全国ワースト5に入っていたと思います。


攻めることもできず、攻めなければ後はない。


1年目の配達の時が天国のように思える状態を半年くらい続けてコツをつかみました。


・利益率が低くて手間のかかる修理はライバルがやりたがらず対応も遅い


てなことで、修理品を狙いました。


修理品を引き上げてソッコーメーカーへ送り、ソッコーで帰ってきたらソッコーで持って行く。


すると私に修理を依頼するとめっちゃ早いということが広まり修理の依頼が増えた。


そうすると、利益の薄い修理だけだと悪いなという人情が働き他の商品の話がちらほらくるようになる。


私は知識がないので、ソッコーで事務所にいる所長(商品知識豊富。所長が事務所で事務作業をするという決まりだった)に話を振って私の役目はおしまい。


所長が話をまとめようが私の担当エリアでの売り上げは私の成績となる。


結果、営業3年目に入ってから営業目標100%超える月がちらほら出てきて、3年目の最後には何ヶ月か連発して100%超えることができました。


ちなみにこの時も商品知識はほとんどなく、かろうじて話している内容がわかる程度でした。


▪️メリット1

 時給思考より成長思考が身につく


営業2年目は、お客さん回りをして宿題をいただき、会社に夜8〜9時以降に戻ってから翌日の資料の準備、見積の作成、いただいた修理品の手続きなどやって帰るのは早くて11時。


時給換算すると多分500円切ってたと思います。


でもカッコつけるわけではないですけど、給料については全く不満はなかったです。


なぜならば、自分の会社への貢献度がほとんどなかったことへの認識があったから。


他の先輩が10分で終える見積を1時間かけても終わらない。


こんな遅いやつにきちんと給料払ってくれるだけ感謝。


さらにさすが上場企業であり、本社研修、メーカー研修など研修もたくさん行かせてもらいました。


(こんななんの稼ぎもしていないやつを研修行かせてくれて給料もくれる。一体この研修でいくらかかってんだろうか。)


成長にフォーカスすると時給思考がなくなります。


目先の利益より、その先のもっとでかい利益の方に目が向くようになります。


「与えるものと得るもののズレ」と「自然界はアンバランスを嫌う」の二つを意識すべきです。


私が修理品に力を注いだというのがいい例ですけど、修理品って利益が低くて手間がかかるからやりたくない。


それを知りつつ全力で修理を私が頑張る。


つまり私が相手にん与えたメリット > 相手が得たメリット


となるわけです。


この時点でアンバランスが生じます。


すると心理的に相手は、「なんか悪いな」と思いこのアンバランスを埋めようと私に他の仕事の話をくれるわけです。


ただし、コツがあって見返りを期待しない。


見返りを期待すると相手はすぐ見抜きます。


なのでギブ×100でテイク1くらいのイメージですべきです。


▪️メリット2


 単純に好かれる


なんの見返りも求めずに面倒な修理品を引き受けまくっていた私。


自分で言うのもなんですが、かなりお客さんに好かれました。


当然中には、どうしても合わないという人もいましたがそこは無視して好いてくれる人に徹底的に尽くす。


そうすると今までめっちゃ怒られていた人たちも話を聞いてくれるようになりました。

今でも覚えてるのが、営業出たての頃私のライバル会社とお客さんのある営業マンさんが仲良く話をしていたところに私がちょうどヘマをしてしまったため、ライバル会社の営業マンの前で

「こいつハンマーで頭殴ってやるか!」

って言われたことがあった。


ションベンちびるくらいあの時はビビったけど、いつの間にやらめっちゃかわいがってくれるようになった。


(オレってオヤジ殺しの才能あるのかも)


って思ったものです。


▪️メリット3

 自分のためだと思うとやる気が出る


やることなすこと結局は自分のプラスになるという考えをするとやる気が出るというかやらないと損って思うようになります。


象徴するエピソードが2つあります。


まずルートセールスだったので、1日の大半は車での移動時間でした。


社会人なりたてくらいの時に竹田陽一ランチェスター経営の本に出会い「これはすごい」と衝撃を受けました。


そこで、多分初めてのボーナスをもらった時にランチェスター経営戦略のカセットテープセットを購入。


多分15万円以上しました。


そして、近所の電気屋さんで電池式のカセットテープウォークマンを買って移動時間常に聞いてました。


(ちなみに当時の営業車はパワステなし、ラジオAMのみ、もちろんカセットテープ無し)


移動時間で勉強し、営業で実践する。


この15万とかけた時間が何倍にもなって返ってくると思うと自ずとモチベーション上がりました。


もう一つのエピソードは、3年目の年末頃に諸事情があり現在勤めている実家の会社に戻らなければならないことになった時。


急に辞めては会社に迷惑かかるため、就職して丸3年となる4月に退社することになりました。

(4月いっぱい働いたので実際は3年と1ヶ月)


当時、有給は1日も使っていなかったですけど使うことなく退社しました。


残りの月の営業目標100%達成させるのが結局自分の営業の能力アップが後々有給取るよりもはるかにリターンが大きい。


あまりに自分が辞めるそぶりゼロの状態で突然会社辞めますってなったのでお得意先さん結構驚いてました。


⚫️まとめ



▪️会社を使おうと考えると自分にとってのマジメリットにフォーカスするようになる


▪️自分のメリットのために頑張ってるのに周りに好かれて一石二鳥


▪️相手に多く与えたメリットを埋めようとする力が分自分に返ってくる

by ma-ki-ba | 2019-06-27 22:46 | まきばのできごと | Comments(0)

将来の年金に不安を覚えたのでiDeCoはじめました【知識マイナスからのチャレンジ】税金のメリットはでかいのか?


将来の年金に不安を覚えたので

iDeCoはじめました

【知識マイナスからのチャレンジ】

税金のメリットはでかいのか?

f0121909_20292899.jpg



将来にの備えとして自分の年金を自分で作りたい人


ニュースで老後の生活に夫婦で2000万円足りないって聞いた。


将来自分たちが年金をもらえないということに漠然とではあるが不安を感じている。


なにかしないといけないというのは分かるけど具体的になにをしたらいいんだろう?。


NISA(一般NISA)、積み立てNISA、iDeCoという言葉を耳にしたことはあるがめんどくさそう。


そもそも積み立てるお金なんてないけどできるの?


そんな不安と疑問を私は持ちました。


不安に思っていても何も改善しないので、個人で積み立てる年金iDeCoにチャレンジしました。


皆さんの疑問にはお答えできませんが、知識マイナスの私のチャレンジをご紹介します。



✅本記事の内容

・1.そもそもiDeCoって何?

・2.iDeCoってどんなメリットがあるの?

・3.iDeCoってどうやってはじめるの?

・4.iDeCoでなにを選んだらいいの?

私は自他ともに認める頭の固さと融通の利かなさの強い人間ですので、そんな私ができたのですから皆さん必ずできるはずです。


■1.そもそもiDeCoって何?

  (知識マイナスの私なりに

   調べてみました)


自分が事前に買ったiDeCoの本で調べてみました。


「iDeCo(個人型確定拠出年金)は、『自分年金』の決定版であり、老後の資産作りのための最強の制度です。」


はい、この時点で睡魔が襲ってきました。


これは何語なのでしょうか?


ちなみにこの本の表紙には「知識ゼロからはじめる」と書いてあります。


やはり私の知識はマイナスのようです。


でも自分なりに調べてみました。


・個人型=自分自身


・年金=年を取ってからもらえるお金


・確定拠出=掛ける(拠出する)金額が決まっている(確定している)ということ


 私なりの結論、iDeCo(個人確定拠出年金)とは、


・自分で毎月決まった金額を60歳まで積み立てて運用。


・それを60歳以降もらう。


・自分で運用した分は自分がもらうことができる年金。

(現在は積み立てた金額は自分ではなくお年寄りに回っている)



■2.iDeCoってどんなメリットがあるの?

 (税金の面でとっても有利らしい)



自分が事前に買った本で調べてみました。


iDeCoには3つのメリットあり!


1.税金のメリット


2.コストのメリット


3.しくみのメリット


はい、また全く意味が分かりません。


てなことで、もうちょい頑張って調べてみます。


■税金のメリット①

  掛け金の全額が控除される


はい、「控除(こうじょ)」の意味が分かりません。


調べてみました。【控除とは 「ある金額から一定の金額を差し引く」ことだそうです。


めっちゃザックリまとめると、


(自分の所得(稼いだお金) - iDeCoの掛け金)× 税率 = 税金の金額を計算


普通自分の稼いだお金に税率をかけて税金が決まり持っていかれます。


iDeCoやった場合、自分の稼いだお金からiDeCoの掛け金を引いた金額に税率をかけて税金が決まります。


ちょっと分かりにくいですかね?


結論だけいうと課税所得(税金計算するための所得)360万円のサラリーマンの場合1年で8万4千円税金が戻ってくる計算だそうです。


かなりでかいですね。


■税金のメリット②

  運用益に税金がかからない


40歳サラリーマンがiDeCoに毎月かけることができる最高金額2万3千円です。


例えばこれを60歳までの20年間かけたとします。


掛け金合計552万円


仮にそれが60歳時点でうまく利益が出せて800万円になった!


800万円-552万円=248万円の利益!(やったー)


でも通常だとこの利益に20%の税金が掛けられて持っていかれてしまう(T0T)ヤダー


その金額49.6万円!


でもiDeCoはこの利益に対する税金は持ってかれないんです。


だから得でしょ、だから自分で年金運用してね!というメッセージが伝わってきます。



■税金のメリット③

 60歳以降の受け取りの時に税優遇がある


税優遇がある???


iDeCoに掛けた金額は、税金計算するもとになる自分の収入から引いてくれる


iDeCoで運用して出た利益には税金はかけない


なのに、なのに、めでたく60歳になって積み立てて運用したお金をようやく受け取るときには税金がかかるだとぉ~~(優遇処置があるといえどもどゆこと?)


ここのところは意味不明で理解できなかったので飛ばします。



■3.iDeCoってどうやってはじめるの?

(証券会社、銀行ではじめられますが私は

インターネットの証券会社を選びました) 


インターネット証券会社を選びましたとありますが、もともと以前に開設してました。


マネックス証券(学生時代)とSBI証券(数年前)です。


ネット証券開設時も何もわからなかったのでめっちゃストレス。


でも、ネットで資料取寄せて資料を何時間も眺めてると奇跡的に登録の仕方が分かってきます。


地元やお付き合いのある銀行さんとかでもいいんでしょうけど、他の物売り込まれたりする可能性あるしどうしても手数料高いのでやっぱネット証券かなって思います。


ちなみに楽天証券だと、たぶんiDeCo積み立てる掛け金にもポイントが付くと思います。


(余談ですが、そのことにようやく気付き現在楽天カード作ってる最中です。)




■4.iDeCoでなにを選んだらいいの? 

 (私は「全世界」の株に投資しました。

  世界の人口は増え続け、発展し続ける

 =世界規模では株価は上がる(はず))


投資する商品は数多くあります。


私の投資する際の条件としてあげたポイント。



・手数料が安いこと


・長期で将来リターン(値上がり)の期待があること


です。


インデックスファンドが手数料が安いです。


インデックスファンドというのは多数を集めた平均に投資するというもので、ただ機械的に毎月平均値に積み立てるだけなんで手数料は安い。


あと、NISAで日経225の投資信託をやってしまった失敗(日本の株価はバブルの高値を超えられない、つまり長期で持っていても利益を得る可能性が低い)を元に、全世界の株価の平均に投資することにしました。


理由は、


・全世界の人口は増え続けている


・全世界規模でみれば技術はどんどん進歩している


・技術が進歩する=企業が発展するからこそ


・企業が発展する=株価が上がる


要は、今からどんどん退化して千年後には竪穴式住居に戻っているということはまずありえないというイメージです。



そこでiDeCoで積み立てる商品として決めたのが、


SBI・全世界株式インデックス・ファンド


全世界の平均株価に連動した投資信託を毎月2万3千円つみたててます。


(規模はでかいが金額は小さい)



f0121909_20430180.jpg
ただいま積み立てて4か月目。


現在残念ながら『-3,778円』。


まー、米中関税掛け合い合戦で全世界に影響が出てるからしょうがないでしょ。


しかし20年後には世界は今よりはるかに発展しているはず。


■まとめ

●私みたいな知識マイナスな人間でもできます


●習うよりまず慣れろです


●はじめの一歩を踏み出すと2歩、3歩目がめっちゃ楽になります


ちなみに今回のブログ、半分以上書いたところで一度データが消えてしまいました(T0T)


ショックでかかったけど、今後もこういう内容のブログちょこちょこ入れます。


まきばで働いてくれている人だけでも将来に少しでも安心できるようまずは私が学びます。

by ma-ki-ba | 2019-06-22 20:47 | まきばのできごと | Comments(0)
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
最新のトラックバック
大和商工会東支部のIT勉..
from @南魚沼市
ba/ba
from お悩み解消ネット
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧