人気ブログランキング |
 ”おいしい豚肉”   まきばのホームページはこちら →


uonumamakibaをフォローしましょう


オモシロおいしい魚沼をお届け中
by ランチェスター戦略実践肉屋(有)まきば 桑原一成
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

タグ:みんな集まれ ( 1006 ) タグの人気記事

ホームページ&ブログ更新で絶望【時代は大きく動いてました】


ホームページ&ブログ更新で絶望

【時代は大きく動いてました】


f0121909_20260672.png

先日10年以上ぶりに、通っていたパソコン教室に行ってきました。


恐ろしいほどの衝撃を受け、意気消沈して帰ってきました。


今日こんなツイートをしました。

f0121909_20372589.jpg




ツイート


安住・憩い・居心地の良い場所は自分でつぶそう

・難なくできている=能力上がってない

・やったことなくて不安=即やろう

・分からない、辛い、めんどい=成長している証拠

外的要因で居心地よいところがらキツイ状況へ=悲劇

セルフで居心地よいところからキツイ状況へ=レベルアップ

最強マゾ的思考


いま、とっても不安を抱えつつ深掘りしてゆきます。



🔴【衝撃】わたし、実は、、ゆでガエルでした


知らないうちに、結構やばい状況に陥ってました。


🔳10年以上ぶり

 パソコン教室の先生からの一通のメール


わたしがブログ更新を頻繁に行うようになって早や丸三ヶ月経ちました。


相変わらず閲覧数はスズメの涙で、わたしも涙(T0T)サミシー


そんな時、10年以上ぶりにまきばのホームページ作りで教えて頂いたパソコン教室の先生から一通のメールを頂きました。


(あれから10年以上たち環境も変化したのでホームページのリニューアルなど考えてはいかがでしょうか?)


的な内容でした。


わたしもブログ更新を決意した5月に、今使ってるブログシステムの「エキサイトブログ」から、応用力の高い「ワードプレス」に変えようと登録を済ませていたけど一から勉強するのがどうしてもおっくうになり登録しただけ状態。


そんな時パソコン教室の先生からの10年以上ぶりのメール。


運命を感じました。


ってなことで即「伺わせてください!」と返信。


今週どのようにしてゆきたいかヒアリングに行ってきました。


🔳打ち砕かれた小さな自信。

 やってきた大きな恐怖。


10年以上ぶりのパソコン教室。


(ああ、懐かしい・・・)


このパソコン教室でホームページビルダー使って作ったホームページがきっかけで多くのお客さまとのお取引が生まれました。


(ささやかだけど日々ホームページから注文を頂けてるからちょっと手直しすればいいかな)


そんな気持ちで臨みました。


いざヒアリング開始。


まず知ったのが、私がホームページビルダーで作ったホームページがかなり時代遅れの代物と化してるという現実でした。


当時の私の作り方だとひとこと修正するにも大量にあるページ一個一個修正しなければならない。


でも今のワードプレスの方式だと簡単ちょちょいで修正完了。


一番ショッキングだったのが、まきばのホームページはスマホ対応になっていなかったこと(>0<)


当然と言えば当然ですね。


わたし作ってから何もしてなかったんだから。


(確かにまきばのホームページってスマホ経由での注文めちゃくちゃ少ない・・・)


今は完全にデスクトップやノートパソコンよりスマホが普及。


さらに驚きの事実は、スマホ対応していないページはグーグルの評価が低くなり、結果検索した際に上位に出てきずらくなるということでした。


(えぇぇぇ!毎日日付更新してたら上位に表示されんじゃなかったっけ!!!????)


完全に時代に大きく取り残されていた事実に気づき、唖然・茫然。。。。


自分の持ってたイメージと現実との距離はとんでもなく違ってました。


🔳恐ろしく遠い・・・

 身近に感じてたユーチューバーたち


わたしがほぼ毎日聞いているYouTube。


みなさんも好きなタレントとか芸能人とか本の著者とか誰かしらいるのでは。


毎日画面を通じてみているとなんだか身近に感じたりしますよね。


わたしは最近もっぱら「両学長」のユーチューブを聞いています。



話しの端々で言うひとことひとことから


(この人マジでただものじゃねぇ~)


と思っているので決して身近とまでは感じてなかったけど、


(その言うことわかるゎぁ〜)


みたいに共感は大いにしていました。


ちなみに両学長本人はどんな人であるかは不明ですが、IT企業を経営されているようでYouTubeの動画もシンプルに見えていたるところにITの技術が使われてます。


(自分もこんな感じに思ってることをITを使って分かりやすく表現したい)


(でもIT学ぶつったって、なにをどうやったらいいか分からんし。)


(分からないことが分からない状態で動きようにも動けない)


そんな時にパソコン教室に行って知った今の現実。


普段聞いているユーチューバー、どれだけ遠いところにいるんだよ。


🔴【悲劇】明日が見えません・・・を、

 幸運の女神に変えようチャレンジ


振り返ると、今まで起こったラッキーはほとんどこんな感じの絶望からスタートしてます。


🔳幸運の女神はピンチの顔してやってくる


今まで起こったラッキーなことって結構ピンチがきっかけだったなって振り返ると思います。


精神論とかスピリチュアルとか言いたいんではなく、ハードルを越えるとその中には一定のレベル以上の人が入ってこれなくなるからかなって思います。


むかしまきばをはじめた当初はマジに純粋なお肉屋さんでした。


地元魚沼の豚肉商品が人気を呼び、あるお客様向けに売り上げがどんどん増えていったということを聞いています(当時小学生)。


そんなまきばの売り上げの大部分を占めていたあるお客様向けのお肉がある日いきなり全部カットされちゃいました(今回詳細は省きます)。


兄弟4人を育てていかなければならない我が家にとっては青天の霹靂!


結局お肉の売り上げは無くなってしまい、私が入社してからも戻すことはできず。


しょうがないのでお肉はあきらめ加工品でそのお客様向けに商品を提案。


はじめは開発しても開発しても全く売れずだったけど繰り返していくうちに惣菜が主流になり、多くのお客さまに扱ってもらえるようになった。


逆に、幸運の女神の顔してやってくるのって結構怪しかったりするなって思う。


そんないい話は、うちではなくどうぞ他の方にしてくださいってお譲りするのが間違いないですね。


🔳幸運の女神は前髪だけのつるっぱげ


チャンスは一瞬です。


来てから準備してたら間に合いません。


花火がドーンとなってから「どこだどこだ?」と探してるようなもんです。


今回パソコン教室の先生から10年以上ぶりにホームページリニューアルしませんか?と来たその日にします!と返信しました。


はっきり言って普段やること満載です。


ブログ書きはじめてから本読む時間もかなり減少。


普段の仕事もおかげさまで大忙し。


はたから見たら「別にホームページそこまで必要?」と思われるかもです。


でもこれからの時代めちゃくちゃ自分で発信することが大事な時代になると確信してます。


今の1000倍くらい大事になるんじゃないですかね?


なんで、今のネットを使えていない状況に半端なく危機感持ってます。


🔳安住・憩いの場所をあえて壊す

 積極的セルフ不安定状況づくり


日常で、


(いま無理なくうまくやっていけてるな)


と思うときは結構危ないときかもしれないです。


っていうのは、人間順風満帆なんてことはまずありえないという考えが染みついてしまってるから。


(なんの問題もなく日々うまくいってるなぁ)


と思っているときほど、自分の気づいていないところでトラブルのタネが徐々に育っていたりします。


今回のまきばのホームページも、普段ちょこちょこと注文もらえているからなかなか気分がいいなぁと思ってました。


しかし実際は、スマホに対応できていなかった。


そこで再度パソコン教室に通うことにしたわけですけど、結果


・時間に追われて今よりも大変になる


・新たなワードプレスの知識ゼロなので脳ミソパンクする


という不安定な状況にあえてしたわけです。


かなりシンドイですけど、しんどいと感じていると


(トラブルの芽、いま摘んでる最中だ)


と安心できます。



🔳自分をボコボコにして

 仙豆を食べてレベルアップ


これでブログ終わります。


最後に、仕事に追われ、パソコン勉強し、ブログ書き、短い時間だけど本読んだりして、隙間時間に筋トレ、にプラスし地域行事、やること目白押し。


さすがにたまにしんどいなぁと思うこともあります。


こんな感じで自分をヒーヒー言わせながらもしっかりと睡眠さえ取れれば翌日体力完全回復。


サイヤ人がひん死の重傷でHP一桁にしてから仙豆食べて戦闘力アップ。


スーパーサイヤ人も夢ではない。

by ma-ki-ba | 2019-09-05 21:41 | 日々のできごと | Comments(0)

【体験して分かる】読書は本当に意味があるのか?学生時代の自分へ伝える


【体験して分かる】

読書は本当に意味があるのか?

学生時代の自分へ伝える


f0121909_19324457.jpg


今日もお疲れ様です。
常に本を持ち歩いています。
本日下記のツイートをしました。


ツイート



当初自身が持ってた読書への疑心

・大事な部分は10%

・良い本に出合えるのは10冊に1冊

・読んでも忘れる

・支出は明確、リターンは不明確

実際に読んでみての実感

・得るものが1つあれば御の字

・砂金を取るイメージ

・目的は暗記でなく思考法の会得

・損得は目先でなくトータルで判断

結論、読むが吉





●当初自身が持ってた読書への疑心

 疑問だらけの不可解な行為


読書には、納得のいかないことだらけです。


この納得のいかない行為をせっせと頑張っている人がいることが不思議過ぎて意味不明でした。


■読書する意味が全く

 分からなかった時代(大学入学前)


現在私はひと月に本を5~10冊ほど読んでます。


最近ブログにかける時間が増えた分減ってこんな感じですが、今までは10冊は読んでました。


この冊数が多いのか少ないのかは分かりませんが、大学に入る前は小学校の夏休みの読書感想文を書くために無理やり読んだくらいしか読書をした記憶が無いくらい本を読んだことがありませんでした。


理由は、「読むことによるメリットが全く持ってみいだせなかったから」。


学校のテストとかだと勉強した結果が点数という形で表れ、成績となってその事進路や受験につながるから半ば仕方なくやる。


小説とか読むのはある種の娯楽だから読む。


そこまでは何となくわかる。


ではビジネス書を読むのはなぜ?


主な疑問は下記の4つ。


・大事な部分は10%

・良い本に出合えるのは10冊に1冊

・読んでも忘れる

・支出は明確、リターンは不明確


学生時代の自分の気持ちで順番に見てゆこうと思います。


■大事な部分は10%


読書でよく言われるのが、


一冊のうち大事な部分は10%程度」


というもの。


1冊読むのに2~3時間かけた結果、大事な部分10%って!


コスパ悪き事この上なし。


買い物して、勝ったうちの90%が無駄ですなんて商品を好んで買う人なんでいないですよね。


なのに読書だと好んで買って読まれている。


理解できませんでした。


■良い本に出合えるのは10冊に1冊


これもよく言われます。


良い本への出会いは10冊に1冊くらいである。


「リンゴやミカンを買って、10個中1個美味しかったらあなたはラッキー!」


って言われて、


「9個まずかったけど1個だけ美味しかったぁ〜♪俺ってラッキー!」


なんて思えないでしょ。


これまた意味が不明でした。


■読んでも忘れる


最後に決定的な事実、「読んでも忘れる」。


昨日の夜、なにを食べたかも覚えていないような人間の脳ミソです。


200ページもある本を読んで、


「第一章の○○についての部分がとっても為になった!」


なんてこまかに覚えることなんでまずありません。


下の忘却曲線見れば明らか。

f0121909_19461611.jpg


















読んでも忘れるのに何で読む必要あんの?


理解に苦しみます。


■支出は明確、リターンは不明確


小さいとき大人や学校の先生から、


「読書すると自分の為になるから読みましょう!」


的なことをよく言われました。


この言葉の曖昧さ加減に腹が立つくらいでした。


・為になるとは具体的にどういうことを指しているのか分からん?


・どのくらいの量を読んだらいつどれくらいの能力がアップするのか不明?


書店に置いてある本は、だいたい1,300~1,800円くらいします。


買えば当然代金を支払うわけですね。


なので支出は明確です。


ではそれを読んだらどれくらい自分にリターンが返ってくるのか?


全く持って不明です。


こんな不明確なことにお金と時間を使っているのはなぜ?


学生時代は当然お金もないという状況も手伝い、本を読むという選択肢は皆無でした。


●実際に読んでみて発見、ビックリ事実


実際に読んでみたら発見がありました。


■本を読むことになったきっかは、

 危険な香りのする友達


以前ブログで書いたことがありますが再度書きますね。


大学1年の時に、同じ新潟県出身の男が同じゼミにいました。


年齢は私より1つ年上。


髪の毛ロン毛。


見た目ちょっとこわめなホスト風。


てな感じだったので、はじめは彼とはちょっと距離を置いてました。


話をして分かったことは、


・格闘技K-2のチャンピオンらしい(本当か?)


・奨学金を借りていて、生活費も自分で稼いでいる


 なのに実家はめちゃくちゃ金持らしい?が父親の方針(本当なのか?)


・人生経験めちゃくちゃ豊富なのが伝わってくる(なんか世界がちがうぞ?)


そんな彼と話していてわかったのがめちゃくちゃたくさん本を読んでるってこと。


(ってか、生活費大丈夫なんか?)


私が理解不能な読書という行為をしている人です。


しかも今まで「読書=ガリベン風な人」というイメージだったのに、実際に読んでるのは危険な香りのするこの男性。


「いろんな知恵が身につくから読むんだ」的なことを言っていたような気がします。


確かにその当時彼は、初めてのことで普通ならためらうようなところをアクセル全開で突っ込んでゆく行動力がハンパなかったし、やってるテレアポのバイトで成績NO1になったとか言っていたし。


ある日、その彼からあるビジネスを一緒にやらないかと誘われました。


「お酒を禁止されている国の国境付近でバーをやらないか?絶対繁盛するから!」


こんなアイデアがどこから出てくるのか?


マジな顔して言っていたのが印象的でした。


■得るものが1つあれば御の字


てなことがきっかけで本を読み始めました。


読書しながら日々禅問答でした。


(これ全部読んでも大事な部分が10%しかないんだよな)


(10冊に1冊いい本に出会える確率だしな)


(読んでも内容ほとんど覚えてないからもう一回繰り返すか。でもそれだと多く読めない。)


(繰り返し読まないと頭に入らないって思うんだけどなんであんなに何冊も読む人がいるんだ?意味なくね?)


そんなこんな思いながら読んでいた時に、今でも覚えているある本に出合いました。


「ダニエルゴールマンの『EQ 心の知能指数』」


(マジで心に残っていて、著者と本の題名も何も調べずに書けました。読んでからもう20年近く経ってます。)


内容は、知能指数であるIQが高い人が必ずや成功するわけではなく、相手の気持ちを考えることのできる心の知能指数EQの高い人が成功する確率が高い、というようなものです。


めちゃくちゃ厚くて文字数の多い本でしたが他の部分はあまり覚えておらず。


ただ、この一文は20年経っても頭に残ってます。


要は1冊から1つゲットできればいいんです。


100冊読めば100個の知識が増えます。


これが10000個の知識が増えたら。


もはや次元の違う領域に達します。


■砂金を取るイメージ


そこでこう考えるようにしました。


読書って砂金を採るようなイメージだと。


テレビとかで見たことありますよね、砂金を採る様子。


川の中で川底の砂をざるですくいあげて、砂を少しずつ除いてゆき、最後の最後に比重の重いほんの少しの砂金が残るあの様子です。


本の中の重要部分(砂金)を探す作業。


そうイメージするとなんかしっくりきました。


■目的は暗記でなく思考法の会得


読んだら忘れるっていうことも気にならなくなりました。


さっきの砂金思考法でも分かるように、大事な部分だけ分かればよくってそれ以外は別に覚えてる必要ないですもんね。


だから本をたくさん読む人がいるんだな、納得!


だったら重要な部分だけまとめたキュレーションサイトみたいに、重要な部分だけまとめられたものを読めばいいんじゃない?っていう意見もあります。


本読んでて思うのは、どれが大事な部分か分かるようになってくるんです。


砂金採り作業を繰り返すほどに余計な砂を除くウデが上達してゆくわけで、はじめからその砂金だけもらうことに慣れてしまうと自分で余計な砂を(重要でない情報)を取り除くことができなくなっちゃいそう。


ちなみに、私が本当にすごいと思う二人もユーチューブで読書について語ってますよ。


第51回 大人こそ勉強(読書)をすれば人生が楽になる【人生論】




20代で年収3,000万を越えた僕が「生き方を学んだ本」を紹介する


■損得は目先でなくトータルで判断


てなことで、今回はこれにて終わります。


はじめはお金と時間だけが消費されて損しまくってるように感じます。


でもある本のあるひとことがきっかけで考え方が変わり、そんでもって行動が変わり、さらに成果が出て人生が一変するということが起こります。


費やした努力と結果現れる成果が正比例じゃなくてある時ポーンと飛び上がる瞬間があります。


成果出してる人はこれ知ってるから信じられないくらい本読んでるんだと思います(あくまで推測)。


トータル損得で判断が吉かもです。

by ma-ki-ba | 2019-09-04 20:41 | まきばのできごと | Comments(0)

全然うまくいかない…。走りながら考えた10年間を振り返り【実践編】


全然うまくいかない…。

走りながら考えた

10年間を振り返り【実践編】



f0121909_20395868.png
今日もお疲れさまでした。


昨日の学習編に続き、今回は実践編について振り返ってみます。


●走りながら考えた10年間を振り返り

       【実践編】



行動しなければ何も生まれません。


念ずれば花開くは現実世界ではありえませんね。


■FAXDMを飲食店さんに送りまくる


このFAXDMに関しては、今までブログで何度も紹介させて頂きましたので軽くだけご紹介。


ネットのぐるなびで飲食店を検索しまくり、FAXの有る飲食店さんへ私の手書きのダイレクトメール(試食サンプルいかがですか?という内容)を送りまくりました。


手書きがとても珍しかったからか、100件に10件近くの依頼が来たことがありました(なんと反応率1割!驚異の数字)。


1000通FAX送って30〜50件のサンプル依頼。


その中から10件購入。


さらにその中からリピート購入が5件。


さらにさらに継続購入が2件。


最終的に数年単位での固定客になってれるのは1件あるか無いか。


あれだけの労力を費やした結果がこれなのか・・・。


商売というものの厳しさを痛感させられました。


■FAXDMでの失敗談 その1


このサンプル依頼を頂いたお客様へサンプルを送ったときに大きな失敗がいくつもありました。


印象に残っている2つを紹介しますね。


1つは、サンプルショボくてふざけるな!事件。


私の考えで売り手と買い手は平等であるというものがあります。


その表れとして、FAXDMには、


「サンプル代金は弊社が負担しますが送料はヤマト運輸便着払いにてお客様にご負担いただきます」


と記載をておきました。


ある日私の送ったFAXDMからサンプルの依頼を頂きました。


試食用サンプルを出荷。


その数日後、サンプルをお送りしたお客さまからFAXが届いていました。


「サンプルを受け取りましたがあんな少量しか送らないのはいかがなものでしょうか!」


的な内容でした。


私の考えでは試食であり味の確認をするには充分な量であろうと思っていました。


しかし、お客様にとっては高い送料を負担させておきながらなんだこの量は?となったわけです。


冷静に考えたら当然ですね。


ものすごく反省しました。


それがきっかけで、サンプルの量を送料と同等からちょっとうえになるように設定しなおしました。


当時はとにかく経費節約をしたかったのでこのサンプル費用がメチャメチャもったいなく感じていました。


使わなければ入ってこない。


実体験で納得しました。


■FAXDMでの失敗談 その2


2つ目は、サンプル受け取り拒否事件。


FAXDMからサンプル依頼の返信を頂きました。


喜びながらサンプルを準備し発送。


すると翌日ヤマト運輸から電話が。


「お客さんが受け取り拒否されているのでこの商品は戻させて頂きます」


(なんで??)


意味が分からずそのお客様へ電話を入れてみた。すると、


「このサンプルって送料かかるの?それならいらないよ。」


さっきも紹介した通り、FAXDMにはきちんと大きく


「サンプル費用は弊社負担で、送料のみヤマト運輸着払いにてお客様ご負担となります。」


と書いておきました。


ということで、再度私の方から説明し今回きちんと内容を記載させてもらっているので受け取ってくれるようお願いをしました。


しかし結局いらない受け取らないの一点張り。


ということで、サンプルはまきばに返ってき、送料はまきばが負担するというとても悔しい思いをしたのでした。


この時感じたのは、


(お客さんにもいろんな人がいる。商売をするのなら気持ちよく商売できるお客さんとだけしたい。)


なので、自分も買う側の立場でも横柄な対応はすべからずと改めて思いました。


■近所の学校、会社さんに

  揚げ物を販売しに行く



さて、FAXDMで遠方のお客様へ営業をかけつつ地元のお客さんにも営業をせねばならん!と思っていました。


というのが、ランチェスター経営戦略の「営業地域戦略」のDVDの教えからです。


営業マンの仕事は下の図のようになります。


(ちと小さくて見ずらいですね。クリックしてもらうと拡大します)


f0121909_21070626.jpg












✖移動時間=お金のバラまき

 移動している間は人件費と交通費という費用だけがかかり、利益にならない。


▲社内業務時間=価値は生まぬがやらねばならん

 社内業務(日報書いたり明日の予定を立てたり資料作ったり)を一生懸命頑張っても利益は生みません。

 ただしやらないとお客さんに迷惑かけたり社内の仕事が滞ったりしてしまうのでやらないわけにはいきません。


◎面談・コミュニケーション時間=お客さんと商談したり要望を聞いたりする時間

 購買決定権者との接触時間が唯一利益につながる時間


つまり、移動時間が短くて済む会社近くのお客さんに商品を販売することが効果的。


さらに、お客さんを密集させれば短い移動時間で多く回れるのでさらに効率が高まります。


それならばどこに販売できる場所があるのか?


・近所の工場さんのお昼時間の揚げ物の販売


・近所の保育園の先生へ夕方に揚げ物の販売


事前に工場の課長さんに電話して依頼したところOK頂きました。


また、保育園さんにもOK頂きました。


販売にゆくおよそ1時間前から揚げはじめます。


それを私が受け取りいざ販売。


結果、売上は多くて2,000円。


当然売れ残りも出ます。


計算すると完全に赤字。


販路拡大するにも他に売り先もありません。


経営戦略添って忠実に実行しているのに・・・。


単純にお客さんの数が少なかっただけなのですが、その理由が分からずこの販売は約1年続け、最後にはお詫びをして終了とさせて頂きました。


■地元の学校給食営業でプチ成功


他に地元で一定のボリュームの需要のある売り先は無いものか?


そこで気づいたのが地元の給食センターさんでした。


(地元魚沼の食材を使っている。化学調味料不使用。安心安全。これならいける!)


アポを取っていざ商品紹介。


すると見事商品を採用頂きました。


また、業者さんは大量生産するので給食センターさんのこまかな要望に応えてもらえないことが多いということも知りました。


「うちは給食センターさんの希望に沿った商品作りに柔軟に対応しますよ!」


こんな感じでいろんな商品を提案しました。


ただ、まきばは手作りで原料にこだわって要望通りに対応する代わりに価格が他社よりも高い(しょうがない)ので、予算が決まっている給食センターさんはたまにしか使うことができないという状態でもありました。


しかしそれでもおいしさをきちんと知って頂けたので定期的に採用を頂くことができました。


大成功とまでは行きませんでしたがプチ成功することができました。


■夢見てガンダーラ長岡市の学校給食へ


このプチ成功をしたときあることをひらめきました。


大きな市に行けば学校もたくさんある。


それなら大きな市の学校給食需要を狙えばめちゃくちゃ売り上げあがるんじゃない?


例えば月10万円の売り上げの学校を10校作れたら100万円!!


これはすごいぞ!


ってな皮算用をして興奮した私は早速学校さんの電話番号を調べてリストアップしアポイントの依頼をしまくりました。


・南魚沼の学校給食さんに使ってもらってます


・新潟県産の食材を使って手作りしています


・ご要望にこまかに対応します


みなさん結構アポイントOKで会ってくれました。


(これかなりいい感じじゃない^^)


(中古の小さな冷凍車でも買って本格的に配達できる体制にしよう)


しかし、結局うまくいきませんでした。


【理由】


・地元の業者が毎日のように配達に来ていて接触頻度が高い

(営業力=営業マンの質×訪問面会回数の二乗)


・地元の業者の営業マン複数人に対し私は一人


・まきばが配達にくるのに距離が遠すぎる

(移動時間が長すぎる)


お客さんに投入できるパワーが全くかないませんでした。


■遠くへ行けば楽園がある?

   いざ車で関西出張



FAXDMの限界を感じつつあった私は、インターネットでの飲食店と販売業者をマッチングするサービスに登録しました。


ここでもまきばの商品は価格が高いので扱ってもらえるパイはとても小さかったですが、ネットを使って広くPRできた結果品質を求める高級志向の飲食店さんとの取引が少しできてきました。


そんな時、


(実際にお客さんと面会して営業をしてみよう)


と決意。


経費節約も兼ねて車で関西へ出張することに。


いきましたよ高速使って片道7時間。


リピート客になりつつあるお客様、1,2度購入頂けたお客さま、まだサンプルのやり取りだけのお客様。


みなさん「よく魚沼から車でここまで来てくれたねぇ~」と驚いてくださりました。


とても丁寧に接してくださいました。


しかし、その後全く取引にもならず終わったお客様も3社ほどありました。


地元でうまくいかないと多くに行けばうまくゆくような気がするときがあります。


あと、遠くに出張して仕事しているとなんだかかっこいいようなイメージを感じることもあります。


でも結構それって幻想かもしれません。


移動時間の長さと売り上げの相関関係はないですもんね。


これも実体験を通して痛感することができました。


(つづく)


🔴実体験を通じて学んだこと


■学んだだけだと全然使えん

(分かってるとできるの大きな隔たり)


■うまくいっている理由が分かる

(失敗したから認識できた)


■念じまくるとオートモード

(潜在能力にスイッチオン)
by ma-ki-ba | 2019-08-31 21:47 | 日々のできごと | Comments(0)

【実現】楽しい特別な日を、日常にする【資産性活動の積み重ね】


【実現】

楽しい特別な日を、日常にする

【資産性活動の積み重ね】


f0121909_16384034.jpg
こんにちは、お盆真っ只中ですね。


みなさん楽しいお休みを過ごしていますか。


私は、今日弟と一緒に甥っ子を川遊びに連れて行きました。


そんなお盆にちなんでこんなツイートをしました。



ツイート


楽しいお盆休み真っ只中。

一年中こんな楽しい時間が過ごせたらって思いませんか。

・家族との時間を楽しめる

・帰省客、観光客で売り上げ倍増

年に数日間の特別な日を楽しむために普段の日常がある生活より、普段の日常が楽しく楽で充実したものにするために年に数日間の特別な日にも淡々と積み上げ。


常にこれを実現させるために動いてます。


○特別な日は、過ぎ去るととても悲しい話


楽しい休暇が終わってからの日常はテンション下がりませんか。


私は、小学生の頃の夏休み最後の「サザエさん」のエンディングテーマほどテンションが下がったことはありません。


▪️光が強いほどに影も濃くなる心理


「お祭りは、本番よりも準備が楽しい」と言います。


それは、今行っている準備という作業の先にお祭りという最大のイベントが控えているためです。


めでたくお祭り本番。


とても楽しいですが、このお祭りが終わってしまうと普段の日常が待っています。


今よりも先に普段の日常が待っていると思うとテンションが若干下がります。


そして、サザエさんのエンディングテーマのようにこれで夏休みも終了となるとテンションダウンはマックスを迎えます。


このテンションのアップダウンはそのイベントへの期待値が大きいほど振れ幅(ボラティリティー)は大きくなります。


この年に数回の楽しみがあるからこそ普段頑張るモチベーションになるという思考もあります。


でも、普段の日常がこの年に数回の特別な日のように楽しく充実していたらどうでしょうか。


▪️特別な日も、普段の日常も

 同じテンションで積み重ね作業


お盆は、まきばの店舗販売にとって一年で一番売れる日です。


特に、今日14日は帰省が本格化する前の日に当たるためまさに一年で一番売れる日です。


さらに本日は晴天のためまさに条件的にはmaxです。


お客さんがひっきりなしに来てくれ、商品もドンドン売れるのでとても楽しい。


しかし、日常に戻るとあの忙しさはなんだったの?というくらいにお店に来るお客さんは減ります。


(お盆だから売れるんであって、普通の日に売れないのってしょうがないよね)


でもその思考から一歩踏み込んで考えてみると何かしらか方法はないだろうか。


私が考えて出た答えは、「インターネットで販売する」でした。


お盆は、地元という極めて狭い範囲でバーベキューをしたいという需要が一定割合発生するので売れます。


それなら、インターネットで日本という広い範囲で美味しいホルモンやお肉を食べたいというわずかな需要を集めることができれば、お盆の店舗販売と同等もしくはそれ以上の売り上げを確保できるのではなかろうか。


ということで、ホームページにホルモンのカット作業の様子や地元でのバーベキューの様子などを画像や動画で紹介したり、ブログを書きつづけることで検索の際に上位に出るようにしたりと淡々と作業です。


▪️積み重ね作業で普段の日常を

 特別な日に近づけてゆく


過去の失敗談です。


お盆の年に最も売れる時期に売り逃しを防ぐために大量にお肉やホルモンの仕入れを行います。


そしてお盆当日。


なんと大雨。


大雨の中でバーベキューをやろうという気にはなりませんよね。


結果、大量に仕入れたホルモンは冷凍することもできずボイルしたり親戚に配ったりという泣くに泣けないという経験をしました。


これが、ホームページを整理したりブログを継続したことで解消しました。


なぜか。


ホームページによって、「冷凍のホルモン」という新たな需要が生まれたためです。


地元では、店頭で購入したホルモンはすぐにバーベキューで焼いて食べます。


しかし、ホームページで購入する方は、送料がかかるので一度に一定量の冷凍ホルモンを仕入れ、それを必要に応じて解凍して使い、なくなったらまた購入するという流れで使用する飲食店様が多いのでした。


結果、お盆に強気の仕入れをしてもしそれを売り切ることができなくても冷凍真空パック品に向けることでロスはゼロに。


それどころか、冷凍の需要がドンドン増えたため冷凍品が間に合わない状態に。


まだお盆の売り上げまでとはいきませんが、普段いただくご注文がお盆の売り上げに徐々に近づきつつあります。


○日常を特別な日化計画の実践


日常が特別な日に近づくと、当然ですが日常が少しずつ楽しくなります。


▪️積み重ねることで楽になる作業を見つける


自分が普段やっている仕事で、これを日々継続すれば楽になるというものがあるはずです。


(お前は商売やってるからホームページ作って販売できたんだろう)


と思われるかもしれません。


でもホームページ作る前の時点では、私も何をやったら日々の仕事が楽になるかなんて全然ちんぷんかんぷんでしたね。


・ただぼんやりでもいっつも考え続けた
(潜在意識への刷り込み)


・いろいろと本を読んでインプットをしていた
(目的意識なくただただインプットを増やした)


・かすかにアイデアが出た



・淡々と作業を繰り返した


いっつも考えていると、ふと目にしたもの、耳にしたものが引っかかってきます。


パソコン欲しいなぁと常に考えてたとしてると、テレビコマーシャルや新聞のチラシでパソコンについて書かれてたりすると目に入るっているあの現象です。


この仕組みを理解して応用する。


・常にそのことについて考える


・後は多くの情報をインプットする


これすると積み重ねるべきタスクが発見される可能性が高まります。


▪️成功曲線を意識して毎日継続


この積み重ねっていう作業ができる人は3%ほどです。


やってもやっても成果が出ません。


そんな中つづけるには、どれだけやれば成果が出るという目安の量を事前に知っておくことです。


結果を出した人の体験談や日本の昔からの諺を参考にすると3年を目安にするのが良いと思われます。


この3年間を継続するのにオススメが成功曲線。


度々ブログで紹介してきました。


f0121909_18043043.gif




▪️3年間継続
(長いようであっという間)














これをイメージできると、


(自分は今コップに水を注いでいる最中で、一定量に達したら成果が溢れてくるぞ)


という考えにつながって結構たのしく続けられます。


▪️三年は長いようで結構短い

(人生100年時代の3%)


今から3年間はめちゃめちゃ長い、今すぐ成果が欲しい。


そう思うかもですが、もしあなたがまだ20代30代だとしたら90歳くらいまで生きる可能性が高い。


さらに、もしまだ10代とかなら100歳くらいまで生きると言われています。


その中で3年間って長いようで一生の中のパーセンテージで言ったらほんのわずかです。


これから3年と思うと長く感じますが、今から3年前イメージしたらどうですか。


わたしは昨日墓参りに行って思ったのが


(もうあれから1年経ったんだ)


というあまりに早いということ。


3年前をイメージすると、あっという間って思いませんか。


あの時から続けていたら今は成果を享受しているってことですね。


人生の中で今が一番若いわけなので、思い立ったが吉日かな。

by ma-ki-ba | 2019-08-14 18:11 | お客様の声 | Comments(0)

読書はコスパ最強の自己投資【人生をどんどんイージー化しよう】


読書はコスパ最強の自己投資

【人生をどんどんイージー化しよう】


f0121909_20180752.jpg



ツイート

私が読書をする理由。

・直接会って話を聞くことが難しい一流の人の考えを知れる

・物事の本質を意識する思考が身につく(だまされにくくなる)

・一生できるであろう経験の何百〜何万倍の経験値を得られる

・選択肢が増える、いろんな手が打てる

・情報発信力(アウトプット、多彩な表現)が高まる


本を読む習慣が全くなかった学生時代の自分に向けて書いてゆきたいと思います。


⚫️読書はコスパ最強の自己投資


読書をすると、その他大勢から簡単に頭一つ抜け出せます。


▪️直接会って話を聞くことが難しい

  一流の人の考えを知れる


現在大活躍している人たち、特にビジネスで成功している人たちはほぼほぼ読書家です。


こんなに忙しいのにどこにそんなに本を読む時間あるの?って不思議なくらいにたくさんの本を読んでいます。


本を読むことは当たり前なので、いちいちわたしはたくさんの本を読んでます何てことを周りに言わないので本を読まない人からすると、特別な才能で大成功をしているように見えてしまいます。


読書で膨大な知識を得て、その知識をつかってチャレンジし、失敗を繰り返す中で一つの成功をゲットする。


この繰り返しによって、知識と経験値がどんどんたまり成功の確率が上がってく好循環ループに突入します。


自分もこの成功者の知識と経験による体験談を知りたい!


電話をして是非お話を聞かせてくださいとお願いしても、まず会ってもらえません。


自分にとっては大いにメリットのあることでも、相手にとっては全くメリットがないから。


相手にギブをせずにテイクだけを求めている状態です。


でも成功者の知識と経験を手軽に知ることができる方法が読書。


成功者の人たちは、たいてい本を出版しています。


どんなにお願いしても会って話を聞くことができない人たちの考え方や体験談が1500円程度で知ることができるわけです。


しかも、めちゃめちゃ詳しく懇切丁寧に書いてくれています。


また、もし実際に会って話が聞けたとしても人間すぐに忘れるもの。


「忘れちゃったんでもう一回会ってお話し聞かせてください!」


なんてありえません。


本であれば読み返すことができます。


さらに、今現在すでにお亡くなりになられた人の考え方も知ることができます。


もう一度蘇ってお話し聞かせてくださいなんてことは今現在では不可能。


読書をしない人は、自分の経験談の中で判断を下し行動を行う横で、読書をしている人は、自分の経験談+古今東西の知識と経験で判断と行動を行っている。


どちらが有利であるかは非を見るより明らかです。


▪️物事の本質を意識する思考が身につく

    (だまされにくくなる)


本1冊の中で重要な部分ってどれだけあるか知っていますか?


およそ10%くらいと言われています。


200ページの本とすれば、たったの20ページが重要で残り180ページは大して読む必要のない部分。


さらにさらに、本を読む人はわかると思いますが読んでいても


(この本つまんねぇ〜)


っていうのが結構多い。


「重要な部分が10%で、さらにつまんねぇ本が多いのならまさに読書する意味ないじゃん」


「だったら、本なんて読まずにネットのまとめサイト読んだ方が効率的じゃん、お金もかからないし。」


でもわたしの場合はやっぱり本を読む方を選びます。


理由は、どこが重要であるかを見つける力が身につくから。


読書始めた当初は、目次から最後のあとがきまで全部一文字残さず読んでました。


(お金を出して買ったんだから全部読まなければもったいない。)


(読み飛ばした箇所が実はめちゃめちゃ大事な箇所だったらどうしよう)


ただ、何冊も読んでいくうちに


(ここの部分は、読み飛ばしても問題ないな)


(ここは大事な場所だから、線を引いておこう)


ということが直感的にわかるようになっていきます。


ただ、まだわたしは貧乏性なので完全に読み飛ばすことができていないですね。


あと、読書を重ねると騙されにくくなります。


数多くの人たちの失敗談や成功談を聞くうちに、棚ぼたやラッキーでの成功っていうのはほとんどなく因果関係が必ずあります。


わたしはユーチューブを毎日聞きますが、途中入ってくるCMにダイエット系のものがたくさんあります。


・アメリカで大流行


・あなただけに教えます


・○○するだけで誰でも痩せちゃいます


こういうフレーズを聞くと、


・アメリカで大流行というが、何人中何人が行うことを大流行と呼ぶのか定義が不明確である


・あなただけに教えますと言いつつCMで流している時点で言っている内容が破綻している


・誰でも痩せちゃうということは、痩せている人にやったら死んでしまう。そんな危険なことが取り締まられないはずはないのでは?


騙されにくくなる都いうよりも、もしかすると単にめんどくさい奴になると言い換えてもいいかもしれません。


▪️一生できるであろう経験の

 何百〜何万倍の経験値を得られる

▪️選択肢が増える、いろんな手が打てる


さっき書いた、


「読書をしない人は、自分の経験談の中で判断を下し行動を行う横で、読書をしている人は、自分の経験談+古今東西の知識と経験で判断と行動を行っている。」


とほぼ同じです。


知識が増えればいろんな選択肢が増えます。


家の冷蔵庫に、人参と玉ねぎしかなければ作れる料理は限られますよね。


そこに豚肉、魚、お米、きのこ、麺などが加われば作れる料理のレパートリーは増えます。


あと、世の中って知らないと損することって結構あります。


しかし、学校と違っていちいち国はそういうことを教えてくれません。


本で、法律等の専門的な知識は専門家に依頼すべしということを教えてもらい実践。


なにか問題が起こったとしても専門家の人に相談すれば解決出来るという安心感を得ることができたのは本を読んだ結果です。


▪️情報発信力(アウトプット、多彩な表現)が高まる


本を読むというインプットを膨大にすることで情報発信力は高まります。


結構しんどいですが、わたしがこうやってブログをアップできているのも今まで本を読んできたから。


ブログ書きつつ、どう表現したらいいんだろう?と毎回悩みまくってますが、それでもなんとかブログをアップし続けることができてます。


また、頻繁にブログをアップしているとネタがなくなります。


するとブログを書くためにさらにインプットせねばという気持ちになり本を読んだりユーチューブを聞いたりしようとなり、好循環のループにつながっています。


毎回、本当に文章下手だなと悩み苦しみながら書いていますが、そう思うことで本を読むときどういう表現を使っているのかに気を使いながら読むようになりました。


情報発信力を高め続けます。

by ma-ki-ba | 2019-08-11 17:29 | まきばのできごと | Comments(0)

人の3倍生産性を上げて優越感に浸ろう【ひとり働き方改革】

人の3倍生産性を上げて

優越感に浸ろう

【ひとり働き方改革】


f0121909_20401977.jpg

今日もお疲れさまでした。


日々ひとり働き方改革をしながら、自己満足してます。


さて、今日こんなツイートをしました。



ツイート


仕事を早くこなすために心掛けていること。

・やることリストを作る

・邪魔の入らない時間帯を選ぶ(早朝推奨)

・必要最小限のエネルギーでこなす

・カップラーメン方式

・強敵は、即ちょっとだけ着手し難易度を測定

・筋トレ休憩を入れる

・パレートの法則を意識する80:20



はっきり言って気持ちは仕事というより完全にゲームです。


ただし、お金を払ってやるゲームではなく、成果が返ってくるゲームです♪


●仕事が速くこなせる=生活がイージー化する件

 なんにでも応用可能な便利なやつ



日本では、「働き方改革!働き方改革!」って日々言われています。


なんで急にこんなに叫ばれているのか、あんまり調べていないのでわかりません。


ただ、日本の労働生産性は低い低いというのはあちらこちらで耳にしますね。





ちなみに2018年の日本の労働生産性は、G7主要先進7カ国中最下位だそうです。


あんまりよくわかりませんが、効率が悪いということは事実みたいです。


効率を高める余地はありありなのは確か。


では、自分なりに考えてやっている方法を見てゆきます。


■やることリストを作る


一日にやるべきことを一覧にします。


これを人にすすめるとよく言われ鵜反論。


・頭の中で分かっているから必要ない


・やることを一覧にまとめている時間が無い


確かに生産ラインについて一日ずっと同じ作業を繰り返すという仕事内容であれば必要ないかもしれませんけど、一日に複数のタスクをこなしているという人がほとんどではないでしょうか。


忘却線グラフ


この図から言っても、自分は忘れないから大丈夫という言葉は信用ならんと考えた方がいいようです。


やることを一覧にまとめている時間が無い、という人は電車が待てないから歩いてゆくと言っているのに等しいです。


会社で相手に仕事をお願いしたとき、1日の終了時に


「お願いしたの終わった?」


と聞いたら忙しくてそれどころじゃない!と言われました。


翌日も同じことを言われました。


すると相手は、


「ポストイットにその内容書いてパソコンに貼っておいて」


と言ってきた。


実際貼ったら次の日ようやくやってくれた。


目に見えるとやっぱり実行しやすいんだなぁと再認識しました。


■邪魔の入らない時間帯を選ぶ

    (早朝推奨)



仕事中には四方八方から邪魔が入ります。


それを解決するには、邪魔が入らない時間帯に仕事をするのが効果的。


その時おすすめは断然「早朝」。


【理由】

・朝は起きたばかりで脳が元気


・始業時間がいい意味でのタイムリミットとなるのでそれまでにある程度終わらせようと尻に火が付く


・早くはじめた分翌日も早く起きなければなので帰宅も早くなりメリハリが出る


・朝にある程度仕事が片付いているぶん、後から来た人たちに対して優越感がある



わたしは、朝型と夜型両方ある程度長い期間経験しました。


夜遅くまで仕事すると、この時間までに終わらせなければという気持ちにならないので結構ダラダラ。


脳ミソもうまく働かなくなるんで朝の3倍くらい時間がかかる。


朝起きるのが遅く(辛く)なり、スタートが遅れる。


夜の永遠に時間があるという錯覚よりも、朝のこの時間内に終わらせなければという前向きなハラハラが自分にとってはマッチです。


■必要最小限のエネルギーでこなす


合格ラインが70点のテストを70点で合格する人と100点で合格する人がいたとすると、100点で合格を目指した方がいいことのように感じるかもしれません。


でも見方を変えると、合格ラインより余分に30点多く得点するために費やした労力を他に使った方が良いと言えます。


要は、このタスクにどの程度の力を入れればOKだな、ということを即座に見極めてその最小労力で片付ける。


ドラクエでスライム倒すのにギガデイン使っているようなシーンって結構あります。


MPの無駄遣いです。


■カップラーメン方式


ほとんどのカップラーメンは、お湯を注いで3分間。


この3分間の間に皆さん何してますか。


他のおかずの準備をする。


本を読む。


ツイッターで投稿する。


洗い物を片付けてしまう。


待ち時間を有効活用すると思います。


これと同じく、タスクの中には相手に依頼してその答えが返ってくるまで待たなければならないものがあります。


そういうものは、意の一番に行い回答が返ってくるまでの間に他のタスクをこなしまくる。


他のタスクがちょうど片付いたとほぼ同時に依頼していた答えが返ってきたときのドンピシャ感はめちゃめちゃ快感です。


■強敵は、即ちょっとだけ着手し

 難易度を測定



メチャメチャ気が進まない仕事ってありますよね。


自分の場合、めんどくさそうな書類作りとか本当にかんべんです。


でも後回しにしていると常にそれを片付けなければ・・・ということが頭をよぎるので常にテンションが下がります。


そういう時は、えいや!で着手して全体像を大まかに確認します。


でも長くて5分でいったんやめます。


そしてほかのタスクに移ります。


たった5分でも全体像を大まかに見たことでどんなことをしなければいけないかがおおよそ想像がつく。


見たこともない化け物を想像すると怖いけど、ある程度どんな姿かたちをしているかが分かると怖さは半減。


それと、他のことをしている間にああやって、こうやって、そうやればできそうだなというイメージが出来上がってきます。


結果、はじめ手ごわさレベル100くらいのイメージだったのが10くらいになるんですんなり着手しやすくなります。


■筋トレ休憩を入れる


頭の疲れは体の疲れで解消。


筋トレでしんどい思いは仕事や勉強のしんどさと全く別物ですね。


学生時代、たいてい頭のいいやつって勉強できるやつでした。


脳ミソ使ったと思ったら筋トレ休憩!と称して「両学長」の動画聞きながら筋トレするのが吉です。


■パレートの法則を意識する80:20


これは、要は完璧を目指さないってことです。


成果の80%は、上位20%が占めているっていう法則です。


成果の80%をゲットするのに、20の力の投入でOKです。


それを残りの20%の成果を得るには80もの力を使わないといけない。


よほどこれは絶対にミスしてはいけない案件であるというものでない限り遅い完璧より早いそこそこで動くべきです。

by ma-ki-ba | 2019-08-09 22:15 | 日々のできごと | Comments(0)

戦略第一、戦術第二。方向違えばみな悲惨。【ランチェスター戦略の教え】


戦略第一、戦術第二。

方向違えばみな悲惨。

【ランチェスター戦略の教え】

f0121909_21010016.jpg
みなさんこんばんは。


気づけばもうすぐお盆。


お盆休み前に、まきばのみなさんにお小遣いを渡すことができました。


渡すことができたことに、ホッと一安心しています。



ツイート

ことをなすには戦略第一、戦術第二。

戦略は、言い換えれば効果的な目標の立て方。

戦術は、目標を達成するための効果的な行動。

戦略の間違いを戦術でカバーは困難。

100km先の目的地に早く着くには一流のマラソンランナーよりオンボロの自動車を選ぶべし。


今後の決意も込めて深堀してゆきたいと思います。


⚫️戦略第一、戦術第二。


方向を間違えたら、どんなに効率良く進んでもたどり着く先は悲惨です。


▪️戦略とは


戦略とは、効果的な目標の立て方です。


例えば、100kmの目的地に短時間でたどり着きたいとします。


自分の足を使う


車を使う


新幹線を使う


飛行機を使う


いろんな選択肢があります。


スタート地点とゴール地点を確認し、どの手段を使うのが最も効果的であるかを判断します。


近くに空港が無い土地であれば新幹線が早いかもしれません。


近くに新幹線も空港もなければ車が早いかもしれません。


舗装された道路がなければ自分の足が最も早いかもしれません。


つまり、設定したゴールに最も効果的にたどり着ける方法を考えること、これが戦略デス。


本日わたしは、仕事で新潟市へ行ってきました。


コストと時間を考えた結果最も効率の良い方法を考えた結果、高速道路を使って車で移動するを選択しました。


余裕を持って目的地に到着できたので、わたしの戦略は正解でした^^


▪️戦術とは


戦術とは、立てた目標を達成するための効果的な行動です。


わたしは、魚沼から新潟市へ行くのに高速道路を使って車で移動するという戦略を選びました。


この目的を達成するために、わき見をしたり携帯をいじったりせずに安全運転を心がけて運転しました。


途中特に疲れなかったのでパーキングエリアで休憩を取らないということを選択しました。


結果、余裕を持って到着することができました。


もし携帯片手に操作しながら運転などしたら事故を起こす確率が上がるので間違った戦術となる訳です。


▪️戦略と戦術は誰が行うのか


以上が、戦略と戦術の違いです。


舞台を会社にした場合、戦略を行うのは誰でしょうか。


また、戦術を行うのは誰でしょうか。


これって戦争(キングダムとか)をイメージするとわかりやすいです。


群を指揮するのは総大将。


総大将の指示に従って動くのは兵たち。


会社の規模によって幾つかに分類されますが、ざっくり言うと戦略を立てるのは社長の役割、社長の戦略に従って動くのが社員さんの役割となります。


さて、これを踏まえて会社あるあるを考えてみましょう。


例えば、ある販売業の会社の社長さんが社員さんに向かってゲキを飛ばす光景。


「みんな、今年は去年に比べて販売の成績が思わしく無いぞ。


 どうすればもっと効果的に売り上げを上げることができるか各自考えて実行したまえ!」


どうすればもっと効果的に売り上げを上げることができるか=戦略なので社長がすべき役割ですね。


それを社員さんに考えろと言っている訳なので、わたしは本来の役割をしませんよって言っているのとイコール。


本来であれば、


昨年よりも売れてい無いのは、消費税が増税され10%になったからだ。


だから売れ無いのが当然。


そんな中で売るには、無理な値引きをして利益率を落としたり支払いサイトを長くしたりしなければ売れ無い。


そんなことしたら、消費税10%に世間が慣れて売り上げが戻ったとしても値引きした価格がスタンダードとなり、支払いサイトも元に戻してもらうことは難しい。


今は無理に売り上げを追わず、我慢の期間にしよう。


結果、社員さんのストレスも軽減され、会社の寿命が縮むことも防止できるでしょう。


▪️ついつい目に見える戦術が気になる件


さて、戦略と戦術を簡単に説明しました。


これを聞いてあることに気づいた人はすごいです。


あることとは、


戦略は目に見え無いものであり


戦術は目に見えるものである


例えば、わたしが魚沼から新潟市まで高速道路を使って車で行こう!と決めたとしますが、その決定はわたしの頭の中。


外からは見えません。


その決定に従って、車で安全運転しながら目的地に向かう光景はしっかりと目で見ることができます。


これが事態をややこしくします。


戦略のほうが戦術よりもめちゃめちゃ大事なんですが、目に見え無いのでついつい目に見える戦術のほうに気が行ってしまうから。


例えば、社員さんの作業がめちゃめちゃ遅く、効率が悪いから見てられ無くなってついつい細かく注意をしてしまう。


製造現場でまだ使える原材料が捨てられている。


電気がつけっぱなし、水出しっぱなし、冷蔵庫開けっぱなし。


これらの無駄には貴重な貴重なお金がかかるわけです。


血の滲むような努力の結果今がある会社の社長さんとして、黙って見ている方が難しい。


でも、いちいち社員さんの箸の上げ下げに口出ししてはいけ無いんです。


なぜなら、従業員さんのやること(戦術)は、社長の決める目標設定(戦略)でカバーできるから。


ではその逆はカバーできるのでしょうか。


▪️戦略の間違いを戦術でカバーするのはかなり難しい


新幹線で魚沼の浦佐駅から東京駅まではおよそ1時間40分です。


魚沼から東京まで高速道路を使えば2時間半ほどです。


魚沼から東京までいかに早く行くかというお題を出されたとします。


Aさん:世界で一番マラソンの早いランナーが走って行く


Bさん:ポンコツの軽自動車を免許取立ての高校生が運転する


さて、どちらが早く着くでしょうか。


Aさんのチョイスした人材はマラソン界でNO1


Bさんのチョイスした車と運転手は限りなく底辺近いです


よほどのことがない限りBさんの方が早く着く確率が高い。


つまり、手段を間違えてしまえばたとえそれを行う人が超一流でも、手段のマシな底辺に負けてしまうということです。


なので社長は、目に見える未熟な点に口出しするよりも、効果的に目的地にたどり着くため方法について考えることに力を使うべきです。


⚫️未来は加速度的に戦略が求められる時代


中小零細企業問わず、かつてないほどに戦略が求められる時代が来てしまいました。


▪️変わり者から人気者になる(希望)


最低賃金1000円


有給休暇年間5日間消化義務


今の時点で利益が出てい無い会社にはあまりにも重すぎると思われる世の中になってきました。


今現在手を抜いているから利益が出てい無いという人をわたしは見たことがほぼありません。


みなさん必死で頑張っています。


となると最適な戦略をとることができたらこの状況から抜け出せる可能性があります。


一生懸命頑張って体に汗をかけば上手くいった時代から、脳みそに汗をかくことを求められる時代の到来。


ランチェスターとか周りに話して変わり者と言われた時代から、いいこと言うねぇ〜と言われる時代になる(?)

by ma-ki-ba | 2019-08-08 22:19 | まきばのできごと | Comments(0)

一人の話は絶対に信じないことのすすめ【最善は自分で見る•聞く,次善は複数の意見を集める】


一人の話は絶対に信じないことのすすめ

◎最善は自分で見る・聞く

○次善は複数の意見を集める


f0121909_18392688.jpg

こんばんは。


日々膨大な情報で溢れかえっています。


何が真実か全く見当もつかない世の中です。


さて、こんなツイートをしました。



ツイート

一人の意見は絶対に信じないよう気をつけています。

善意、悪意の問題でなく個人のフィルターを通るのでどうしても歪みが出るから。

最善は自分の目で見て耳で聞く。

次善は複数の情報を入手して立体的に見ること。

これがクセになるとメディアの情報も鵜呑みせず。

芸能ネタには興味も湧かず。



情報の捉え方でその結果は天国と地獄に分かれます。


○一人の意見は絶対に信用しないことのすすめ

 善意ある人の意見が最悪をもたらす危険性


絶対に人を騙さない誠実な人の意見、そのまま信じますか。


⬛️みんな基本的には善意の人たちである件


いろんな事件がメディアで取り上げられています。


これを日々見聞きしていると本当に物騒な世の中であるなと思うことがあります。


でも肌感覚ですが、やはり大半の人たちは善意の人たちだと思います。


お店で会計の列に並んでいる時、横から割り込まれたという記憶はほぼありません。


ガソリンスタンドでも、急いでいる人もいるでしょうが自分含めみんなきちんと順番を待って並んでます。


なので、今現在の日本、特にのどかな田舎で騙す騙されるという経験は普通に生活していればとても低いというのが現実です。


⬛️同じものを見ても感じ方が違う

 ゾウは鼻が長いか、
 耳が大きいか、
 それとも・・・


そんな善意の人が大半の世の中ですが、騒動や対立って結構あります。


仕事でもお互いがいいことを言っているのに意見が衝突することって日常茶飯事。


冷静に考えれば、お互いが協力しあって最大のパフォーマンスを出すというのが最善であることは誰の目から見ても明らか。


でも対立したりそのせいでコミュニケーションが細くなったりあからさまに非効率。


理由は、同じものを見てもその人にとって感じ方が違うから。


もし、生まれて一度もゾウを見たことがない人にゾウを見せてそのあと質問します。


「さっき見た生き物はどんな風だったかおしえて?」


ある人は、耳がでかかった

ある人は、鼻が長かった

ある人は、足がめちゃめちゃ太かった

ある人は、長いツノが付いていた

ある人は、肌がめちゃめちゃザラザラしてた


みんな言っていることは間違ってない。


この人たち同士で、


「いや、耳がでかかったんだ!」


「違う、鼻が長かったんだよ!」


「バカ言ってんじゃない、足が太かったに決まってんだろ!」


と言ってやりあっているということが多々あります。


⬛️一人の話を信じることに

 より起こりうる悲劇


もし、自分自身もゾウを見たことがない状態だとします。


そんな時先ほどのゾウを見た5人が対立をしている。


そこであなたは、一番誠実で真面目で信頼のある一人の「ゾウは耳がでかい」という意見を信じたらどうなるか。


他の4人が間違ってる、正しいのはゾウは耳がでかいだ!


5人全員善人。


でも一番信頼の置ける人の意見を信じて残りの意見を切り捨てる。


4人の反感を食らうこと間違いなしです。


⬛️善意戦争一触即発

 未然に防いだのは第三者の冷静な一言


ではもう一つのパターンで、もしゾウを見たことがないあなたが5人の意見を聞いた。


(5人みんなが色々なことをいう生き物ゾウって一体どんな怪物なんだ?)


ゾウを見たあなたは言います。


耳でかくて、鼻長くて、足太くて、キバ付いてて、肌めっちゃザラザラしとるがな。


これを聞いて5人は思いました。


(たしかに)


○正確な情報が得られない

 ことを前提にそこそこ

 正確な情報を得る方法


複数の意見を聞いてみる。シンプルです。


⬛️ドラゴンボール7つ集めて
 シェンロン登場
 こんなイメージ


7つの意見を聞いて判断すればまず大間違いはしないでしょう。


ただ、似たような意見のであるかどうかは意識します。


巨人ファンの人たちに、好きな野球チームはどこ?って聞くようなことは避けましょう。


⬛️ドラゴンボールは一つしか

 ないと思い込んでいる人の行動


自分が受けた印象が絶対であると思う人達には以下の特徴があるような印象。


・ディスる
(意外といい人なんですね)


よくテレビで聞くのが、コワイイメージのタレントさんと実際に会って普通の対応をされて、


「意外といい人なんだ」


と自分が持っていたイメージと違ったという意見。


そりゃ365日常にコワイことはないだろ!とツッコミを入れたくなりますが、それほど自分の持ったイメージを信じる傾向があります。


自分の持っている唯一ひとつのドラゴンボールがあればシェンロンが出てくると思っていて、あと6つ集めないと願いかなわないよってことがわからないので、1個のドラゴンボールにむかって


「いでよシェンロン!


 ??


 はよいでよって、シェンロン??


 このドラゴンボール使えねぇ〜」


・責任は他人にあり思考


いろんな意見を集めずひとつを信じて行動した結果失敗。


すると、


「あの人にすすめられてやったのにうまくいかなかった。騙された!」


自分を楽園に導いてくれる存在の登場を願い続けましょう。


○情報集め思考が身につくことのメリット


⬛️単純に勘違いが減る


ひとつの意見を鵜呑みにすることの危険性を理解してるので、ひとつの意見に飛びつかずいろんな方向から検討するのようになると変な見切り発車による勘違いが減ります。


ただ、何かにチャレンジしよう!という時にはあまり周りの意見を聞かないほうがいいです。


やめといたほうがいいよというような意見が多いので気分が萎えてやる気が失せます。


チャレンジに対しては、見切り発車が吉です。


⬛️情報を鵜呑みにしなくなる


新聞やニュース番組の情報もそのまま信じずに


(それってほんと?)


と自分の頭で考えるようになります。


例えば、今めちゃめちゃ暑いですよね。


「記録的な猛暑!」って言葉、結構毎年聞いてる気がしませんか?


もうすぐ甲子園始まりますね。


毎年、10年に一人の逸材!って言葉聞きませんか?


なんでだろう?


結構いろんな説が頭に浮かんできます。


⬛️芸能ネタ、匿名掲示板が気にならなくなる


芸能ネタがいかに人の興味を引くために面白おかしくされているかがわかると、なんかそれにのせられるのってどうなんだろうって思い興味がなくなります。


ただ、純粋にそれを分かった上で楽しみたいというのは気分も良くなるのでokだと思います。


あと匿名掲示板も気にならなくなります。


匿名という守られた状態で好き勝手なことをいう人の意見の信憑性は言わずもがな。


仮にもし本人の純粋な意見であったとしても「サンプル1」。


標準偏差思考でいきましょう。

by ma-ki-ba | 2019-08-04 19:55 | 日々のできごと | Comments(1)

どうしても越えられない最強の人物 それは次男である説【リアルバラエティー】


どうしても越えられない最強の人物

それは次男である説

【リアルバラエティー】


f0121909_21301070.jpg
みなさんこんばんは。


本日、夜7:30から村の会合でした。


会合終了後、発泡酒2本いただいた結果かなり思考回路が愉快です。


村のみんなと話をしていると、ふと幼少期のことを思い出しました。


みなさんにとって、無敵な存在って誰でしょうか。


幼少期の私にとって、無敵な存在は次男でした。


さて、今日こんなツイートをしてみました。



ツイート

次男最強説

長男である私。

長男は小さい頃はいろんなものを親から買い与えられ、

次男は常におさがりを使わされる。

我が家でにはこの常識はありませんでした。

幼少期。

次男と二人で蜂の巣つつく。

一目散に逃げたが私は蜂に追われて身体中さされた。

「弟は!弟は!」

置いていった弟。

無傷でした。


この内容について深堀してゆきたいと思います。


⚫️長男が背負うもの、次男が担うもの。


今でこそ、長男は家を継ぐものという空気は薄れつつあります。


私の生まれた時代はまだ長男は家を継ぐものというのが当然の時代でした。


⬛️私の誕生実話(らしい)


私は4人兄弟の二番目に生まれました。


姉、私、弟、弟の4人兄弟という構造です。


当時では4人兄弟の家はしばしばありました。


そんなに珍しくはなかったです。


私の父は、男の子を望んでいたらしいです。


しかし初めて生まれたのは女の子。


ということで二番目は何が何でも男の子が欲しかったらしいです。


当時我が家は養豚農家。


養豚農家の人なら分かると思いますが、豚は去勢をします(詳しくはググってください)。


オスの豚は臭みがあり食肉用として出荷することができません。


にもかかわらず、父は男の子が生まれるようにと一頭の豚を去勢せずに育てたと聞いたことがあります。


その甲斐あって(?)私が誕生。


当時、跡取りが生まれたととてもみんな喜んでいたと聞きます。


⬛️待望の長男に待っていた

 ものは結構スパルタな説


今の時代、もし男の子が欲しい!と思っていたところに男の子が生まれたら当然家族みんなが喜びます。


おそらく、男の子の両親はもちろん両親のおじいちゃんおばあちゃんもみんな喜んで甘やかすのではないでしょうか。


私の場合ですが、物心ついた時には養豚農家だったからでしょうか、豚舎の手伝いをしてました。


小学1年生くらいの時には、豚舎の廊下を竹のほうき(レレレのおじさんが使ってるやつ)を使って掃き掃除し、豚の寝床を作るためのこぶきっこな(木の粉)をミノ(大きなチリトリみたいなもの)ですくい上げ、豚の部屋を掃除している父のところまでやっとの思いで持って行き渡す。


するとそれを父が軽々と豚の部屋にまき、空になったミノは私に手渡され、再度私はこぶきっこなをすくいにこぶきっこなの山まで往復する。


竹のほうきで廊下を掃くと、手の皮がズルむけします。


あまりの痛さに、一度家に帰って絆創膏(ばんそうこう)を貼り再度手伝いに戻る。


こぶきっこなをすくったミノは、小学一年生にとっては大変重く、手の指の爪がミノ重さによってくいこむのが痛かったのを覚えています。


でも辛いと思ったことは一度もなく、これって当たり前って思ってました。


当時私は7歳。


姉9歳。


次男5歳。


三男1歳。


ふと思いました。


豚舎にいるの、4人兄弟で自分だけ・・・。



⬛️まきば創業時代の兄弟事情


私が10歳の頃にまきばは創業しました。


養豚農家から田舎のお肉屋さんへ変わりました。


なんでもそうですが、事業ははじめた時が一番試練です。


飛行機が離陸する時の燃料消費量は、上空を安定飛行している時の3倍です。


物理の原則は万物に当てはまります。


起業した会社が1年後残ってる確率は半分(50%)、10年後は5%、30年だと0.02%と言われています。


みなさまのおかげで現在まきばは0.02%に入ることができました。


しかし当たり前ですが、安定軌道に乗るまでは人の3倍働かなければならず、結果小学校のゴールデンウィークや夏休みにどこかに連れて行ってもらった記憶は数少なく、普通の家が年末に大掃除よぉ!っと親と一緒に掃除すべき時期に誰も掃除する人はおらず。


超ドA型で他人との比較をしまくる性格の私はそれが嫌で一人我が家の大掃除をしてました。


築150年の天井が4mの家の天井のすすを落とすのは小学生には結構重労働でしたが今思うと段取り上手になるためのいい練習でした。


⬛️遊び相手は次男がほとんど


小学生になるといろんな発想で遊びをしました。


おもちゃとか買ってもらえなかったので、身の回りにあるものを使っていかに楽しく遊ぶかが重要。


村の神社に行き、木の枝をゴルフクラブ代わりにし、空き缶を潰してゴルフボールの代わりにしてごフルしたり。


木の棒を工作の時間で使っていた小刀で削り木刀を作ったり。


山を探索して、程よい広場を見つけて秘密基地遊びをしたり。


家の中でゲームするよりめちゃめちゃ楽しかったのを覚えています。


そんな時、常に2歳下の次男がいました。


どこに行くにもついてくる。


あまりについて来すぎるので一人立ちできるのだろうか?と小学生ながら不安を覚えたこともありました。


⬛️次男無敵説(前編)


ある時でした。


家の前で二人で遊んでいると、結構猛スピードで車が走ってきました。


なんとあわや次男が家の前でその車にひかれそうになった。


すると私の家の前のこわいおじいちゃんが飛び出してきた。


そのおじいちゃん、大声で怒鳴りました!


「ばかやろぉ〜!道で遊んでんじゃねえ!ひかれたらどおすんだぁ〜!!」


愛のある怒鳴りでした。


ただ一つ、違和感がありました。


怒鳴られてるの、私でした(T0T)ナゼ?


⬛️次男無敵説(中編)


こわいおじいちゃんが私を怒ったのは、


兄が弟のめんどうを見るのが当然だろう!


という意図は子供ながらに伝わりました。


でも、やはりしくじったのは弟でありその弟が全く怒られずに自分は殺されるんじゃねえの?っていうくらいのけんまくで怒られるのってちょっとどうなのよ?


という気持ちもありました。


そんなあるひ、我が家の周りで次男と遊んでました。


家の右横の壁に蜂の巣がありました。


棒でつついて落としてやろうか?


恐々と慎重に蜂の巣に近寄る私と次男。


すると、蜂の巣をつつく前に蜂が一斉に私に襲いかかってきた!


一目散に逃げる私に容赦なく蜂は針をぶっ刺して来ます。


(いたい!いたい!誰か助けて!!)


一目散に家の周りを一周してなんとか家の中へ逃げ込んだ私。


身体中刺されて痛すぎて家の中で倒れた。


それを見た母親が応急処置。


私は置いてきた次男が蜂にメッタメッタに刺されまくって死んでしまっていると思った。


母親に、


「弟は!弟は!生きてるがーか?(「がーか」の意味=「なのか?」という問いかけ)」


蜂にめった刺しにされて息絶えている弟の姿がリアルにイメージされていました。


母親は言いました。


弟は、刺されてないよ。


なぜか蜂は私に総攻撃したようです。


理由は未だに不明です。


⬛️次男無敵説(後編)


雪国につきものの除雪。


結構な重労働です。


また、屋根から落ちて亡くなる方が毎年出る危険な作業です。


当時の我が家は、築150年の瓦屋根の平屋建て。


めちゃめちゃ古くて隙間風ぴゅーぴゅーでしたが、異常なほど広かった。


天井は4メートルほどあり、おそらく20〜30畳ほどある部屋が3つ並んでいた(ってかそれしか部屋がなかった)ため、土曜日の午後には友達と我が家内で野球やバスケ(ミニですけど)をやって遊ぶほどでした。


そんな家なので冬は雪が降り積もります。


私はなんとも思わなかったのですが、父親は夜になると屋根に積もった雪の重みで柱がギシギシ言うので「家が潰れて死んでしまうのでは」とめちゃめちゃ普段だったそうです。


翌日日曜日。


私は父に連れられ屋根に上り雪かきをすることになりました。


当時まだ小学生です。


屋根に上り、スコップで雪を屋根の下に落としてゆきます。


今で思うと、まずはおおざっぱに屋根の上につ持っている軽い雪をバサバサと落としてから屋根の下の圧雪部分を落とすという手順で雪下ろしするのが効果的であることを理解しています。


しかし当時、小学生ながらドA型の私は屋根の隅の雪を上から下まできっちり落としてから次のエリアに進むというめちゃめちゃ完璧主義で遅いやり方で雪を下ろしていました。


それを見た父親は大激怒。


バカヤロー、そんなちまちましたやり方するんじゃない!


日曜日、親の手伝いをしつつ、屋根の上で怒鳴られる私。


ふと屋根の小窓から家の中が見えました。


次男がコタツの中で絵本んを読んでいました・・・。


手伝いをして怒鳴られる私。


コタツの中で絵本を読んでいる次男。


理不尽を受け入れる心は、この時点で出来上がりました。


本日は以上となります。


ありがとうございます。

by ma-ki-ba | 2019-08-02 22:38 | まきばのできごと | Comments(0)

自分の希少価値を高めるには「足し算」より「かけ算」を意識【真実】


自分の希少価値を高めるには

「足し算」より「かけ算」

を意識【真実】

f0121909_20540069.png
今日もお疲れ様でした。


分野を問わず活躍している人を見るとあることに気づきます。


一つの分野でトップを走っている人。


複数の分野でそこそこの能力を持っている人。


このことについて書きのツイートをしました。



ツイート

活躍している人には2つのパターンがあります。

一つの分野でトップを走っている人

複数の分野でそこそこの能力を持っていてかけ合わせるとオンリーワンになっている人

一つの分野でトップになるには上位3位以内。

複数の分野をかけ合わせてオンリーワンになるのは無限大。

どちらが現実的かは明白。


これについて深堀してゆきたいと思います。


⚫️活躍している人は

 一つの分野を極めている人

 複数の分野を掛け合わせている人


活躍している人は、「一つの分野を極めている人」「複数の分野を掛け合わせている人」です。


⬛️一つの分野を極めて活躍するのは

 一握りしか存在できない説


f0121909_21174626.jpg
日本で一番高い山は富士山です。


小学生でも知っています。


日本で二番目に高い山は?


山が好きな人でないと即答困難ですね。


北岳です。


当たり前ですが、物理的に一番になれるものは一つしかありません。


つまり、揺るがしようのない特定の一分野を目指した場合その位置に到達できる可能性は狭き門。


せいぜい3番までです。


オリンピックが金・銀・銅メダルの上位3位までを讃えることから真実でしょう。


自分が目指している分野がもし特定の一分野だとしたら結構キツイかもです。


もしそれでも特定の一分野でトップを目指すのならその範囲を絞り込めば実現可能性は高いです。


例えば、日本で一番美味しいパン屋になる!のはかなり厳しいですが、「南魚沼市で一番美味しいパン屋になる!」のは現実性が飛躍的に向上するし、結果規模を考慮しなければ小さな強いパン屋になれます。


⬛️複数の分野でオンリーワンを

 勝ち取った成功例
「武井壮」の画像検索結果


一つの分野で活躍するには、トップ3に入るかエリアを絞りに絞り込んでそこで1位になるかのどちらかと言いました。


活躍する人には、一つの分野で活躍する人の他に「複数の分野を掛け合わせている人」が存在します。


私がその代表格であると思う人が「武井壮」さんです。


ご存知百獣の王武井壮さん。


みなさんも知っている人は多いと思いますが、武井壮さんは大学生時代陸上10種競技のチャンピオンになりました。


一つの分野のトップになった人です。


では質問ですが、陸上10種のトップに立った時に武井壮さんを知ったという人はどれほどいるでしょうか。


おそらくほとんどの人はテレビでいろんな動物の倒し方を面白おかしく紹介している武井壮さんを見た時ではないでしょうか。


これは掛け算とはちょっと違うのですが需要と供給の関係です。


陸上10種競技を見たい!という人 < お笑いで面白い人のネタが見たい


の公式が成り立ったわけです。


陸上10種競技を見たい人の需要をお笑いで面白い人のネタが見たい人の需要が大きく上回っていた結果、


・陸上選手時代知られなかった


・お笑いで大ブレイクした


武井壮さんは、「頭の良さ」✖️「陸上」✖️「お笑い」の3つの掛け算でオンリーワンの存在となりました。


⬛️自分をドラクエのキャラに

 見立てて複数の能力をかけ合わせよう


この複数の分野の掛け合わせを初めて意識したのは小学生の頃。


もう忘れましたが、当時ドラクエで「職業」を選ぶというものがありました。


当時、ゲームといえば決まったストーリー通りに進んで行くというのが当たり前の時代。


自分で選択をできるという設定自体が斬新でした。


【選択できる職業】

・武道家
・戦士
・僧侶
・魔法使い
・遊び人
・賢者
・etc


当時斬新的だと感じたのが、一つの職業についたキャラがその後他の職業に就くことができる。


さらに、新しい職業についた際に前職の癖が残っているところ。


ざっくり説明すると、


・例えばダンサーがスーパーの店員さんに転職した場合、お客さんに踊りながら接客する


・歌手が山手線の電車の運転手になった場合、歌いながら次の駅を告げる


迷惑を度外視してオンリーワン視点で見た場合確実にオンリーワンです。


⬛️似た分野の掛け合わせは

 効果が薄いことに気をつけよう


異なる分野の掛け合わせがオンリーワンになれるんだ!


安易にそのように思い込むのは少し危険です。


例えば、たこ焼き屋さんで修行を積みつつ、明石焼き屋さんでも修行を積んだから自分はオンリーワンだ!


そう思ってたこ焼きをだし汁につけて食べさせても、ちょっと食感の面白い明石焼だね!となります(わかりにくいかな?)


⚫️身につけた能力をSNSで拡散しよう


めでたく複数の分野の能力を身につけても知られなければ無意味です。


周りに知ってもらえてこそみんなから求められるオンリーワンになれます。


2020年5G(ファイブジー)の時代がはじまります。


SNSで今の何倍も効果的に自分を広く知ってもらうことのできる時代がまさに今やってきます。


⬛️動画


YouTubeが代表例です。


先日ソフトバンクショップに行ったらYouTube見てもギガが減らないプランを紹介されそれに入りました。


つまり動画は無料の時代がやってきます。


つまり動画は今より加速度的に普及するという証拠。


でも自分を動画で発信するなんておそろしくておそろしくてしょうがないですよね。


全ては階段です。


いきなり崖をロッククライミングするようなことはせずにゆっくり一歩ずつ登るべきです。


⬛️ブログ


ゆっくり一歩ずつ登って行く。


ブログが適しています。


ただ、ブログを続けるのはメチャメチャキツイ。


もう一つ簡単にできるSNSはないものでしょうか。


あります。


⬛️ツイッター


ミニブログです。


毎日一言さえずるところからはじめましょう。


小さな一歩を継続することが自分の想像をはるかに超える未来への唯一の道。


まずツイッターに登録して、明日「おはようございます」をツイートしてみましょう。

by ma-ki-ba | 2019-07-31 21:58 | まきばのできごと | Comments(0)
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
最新のトラックバック
大和商工会東支部のIT勉..
from @南魚沼市
ba/ba
from お悩み解消ネット
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧