人気ブログランキング |
 ”おいしい豚肉”   まきばのホームページはこちら →


uonumamakibaをフォローしましょう


オモシロおいしい魚沼をお届け中
by ランチェスター戦略実践肉屋(有)まきば 桑原一成
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

タグ:お客様訪問 ( 410 ) タグの人気記事

広告では絶対売ってはいけない理由【ど素人営業の辛く苦しんだ体験談】



広告では絶対売ってはいけない理由

【ど素人営業の辛く苦しんだ体験談】



f0121909_20081642.png
今日もお疲れさまでした。


本当に一週間が過ぎるのがあっという間過ぎて驚いてしまいます。


新年あけましておめでとう!なんてこないだ言ったかと思えばもう今年も半分が過ぎました。


日々日々ただ過ごすのでなく、来月は今月よりも楽になるように積み上げ意識で行動しています。


さて、本日こんなツイートをしました。



ツイート


資本力の無い会社や個人が行う広告は、徹底的に見込み客の発見のみにフォーカスすべき。


無料で有料級の情報を余すことなく発信したり、普段企業が紹介しないようなバックヤードで行われている手間暇かけた仕事の様子など。

引き寄せられた見込み客にPRすることでストレスは減り成果は爆上がり。



この内容について深掘りしたいと思います。



■1.正しいと思ってしまう大手の広告方法

   零細企業が真似る悲劇

  (そのお店って高速飛ばして一時間半)



この世の中、広告宣伝であふれかえっています。


私の場合、朝起きてそのまま出社して新聞開けばチラシ。


新聞の下の欄には、雑誌の広告。


パソコン立ち上げればネット広告。


7時に一度家に戻るときにはすれ違うトラックに会社のロゴ(ある種広告)。


テレビをつければ当然コマーシャルが流れる。


これだけ各企業がしのぎを削って消費者に広告を見せて売り上げアップを必死にしているわけです。


この広告宣伝攻撃を日々シャワーのように浴びているとこれが正しい広告宣伝だって思ってしまう。


結果、中小零細企業でも「わが社もここは一発大々的にテレビCMを打ってみるか!」とやるとどうなるか。


まず、早朝・昼・夜のゴールデンタイムのテレビCMは(おそらく)けた違いに金額が高い。


CM打ったら一年間の経常利益全部吹っ飛んでしまう。


でも打ちたい。


結果、深夜の時間帯にひっそりとCMが流れることに。


一体誰に見てほしいのか・・・。


むかし深夜にテレビ見ていたら新潟市の小さなお店のCM流れてました。


(こっから車飛ばしても1時間半以上はかかるよな。このCMみて、「よしっ!行くぞ!」って思う人間いるんだろうか・・・。)


私にはそんなモチベーションは、わきませんでした。




■2.小さな会社はどういう広告をしたらいいの?

  売り込み厳禁(頼まれても断るくらい)

  徹底的に見込み客探しのみに的を絞る




小さな会社はどのように広告をしたらいいのか。


その前に、まず業界一位の会社(つまり強者)はどのような広告をしているかを知ってみましょう。


例えば世界のトヨタ。


TVCM、新聞、雑誌、ネット、看板、ラジオ、新聞チラシ、SNS


おそらくすべての媒体を網羅して宣伝をしているはずです。


世間への浸透率(市場占有率)が一番なので、すべてを網羅するのが最も効果的。


(以前よりもネットの力で不特定多数全部へのPRよりもターゲットを絞った効果的な広告に向かっているとは思いますが)


NO1という位置関係があってこそできる広告の方法です。


さて、こんな中で小さな会社はどういう広告をすべきか。


それは、強者の商品では満足できない圧倒的少数を見つけること。


人間好み様々十人十色。


年齢、性別、好み、地域、気候、都会、田舎、みんなバラバラ。


ひとつの商品で100%の人が満足するということは絶対にないわけです。


なので売り込みゼロで、この商品に興味ある人手をあげてぇ(^o^)丿に全力を注ぐのみ。


欲しくもない人に片っ端から売り込んでたら厳しい断りで精神的ダメージ半端ない。


かたや、自分の商品に興味がある人達に商品を紹介できたら逆に感謝してもらえたりもする。


こんな夢みたいな広告ができるの?


はい、できません(T0T)チキショー


ただし、慣れるまでは。



■3.ど素人営業の辛く苦しんだ体験談

  手書きのFAXDM

  手作りホームページ



前職は、食品とは全くの畑違いの業界で営業していた私。


前のブログでも何度か書きましたが、お客さんが全くおらず、徐々に売上右肩下がり、お客さんから声をかけてもらってはじめて商品を提案するというめっちゃ待ちの営業スタイルの会社だったので自分から営業をする方法が分からない。


考えに考えた策でFAXDMを飲食店さんに流しまくった。


流すDMは私の汚い手書きで、内容はサンプルが欲しい人は返信してくださいねというもの。


まさに興味のある人限定のDMです。


f0121909_20383837.jpg
この広告にかかるコストは、私の人件費と紙代とFAX代のみ。


サンプル依頼頂いたお客様へ後日電話で感想を伺いますが、厳しい口調で怒鳴られるなんてことにはなりません。


現在もこのFAXがきっかけでお取引が続いているお客さまいらっしゃいます。


次にやったのがまきばのホームページ作り。


インターネットの知識がほとんどない私でしたが、決めていたのが「自分でホームページを作ること」。


その理由は、


・自社の強みを業者さんに伝えてその通りに作り上げてもらえる気が全くしない


・時間の経過とともに変化する状況に臨機応変に対応してゆきたい


・そもそもコストをかけたくない



まきばのホームページ見た事ある人ならわかりますが、


・トップページめっちゃ重くて動くのに時間かかります


・買い物かごにたどり着くまでが複雑怪奇


・純粋に見にくい



という鬼の不便度です。


でも訴えたいことが相手に伝わっている為か、ほったらかしなのにリピート率高いです。




■4.その結果やいかに


  24時間休まず愚痴も言わない自動営業マン



そんな鬼のように不便なまきばのホームページですが、いくつか工夫をしました。


・いかにも業者さん専用風のサイトにした


・生ホルモン専門店のように生ホルモン押し全力投球にした


・作業の裏側を前面に押し出した


まきばのホームページを見たといって電話をくださるお客様からしばしば言われるのが「個人でも注文できますか?」という問い合わせ。


ちなみに個人の方からも日々注文頂き、きちんと対応させてもらってますのでどんどん個人の方ご注文お願いしますm(_ _)m


私が業者さん専用サイトっぽくしたのは、購入単価とリピート率。


個人のお客さまと業者さんとでは圧倒的に業者さんの方がリピート率が高い。


考えれば分かりますが、メニューに「魚沼から来た新鮮ホルモン焼き!」ってやって定着したら変えられませんよね。


ただ個人の方だと、魚沼産ホルモン美味しかったぁ〜。今度は他の地域の美味しいホルモン探してみよう!ってなっちゃいますね。


それに当然業者さんの方が購入単価が高い。


なので、業者さん専用っぽいサイトにしました。


■絶対の自信のあるホルモン

 だからこそ裏側を見せた



まきばでは、地元のお客さまへの店頭販売では、豚の生ホルモンが一番人気です。


ホームページ作るまでは、当然ですが店頭販売による地元のお客さまへの販売のみでした。


でもこんなに人気あるんだから県外のお客さんにも絶対にウケるはず。


しかし、テレビやチラシでよくあるおいしそうな料理の写真だと他社のホルモンと変わらないし埋もれてしまう。


そこで考えたのがホルモンのカットと洗浄の様子を写真とユーチューブで紹介すること。


決してきれいな画像ではないです。


ただ、この作業を怠るとホルモンの臭みがとれなかったり、あのぷりぷり感がなくなったりしてしまうんですね。


なのでその裏方を大々的にPRしました。


結果何が起こったか。


偶然飲食店をしようとしていた方がそのページを見て「裏側をこんなに大々的に紹介するんだからよほど自信があるんだろう!」ということで、なんと山口県からやってきてくれました。


ちなみに10年以上たった現在もお取引継続中。


更に、こういうお客さまは1、2件じゃない。


大成功と言っていいと思います。


■私の代わりに24時間365日勤務


 休みたいとも言わず愚痴も言わないいいやつ



ちなみに私の手作りホームページどれだけ働いてくれるか久しぶりに確認してみました。


f0121909_21012667.png
ラッキーがあった4月、93万3,563円でした。


この月は、たまたまTVで生ホルモンが流れたので便乗して売り上げあがりました。


平均すると60~70万円/月くらいです。


私は、メルマガ流したり広告使ったりせずに完全放置状態。


それでこれくらい毎月売り上げてくれてます。


24時間365日文句も言わず働いてくれてます。


ちなみに、先ほどの山口県のお客様のように継続取引になったお客様売上は、ホームページを経由していないので別です。


見込み客さんを引き寄せてくれてもいます。


●まとめ


・大手の広告戦略を効果的に使用できるのはNO1のみ


・規模の小さい会社、個人は見込み客の発見のためだけに絞って広告しよう


・世間一般の常識と思われる広告と違う切り口で攻めてみよう


by ma-ki-ba | 2019-07-06 21:09 | まきばのできごと | Comments(0)

効果的な節約は固定費の見直しがカギ【常識と無知はカモかも?】


効果的な節約は固定費の見直しがカギ

【常識と無知はカモかも?】




f0121909_20495377.jpg

会社やって行くうえで節約は大切な考え方です。


ただ、間違った節約をすると逆効果でお客様の満足度低下を招いて業績低下になってしまいます。


同じく自分の生活でも健全な節約は生活を豊かにし、間違った節約は生活を苦行にします。


自分なりに健全な節約について考えてみました。


・1.自分の生活での変動費と

   固定費を意識してみよう



変動費、固定費、耳慣れない人いるかもです。


私が簿記勉強したときの例でいうと、あんパンを作るときに原材料のあんこや小麦粉仕入れますね。


パンを100個作るには100個分の原料が必要になり、50個なら50個分の原料を使います。


このように作る分(使った分)だけ増えたり減ったり変わる(変動)する費用が変動費。


パンを売るためにお店を借りました。


毎月の家賃は10万円です。


パンがたくさん売れてもあまり売れなくても10万円は毎月かかってきます。


売れようが売れまいがかかる毎月一定の金額(固定された金額)が固定費です。


・2.変動費=分かりやすく意識しやすい

  (しかし効果は薄い)



節約しようとするとまず着手するのが変動費。


スーパーで食材を買うとき少しでも安いところを目指したり、必要性の少ないお父さんの晩酌用のお酒を減らしたり、ガソリンは1円でも安いセルフで入れたりと。


金額の比較はとても分かりやすいですね。


この精神は本当に大切。


会社でも原材料を仕入れる際に同じものなら一円でも安いところから仕入れるよう努力します。


全く否定はしませんが、実際効果がどのくらいあるかと言われると数千円~1万円くらいではないでしょうか。


この金額を節約するために使った労力とを天秤にかけるとその効果はいかがなのでしょうか。



・3.固定費=生まれ育った常識と

  分かりにくさで放置されがち

  (しかし効果はでかい)



次に固定費です。


生活での固定費の代表格は、


・家賃


・水道光熱費の基本料


・車(保険、車検、ローン)


・通信費(携帯)


・生命保険


人生で一番高い買い物は、家、車、保険と言われています。


ちなみに、自分がどういう保障内容の保険に入っていて毎月いくら払っているか暗記していてすらすら言える人ってどのくらいいるんでしょうか。


私の場合、ほぼ覚えてません。


あと家賃ですが、私の学生時代の親しかった友人の4人中4人家建てました。


おそらくですけど現金一括払いした人はいないと思います。


結婚したらマイホームを持つのが世間一般的な常識であり夢でもあります。


仮にですけど、これらの出費のうちどれか一つでも半額になったとしたら・・・。


おそらく変動費の節約分は軽く超える節約になります。



・4.勇気を出し、常識を疑い、

  固定費にメスを入れよう



先日ですが、ある保険を解約しました。


当初お付き合いで加入した保険でしたが、その保障内容がどう考えても私の身には起こりにくいとの判断から決めました。


ちなみに月々4000円くらいだったと思います。


あとこれは普通の人には当てはまりませんが、まさに今日バイクを手放しました。


もう3・4年も前に購入したんですが、あまりにバイクの運転が下手過ぎて運転が怖すぎてほとんど乗ってませんでした。


そんな中、保険更新の封筒が送られてきたのでこのタイミングで手放そうと決意。


乗ってあげられなくてバイクには申し訳ないことをしました。


次の固定費削減目標は携帯電話です。


私は営業なので(個人の携帯を仕事でも使用)通話は頻繁にします。


しかし、両学長のユーチューブ動画や勝間和代さんの本でも格安シムについて紹介されてました。


うまくいくと半額くらいに落とせそう。


無知は一番コストが高くつきます。



・5.楽天ポイントは結構使えそう

 (これから勉強します)



最後に楽天ポイント。


私は、カードが嫌いであり頭が固いです。


まずカードを使って買い物するとポイント○○倍っていうのがとても嫌いでした。


ポイントをためるために買い物をするって本末転倒じゃね?


買わなけりゃお金減らないじゃん。


しかし最近この考えが変わってきました。


理由は「楽天経済圏」。


単にモノの商品だけでなく、毎月払う電気代も楽天電気ってのがあるらしくこの支払いにもポイントが付く。


また、楽天証券を通じて例えば投資信託を毎月定額積み立てるときも楽天カード経由で積み立てれば積み立てた金額に対してポイントが付く。


つまり、消費だけでなく投資や生活のための固定費の支払いにもポイントが付く。


これって投資ならポイント分だけ利回りが上がり、生活面ならポイント分だけ可処分所得が増えると同義。


一度手続きしてしまえばあとは自動的なので、あそこのスーパーの卵が1円安いからそっちに行って買おうというような労力がかからない。


これはやるべきであると考えが改まりました。


■まとめ

●節約は素晴らしいがやり方を間違えると生活が苦行チックになる



●簡単な節約は効果が限定的、世間の常識、難しくてとっつきにくい物への節約は効果がでかい(傾向がある)



●楽天カードは利回りアップ、可処分所得アップ的要素があるので吉



明日から2日間出張です。


魚沼で差別化商品を作り、都市で販売することの合理性、楽しさを存分に味わって来たいと思います。

by ma-ki-ba | 2019-06-24 19:13 | 生産者さん紹介 | Comments(0)

実践組織戦略 そして体験した苦悩の日々

f0121909_20260437.jpg
今回は組織戦略いってみましょう。

日本の労働者でフリーランスや個人事業主の方がどんどん増えていますが、それでもまだ組織に属して働いている方が多いのではないでしょうか。

気になったのでググってみたら日本の労働者者数は6600万人・その内フリーランスは1119万人、つまり6人に一人がフリーランス、6人に五人は組織に属しているということになります。

ではその組織の規模はどうなってるんでしょう。

テレビ新聞等で言われている内容で以前から引っかかるものがありました。

その1 日本の会社のほとんどは中小零細企業である
その2 新聞テレビでは大企業の報道が中心である(気がする)

気になったら事実を調べてみるのが近道。

企業の人数ごとの割合を調べてみました(ランチェスター資料より)。

【組織人数】  【割合】  【累計】

 1~9人    82%    82%

 10~29人    13%    95%

 30〜99人    4%    99%

 100~199人   0.6%   99.7%

つまり、99人までの規模の会社が日本の会社の99%を占めているというのが実態。

ちなみに3000人以上の会社は日本に500社くらいしかないらしい。

なので、99%を占める中小企業の社長さんは、大企業の真似をしないで規模の小さな会社の弱者の戦略を勉強して成果を出していきましょうというのが正しいわけです。

さて、現状把握をしたとろでどういう組織を作るのが最も理にかなっていて成果が出るのだろうかと考えながら勉強を進めました。

当時私が入ったばかりの今の会社は社員全員でたしか20名足らず。

10~30人の2階建て組織のジャンルに当てはまってた。

どういう組織が最適であるか。

まずこの規模ですと社長 と その他従業員 という2階建て組織。

指示を出すのは社長一人、あとのみんなは各自の業務をやりつつ、他の人の仕事も手伝う多能工という組織でした。

なるほど2階建てなのは分かった。

じゃあ業務ごとにどういう割り振りをするのが一番効果的なんだ?

会社は大きく「営業部門」と「間接部門」に分けられますね。

営業は当然仕事を取り売り上げを上げる攻めの部門。

間接部門はとってきた仕事の後処理係。

これに加えてまきばのような製造業は原料を仕入れて商品を作って出荷する製造部門が加わります。

この製造を一度無視して考えます。

結果だけを言うと 営業部門75対間接部門25.

つまり製造以外の人員の75%が営業業務にあたり、残りの25%が経理、事務作業の後処理を行うのがベター。

お客さんが多くついてきたら営業部門70対間接部門30にして安定飛行に切り替える。

さて当時のまきばの実態を確認して言葉を失った。

製造以外の人員8名(この時点で多すぎる)

営業1名(この時まだ私営業ではない)

事務作業やら何かしらの間接作業7名

しかも当時の営業担当さんは、営業のために出張するの月に1度。

商品開発も兼ねていたので普段は何かしら料理をしている。

電話でお客様へ売り込みをかけるわけでもなし。

ちなみにこのころ会社紹介程度のホームページが存在して頂け(販売機能なし)。

当時小さな二階建ての建物の二階によく8人もの人間が入れたなと驚く。
(リアルでエンディングのさざえさんハウス状態)

床が抜けて下で製造している人に危害が加わらなかったのが本当にラッキー(*`д´)b OK!


年月は経ち、現在のまきばの事務スタッフ

・小川どん!(どすぇぇぇぇぇ~ヾ(。`Д´。)ノ彡)

・お花畑まっちゃん (ちょうちょまてまてぇ~(ノ ^-^)ノゃぁゃぁ♪)

・シダッチ (えんりょしないよ (`Д´) キナ)

という戦う集団が実現しました。

そして私。

超重要な役割を務めています。



そう、



わたしの役割、




それは、





代表取り締まられ役雑用(=゚∇゚)ボー




昨日はサンプル試作の食材をスーパーへ買いに(しかも2回)





印刷包材なくなれば持って来いと言われ(いい筋トレになるから持ってこいどすぇ~)





コピー機の用紙ななくなれば取り換え(今日も取り替えました)





会社がうまく回る潤滑油としてなくてはならない存在、それが私。





ちなみにこんなのも頼まれて作った↓






f0121909_21291438.jpg

by ma-ki-ba | 2019-05-21 20:26 | 日々のできごと | Comments(0)

ストレス改善自然セラピー



 魚沼という豊か過ぎるほどの自然に囲まれていながら建物の中にいる時間がほとんどのため自然を感じることが少ないことを今朝認識。

 幼少期、当時住んでいた家の座敷(ちなみに築150年)の窓から刺してくる朝日に何とも言えぬ感覚があった。

 ネットで調べてみると、花やグリーンに触れたり、森を歩いたりすると心身共に無意識にリラックスする効果があるとのこと。

 理由はいたってシンプルで、人類が誕生してからの歴史上99.99%の期間は自然環境の中で生活しており、現代の都市化された環境ではまだ200~300年しかたっておらず自然環境に適応した体であるから。

 自然を求めることは人間の本能なんでしょう。

 確かに休日車で走っていると道端にある花屋さんや、コメリの花売り場にたくさんの人のいる光景をよく見る。

 自然への癒し欲求は大きいようです。

by ma-ki-ba | 2019-05-17 08:23 | まきばのできごと | Comments(0)

今日のナンバーワンコール

 出社時の朝と帰宅時の夕方に毎日行ってるナンバーワンコール(私とT君の2人で毎日)

 あまりの声のでかさに遠くで聞いた人はケンカがはじまったと勘違いし、

 女性陣からはあまりに声がでかくて怖い!とのクレームが出る
(なので女性近くにいるときはボリューム10%にダウン)

 そんな感じのナンバーワンコール。


 いきなり「ナンバーワン!」なんてのは芸がない。

 何事にもストーリーが大切。

 何気ない会話からナンバーワンコールでフィニッシュさせる。


 《今日のナンバーワンコール》

(T君)「お疲れ様でした~」

(私)「現場どう?もう終わった」

(T君)「はいっ、もう終わりです。あとは精肉だけですね。
    倉庫の冷凍庫パンパンになったのでまた預け入れします。」

(私)「預け入れするとコストかかるけど、作業性には変えられないからなぁ」

(T君)「そうですね。物を取りに行くにも一苦労ですね。でも自分なら力で持ち上げて荷物の間を通ってきますから大丈夫です!」

(私)「そっかそっか。預け入れにかかるコストと作業性を比べてどっちが最適か判断だな。」

(T君)「そうですね」

(私)「やっぱりナンバーワンへの道はッ、険しいものがあるな(`ー´)イヒヒ 」

(T君)「そうですねッ(`ー´) キリッ

    よーし、いくぞぉぉぉぉぉ~~~~」

(私&T) 「ナンバーワン!」
 昨日女性いなかったんでボリュームMAXでした。

by ma-ki-ba | 2018-06-11 19:08 | 生産者さん紹介 | Comments(0)

お得な商品こんなイメージ

f0121909_13253508.jpg

by ma-ki-ba | 2018-01-04 13:25 | 日々のできごと | Comments(0)

本番直前敬老会

 敬老会本番直前。

 いろんな予想外の出来事が起こるものです。

 今日は、まきばにて夜7時半より役員を招いての採集調整会議。

 役員は私を含め4名。

 今年で私は4年任期の最後。

 通常は、4名で手分けをして準備・・・なのですが、私があまりにもまきばの仕事にどたばたでほかのメンバーに仕事の割り振りができない。

 結果、自分一人でやった方が早い(というかそうせざるを得ない)とほぼすべての手配をしてしまっています(ほかのメンバーのみんな、本当に申し訳ない!)

 昨日は日曜日。

 敬老会のすべての内容を再度確認し不足点をすべて箇条書きにして洗い出しました。

 その作業、まきばの事務所で行うんですけど現在日曜店舗販売しているのでお客様がいらっしゃるごとに仕事中断しレジ対応(作業進まない・・・)

 ジュースの買出しやらやってたら気づくともう夜・・・。

 今夜の打合せの資料・・・、多分作ってる暇ない・・・。

 とりあえず、筋トレ休憩して頭の中を一度リセットしたいと思うのでした。
by ma-ki-ba | 2017-08-28 15:10 | 日々のできごと | Comments(0)

まきばの仲間に学ぶこと

 日々、まきばの愉快な仲間たちとのやり取りを通して学ぶことたくさんあります。

 最近学んだことのひとつが「適材・適所」。

 人それぞれ得意不得意な部分がある。

 それをパズルにたとえてどうやって組み立てると最もきれいにくみ上げることができるのか。

 それが私や社長の役割。

 合計点が50になる組み立てもあれば、100にもなる組み立てもあれば、10にしかならない組み立てになってしまったりもあり。

 いかに高い点数の組み立てを行うか。

 ポイントの一つは「全体最適」で考えることのできる人の力を借りること。

 スポーツにたとえると「監督」的な考え方ができて「コーチ」のように教えることができる人。

 「この人はここで使って、あの人とあの人を組み合わせるとこういう風にやってくれて。」

 その人が自分含め10人に指示を出して指示を受けたみんなが10の力を出してくれたら10×10=合計点100

 これに対して「部分最適」で考えることのできる人は「プレーヤー」タイプ。

 自分の範囲をしっかりとそつなくこなすことを重視し周りへの指示が苦手なタイプ。

 自分自身(部分)が20の力を出すことへこだわるが、周りへの指示がうまくなく周りの9人は7の力しか出せていない。

 9人×7点+自分20点=合計点83点

 こういう人それぞれの特性を見て、指示を出すのがうまい人は指示役に、作業をこなすのが早い人はプレーヤーとして最適なポジションに配置して行くかが大事。

 この逆をやってしまっては悲劇。

 現場に入って常に一緒に作業するわけには行かないので、短時間でも繰り返し現場に入り、自分の目で見て肌で感じてその人の特徴をつかむ必要あり。
by ma-ki-ba | 2017-07-31 04:35 | まきばのできごと | Comments(0)

楽しい楽しいジムでのひと時



 先週4ヶ月ぶりにジムへ行きました。

 今週も行くことできました。

 久しぶりなので、見る人知らない人も大勢。

 「こんにちはぁ~」

 体操中の人に声をかけた。

 「ひさしぶり~」

 (でっ、出たぁぁぁぁぁぁぁ~!!)

 いつも私をなぜかご指名する格闘家Aさんだぁ!!

 まさか出くわすとは。

 (絶対にスパーリング誘ってくる。なんとか逃げ切らねば)

(私)「おれ、4ヶ月ぶりなんだよね。あぁぁぁ~残念、スパーしたいのに、あーーー残念」

(A)「大丈夫、久しぶりだったらちょうどいいっすよ!」

 なんとかスパーは切り抜けることができましたが、迫力ある寸止めボクシングお相手することに・・・。

 Aさんの圧力に圧倒されたこの日のジム。

 でもやっぱり体動かすのは楽しい!
by ma-ki-ba | 2017-04-07 09:07 | 日々のできごと | Comments(0)

摩訶不思議? 小川な世界

 まきばの事務スタッフ小川ドン(どすぇ~)の摩訶不思議な世界へご案内しましょう。

 今日のお昼過ぎの事務所のワンシーン。

 私の携帯にかかってきたお客様からの電話に対応しているときでした。

 (小川ドン)「もしもしどすぇ~。はい、あいにく桑原は他の電話に出ていますどすぇ~」

 電話しながらこの様子を確認。

 電話終了後、

 「小川さん、今誰からの電話でした?」

 (ここから小川な世界がはじまりました)

 (小川ドン)「津南ポークの津南さんから電話があったどすぇ~」

 「津南ポークの津南さん?!  なんだそれ!  桑原工務店の桑原さんとかならまだしも津南さんなんて人いないだろう!!」

 (小川ドン、なにやら考えながら少し間を置いてから)

 (小川ドン)「違ったどすえぇ~。逆どすえぇ~。津南の津南ポークさんだったどすぇ~」

 (この話を横で聞いてた石田さん(年齢は本人まで)もびっくり!)

 (私・石田)「それも違うだろ!!」

 (小川ドン)「仕事に集中してたんだどすぇ~。だから記憶があいまいになったんだどすぇ~。」

 (私)(・・・・)

 なんだか世界観が違う。

※ちなみに電話は鈴木さんからでした


 小川ドンは面白いところがとっても慎重。

 確認の依頼を私はよく受けます。

 (小川ドン)「注文いただいたどすぇ~。確認どすぇ~。〇〇パック注文頂いたから在庫表から〇〇パックマイナスするけどいいか?どすぇ~」

 (私)「いいですよ」

 (小川ドン)「それじゃあマイナスするどすぇ~。いいか?どすぇ~」

 (私)「だからいいよ!マイナスしなって!」

 (小川ドン)「それじゃあマイナスするどすぇ~。マイナスしたら数字が変わるけどいいか?どすぇ~」

 (私)「引いたら当然数変わるわ!!」

 摩訶不思議、小川な世界です。
by ma-ki-ba | 2017-03-30 15:37 | まきばのできごと | Comments(0)
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
最新のトラックバック
大和商工会東支部のIT勉..
from @南魚沼市
ba/ba
from お悩み解消ネット
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧