人気ブログランキング |
 ”おいしい豚肉”   まきばのホームページはこちら →


uonumamakibaをフォローしましょう


オモシロおいしい魚沼をお届け中
by ランチェスター戦略実践肉屋(有)まきば 桑原一成
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

タグ:おいしい魚沼 ( 570 ) タグの人気記事

【妄想】私が魚沼に生息する理由【金持ち父さん貧乏父さんの教え】

【妄想】私が魚沼に生息する理由

【金持ち父さん貧乏父さんの教え】

f0121909_20561645.jpg

お疲れ様です。

今日もブログ行ってみます。

ちなみに現在のブログ作っての流れですが、

・仕事終わってからいやいやブログ執筆開始

・なかなかかけず悩みもだえ苦しむ

・ようやく執筆完了(夜9~10時)

・翌朝出社後ブログ閲覧者数確認、ほぼ誰にも読まれておらず萎える

あと2年これ継続予定です。

本日下記のツイートしました。


◆地元魚沼で仕事していて思うこと

・食品製造業として魚沼はイメージが良い

・通勤時間が3分の神立地

・主得意先の集まる東京まで1時間半で営業行ける神立地

・実家暮らしで生活コストめちゃくちゃ安い

・労力全力本業投入&長期・積立・分散投資

・ラットレース抜け出し自由をゲット


上記を掘っていきます。

魚沼実は神立地です。



■食品製造業として魚沼が神である理由

◎なんだかんだで魚沼産コシヒカリの知名度は抜群

まきばに入った当初、東京の飲食店さんにFAXDM流しまくった話はお伝えしました。

その時に実感したのは、魚沼って食にとってめっちゃプラスイメージが強いってこと。

お米がうまけりゃ豚肉も美味しいんでしょ?

みたいなことしばしば言ってもらいました。

実際に食べてもらい「なるほどうまい!」という意見も。

また、実際にお取引頂けた飲食店さまも

「魚沼の美味しい豚肉!入りました」

的なPRをしてくれ、食べに来たお客さまも

「魚沼産だと美味しそうだね!」

となるわけです。

なので食品販売するものとしては結構なアドバンテージあります。



■短い通勤時間を最大に活かす

東京で働いている人で、ノマドや在宅勤務以外の人で通勤時間3分以内の人の割合ってどれくらいでしょう。

東京で働いている友人に聞くと、片道1時間以上はざら。

仮に1時間だとして往復2時間。

つまり毎日2時間のアドバンテージがあるわけです。

これを仕事に全部投入し、且つ年間300日働いたとしたら600時間のアドバンテージ。

更にさらに仕事の前に通勤で消耗する体力分も考慮に入れたらさらにアドバンテージ。

現在の自分の生活パターンは、

・朝起きたらそのままの姿で第一出社

・朝7時になったら朝飯帰宅
(庭の緑眺めてマイナスイオンチャージ)

・身支度整え朝8時第二出社

地元でもこの生活パターン送ってる人って稀でしょう。



■主得意先の集まる

東京まで1時間半の神立地

まきばでは、

・手作り

・少量多品種(オーダーメイド)

・化学調味料不使用

・魚沼、新潟の食材をはじめアップグレードの原料を使用

の為、必然的に価値を認めてくださるこだわり志向のお客さまが主となります。

価値が高い=大消費地東京

にお客さまは集中する傾向が強い。

その東京まで1時間半ちょっとで行けてしまう。

自宅から最寄りの新幹線停車する浦佐駅まで10分もかからない。

浦佐駅から東京駅まで1時間30分程度。

魚沼で戦略を練り、商品を試作・開発・お届けし、タイミング見計らって攻める(営業訪問)。

田中角栄さんに感謝しかない。



■実家暮らしで生活コスト

 めちゃくちゃ安い


実家暮らしなのでとにかく生活コストが安く済みます。

畑では野菜を作り、田んぼもあるので一年中うまい魚沼米。

家事全般もやって頂けている(すみません)。

かわりにその分を全力で本業へ投入し結果につなげることでお返ししている(と思ってます)。




■労力全力本業投入

&長期・積立・分散投資

以上の恵まれた環境で得たアドバンテージ分の労力は余すことなく全力本業へ投入。

たとえ自分の能力が劣っていても

仕事の成果=質 × 投入時間²

の法則より投入時間が同業他社平均よりも著しく大きければ成果に跳ね返ってくるわけなので迷うことなくただただ投入。

(コツコツ 勝つコツ)

成果は形となって帰ってくるわけです。

帰ってきたら消費することなく、感情ゼロで長期・積立・分散。

面白くもなんともありません。

ただただ自動的に、機械的に。



■ラットレースを抜け出し自由をゲット

学生時代に金持父さん貧乏父さん読み、今後の人生この思考に沿って行動していこうとマジで思いました。

結果、地味生活マスターへ。

地味な生活送りつつ、目に見える成果は全くなし。

暗黒の10年。

友人東京で就職、みんなでたまに集まりなんだか楽しげ。

私魚沼に生息、成果につながらない地味生活淡々と淡々と。

毎年7月友人我が家に家族連れてバーベキュー。

ここにきてどこぞで聞いたフレーズが。

「ローン組んで家建てた」

「お金かかって大変」

田舎でゆったりもいいもんだ。

(おわり)

by ma-ki-ba | 2019-06-12 21:14 | まきばのできごと | Comments(0)

信じる道を進んでいくけど 途中で結構心がぐらつく件

信じる道を進んでいくけど

途中で結構心がぐらつく件
 


お疲れ様です。

今日は、土曜日。

お客さま、たいていお休みなのでゆったり目でした。

週に一度の安らぎの曜日。

と思いきや、最後にどんでん返し有り。

ブログでも書こうかと思ってたタイミングで、取引先の社長さんから電話。

出て開口一番

「君がなにをゆーてるか

 意味わからん!(`Д´) 」

(私もなんで怒られているか意味わからん)

ある商品の案件について私が送った資料がダラダラと長ったらしく要領を得ないということでした。

「君は真面目なのはわかるんやけど、

 悪い意味で思い切りが無い(`Д´) 」

結構この手のことで指摘されることが多い。

あいまいなのが嫌いってところもあり、

● A > B

● B > C

● したがって A > C です

みたいな言い方をする傾向がある。

そんな回りくどいこと言わんで

● A > C だ!

の一言でいいだろ!

っていう内容でした。

似たようなことですけど、自分が心掛けてること、継続していることについて否定的なこと言われることって結構あったりしませんか。

●本を大量に読む → 本ばかり読んでても何にもならないと言われる

●筋トレ続ける → キショイと言われる

●言われたことをきっちりとこなすことを心掛ける → 真面目過ぎて融通が利かないと言われる

●仕事を頑張る → 視野が狭い、人としてつまらないと言われる

●目標に突き進む → 息苦しいと言われる

自分の進む方向ってこれでいいの?って結構心がぐらつきます。

★そんな時は極端に考える

ただ、最近はぐらつきはかなり改善しました。

そんな時は極端に考えると頭が整理されます。

極端な考えその1

甘いもの好きもいれば辛いもの好きもいる


食べた瞬間、甘いもの好きの人には甘く感じ、辛いもの好きの人には辛く感じる食べ物は無い。

極端な考えその2

誰にでも好かれる人は存在しない

(誰にも批判されない為には存在

    しない以外手はない)


芸能人人気ランキングでトップの人は嫌いな人ランキングでもトップの方にいることが多い(らしい)

要は、活躍して目立っている人はファンも多けりゃアンチも多い。

極端な考えその3

米・中だって関税かけあって喧嘩してる


国同士で喧嘩してんだから個人同士の意見の相違なんて原子核レベルの小ささで目に見えないくらいどうでもいい。

てなことで、批判されずに人生全うすることは死ぬまで呼吸するな(ってかしないと死ぬ)ってのと一緒くらいあり得ないこと。

自分の人生自分しか責任取ってくれませんので人様に被害を与えないんなら自分の好きにやってくべし。

by ma-ki-ba | 2019-06-01 21:07 | 日々のできごと | Comments(0)

成果は時間の振り分けで生まれる

【地方というハンデも克服?】

微々たる力で利益を得る効果的な方法



こんばんは。

日々雑用とささやかな筋トレと営業活動に精を出してなんとかかんとかやってます。

いろんなことを抱えすぎていて効率マジ悪いなと感じながら改めて下記の原則について考えてみました。


f0121909_20223625.jpg
□ 利益性の善し悪しを決める原則

① 粗利益 - 経費 = 経常利益

例:粗利益アップ↑ - 経費↓ダウン = 経常利益↑↑(最良)

  粗利益ダウン↓ - 経費↑アップ = 経常利益↓↓(最悪)


② 営業マンの仕事内容を分析

f0121909_20363428.jpg
(右端見切れちゃいました。画像クリックすれば見やすいです)

・移動時間(お金バラまき)
 交通費、人件費、そして体力消耗

・社内業務時間(価値は生まぬがやらなばならん)
 電話対応、納品書の作成、コピー、FAX等

・お客様面談、コミュニケーション時間(利益時間)
 面会、商談等、買ってもらってはじめて利益が発生。


可能な限りこの原則を頭に思い描き、面談・コミ時間をMAXに持ってゆくよう心がけることにした。

□現状認識で絶望

入社当初のまだ自分が営業する前は、営業活動自体がほとんどされておらず、なのに事務員さんがめっちゃ多かった。

感覚的に、

・移動時間5%

・社内業務時間90%

・面談、コミ5%

という恐ろしい力配分。

なんとかせねばと焦りに焦りながらも何をしていいか分からず、ひたすらぐるなびで調べた飲食店さんへ手書きFAXDMを送る毎日(毎日冷や汗かきながら)。

100件に多いときは10件もの見込み客からサンプル依頼ゲット(神の確率!)

サンプル出荷の準備をし、資料やお手紙書き、サンプル出荷後はお礼のはがきを書き、サンプル到着3~5日後くらいに感想確認電話をかける。

こうやって苦肉の策で一応は面談、コミ時間を増やした。

と同時に、社内業務の人員も徐々減少し最終的には3名程度に。
(社内業務時間の削減できた)

当然1年後にめっちゃ改善して利益出た!なんてことにはならず、感覚的には8年くらいかかったと思います。

ただ、この時間配分を他の業種に当てはめて考えるといろんな面白い気づきが生まれた。

・スタバはめっちゃ効率が良い

「こんちはぁ〜、スターバックスでーす。コーヒーいかがですかぁ~」

なんてお客さんのところに時間かけて営業行く必要がない。

お客さんの方からお店にやってくる(列をなして)

更に価格も結構高い(粗利めっちゃ高いと思う)

更にさらにお持ち帰りのお客さんは神!席にも座らず後片付けも不要で店員めっちゃ楽。


これに気づいたとき、

(うちもスタバみたいにお客さんの方からやってきてくれたらとんでもなく効率いいのになぁ)

としみじみ思った。

それから数年後ですけど、お客さんがまきばにやってきて一緒に試作・開発を行いそれが世に出て販売となったときには(スタバ方式実現したんじゃね?!)ってとてつもない満足感に浸れました。

さて、この原理原則をうのみにするではなく何ごとも柔軟性が大切と思った出来事紹介。

東京からはるばる来たお客さま、新潟市のお客様、そして私で打ち合わせ。

打ち合わせが終了、私は帰ることに。

するとお客さまから、

「まだ早いしせっかくだから夕飯でも食べに行こうよ、新潟市まで」

とお誘いを受けた。

(それって移動時間になってしまう。会社戻って見積やらサンプルやら営業活動の利益時間の仕事しないと。)

ってなことで、若干無理やりっぽくお断りして帰ってしまった。

それから1年ほどこの件でお相手の方から何度も温かく、そして若干キツクこの時の無礼についてツッコミを頂きました(T0T)アノトキハゴメンネ

あくまで失礼の無いよう臨機応変に対応しましょう。

by ma-ki-ba | 2019-05-27 20:34 | まきばのできごと | Comments(0)

祝!タリーズが地元にやってきた

タリーズコーヒーが

生活にもたらすメリット


f0121909_19440250.jpg

本読読むことで成果が出ます。

・考え方が変わる

・行動が変わる

・結果が出る

・楽しくなる

・さらに本を読む

このサイクルが回転してゆくと、本にかける投資(時間・お金)>リターンが顕在化してきます。

結果、自分の部屋や職場の机にブックタワー、いわゆる「積読」タワーがそびえたちます(T0T)オイツカネー

なので本を読む時間増やすぞ!

と朝はやる気満々なんですが、夜になると気力がほぼほぼなくなり、結局帰って「吉田類の酒場放浪記」眺めながらお酒の誘惑に負けるというパターン。

家に帰るとホッとしてしまうんで、喫茶店でコーヒー飲みながら本でも読みたい!

その目的を達せようと仕事の後探しました。

気づきました。

地元にそんなとことは無い!

考えてみたら一目瞭然。

コーヒー専門店というビジネスモデルは田舎では成り立たない。

飲んで食べてしてもらわなければ利益にならないわけ、お店は。

人口が多い都市ならまだしもただでさえ人がいない地域で、コーヒー飲みながらゆったりひと時を楽しむなんてされたら回転率も低いわ人も少ないわで成り立つわけがない。

しかし、蔦屋の集客力がこの不可能を可能にしてくれる。

更にさらにうれしいことに結構遅くまで営業してるんで仕事終わりの遅い時間帯でもよることができる。

ちなみに今まではわざわざ高速道路使ったりしてタリーズ行ったりしてました。

でも、行き帰りの移動時間と本読んでる時間が大差ないので効率悪い。

多分今日あたりはオープンで人たくさんでざわざわしてそう。

早く落ち着いてゆったりできる感じになってくれること祈りつつ、ブログ書いたら寄ってみます。

by ma-ki-ba | 2019-05-25 19:56 | まきばのできごと | Comments(0)

まきばノンフィクション劇場

 人間というものは時にすごい能力を発揮します。


 よく人間の脳は10%しか使われていないと言います。


 私の勝手な想像ですが、もし100%使ってしまったら多大なる負担がかかり脳も体も持たないのではないでしょうか。


 もしかすると人体に悪影響が及ばぬよう10%に抑えているのかもしれません。


 さて、まきばにて今日この脳の使用量との関連するかもしれないすごい出来事が起こりました。


 その出来事の対象者は、まきばの事務スタッフお花畑松井さん。


 あまりのほんわかとしたまるでお花畑でちょうちょを追いかけてるかのような雰囲気は他の追随を許さないすごさを秘めています。


 今日の休憩時間のことでした。


 従業員玄関を出たばかりのところでまきばの事務スタッフ小川どん(どすえぇ~)含む仲間たちが和気あいあいとお話ししながら休憩中。


 そこに加わろうとお花畑松井さん。


 従業員玄関のドアを開けようとしたら開かない!


 次の瞬間に放った一言に一同騒然・・・


(ま)「ちょっと意地悪してカギ閉めないでくださいよぉ~(#`皿´) ムキーーーー!





(お)(????? (  ゚ ▽ ゚ ;)エッ!!




 私たち外。





 あなた中。






 外から鍵って・・・、






 かけれないよね?)






 ドアノブきちんと回せていなかったようです。







 さて、明日は土曜日。



 まきばの事務スタッフお花畑松井さん&小川どんは子供の運動会でお休みです。



 商品出荷の送り状はこの2名が担当。



 ということで明日は私が送り状を発行することに。



 送り状の発行のやり方を覚える為、一連のやり方をまずは小川どんから聞く。



 全体の流れを把握したところでもう一度同じ説明を小川どんにしてもらい、その様子を私の携帯の動画で撮影。



 その動画を見ながら試しに一人で送り状の発行練習をしていました。



 すると再生している動画から



「若槻さぁ〜ん!」




という音声が流れた。





 次の瞬間、




(ま)「ちょっとぉ、恥ずかしぃ~~(((p(≧□≦)q)))


    録画された自分の声聞くのぉ~~~」





(一同)(????? (  ゚ ▽ ゚ ;)エッ!!




   「この声・・・、





    あなたじゃなくて・・・





    志太さん(もう一人の事務スタッフ)だけど・・・。」





(ま)「えっ!





    たしかに





    あたし




    さっき




   「若槻さん」なんて





    言ってなかったね・・・。






    ちょっとやだぁ~。動画の声って紛らわしぃ~~






    ヾ(´ε`*)ゝ チョット-、シンジランナーイ





 あまりにもすさまじいポテンシャルを持っているのですね。




 常人よりもガッチリ強いリミッター効いているみたい。

by ma-ki-ba | 2019-05-17 17:59 | 日々のできごと | Comments(0)

ストレス改善自然セラピー



 魚沼という豊か過ぎるほどの自然に囲まれていながら建物の中にいる時間がほとんどのため自然を感じることが少ないことを今朝認識。

 幼少期、当時住んでいた家の座敷(ちなみに築150年)の窓から刺してくる朝日に何とも言えぬ感覚があった。

 ネットで調べてみると、花やグリーンに触れたり、森を歩いたりすると心身共に無意識にリラックスする効果があるとのこと。

 理由はいたってシンプルで、人類が誕生してからの歴史上99.99%の期間は自然環境の中で生活しており、現代の都市化された環境ではまだ200~300年しかたっておらず自然環境に適応した体であるから。

 自然を求めることは人間の本能なんでしょう。

 確かに休日車で走っていると道端にある花屋さんや、コメリの花売り場にたくさんの人のいる光景をよく見る。

 自然への癒し欲求は大きいようです。

by ma-ki-ba | 2019-05-17 08:23 | まきばのできごと | Comments(0)

ストイックな奴ら

まきばのゆかいな仲間でありストイックすぎる奴ら。

出荷担当の「ナベ」と「マッツン」だ。

今日、自分は彼らに謝らならないことがあった。

我ながら自分の意志の弱さに悲しみを覚えてしまう。

素直に謝ろう・・・。

「昨日ラーメン食べちゃいました」と・・・。

さっき勇気を出して謝りました。

彼らの軽蔑のまなざしが突き刺さる。

(ナベ)「普段サラダチキンを主食としている僕たちにとって、唐揚げ1個食べるだけでもどれだけ危険な行為であるか。分かってますか!!」

「ナベごめん。

 だけど・・・。

 さっき、

 お昼に俺の調理した味付け豚肉試食してたよな。」

(完)

by ma-ki-ba | 2019-05-13 15:52 | 生産者さん紹介 | Comments(0)

まきば日記


筋トレモチベーション動画で聞いたことって以外の頭の中に残る。

その一つ「本当に効くスキンケア」。

アメリカ皮膚科学会の発表で、肌につけて効果があるものは「日焼け止め」と「保湿剤」のみ!

良く行くドラッグストアには、本当にたくさんの化粧品がずらり。

さらに値段結構高い。

仕事柄開発した商品の原価計算をしているので、普通の人よりは商品の値段がどういう構成のもので決まっているかはわかると思う。

TVやネットCMを打ち、ポスターを作り、タレントを使い、めっちゃ豪華そうな容器に入れる。

確かにPRしないと売れないんだろうけど、購入者の本来の目的は化粧品の効果。

となると一番メリットを享受するには、使う人が何が効果をもたらすかを学び、華やかな広告宣伝に惑わされず、真に高価なものをチョイスすること。

そんな労力を使うことなく筋トレしながら聞いたことを実践するだけというめっちゃコスパの良いやり方で知ったこたえが「ココナッツオイルを塗る!」。

早速買いに行きましたよココナッツオイル。

塗りたくりましたよ顔に、ココナッツオイル。

塗り過ぎたのか、目がシパシパ(>0<)シパシパ

仕事中にこのことをお花畑松井さんに話した。

(お花)「へー、だからなんですねぇ。確かに肌のつやいい感じですね。」

(マジでぇ!やっぱいいのかココナッツオイル)

(お花)「いつもみたいに粉っぽくなくっていいですよ」

∑( ̄[] ̄;)!コナッポイ!!

 相変わらずお花畑の住人感満載の松井さんでした。


by ma-ki-ba | 2019-05-11 18:54 | まきばのできごと | Comments(0)

見直し ランチェスター経営戦略

長い長いゴールデンウィークも終了し本日から仕事再開という人多いのではないでしょうか。
朝のニュースを見ましたら、10連休をとれたという人は40%台で半分以下と報じていました。
休む人いればその人の対応のために働かざるを得ない人もいるわけで、ゆっくり休めたという人もいれば通常のウィークエンドに毛が生えた程度という人も多いのだろうなと思った次第です。

さて、連休明けということで予想通りお客様からの問い合わせラッシュをもろに受け、現時点で夜の9時を回ってますが朝一よりも今の方が仕事が溜まっているという状況に心打ち砕かれ、もう今日はあきらめようとブログを書いています。

忙しいのと相反し、こんなに仕事の依頼を頂けている状況になったことを大変うれしく思うのでした。

そんな時、ふとどうして今のありがたい状況になっただろうとぼんやり思い介したときに浮かんだのが「ランチェスター経営戦略」。

いまの会社に入ったころ、お客様の数も少なく、自発的な営業活動もしておらず、更には前職は食品業界と全く関連が無しという無いものづくし、あると言ったら時間と漠然とした恐怖感という状況。

しかしやみくもに走っても闇の中で迷子になっておしまいとなるであろうことだけは察知していたので何かしらかの原理原則に頼ることにして始めたのがランチェスター経営戦略(竹田陽一先生式)の学習でした。

やはり原理原則というものは、外科手術のようにいきなり効くものではなく漢方薬のように徐々に効いてくるというものでした。

自分の地味&単純な性格が幸いし、繰り返し学習が大事、一つの分野で30回繰り返して入門卒業、50回繰り返して中級卒業、70回繰り返して上級卒業の言葉をうのみにして学習継続。

商品、営業、時間、顧客、組織、財務、経営計画、地域、リーダーシップ、etc

上記各分野ごとにDVD(1枚平均50〜60分)が5~7枚セット。

単純計算して9分野×6枚×1時間×入門卒業30回=1,620時間

一日DVD1枚365日欠かさず見ても、入門卒業するだけで4年5か月かかる計算。

上級卒業するには10年4か月。

でも大丈夫。

講師話しのテンポ遅いので2倍速でちょうどよいのでこの半分の時間でOK。

私の場合、上級卒業する前に忙しくなってきたため現在完全に学習中断中。

ただ、原理原則に則さない行動をとっていることに気づき不安を覚えることがしばしば。

改めて学んだことを思い起こす&脳に定着させるためにブログに書いてアウトプットしてみようと思いちょくちょく書くことに。

アウトプットすることで今までと違った成果が出てくるか。

楽しみであります。

by ma-ki-ba | 2019-05-07 21:25 | 日々のできごと | Comments(0)

葛藤

f0121909_19155564.jpg
相手になんて思われようが自分の意見をズバズバいい、言われた方も自分の非を認め、言われたことを引きずらずに前向きに動き出す。

こんな理想的なことが実現すれば悩むこともなく、平和主義(単なる勇気なし)のため叱ることが苦手なところがすごく気になってました。

そんな中、部屋に積ん読み(つんどく)していたブックタワーからこの本発見(すっかり忘れてた)。

ほめてやればやる気が出てうまくいくと思ってほめてたら勘違いさせてしまって天狗っぽくなった子も過去にいたので変にほめず、当たり障りなく叱らずをやってきたけどいまいちしっくりこない。

もやもやしながら読み進めてゆくと、「叱ってはいけない、ほめてもいけない」という衝撃的なフレーズに出会った。

(なぜに?)

叱るもほめるも自分が相手をこういう風にコントロールしたいという感情であること。

小学校から中学くらいの時に、親に勉強しなさい!とか80点以上取ったらお小遣い上げるとかやっていたやつよりも自分で勉強してたやつの方が総じて成績が良かったことを思い出した。

やることが自分にとってどういうメリットがあるかを諭す。

その後やるかやらないかは本人次第。

馬を水辺まで連れて行って、水を飲むか飲まないかは馬次第。

結局モチベーションって、相手からもらうものよりも自分で作る方が継続し且つ大きくなるってことか。

叱る→こうしてほしいと感じたことをそのまま伝える

ほめる→思ったことをそのまま感謝する

あとは本人が水を飲むか否かどういう選択するか見守るのみ。

ゴールデンウィーク明けからいざチャレンジ。


iPhoneから送信
by ma-ki-ba | 2019-05-05 19:15 | 日々のできごと | Comments(0)
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
最新のトラックバック
大和商工会東支部のIT勉..
from @南魚沼市
ba/ba
from お悩み解消ネット
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧