人気ブログランキング |
 ”おいしい豚肉”   まきばのホームページはこちら →


uonumamakibaをフォローしましょう


オモシロおいしい魚沼をお届け中
by ランチェスター戦略実践肉屋(有)まきば 桑原一成
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

タグ:おいしい豚肉 ( 623 ) タグの人気記事

チャレンジ!自作会社案内【自分でやるべきか否かの判断基準も解説】


チャレンジ!自作会社案内

【自分でやるべきか否か!判断基準も解説】


f0121909_19445142.gif

みなさんお疲れさまでした。


仕事しつつ、ワードプレスやりつつ、FP勉強しつつ、本読みつつ、新卒者募集のための会社案内を作っています。


まさにカオスです。


今日こういうツイートをしました。



ツイート

自分でやるべきこと、人にお願いしてやってもらうべきことを意識

多くの人(会社)が人にお願いしてやってもらっている「会社案内とホームページ作り」は私にとっては自分でやるべきこと

小規模な会社であればなおのこと

専門知己が無い

作っている暇がない

でも自分でやる

悩み苦しむ価値はある



マジで苦しいですね。


最後までやれるかどうか自分でも分からず状態でチャレンジ中です。


🔴会社案内とホームページを

 自分で作るべきと思う理由



これまでずっと自分でダサい会社の資料とホームページを恥ずかしてもなく作ってきてます。


■きれいな見た目より不細工ににじみ出る人柄


今日も午後の途中から新卒者募集のための会社案内を作ってました。


会社案内と呼べるようなものを作るのは今回が初めて。


これまでしばしばお得意先様から


「自分の会社案内くらい作っておいた方がいいよ。営業で出張したときにお客様紹介されたとき何もないじゃダメでしょう。」


と言われたことがありました。


ただ当時まきばは、お客様が徐々にできはじめてきたときであり、営業スタイルもお客様の依頼を受けた商品(他社ができいような困難な案件がほとんど)を四苦八苦しながらなんとか作り上げるというもので日々日々作るものが変わっているという状態。


(会社案内なんて作ったってすぐに内容変わってしまうし、今はネットの時代でしょう。)


(ほぼほぼネットも使えていないくせして)って思ってたので作ってきませんでした。


そんな私が今回会社案内を作ることになったので、なにをどうやっていいか皆目見当もつかず。


そこで「初めての会社案内の作り方」的なワードでググってみて参考になりそうなページを見ながら制作開始。


色々調べながらまず気づいてことは、どの会社案内もスタイリッシュでめっちゃキレイ。


すごいなぁと感じつつ、どこも同じだなぁと感じました。


っていうのは、何度もブログに書きましたがまきばに入った当初手書きのFAXDMを流しまくって飲食店さんからサンプルの依頼を集めた経験からです。


自分の会社にもFAXDM流れてきますけど、どれもきれいなデザインで、どれも全く味気ない(笑)。


それに比べて私のFAXDMは、汚いながらも丁寧に手書きし、お客様名の欄には筆ペンで気合い入れてFAXを送るお店の店名を書いてました。


いかにもFAXDMっぽいのが流れてきたら0.5秒後にゴミ箱行き。


そんな中、私の手書きの汚いFAXDMは一度驚異の10%の反応率を記録。


キレイなレイアウトより不細工ににじみ出る人柄の威力を自分で経験済みなんで確信得てました。


■にじみ出る人柄は外注不可能


このにじみ出る人柄って外注が不可能なのがメリットでもありデメリットでもあり。


例えば、何度もブログで紹介している「両学長のYouTube」動画。


(今日アップされた動画はまさに必見です)




内容はもちろんですけど、その考えに至った裏側の思考はまさに人生の羅針盤です。


さて横道に逸れましたが、この両学長が語る関西弁を聞いてるとその人柄が伝わってくるんですね。


もしこれをめちゃくちゃ声のきれいな朗読家のひと、もしくはAIの言語機能とかで話されたらどうです?伝わてきます?


自分の好きな誰かの講演とかでもいいです。


きっと味気ないですよね。


自分がやるからこそ伝わるものってあるんです。


ちなみに今日、普通に仕事中真面目に話してるのに


「かつぜつ悪すぎてマジなに言ってるか分かんなぁ〜い」


って、お花畑まっちゃんに言われちゃったんですけどぉ~(T0T)


■新商品提案会で感じた

 にじみ出る人柄の大切さ(体験談)



まだまだあります、見た目よりも中身的な体験談。


新商品提案会でのことです。


これも以前ブログで紹介しましたが、新商品提案会というものがありました。


何十社もの製造メーカーが新商品をたずさえて臨む提案会。


和気あいあいとしているようで、結構各社相手を意識してピリピリモード。


(なんとしても合格してやるぞー!)


ってなことで、盛り付けがめっちゃキレイで気合い入りまくってるんです。


これ見るといつもいつもプレッシャーでね。


なぜかっていうと、当時現場が忙しかったってのもあって提案会に参加するのは私一人の時が多かった。


しかも私普段料理しない。


そんなあるときの提案商品が、たぶんメンチカツだったかコロッケだったか。


周りがめっちゃキレイに盛り付けて飾り付けてる横で、


・私一人でその揚げ物を揚げるぅ


・一口サイズにカットするぅ


・横にミニトマト添えるぅ


・おしまい


飾り気もくそもありません。


そしていざ試食会開始。


キレイに盛り付けられた料理を食べた審査員さん、


「ちょっと味が濃すぎない?」


「食感が固いわねぇ~」


「こういう商品他でもあったよねぇ」


と、かなり厳しめな評価。


そして私のミニトマト添えただけの揚げ物を試食。


「衣の食感がいいわね」


「パッケージの中でガサガサしないから衣が剥がれ落ちなくていいわよコレ」


「じゃがいもが美味しいわね。雪むろで熟成させたじゃがいも使ってるの?!」


見た目では完全に一発ケーオー負け状態の商品をこのパターンで何度も採用してもらえた。


見た目の小手先テクニック < 不細工だけど作り上げたノウハウ


■人生のサバイバル力が高まる


会社案内とホームページを自分で作るための能力って(能力って程じゃないけど)これからの人生のサバイバル力になると思います。


まず、会社案内を作るぞ!と決めてからまずどういう風なものを作ったらいいか考ながら初めの一文字を打ち込むまでは地獄の苦しみです。


(まず自分の会社の強みってなんだろ?)


(どういう構成にしたらいいんだろうか?)


(やばい、これって入社案内用の内容じゃなくてお客さん向けの無いようになってしまってるぞ)


(そもそも新卒者って何を重視してるんだろう?)


分からないことだらけでキーボード一文字も打てない状態。


なんとかこの状態を打破すると、


・自分の強みを整理する力


・ターゲットとする相手が何を求めているかを想定する力


・それらを分かりやすくまとめ上げる力


が身につきます。


ブログもまさにそれで、書く前は地獄です(何かいたらいいかチンプンカンプン)。


書いたら書いたで誰も読んでくれて無いのでさらに地獄です。


でも確実に表現力は身につきます。


インターネットは5Gの時代、より一層スピーディーに便利になります。


便利になったとき、


(まってました、この日のために表現力高めてましたぁ~)


会社案内とホームページ作りは表現力の向上(サバイバル力)に直結すること間違いなしです。


■土台ができたら外注もありです

 (ってか絶対します)



ただ、サバイバル力がついたら外注もありだと思ってます。


死ぬまで忙しく働き続けるのが目的じゃなく、サバイバル力がついたらあとは外注して他のことに時間を使います。


皿回しと一緒、安定して回ったら次の皿を回しつつ今回ってる皿が落ちない程度に軽くメンテする感じ。


成果を出しつつ徐々に肩の荷を下ろしていけたらいいですね。

by ma-ki-ba | 2019-09-14 20:55 | 生産者さん紹介 | Comments(0)

うまくいかないことが楽しくなる「失敗の実験」【何をやっても一歩前進】


うまくいかないことが楽しくなる

「失敗の実験」

【何をやっても一歩前進】


f0121909_20011774.jpg

今日もお疲れさまでした。


日々楽しく「失敗の実験」をやってます。


一歩一歩前進してると思うと日々積み上げてる感があり楽しくなります。


今日こんなツイートをしました。



ツイート


うまくいかないことが楽しくなる「失敗の実験」

・ある成果を出したいと目標を定める

・成果をゲットするのは確率論、数こなせばたどり着く

・成功確率が1%なら99回うまくゆかない方法を発見できれば成果をゲット

・うまくいかない=失敗→うまくゆかない方法を発見つまり何をやっても一歩前進^^v



結構無敵な思考法です。


🔴「失敗の実験」は、

 やることなすことオールプラス



やったことが全部プラスになったらメチャメチャ最高ですよね。


(宗教的な考え方ではないので念の為)


■失敗を必要以上に怖がりすぎじゃない?


「失敗」という言葉を聞くと反射的にネガティブな印象を受けるのが普通です。


・「失敗はしてはいけません」的なことを受けてきたか


・〇+□=△みたいに正解は常に一つでありそれを見つけることが重要


この教えに従順に従ってきたことが必要以上に失敗を避けるようになった原因かもしれません。


普通に考えたらこれっておかしい考え方って分かりますよね。


・子供のころ一度も転ばずに自転車に乗れるようになったか


・仕事で上司やお客さんにミスで一度も怒られたことがないか


・不注意でものを壊してしまった


人生80年時代、生まれて死ぬまで失敗をしないということは現実的に不可能。


あと、「失敗=恥」的に思われる傾向が強いのも失敗を避ける大きな理由ですね。


ただ、よく考えてみると分かりますけど人間一番かわいいのは基本的に自分。


他人が失敗しようがどうしようがそんなに興味なし。


なので失敗して恥ずかしぃ~って思ったら


(今地球上でこの失敗について世界一恥ずかしぃ~って思っている人物は自分なんだ。自分以上に恥ずかしぃって思ってる人間は存在しない。)


そう思うと結構気分が楽になります。


失敗についてだれしも知ってるエジソンの名言がありますね。


私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。


うまくいかない方法を1つ見つけた。


なので次はこれと違う方法をすることで成功に一歩近づいた。


この考え方、実践できたら無敵です。


■諸作数1000冊を超え!

 中谷彰宏の考え方にド共感



本を読む習慣のある人なら「中谷彰宏」さんの名前聞いたことある人多いと思います。


なにがすごいかって、なんでもかんでもすごい人なんですけど、特にすごいのがその書いた本の数。


なんとなんと1000冊越え!(2016年7月23日時点)


めちゃめちゃ読みやすく且つ共感する内容がバンバン出てくるんで、読書する習慣がついたばかりの学生時代から社会人3年目くらいまでは買って買って買いまくってました(お金なかったんでもっぱらブックオフを使用)。



そんなに熱狂的に引き付けられた最大の理由の一つ、それが


・人生で経験したことは絶対に役立つ


という考えでいること。


例えば、家に訪問セールスが来たとしますよね。


みなさんどう対応しますか?


普通は、


「間に合ってます」


「いりません」


「帰ってください」


って風に追い返しませんか。


中谷さん、訪問販売の人に自分の知らないことをどんどんと質問攻めするそうです。


(以下、私の妄想)


・どうやって見込み客のターゲットをえらんでるの?


・初回のアプローチから購入のクロージングまでのどういう手順でやってるの?


・給料は歩合制?それとも固定給?


・どういうお客さんが購入する可能性が高い傾向があるの?


相手も普段は邪魔にされて追い返されることが多いので真剣に話を聞いてくれるからうれしくなってどんどん話す。


こういう風に自分が見たり聞いたり体験したことが体系化されて本に形を変えて世に出るわけです。


【中谷彰宏さんの著書名(一部)】


・いい女の教科書

・なぜあの人は教養があるのか。

・すぐやるひとは、うまくいく。

・見た目を磨く人は、うまくいく。

・怒らない人は、うまくいく。

・悩まない人の63の習慣。

・ホテル王になろうー人を喜ばせる天才たち

・ファーストクラスに乗る人の発想


自分が五感で感じたことすべてが意味がある。


社会人なりたての頃この考えにド共感し、あることを実行しました。


「家に帰っても靴を脱がず土足のまま上がる。


そうすることでリラックスせずに戦闘モードが継続した状態で一つタスク(勉強やら読書やら)をこなす」


みたいな内容だったと思います。


今思うと何やってたんだ自分?って思いますがそれくらい熱中させてくれる思考法です。


■成功を目標にせず、

 チャレンジ回数を目標にする



ってなことで、


・失敗はうまくいかない方法がひとつわかって一歩前進


・やったことに無駄は一つもない


っていう考え方を紹介しました。


この考え方を応用した成果を出す方法が、成果をゲットすることを目標にせず、失敗の回数に目標を設定するっていうもん。


例えばですけど、もしある商品を販売すること!という命令を会社から受けお得意先に営業まわり。


実はこの商品、めっちゃ売るのがめんどくて全社で成約率1%。


売るぞ!と気合い入れてお客さんへ営業→断りを受ける(気分ダウン)


もう一度心を奮い立たせてお客さんへ営業→断りを受ける(気分ダウン)


成果を求めて行動すると、その成果が得られないたびに落ち込んでしまう。


よほど精神力が強い人間でも10回断られると心がポッキリ行きます。


これをチャレンジ回数を目標にしたらどうでしょう。


(この商品、売れたに越したことはないけれども99回チャレンジを目標にしよう)


一回やって断られる→プラス1ポイントゲット!


二回目断られる→プラス1ポイントゲット、合計2ポイント


多分30回くらい断られるうちに


(なんかいっつも同じタイミングで断られてる気がする。今度こういう風に変えてみようか。)


てな感じで途中アレンジ加えながらチャレンジ。


78回目になんとお客さんから成約ゲット!


(ああ、あと21回チャレンジしてたら目標達成だったのに!)


・肩の力が抜けると精神的ダメージが減るので繰り返せる


・繰り返した結果、経験値が貯まり、再現性が高まる(一発屋で終わらない)


あんまり商品が売れなかったので開き直ってお客さんを訪問して顔を眺めて帰ってきたということ何度かしました。


肩の力抜きまくってました。


■無意味なチャレンジ回数は読書で減らせる


チャレンジチャレンジ言ってきましたが、やっぱり最短距離を走れるならそうした方がいいです。


そこでおすすめはやっぱり読書。


多くの人たちが七転八倒して体得したノウハウが1500円程度の金額で買えちゃう。


当然著者も読者に「なんだこの本つまんねぇ~」なんて言われたくないからノウハウを惜しまず真剣に書いてくれてます。


電球を一から発明するようなことはせず、電球の使い方を覚える方が断然効率的ですね。


🔴私の失敗の実験体験談(結構恥ずかしい)


日々が失敗の実験です。


当然恥かいたり怒られたりするけど想定の範囲内です。


■失敗の実験体験談(村の草刈り)


昨日村の草刈り作業でした。


私は農業を普段全くやらないのでこういうときめちゃくちゃ苦手。


そこで、みんなの作業の様子を見ながら後についていく。


ちなみに草刈りってこんな感じでやります。


f0121909_21313880.png












さて、みんなのあとについて草刈り開始。


一か所借り終えたらトラックに乗って次のエリアに移動。


田んぼの周り、川の両脇の草を刈ってゆきます。


また次のエリアに移動。


田んぼエリアでした。


田んぼの脇の草を刈っていた私。


すると突然、


「バカヤロー!それ刈るな!!」


ビックリ仰天する私。


雑草だと思って刈っていたのが実は、「ミョウガ」だった!


普段農作業をしている人なら一目瞭然。


ミョウガと雑草の区別すらつかない私。


ビックリ仰天し、若干凹みました。


しかし2つの学びを得ました。


・不自然に田んぼの畔にはえている植物は育てている作物の可能性が高い


・ミョウガはすっかん棒に雰囲気が似ている


■失敗の実験をさせてくれなかった上司


この失敗の実験には思わぬ天敵がいました。


前職の上司です。


一つのチャレンジで一つの学びを得ることができると気づいたので積極的に失敗をしようとしてました。


すると、隣の席にいた上司から指摘が!


「そんなことやっても意味ないだろ!」


「そんなこともわからんのか君は!」


経験値を積むためにやろうとすることをことごとくやる前につぶされてしまう。


確かに自分はベテランだから、私がやろうとしたことの先にどんな結末が来るか分かっているのでしょう。


なのでああやったらいい、こうすべきだといろいろ言ってくれるんだけど言葉で聞いただけではこっちとしては机上の空論、何回聞いても理解ができない。


(口で泳ぎ方説明されて泳げるようにならないですよね)


すると理解ができない私に対して更にお叱りがやってくる。


ということで、この上司がいないときにだけ失敗の実験をすることにした私。


この時痛感しました。


(人の箸の上げ下ろしにまでガミガミ言うのだけは絶対にやめよう)


失敗の実験をするときは外野にガミガミ言われない環境を整え、失敗の実験をやりまくりましょう。

by ma-ki-ba | 2019-08-26 21:46 | 生産者さん紹介 | Comments(0)

【実践】恥じることなくごめんなさい、照れることなくありがとう【あふれるプラスオーラ】


【実践】

恥じることなくごめんなさい、

照れることなくありがとう

【あふれるプラスオーラ】



f0121909_19215169.jpg

みなさん今日もお疲れさまでした。


みなさん最近相手に謝ったことありますか。


わたしは職場で結構謝ってます。


謝ると気分は爽快です。


今日こんなツイートをしました。



ツイート


職場で意識していること

・悪いなと思ったら恥じることなく「ごめんなさい!」を言う

・ちょっとしたことでも照れることなく「ありがとう!」を言う

真剣勝負の職場、口論ひんぱつ

結果的に自分に非がありゃ恥も気にせずごめんなさい

ちょっとしたいいこと気づけばありがとう

口論・ごめん・感謝渦巻く



ちょっとしたことに思うかもしれませんが、職場の空気が全然変わります。


🔴小さなプライド百害あって一利なし、

 空気の色見て我が振り直せ


小さなプライド守ってると高確率で周りはシラケます。


■めっちゃ口論したあと、

 謝ると結構気分がいい件【体験談】



みなさんの職場にガンコ者な人いませんか。


・人がやってしまったミスに対してめちゃくちゃ怒ったりツッコミ入れてくる


・なのに間違っているのに自分の非を認めない


人間だれしもミスはします。


間違いをしてしまったときナーナーにしてしまっては、(別にこれくらいどおってことないんだぁ〜)と思われてしまい、同じミスを繰り返されてはまずいのでしっかりと注意することは必須。


でもこれを勘違いして、


謝る=負け


ととらえてしまうと


間違ってもごめんと言えなくなり、周りからは人には厳しく自分に甘い人と見られていいことありません。


謝る=方向転換


です。


間違った方向に知らずに進んでしまい、このまま突っ走ったら崖に突っ込んでしまったり、雪山で遭難したりと命にかかわる。


そんな時は速やかに方向転換。


今まで進んできた道を戻ったり方向を変えたりするのだから悔しかったり残念だったりします。


でもそのまま突っ込んで命を落としたら一巻の終わり。


「ごめん!」と潔く謝って方向転換する。


これができずに職場の空気の中で命を落としている人が少なからずいるのでご注意を。


わたしも職場で口論になること結構あります。


ある人と私がかんかんガクガク言い合う。


周りの人は居心地悪そうにしながらも自分の仕事をしている。


わたしたちがさらにヒートアップ。


そして悲しいかな、私が間違っていたことが発覚。



相手(その時は小川どんだとしましょう)が、


「おめぇが間違っていたどすぇ~~。あやまれどすぇ~∑( ̄皿 ̄;; ムッキー!!」


と迫ってくる。


(私) 「ごめんなさい!!」


周りは爆笑です。


■ちょっとしたことにありがとうが雰囲気を明るくする


もう一つ意識しているのが「ありがとう」を使うこと。


職場ではさほどじゃないですけど、家だと結構「ありがとう」言うの照れませんか。


わたしは、一種の苦行としてありがとうを頻繁に使ってます。


親とかに言うのも恥ずかしいけどありがとう。


すると結構空気感が変わるんですね。


自分の家族に言えれば会社ではほぼほぼ照れることなく言えます。


繰り返しですが、職場では結構言い合いになります。


さっきまで言い合っていた人にも、


「今発行したラベル取ってよ!ありがとう」


みたいに言った瞬間一瞬で空気感がパっと変わる気がします。


ごめんなさいと同様で、切り替えが大事。


いちいち言い合っていたことを引きずってたらメチャメチャめんどくさい。


自分は仕事中はバスケの試合イメージしてます。


シュート打った!


落ちたぁ~


戻ってディフェンス!


スティールした(ボールを相手から奪うこと)


よし、次こそシュート決めるぞ!


シュート決まったぁ!!


よし次は筋トレ休憩だ!


おかげさまで、事務所も製造現場もめちゃめちゃありがとう頻度が高いです。


■ちょい無理目なことも「ありがとう」に変換してみる


ありがとうと言うと空気が明るくなることが分かりました。


ということで、それってちょっと無理っぽくない?っていう内容にもありがとうに変換するようにチャレンジ。


一種のゲームと思えばいいです。


「店頭のショーケースのホルモン欠品してるよぉ!補充してくれてありがとう!」


(私が袋のラベル貼り作業を頼まれる。内心俺がラベル貼んの?と思ってる。ラベルと袋を私のところに持ってきてくれた)


「ありがとう!」


「ありがとうございまぁす!今から筋トレ休憩行ってきまーす!」


もう意味不明です。


でも職場の空気的には愉快な感じです。


■空気の色を感じてみる


・あからさまに間違ってるのに謝らない


・口論のあとの気まずい空気


・普段家でありがとうなんて言わない


多分空気的にはグレー感漂っていると思います。


こんな時に恥ずかしいけど照れ臭いけど苦行と思って歯を食いしばって「あ・り・が・と・う」って言ってみましょう。


はじめは周りから


「はぁ?」


という反応が返ってくるかもしれません。


慣れるまでの我慢です。


慣れると気まずい空気を一瞬で変えてしまう高校野球の満塁ホームラン的なドラマが生まれます。


うそです。そこまでのドラマは生まれません。


でもシングルヒットくらいのインパクトはゲットできると思います。


■「口論」・「ごめんなさい」・「ありがとう」の副産物


口論・ごめんなさい・ありがとうは予期せぬ副産物を生みだします。


まずこの3つの並べられた言葉を見るだけで喜怒哀楽ですよね。


あなた情緒不安定か?って感じです。


でもこれを繰り返していると、


・言いたいことが言える


・ごめんなさいというから嫌な雰囲気があとを引かない


・いいと思ったことに対してはありがとうと言ってもらえる


激論する、良いことは良い、悪いことは悪い、以上おしまい!って感じ。


つまり余計な気遣いがいらない雰囲気になるという思ってもみない効果が生まれます。


人格を否定してるんでなくて仕事でバチバチやってるだけ。


まだまだですけどこれが浸透するほどに不要な管理がなくなり楽になってゆきます。

by ma-ki-ba | 2019-08-23 20:32 | 商品開発 | Comments(0)

【妄想】普通の人が会社を買って活躍する時代到来【ランチェスター戦略必須】


【妄想】

普通の人が会社を買って活躍する時代到来

【ランチェスター戦略必須】


f0121909_20232002.jpg
みなさんこんばんは。


一般の個人が会社を買収することが遠くない将来珍しくなくなるかもしれません。


今日こんなツイートをしました。



ツイート


中小企業の後継者問題と創業後の廃業率を見て考えてみた

・6割の中小企業で後継者が未定

・休廃業企業のうち半数が黒字企業とされている

・創業後の廃業率は3年後約50%、5年後約60%、10年後約75%

鶏口となるも牛後となるなかれ

ピンチはチャンス

独立志向の高い人に活躍の場が開かれた時代かな



私の勝手な妄想でこの内容について膨らませてゆきたいと思います。


🔴個人が会社を買収するのが

 めちゃめちゃお得な時代がやってきてる



もし自分が会社を買収できたとしたらどう思いますか?


しかも黒字で固定客もいる会社を。


■6割の中小企業で後継者が未定


新聞を読んでると、


・人材不足


・後継者不足


・最低賃金上昇


・働き方改革


という言葉を見ない日がありません。


そんな中、昨日の日経新聞でこんな記事を見ました。


【中小後継者「お試し」支援】


内容を端的に言いますね。


・6割の中小企業で後継者が未定


・休業または廃業する企業のうち半数が黒字企業とされている


・経済産業省が黒字でも事業をやめざるを得ない「望まない廃業」を避けるために後継者探しを手助けする


みなさんイメージ的に中小企業って親族同士で経営を引き継ぐっていうイメージありませんか?


その次いでくれる親族がおらず、しかも黒字の会社がたくさんあるということです。


この黒字の会社が後継者がいないから倒産している現実。


それを防ぐために国が支援までしてくれる。


これを聞いてどう思いますか?


■創業した事業所の生存率ってどれくらい?


それでは続いて創業した事業所の生存率ってどれくらいかググってみました。


なかなかいい資料が見つからず。


ようやく分かりやすい資料が見つかりました。


■開業年次別 事業所の経過年数別生存率(全事業所ベース)
f0121909_20434088.png




(出典:PROMOTE STUDIO)


小っちゃくて見えませんね(ごめんなさい)。


ツイッターに書いた


創業後の廃業率は3年後約50%、5年後約60%、10年後約75%


が記してある表です。


会社をはじめて廃業する原因は、お客さんを作りそこからの収益が会社を回してゆく経費を上回る前に蓄えが尽きてしまうから。


会社を軌道に乗せるまでは、軌道に乗った状態の3倍のエネルギーが必要だと言われてます。


わたしもまきばに入ったばかりの時は、一人ブラック企業状態でしたね(自分で自分に無理させてるだけだから問題なし)。


年間休日ゼロチャレンジやったり(4年目に風邪をひいて終了)


朝から晩まで睡眠時間削って仕事したり(寝た方が効率が良いことに後日気づく)


これだけ体にムチ打ちエネルギーを注いだ時は全く成果出ず。


今は、生活リズムの良い無理のない日々でそこそこの成果をゲット。


この軌道に乗るまでをいかにしてクリアーできるかが生と死の分かれ道。


これを聞いて気づきませんか?


この軌道に乗るまでのキツイ道のりをショートカットできてしまう。


だって、すでに黒字でお客さんの付いている会社が後継者がいなくて困っている。


しかも国の支援付き。


■個人が会社を買った成功例ってあるの?


成功例が無いかググってみました。


ありました、見つけました。


■普通の人が会社を買ったら、何が起きた

——廃業リスクは22兆円、救世主は個人のM&A


この記事を読んで、わたしが気になった文面とそれを読んで思ったこと。


・西智行さん(30)は大手製薬企業に勤務した後、2016年7月に埼玉県川口市内の薬局を“継いだ”。

→もともと勤務していた仕事と買収先の事業が類似


・独立志向のあった西さんは、「薬局をM&Aする手段がある」と知人から聞き、すぐに興味を持った。

→もとはサラリーマンながら独立志向があった


・「借り入れの際、将来のキャッシュフローが大事になる。

(事業承継なら)これまでのデータがあるので、返済に問題が少なく、借り入れがスムーズだった」


→新たに事業をはじめる場合先が見通せないからお金を借りるのにめっちゃ精度が高くて信ぴょう性のある経営計画書作らないと銀行お金貸してくれない。

 でも現在継続中の事業を買うので先が見通しやすいからお金もスムーズに借りることができた。



■ランチェスターの軌道に

乗るまでの図で検証してみた



新たに事業をする場合どのポジションを選べば軌道に乗りやすいかの図を今回の買収に当てはめてみました。


f0121909_21073215.jpg






















①お客さんが同じ × 扱う商品が同じ = すぐに軌道に乗る


②お客さんが同じ × 扱う商品が異なる = 1年先に軌道に乗る


③お客さんが違う × 扱う商品が同じ = 3年先に軌道に乗る


④お客さんが違う × 扱う商品も違う = 7年先に軌道に乗る


今回の西さんの場合、大手製薬会社に勤務→薬局を買収(継いだ)は、③でしょうか。


ちなみに、「お客さんを作りそのお客さんに商品を売る」大変さは「商品を作る大変さ」の2倍です。


西さんは今までと違うお客さんに販売しなければならないので普通ならメチャメチャ苦労するポジションです。


しかし記事には、売り上げを2年間で2.5~3倍に伸ばしているというと書いてあった。


条件がそろっている人にとっては、「中小企業のお試し支援」は鬼に金棒の制度かもしれません。

by ma-ki-ba | 2019-08-22 21:16 | 商品開発 | Comments(0)

【朗報】ライフサイクル曲線を意識すると自分をコントロールしやすくなる件【浮かれず・落ち込まず】


【朗報】

ライフサイクル曲線を意識すると

自分をコントロールしやすくなる件

【浮かれず・落ち込まず】


f0121909_19383857.png


皆さん今日もお疲れ様です。


日々ライフサイクルを意識して日々淡々と行動しています。


今日こんなツイートをしました。



ツイート


商品のライフサイクル曲線は人の一生に置き換えられる

・導入期(デビューしたての下積み時期)

・成長期(かけた労力と共に実力が伸びる時期)

・成熟期(伸びは鈍化、競争は激化)

・衰退期(伸びはマイナス、消える人続出、差別化できねば撤退あるのみ)

これをイメージ

辛さに耐え

好調に浮かれず


ツイートの内容について詳しく書いてゆきます。


自分の立ち位置をイメージできると一喜一憂しなくなります。


⚫️その場の雰囲気に流されると、


 のちのちシンドイ話し


自分の現在位置を俯瞰せずにその場のノリで動くと結構シンドイかもです。


■商品のライフサイクルの原則が


 人生にメチャメチャ当てはまると気づいた


皆さん商品のライフサイクルの原則って知ってますか。


f0121909_19061548.gif

・導入期


 商品が発売されたばかりでまだ世間は知られておらず。


 世間に知ってもらうのに多くのお金と人が必要です。


 まだ売れていないけれど多くの経費がかかるので商品は少数に絞ります。


・成長期 世間にどんどん普及してゆく段階です。


 この段階では、継続して普及させるためにまだまだお金と人が必要な段階です。


・成熟期


 世間に広く普及されてみんながほぼ持っている状態。


 なので伸び率は低下。


 それでも各社競って販売するために価格が下がってきます。


 プラス、種類も豊富に。


 そんな中で利益を出して生き残るために差別化が必要になります。


・衰退期


 ピークを過ぎて商品自体の市場が減ってゆきます。


 利益を出せるのは上位の一握りの会社のみ。


 続けていけなくなった会社は撤退。競合他社がどんどんと減ってゆきます。


■芸能人にライフサイクルの原則に当てはめて考えてみた


芸能人の方には申し訳ないですがわかりやすいので、ライフサイクルの原則を芸能人にたとえてみたいと思います。


・導入期


 売り出し中でまだ誰にも認知されていません。


 オーディションを受けたり、地方の営業に出かけたり、SNSで情報発信したりと少しでも自分を売り込もうと出れるところに積極的に出てゆきます。


 しかし、この導入期から成長期に入れる人はごくわずかです。


・成長期


 苦節の年月が報われてめでたくM1の本選へ出場!


 念願のCDデビュー!


 ゴールデンタイムのドラマから役がもらえた!


 まだ認知度がどんどん上がってゆきます。


 ただ、まだ知らない人たちは多いので引き続き広告を打ち、活動を行ってゆきます。


・成熟期


 世間での認知度がピークとなり、ほとんどの人が知る存在になります。


 レギュラー番組を数本抱える売れっ子。


 音楽ダウンロードトップ10入り


 映画の主演をゲット。


 テレビやネットで見ない日はありません。


 人気は絶頂。


 ただ、人前に出る頻度が上がる=「飽き」につながるという側面があります。


・衰退期


 新しい人たちが現れ、そちらに人気が移行します。


 また今までファンだった人たちも年齢を重ねることでライフステージが変わり、結果嗜好も変わってゆきます。


 テレビに出る頻度も少しずつ減ってゆき、徐々に見る機会がなくなってきます。


 20○○年を振り返る的な番組とかで久しぶりに映像が流れ、「なつかしぃ〜」ってなります。


 この時期に、もう一度話題を集めようと衝撃的な話題を振りまくということがありますが(ワイドショーネタ)、一瞬話題となりますがやはり真の需要は低いため、パッっと光ってシュッっと消えてしまうケースが多いように思います。


■社運をかけた商品に

 ライフサイクル原則を当てはめて考えてみた


 次に、社運をかけた商品にライフサイクルの原則を当てはめてみます。


 今回は資金力の乏しい零細企業(仮に我が社)を例に考えてみます。


・導入期


 魚沼の雪を使った天然冷蔵庫「雪室」で低温熟成させたジャガイモを使った甘味たっぷり食感なめらかな「雪室ジャガイモコロッケ」を開発しました。


 ちなみに揚げ調理済みの冷凍品。


 電子レンジでチンするだけの簡単調理。


 しかも揚げたてサクサクな食感です。


 でも誰も知りません。


 この商品以外にもメンチカツやトンカツなどいろんな商品がありますが、みんなに知ってもらうための営業活動やサンプルの提供など多くの経費がかかってしまうので、まずは一番特徴のあるこの商品1種類に絞ることにしました。


 ホームページ、SNSでのPR、既存取引先への営業活動などなど。


 PRして3ヶ月たち、サンプル代や営業の交通費、人件費など多くかかっていますがまだ売り上げはほとんどありません。


 でも継続して地道にPR活動を続けてゆきます。


・成長期


 あるお客様に提案したところ、雪室でジャガイモを低温熟成させているという珍しさ、食べてみて実際に美味しいこと、またレンジアップなのにサクサクとした食感に驚いてくださり見事導入決定。


 さらに、これに続けとばかり今まで提案した他のお客様でもどんどんと企画が決まってゆきました。


 また、今まで1種類の味だったけどお客様から様々な要望をいただき味のバリエーションも5種類に増えました。


 しかし、まだ導入に至っていないお客様も多数。


 引き続き、サンプルを配り、出張して訪問営業を重ねて普及を図ってゆく必要があります。


 ここが踏ん張りどころです。


・成熟期


 商品を提案して丸3年経ちました。


 おかげさまでほぼ全てのお得意先様に採用をいただくことができました。


 するとこの商品の評判を聞きつけた同業他社も同じ雪室ジャガイモコロッケを作り始めました。


 さらに、会社規模が大きく機械化されているので価格は我が社の1/2。


 また、今まで我が社では作っていなかった味のラインナップを揃えてきた。


 結果、価格は下がり種類は増え利益率は下がります。


・衰退期


 多くの同業他社が参戦した雪室ジャガイモコロッケ。


 価格は下がり、種類も多くなりすぎました。


 価格が下がるとともにおいしくない商品も増え、消費者がどんどん離れて行きました。


 結果、ほとんどの会社が儲からなくなり撤退。


 雪室ジャガイモコロッケの市場は無くなってしまいました。


⬛️しかし奇跡的に生き残ることができるケース


以上のように、競合他社が多数参加すると特別感のあった商品はコモディティ化(一般化)されて価値が低くなり消えていくというケースを見てきました。


これを未然に防ぐ方法があります。


差別化です。


売れるとわかり周りが大量生産し、価格を下げ、バリエーションを増やしている時に、一貫して品質と売り先の差別化を図ったとします。


そもそも雪室で熟成させたジャガイモってそうたくさんないのでその時点ですでに差別化してます。


また、安く大量に販売するという誘いは丁重にお断りし、商品の品質や作り手の思いに共感してくれて価値を認めてくれるお客様に限定する。


すると、販売量は限られますが継続して取り扱いをしてくださいます。


例えば、日本酒とかでこれ以上は作れないと言い頑なに自分の納得のゆく酒造りをしている蔵元とか。


零細企業の生き残る道ですね。


それと逆なのが松下幸之助さんの水道学理論(だったっけ?)。


水道の水のように可能な限り安くすることで広く世間に普及してみんなの生活が豊かになる。


これは大手さんが取るべき手段ですね。


すらばしい考えですが、零細企業がやっちゃうと電話帳から社名が消えてしまうでしょう。


⚫️ライフサイクル曲線を意識すると

 自分をコントロールしやすくなる件


すいません、ようやく本題にたどり着きました。


今まで話してきたライフサイクル曲線を意識すると自分んをコントロールしやすくなります。


仕事も人生も山あり谷ありです。


山になると嬉しいし浮かれます。


逆に谷は、めちゃくちゃ凹みますし精神的にキツイ。


そんな時ライフサイクル曲線を意識すると、客観的に自分の位置がイメージできます。


例えば、頑張っても頑張っても全く成果が出ない時。


(まだ初めて3ヶ月目。


 自分は今導入期の真っ只中。


 しんどいのに成果は全然でないけど、この導入期を抜けることができたら成長期に入ることができる。)


そう思うとしんどいのも結構頑張って続けられます。


逆に、今までの苦労が実って商品の受注が増えて仕事は大忙しの時。


売り上げも順調に増え気分がとってもいい状況です。


そんな時ライフサイクル曲線を意識すると、


(もう少ししたら今売れている商品は、成熟期に突入してしまう。


 ライバルが出てきて価格競争になるかもしれない。


 お客さんに飽きられはじめる危険性もある。


 だったら今の好調なうちに第二第三の商品を投入して今出ている利益を新商品の導入期を乗り越えるために使おう。)


こう考えると、今がいいからちょっといい車を買っちゃおうかなとか贅沢しちゃおうかなという横道にそれる気持ちがなくなります。


辛くても悲観しすぎす、楽しくても浮かれず。


ライフサイクル曲線は、明太マヨのようにいろんなものにマッチします。

by ma-ki-ba | 2019-08-18 21:06 | 営業物語 | Comments(0)

「我が社にはいい人材がいない」=「社長のわたしはへぼ社長」【社員と社長はバランスが取れている件】


「我が社にはいい人材がいない」


「社長のわたしはへぼ社長」

【社員と社長はバランスが取れている件】


f0121909_17012633.png
こんにちは。


中小零細企業にとって、まさに人材が全てと言っても過言ではありません。


でも、あくまで社員さんの役目は戦術で、戦略を担当する社長によって中小零細企業の業績の95〜99%は決定します。


さて、今日こんなツイートをしました。



ツイート


中小零細企業にとって「いい人材」というのは永遠のテーマ。

同じく「優秀な人材が欲しい」というのも大きなテーマ。

実際に会社(社長)のレベル以上の優秀な人材がもし入ってきたらプラス面よりマイナス面の方がでかい。

・人材を使い切れない

・人材に下に見られる

優秀な人材を社長にするのが吉。


これについて深堀してゆきたいと思います。


⚫️中小零細企業の社長にとっての優秀な人材入社を妄想


中小零細企業の社長にとっての夢である「優秀な人材」を楽しく妄想してみましょう。


▪️社長の望む優秀な人材ってどんな人だろう?


あなたの会社に念願叶って優秀な人材が入社しました(男性とします)。


年齢は、30代の脂ののった年齢。


見た目もハンサム、身長180cm、高学歴で礼儀正しい。


売り上げをあげろ!とそのゴールだけを指示したら、そのゴールにたどり着くための方法については自分で考え、実践してくれるのでめちゃめちゃ楽です。


残業も文句を言わずに行い、早朝出社も自主的にします。


給料の額にも文句一つ言いません。


まあ、こんなところでしょうか。


▪️この社長の望む優秀な人材が

 入社した経緯を妄想してみた


もともと同じ業界の大手のエース級の人材でしたが、大きな組織の歯車の一つとして働くことよりも小さな組織の最前線で仕事がしたく今回入社を決意。


一つの案件を決済するにもいくつものハンコを上司からもらわなければ動けない大組織の仕事の仕方に嫌気がさしていたので、スピーディーに仕事ができる環境にワクワクしています。


▪️社長の望む優秀な人材が入社して

 頑張ってくれたシーンを想像してみた


繰り返しになりますが、


売り上げをあげろ!とそのゴールだけを指示したら、そのゴールにたどり着くための方法については自分で考え、実践してくれます。


残業も文句を言わずに行い、早朝出社も自主的にします。


実際にこうなったら本当にありがたい限りですね。


さて、次は現実的にこのようなことがあり得るのか考えてみます。


⚫️中小零細企業に優秀な人材が

 実際に入社した場合をイメージ


先ほどの妄想のようになることを願いつつイメージしてみました。


▪️上司と部下の組み合わせと、

 結果生み出される成果を考えてみた


ちょっと話しは変わり、上司と部下の組み合わせと、結果生み出される成果を考えてみます。


【組み合わせ】


・優秀な上司


・ヘボ上司


・優秀な部下


・ヘボな部下


上司と部下を一組にする場合、成果を出す順に組み合わせてみましょう。


①優秀な上司 & 優秀な部下


優秀な上司が優秀な部下を指導。


指導も的確で部下もどんどんと吸収してゆきます。


結果、生み出される成果はMAXです。


②優秀な上司 & ヘボな部下


優秀な上司が物覚えの悪い部下を指導します。


何度言ってもうまくできませんが、辛抱強く指導を繰り返した結果徐々に成果を出せるようになりました。


この組み合わせが2番目に成果を出します。


▪️③番目に成果を出す組み合わせは、実は。


③は、ヘボな上司 & ヘボな部下です。


ヘボな上司 & 優秀な部下 の組み合わせのように思いますよね、普通。


部下が優秀であると、よく分からないヘボ上司の的を得ない指示にアホらしくて従う気になれません。


また、よほど自分を俯瞰して見ることのできる人でない限り


「自分はできる人間である」


と思ってしまいます。


結果、優秀な部下は会社をやめたり違う部署に移してくれと要望したりしていなくなり、ヘボな上司は「もっと優秀な人材をくれ」という。


実際にもっと優秀な人材がめでたくやってきたらもっと早くいなくなるだけですが。


ちなみにヘボな上司とヘボな部下は、週末に釣りに行きましょうみたいな話しをしたり和気藹々仲良くするのでそれなりの成果が上がります。


▪️ニトリ成功の5原則を読んでみた


f0121909_17474918.jpg




























ニトリ成功の5原則読みました。


ニトリに行って、家具など買わずレジに置いてあったこの本を買いました(笑)。


初めて売れたのか、店員さんレジにメチャメチャ戸惑っていて5分ほど待たされちゃいました。


さて、余談でしたがこの本のP166に「会社を乗っ取られそうになっても・・・」という見出しがあります。


内容はというと、ニトリがまだ今よりもはるかに小さい規模の時にある大手量販店からニトリに来てもらい常務になってもらった人が「いい人材がいるから」と言ってもといた会社から自分の後輩を引っ張ってきて、その人たちは似鳥社長ではなく常務の言うことに従うようになり、常務の方は似鳥社長のことをバカにして言うことを聞かなくなってしまったというものです。


これを読んで2つのことを思いました。


結構中小零細企業あるあるですが、社長って戦略(目に見えない)の仕事が主でやってる内容はメチャメチャ大事なんだけどはたから見るとわかりにくいので大したことをやっていないと勘違いされやすい。


すると稀に自分の方がすごいと勘違いする従業員が出て、言うことを聞かなくなる。


こうなると現実を認識させるの結構面倒くさいです。


もう一つは、同じ理由で自分の会社よりも大きな会社から引っ張ってきた人もしくは本当に能力の優れた人は、自分よりも社長が能力的に下であるとみなすと言うことを聞かなくなること。


結局、社長さんの能力よりも優秀な人が入ってくると面倒くさいことになりそうだなというのが率直な印象です。


▪️結論、優秀な人材が入ってきたら

 こうするのが最も効果的。


その優秀な人を社長にすること。


それが一番効果的でストレスフリーですね。


⚫️結論 今いる人材が現状のドリームチーム


世の中の需要と供給のバランスは、結構取れていると思います。


なので今いる社員さんたち従業員さんたちは現在の社長のレベルをそのままイコールであると思います。


会社のレベルが上がって行けば、その分待遇も改善でき、結果それに見合った人材が集まってくる。


ろくに練習しないで甲子園に出場できないのと一緒ですね。


今いる人材が今現在のドリームチームなんだと思います。

by ma-ki-ba | 2019-08-16 18:06 | 商品開発 | Comments(0)

読書で頭一つ抜け出そう いかに楽をするかを日々探求【実践談】


読書で頭一つ抜け出そう

いかに楽をするかを日々探求

【実践談】

f0121909_20131057.png
皆さんこんばんは。


日々、どうやって人より一歩抜きんでるか考えてます。


さて、今日こんなツイートをしました。



ツイート

仕事が忙しかろうが月間5~10冊は本を読みます。

そんな私の読書継続法

・勉強効果を知りチベーションを上げる

・一度に読む時間を短くする(携帯タイマー15分セット)

・複数の本を併読する・基本立ちながら読む(眠気防止、集中力維持)

・「あなたの年収は、あなたの友人5名の平均年収」説の応用



今日も深掘りしてゆきたいと思います。


●世間の勉強の実情を知るとやる気が出る話


ほんの少しやるだけでその他大勢から抜け出せる現実、知ってますか?


■社会人の一日平均勉強時間はどのくらい?


皆さん忙しいです。


自分の仕事をきちんとこなしつつ、ゆったりとした自分の時間を満喫中!という人はなかなかお目にかかりません。


そんな忙しい社会人の一日平均勉強時間はどのくらいだと思いますか?


5~7分と言われています。




はじめこれを聞いたとき


(なにかの間違いだろう?)


って思いました。


上の記事では、一日30分の勉強時間をなんとか確保して継続してくださいと書いてあります。


たった一日30分でも、その他大勢の6倍ですから。


わたしは、この記事の内容を知ってモチベーションというか光というかが見えました。


高校時代はめちゃめちゃ劣等生で、勉強時間は長かったけども全く成果が出なかった。


(勉強の仕方が下手過ぎた)


それが、一日30分をただ続けるだけで一つ抜きに出ることができる。


なんともお手軽なリベンジ方法です。


■社会人の一か月に読む本の平均は何冊?


さて次に社会人の一か月に読む本の平均冊数を調べてみました。


何冊だと思いますか?


平均冊数2.58冊だそうです。



では一か月に読む本の冊数の分布をみてみましょう。

0冊 141人(36.1%)

1冊  78人(19.9%)

2冊  53人(13.6%)

3冊  32人( 8.2%)

4冊  24人( 6.1%)

5冊  17人( 4.3%)

10冊 20人( 5.1%)

20冊 8人 ( 2.1%)


わたしは、本をはじめから最後まで読むほうなので200ページちょっとの本を読むのに2時間半〜3時間くらいかけます。


仮に一冊3時間かかったとして、一か月毎日30分本を読むと15時間。


つまり5冊読むことができます。


上位およそ10%に入ります。


一日30分の読書を継続すれば、社会人の中で上位10%の勉強家になれるということが分かりました。


■読書はコスパ最強の自己投資


これについては前のブログに書きましたので良ければ読んでください。






●つらいことは続かない

 いかに楽して飽きずに読むための方法



一日30分でも、やっぱり毎日はつらい。


辛いことは長続きしませんよね。


わたしは、意志がめちゃめちゃ弱い方です。


そんな自分が続けれる方法をいろいろ考えて実践したことを簡単に紹介します。


■勉強効果を知りチベーションを上げる


さっき書いてきたことの事実を知ることです。


一日30分の時間本を読めば上位10%に入ることができる。


特別な才能が無くてもただ続けるだけでOK


まずこれでモチベーションの下地を作ります。


■一度に読む時間を短くする

 (携帯タイマー15分セット)



小学校からの教育の印象が強いからか、読書っていうと机に座って長い時間集中しなければいけないっていうイメージありませんか。


私の場合、良くて集中できる時間は15分です。


その性格と携帯のタイマーを利用します。


まず携帯を機内モードにして通信をOFFにします。


次に、タイマーを15分にセット。


アラーム音は2くらいにします(でかいとビビります)。


次にタイマーを押して15分間本を読む。


これだけ。


例えば一日1時間本を読むとき、朝15分、お昼休み15分、仕事終わって15分×2セットって感じです。


実際にタイマーで計測してるので読書時間が明確化されるので達成感があります(俺って今日ちゃんと1時間本読んだんだ)。


1時間という時間を一度に確保は至難でも、15分を4回かき集めるのって結構簡単です。


■複数の本を併読する


私の場合、一冊の本だけ読むことはほとんどなく多いと6冊くらいを同時進行で読みます。


理由は簡単、飽きるから。


15分を2セットするときは、違う本を読むと集中力回復。


たまに、「併読すると内容が分からなくなるでしょ?」とか言われますけど全然そんなことないというのが率直な感想です。


■基本立ちながら読む

(眠気防止、集中力維持)



喫茶店以外では、基本立って本を読んでます。


座って読むと恐ろしいくらいの睡魔が襲って来ます。


なので、立ちながらあるいは部屋の中を歩きながら、時には棚の上に脚をのせてストレッチしながら本を読みます。


ずっと同じ姿勢で読むということが本当にできないです。


二宮金次郎が薪を背負い歩きながら本を読んでいる銅像ありますよね。


daigoさん曰く、運動しながらのインプットすると効率的に頭に入るそうです。


なので読書の集中力が落ちない程度の軽い運動をしながら読んでみると結構頭に入るかもです。


■「あなたの年収は、あなたの

 友人5名の平均年収」説の応用



あなたの年収は、あなたの友人5名の平均年収であるという話し聞いたことある人いると思います。


つまり、自分の心地よいと言える環境に順応するという性質があるということだと私は理解しています。


そこでこの説を逆に利用しようと考えました。


悲しいながら友人と一緒にいる時間がほとんどない(T0T)サミシー


ので、本の著者を仮想友人にすることに。


著者はおおむね仕事で活躍しており年収も高い。


考え方も本当に参考になる。


この著者の方たちとの触れ合い(読書時間やYouTube視聴時間)を増やすことで自分を引き上げてもらおうという魂胆です。


現在友人5人(以上)と楽しく妄想しています。

by ma-ki-ba | 2019-08-12 21:12 | まきばのできごと | Comments(0)

お盆。甥っ子の反応で感じる魚沼と東京の差【甥っ子の楽園、魚沼】


お盆。甥っ子の反応で感じる魚沼と東京の差

【甥っ子の楽園、魚沼】


f0121909_21433269.jpg


みなさんこんばんは。

今日は、東京から姉夫婦と甥っ子がやってきました。

甥っ子は、東京都違う魚沼の自由度を満喫しています。


先ほど、姉夫婦、弟夫婦、我が家でバーベキュー。


感づいていました。


(おそらく今日はお酒が入って、甥っ子は大暴れし、ブログ継続の最大の試練の日、第1日目になるであろうことを。)


本日勉強になった両学長のお話のエッセンスを綴ってみます。


⚫️両学長の凄さを最近になってようやく理解しました


▪️大人こそ勉強(読書)をすれば人生が変わる


みなさん、勉強してますか?


勉強と言えるかどうかわかりませんが、私の場合日々ブログを更新、昼休みに読書、朝の会社掃除、シャワー、筋トレの時に両学長はじめためになる!と直感したYouTubeの動画を聞きながらインプットしています。



今日、衝撃な動画に出会いました。


普段頭の中でぼんやりと考えていること。


それを実際に言語化しなさいと言われると結構できませんよね。


その日々私がなんどもなんども頭の中で反芻していたことのひとつをこの動画がまさに話してくれていたのでめちゃめちゃ驚き。


今回、酔いが入っているので普段やるまいと思っている自分語りが多くなりそうです。


明日目覚めた瞬間、後悔すること間違い無しの内容を綴ってみたいと思います。


▪️現代の社会人の勉強状況の現状


社会人、自分の能力が収入に直結するシビアな時期。


なのに、学生時代より社会人になってからのほうが圧倒的に勉強をしているという人に出会う確率はめちゃめちゃ少ないと感じます。


わたしは、学生時代あまりに勉強ができなかったので担任にボロクソ言われてました。


単純なわたしは、別にサボってたわけでなく単純に勉強の仕方が分からなすぎました。


勉強量では、クラスでも上位だったと思います。


やり方が下手すぎて全く頭に入ってこず。


頑張ってるのに底辺。


これほど悲惨なことはなく、トラウマに近いインパクトをわたしに与えました。


わたしは、諦めの悪い人間。


今頭のいいやつに、高校3年間では逆立ちしても勝てない。


だったら人生60年くらいかけて逆転してやろう。


おかげさまで、年をとるごとに本を読んだりブログを書いたりチャレンジ量が増えています。


昨日も、大好きタリーズで3冊本を読みました(内1冊読了)。


現代の社会人の1日平均勉強時間7分だそうです。


一週間平均49分。


昨日1日で49分大幅オーバーしました。


コンプレックス持っている劣等生の執念を自分のことながらよくやるわと感じます。


▪️勉強と筋トレは同じ。

 これに気づけるとめちゃめちゃ楽な話。


わたしは、日々筋トレ継続してます。


午前11時を目安に「筋トレ休憩」と称して15分ほど筋トレをしています。


おかげさまで、今のわたし歯科知らない人は


「学生時代スポーツ得意だったんでしょ」


的に思ってくれます


実際は、常に運動会100メートル走最下位。


水泳クロールできず(平泳ぎのほうが早い)


陸上、大嫌い(肉の上で生活してるだけでokにしてよって感じ)。


スキー(クロスカントリー&アルペン)苦しくて怖いだけ。


この大の苦手項目が必須であり大会も強制という最悪の状況。


子供のわたしは、当時


苦手なものでめちゃくちゃ怖くてきついものから逃げることは不可能なんだ。


そう信じてました。


おかげさまで、社会人になっていくつか体験した修羅場をこの免疫で乗り越えることができました。


▪️続きは明日に綴ります。

by ma-ki-ba | 2019-08-05 22:09 | まきばのできごと | Comments(0)

一人の話は絶対に信じないことのすすめ【最善は自分で見る•聞く,次善は複数の意見を集める】


一人の話は絶対に信じないことのすすめ

◎最善は自分で見る・聞く

○次善は複数の意見を集める


f0121909_18392688.jpg

こんばんは。


日々膨大な情報で溢れかえっています。


何が真実か全く見当もつかない世の中です。


さて、こんなツイートをしました。



ツイート

一人の意見は絶対に信じないよう気をつけています。

善意、悪意の問題でなく個人のフィルターを通るのでどうしても歪みが出るから。

最善は自分の目で見て耳で聞く。

次善は複数の情報を入手して立体的に見ること。

これがクセになるとメディアの情報も鵜呑みせず。

芸能ネタには興味も湧かず。



情報の捉え方でその結果は天国と地獄に分かれます。


○一人の意見は絶対に信用しないことのすすめ

 善意ある人の意見が最悪をもたらす危険性


絶対に人を騙さない誠実な人の意見、そのまま信じますか。


⬛️みんな基本的には善意の人たちである件


いろんな事件がメディアで取り上げられています。


これを日々見聞きしていると本当に物騒な世の中であるなと思うことがあります。


でも肌感覚ですが、やはり大半の人たちは善意の人たちだと思います。


お店で会計の列に並んでいる時、横から割り込まれたという記憶はほぼありません。


ガソリンスタンドでも、急いでいる人もいるでしょうが自分含めみんなきちんと順番を待って並んでます。


なので、今現在の日本、特にのどかな田舎で騙す騙されるという経験は普通に生活していればとても低いというのが現実です。


⬛️同じものを見ても感じ方が違う

 ゾウは鼻が長いか、
 耳が大きいか、
 それとも・・・


そんな善意の人が大半の世の中ですが、騒動や対立って結構あります。


仕事でもお互いがいいことを言っているのに意見が衝突することって日常茶飯事。


冷静に考えれば、お互いが協力しあって最大のパフォーマンスを出すというのが最善であることは誰の目から見ても明らか。


でも対立したりそのせいでコミュニケーションが細くなったりあからさまに非効率。


理由は、同じものを見てもその人にとって感じ方が違うから。


もし、生まれて一度もゾウを見たことがない人にゾウを見せてそのあと質問します。


「さっき見た生き物はどんな風だったかおしえて?」


ある人は、耳がでかかった

ある人は、鼻が長かった

ある人は、足がめちゃめちゃ太かった

ある人は、長いツノが付いていた

ある人は、肌がめちゃめちゃザラザラしてた


みんな言っていることは間違ってない。


この人たち同士で、


「いや、耳がでかかったんだ!」


「違う、鼻が長かったんだよ!」


「バカ言ってんじゃない、足が太かったに決まってんだろ!」


と言ってやりあっているということが多々あります。


⬛️一人の話を信じることに

 より起こりうる悲劇


もし、自分自身もゾウを見たことがない状態だとします。


そんな時先ほどのゾウを見た5人が対立をしている。


そこであなたは、一番誠実で真面目で信頼のある一人の「ゾウは耳がでかい」という意見を信じたらどうなるか。


他の4人が間違ってる、正しいのはゾウは耳がでかいだ!


5人全員善人。


でも一番信頼の置ける人の意見を信じて残りの意見を切り捨てる。


4人の反感を食らうこと間違いなしです。


⬛️善意戦争一触即発

 未然に防いだのは第三者の冷静な一言


ではもう一つのパターンで、もしゾウを見たことがないあなたが5人の意見を聞いた。


(5人みんなが色々なことをいう生き物ゾウって一体どんな怪物なんだ?)


ゾウを見たあなたは言います。


耳でかくて、鼻長くて、足太くて、キバ付いてて、肌めっちゃザラザラしとるがな。


これを聞いて5人は思いました。


(たしかに)


○正確な情報が得られない

 ことを前提にそこそこ

 正確な情報を得る方法


複数の意見を聞いてみる。シンプルです。


⬛️ドラゴンボール7つ集めて
 シェンロン登場
 こんなイメージ


7つの意見を聞いて判断すればまず大間違いはしないでしょう。


ただ、似たような意見のであるかどうかは意識します。


巨人ファンの人たちに、好きな野球チームはどこ?って聞くようなことは避けましょう。


⬛️ドラゴンボールは一つしか

 ないと思い込んでいる人の行動


自分が受けた印象が絶対であると思う人達には以下の特徴があるような印象。


・ディスる
(意外といい人なんですね)


よくテレビで聞くのが、コワイイメージのタレントさんと実際に会って普通の対応をされて、


「意外といい人なんだ」


と自分が持っていたイメージと違ったという意見。


そりゃ365日常にコワイことはないだろ!とツッコミを入れたくなりますが、それほど自分の持ったイメージを信じる傾向があります。


自分の持っている唯一ひとつのドラゴンボールがあればシェンロンが出てくると思っていて、あと6つ集めないと願いかなわないよってことがわからないので、1個のドラゴンボールにむかって


「いでよシェンロン!


 ??


 はよいでよって、シェンロン??


 このドラゴンボール使えねぇ〜」


・責任は他人にあり思考


いろんな意見を集めずひとつを信じて行動した結果失敗。


すると、


「あの人にすすめられてやったのにうまくいかなかった。騙された!」


自分を楽園に導いてくれる存在の登場を願い続けましょう。


○情報集め思考が身につくことのメリット


⬛️単純に勘違いが減る


ひとつの意見を鵜呑みにすることの危険性を理解してるので、ひとつの意見に飛びつかずいろんな方向から検討するのようになると変な見切り発車による勘違いが減ります。


ただ、何かにチャレンジしよう!という時にはあまり周りの意見を聞かないほうがいいです。


やめといたほうがいいよというような意見が多いので気分が萎えてやる気が失せます。


チャレンジに対しては、見切り発車が吉です。


⬛️情報を鵜呑みにしなくなる


新聞やニュース番組の情報もそのまま信じずに


(それってほんと?)


と自分の頭で考えるようになります。


例えば、今めちゃめちゃ暑いですよね。


「記録的な猛暑!」って言葉、結構毎年聞いてる気がしませんか?


もうすぐ甲子園始まりますね。


毎年、10年に一人の逸材!って言葉聞きませんか?


なんでだろう?


結構いろんな説が頭に浮かんできます。


⬛️芸能ネタ、匿名掲示板が気にならなくなる


芸能ネタがいかに人の興味を引くために面白おかしくされているかがわかると、なんかそれにのせられるのってどうなんだろうって思い興味がなくなります。


ただ、純粋にそれを分かった上で楽しみたいというのは気分も良くなるのでokだと思います。


あと匿名掲示板も気にならなくなります。


匿名という守られた状態で好き勝手なことをいう人の意見の信憑性は言わずもがな。


仮にもし本人の純粋な意見であったとしても「サンプル1」。


標準偏差思考でいきましょう。

by ma-ki-ba | 2019-08-04 19:55 | 日々のできごと | Comments(1)

どうしても越えられない最強の人物 それは次男である説【リアルバラエティー】


どうしても越えられない最強の人物

それは次男である説

【リアルバラエティー】


f0121909_21301070.jpg
みなさんこんばんは。


本日、夜7:30から村の会合でした。


会合終了後、発泡酒2本いただいた結果かなり思考回路が愉快です。


村のみんなと話をしていると、ふと幼少期のことを思い出しました。


みなさんにとって、無敵な存在って誰でしょうか。


幼少期の私にとって、無敵な存在は次男でした。


さて、今日こんなツイートをしてみました。



ツイート

次男最強説

長男である私。

長男は小さい頃はいろんなものを親から買い与えられ、

次男は常におさがりを使わされる。

我が家でにはこの常識はありませんでした。

幼少期。

次男と二人で蜂の巣つつく。

一目散に逃げたが私は蜂に追われて身体中さされた。

「弟は!弟は!」

置いていった弟。

無傷でした。


この内容について深堀してゆきたいと思います。


⚫️長男が背負うもの、次男が担うもの。


今でこそ、長男は家を継ぐものという空気は薄れつつあります。


私の生まれた時代はまだ長男は家を継ぐものというのが当然の時代でした。


⬛️私の誕生実話(らしい)


私は4人兄弟の二番目に生まれました。


姉、私、弟、弟の4人兄弟という構造です。


当時では4人兄弟の家はしばしばありました。


そんなに珍しくはなかったです。


私の父は、男の子を望んでいたらしいです。


しかし初めて生まれたのは女の子。


ということで二番目は何が何でも男の子が欲しかったらしいです。


当時我が家は養豚農家。


養豚農家の人なら分かると思いますが、豚は去勢をします(詳しくはググってください)。


オスの豚は臭みがあり食肉用として出荷することができません。


にもかかわらず、父は男の子が生まれるようにと一頭の豚を去勢せずに育てたと聞いたことがあります。


その甲斐あって(?)私が誕生。


当時、跡取りが生まれたととてもみんな喜んでいたと聞きます。


⬛️待望の長男に待っていた

 ものは結構スパルタな説


今の時代、もし男の子が欲しい!と思っていたところに男の子が生まれたら当然家族みんなが喜びます。


おそらく、男の子の両親はもちろん両親のおじいちゃんおばあちゃんもみんな喜んで甘やかすのではないでしょうか。


私の場合ですが、物心ついた時には養豚農家だったからでしょうか、豚舎の手伝いをしてました。


小学1年生くらいの時には、豚舎の廊下を竹のほうき(レレレのおじさんが使ってるやつ)を使って掃き掃除し、豚の寝床を作るためのこぶきっこな(木の粉)をミノ(大きなチリトリみたいなもの)ですくい上げ、豚の部屋を掃除している父のところまでやっとの思いで持って行き渡す。


するとそれを父が軽々と豚の部屋にまき、空になったミノは私に手渡され、再度私はこぶきっこなをすくいにこぶきっこなの山まで往復する。


竹のほうきで廊下を掃くと、手の皮がズルむけします。


あまりの痛さに、一度家に帰って絆創膏(ばんそうこう)を貼り再度手伝いに戻る。


こぶきっこなをすくったミノは、小学一年生にとっては大変重く、手の指の爪がミノ重さによってくいこむのが痛かったのを覚えています。


でも辛いと思ったことは一度もなく、これって当たり前って思ってました。


当時私は7歳。


姉9歳。


次男5歳。


三男1歳。


ふと思いました。


豚舎にいるの、4人兄弟で自分だけ・・・。



⬛️まきば創業時代の兄弟事情


私が10歳の頃にまきばは創業しました。


養豚農家から田舎のお肉屋さんへ変わりました。


なんでもそうですが、事業ははじめた時が一番試練です。


飛行機が離陸する時の燃料消費量は、上空を安定飛行している時の3倍です。


物理の原則は万物に当てはまります。


起業した会社が1年後残ってる確率は半分(50%)、10年後は5%、30年だと0.02%と言われています。


みなさまのおかげで現在まきばは0.02%に入ることができました。


しかし当たり前ですが、安定軌道に乗るまでは人の3倍働かなければならず、結果小学校のゴールデンウィークや夏休みにどこかに連れて行ってもらった記憶は数少なく、普通の家が年末に大掃除よぉ!っと親と一緒に掃除すべき時期に誰も掃除する人はおらず。


超ドA型で他人との比較をしまくる性格の私はそれが嫌で一人我が家の大掃除をしてました。


築150年の天井が4mの家の天井のすすを落とすのは小学生には結構重労働でしたが今思うと段取り上手になるためのいい練習でした。


⬛️遊び相手は次男がほとんど


小学生になるといろんな発想で遊びをしました。


おもちゃとか買ってもらえなかったので、身の回りにあるものを使っていかに楽しく遊ぶかが重要。


村の神社に行き、木の枝をゴルフクラブ代わりにし、空き缶を潰してゴルフボールの代わりにしてごフルしたり。


木の棒を工作の時間で使っていた小刀で削り木刀を作ったり。


山を探索して、程よい広場を見つけて秘密基地遊びをしたり。


家の中でゲームするよりめちゃめちゃ楽しかったのを覚えています。


そんな時、常に2歳下の次男がいました。


どこに行くにもついてくる。


あまりについて来すぎるので一人立ちできるのだろうか?と小学生ながら不安を覚えたこともありました。


⬛️次男無敵説(前編)


ある時でした。


家の前で二人で遊んでいると、結構猛スピードで車が走ってきました。


なんとあわや次男が家の前でその車にひかれそうになった。


すると私の家の前のこわいおじいちゃんが飛び出してきた。


そのおじいちゃん、大声で怒鳴りました!


「ばかやろぉ〜!道で遊んでんじゃねえ!ひかれたらどおすんだぁ〜!!」


愛のある怒鳴りでした。


ただ一つ、違和感がありました。


怒鳴られてるの、私でした(T0T)ナゼ?


⬛️次男無敵説(中編)


こわいおじいちゃんが私を怒ったのは、


兄が弟のめんどうを見るのが当然だろう!


という意図は子供ながらに伝わりました。


でも、やはりしくじったのは弟でありその弟が全く怒られずに自分は殺されるんじゃねえの?っていうくらいのけんまくで怒られるのってちょっとどうなのよ?


という気持ちもありました。


そんなあるひ、我が家の周りで次男と遊んでました。


家の右横の壁に蜂の巣がありました。


棒でつついて落としてやろうか?


恐々と慎重に蜂の巣に近寄る私と次男。


すると、蜂の巣をつつく前に蜂が一斉に私に襲いかかってきた!


一目散に逃げる私に容赦なく蜂は針をぶっ刺して来ます。


(いたい!いたい!誰か助けて!!)


一目散に家の周りを一周してなんとか家の中へ逃げ込んだ私。


身体中刺されて痛すぎて家の中で倒れた。


それを見た母親が応急処置。


私は置いてきた次男が蜂にメッタメッタに刺されまくって死んでしまっていると思った。


母親に、


「弟は!弟は!生きてるがーか?(「がーか」の意味=「なのか?」という問いかけ)」


蜂にめった刺しにされて息絶えている弟の姿がリアルにイメージされていました。


母親は言いました。


弟は、刺されてないよ。


なぜか蜂は私に総攻撃したようです。


理由は未だに不明です。


⬛️次男無敵説(後編)


雪国につきものの除雪。


結構な重労働です。


また、屋根から落ちて亡くなる方が毎年出る危険な作業です。


当時の我が家は、築150年の瓦屋根の平屋建て。


めちゃめちゃ古くて隙間風ぴゅーぴゅーでしたが、異常なほど広かった。


天井は4メートルほどあり、おそらく20〜30畳ほどある部屋が3つ並んでいた(ってかそれしか部屋がなかった)ため、土曜日の午後には友達と我が家内で野球やバスケ(ミニですけど)をやって遊ぶほどでした。


そんな家なので冬は雪が降り積もります。


私はなんとも思わなかったのですが、父親は夜になると屋根に積もった雪の重みで柱がギシギシ言うので「家が潰れて死んでしまうのでは」とめちゃめちゃ普段だったそうです。


翌日日曜日。


私は父に連れられ屋根に上り雪かきをすることになりました。


当時まだ小学生です。


屋根に上り、スコップで雪を屋根の下に落としてゆきます。


今で思うと、まずはおおざっぱに屋根の上につ持っている軽い雪をバサバサと落としてから屋根の下の圧雪部分を落とすという手順で雪下ろしするのが効果的であることを理解しています。


しかし当時、小学生ながらドA型の私は屋根の隅の雪を上から下まできっちり落としてから次のエリアに進むというめちゃめちゃ完璧主義で遅いやり方で雪を下ろしていました。


それを見た父親は大激怒。


バカヤロー、そんなちまちましたやり方するんじゃない!


日曜日、親の手伝いをしつつ、屋根の上で怒鳴られる私。


ふと屋根の小窓から家の中が見えました。


次男がコタツの中で絵本んを読んでいました・・・。


手伝いをして怒鳴られる私。


コタツの中で絵本を読んでいる次男。


理不尽を受け入れる心は、この時点で出来上がりました。


本日は以上となります。


ありがとうございます。

by ma-ki-ba | 2019-08-02 22:38 | まきばのできごと | Comments(0)
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
最新のトラックバック
大和商工会東支部のIT勉..
from @南魚沼市
ba/ba
from お悩み解消ネット
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧