人気ブログランキング |
 ”おいしい豚肉”   まきばのホームページはこちら →


uonumamakibaをフォローしましょう


オモシロおいしい魚沼をお届け中
by ランチェスター戦略実践肉屋(有)まきば 桑原一成
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

タグ:★魚沼のマニア★ ( 487 ) タグの人気記事

ストックが増えるほど人生はどんどん楽になります【ストック作り意識し日々行動】

ストックが増えるほど

人生はどんどん楽になります

【ストック作り意識し日々行動】



f0121909_19454796.jpg

こんばんは、お疲れ様です。

今日もなんとかブログ更新できそうです。

本日下記のツイートをしました。



ストックが増えるほど人生はどんどん楽になります。

貯蓄のストックがあると心に余裕が生まれます。

お客様のストックがあるととめどなく仕事を頂けます。

成功体験のストックがあると、今現在成果出ていなくてもその先に結果があることを理解してるので続けれます。

結果日々の行動はほぼストックの為



上記を体験談を含めて深掘りしてゆきます。


■ストックがあることの安心感の実体験


繰り返し何度もお話ししますが、私が今の会社に入った14年前本当にお得意先様がありませんでした。

4社ほど売り上げ占有率の高い柱となるお客様がありましたが、提案した商品が企画採用となればその月の売り上げにつながりますが、採用されなければ仕事がないという極めて不安定な状況でした。

安定的な売り上げを得るには当たり前だけど新規のお客さまを作るしかない。

新規顧客開拓の方法として当時頭に浮かんだのが、


・飲食店へのFAXDM営業


・自社のホームページの作成


必死こいで毎日FAXDMを流し、週に一度仕事終わってから近所のパソコン教室で勉強しながらホームページ作りをしていました。


■仕事しながら日々冷や汗が止まらない


必死こいてFAXDMを流し、仕事終わって眠い中チンプンカンプンの状態でホームページ作りの為パソコンの前でもだえ苦しむ日々。

当然ですけどFAXをいくら流しても反応は無く、ホームページも作成途中の未完成な状態で一応アップしてましたけど注文なんて無い。

そんな中、当時の柱のお客さまからの商品企画採用が無いとなるとマジで仕事が無い。

仕事が無ければ商品を作る必要もないわけで、結果製造現場のパートさんには早めに帰ってもらうことになります。

数週間そういう状態が続いたとき言われてしまいました。

「稼ぎたいので仕事取ってきてくださいよ!」

必死こいてやれることやっていて、寝る時間も少なく眠い中、この言葉はかなり応えた。

マジで冷や汗書きながらFAX流してました。


■2年ほど過ぎたときに異変に気付く

その後、FAXDMだけでは会社を運営してゆくだけの受注を取ることができないという結論に至り、時を同じく当時画期的であったインターネットで売り手と買い手をマッチングさせるシステムの会社さん(フーズインフォマート)からの営業があったので意を決して登録しました。

買い手のニーズが見れるので、FAXDM流していた時よりは確実に提案の制度が向上しました。

しかし、どんどんお客さができるなんて甘いものではなく当然断りの連続であることは変わりありませんでした。

そんな中、FAXDMを流しまくり、お礼の直筆メッセージとともにサンプルを送り、その後お礼の直筆はがきを送り、さらに数日後電話でフォローを行うという一連の流れは出来上がっていたので、ネットでのPRにそのアナログ対応を加えて営業しました。

すると、少しずつではあるんですがお客様のストックができてきます。

そのお客様がさらにリピート客にランクアップしてくれると定期的に注文を頂けるようになります。

一度だけのお客さまだけだと行動をやめたとたん受注は途絶えます。

リピートのお客さまが積みあがってゆくと定期的に受注が増えてきます。

また電話でのやり取りも増えるので事務所に活気が出てきます。

シーンと静まり返った事務所で冷や汗をかいていた状況が徐々にですが変わってきたと感じたのがおよそ2年経過したときでした。


■しかし順風満帆にはいかないのが人生

徐々にお客様のストックができてきて雰囲気はいい感じ。

しかし順風満帆にはいかないのがこの世の常です。

奇跡的なラッキーがこの間いくつかあり、第2、第3の柱になり得るお客さまができてきました。

本当に念願かなった、本当に助かったぁ~と思っていました。

そんなある日、突如納得のいかない内容でお取引が終了となったり、ある大地震がきっかけでお取引の終了を告げられたりということを3度ほど経験しました。

まさに言葉の通り死ぬ気でやっていたのでこれを経験したときは本当に光が見えないというほど沈みました。

なんとか徐々に精神的に回復したときに実感したこと。

「どんなに調子が良くとも、ストックの積み重ねは絶対にやめてはならない。」


■心に刻んだ2つの原則


一貫してストック作りを継続しました。

予想外のお取引終了を経験したのち、新たな出会いによって大口のお取引先様ができてきました。

結果、以前の忙しさを上回り更に忙しくなってきたのが入社して10年くらい。

(でもここで手を緩めたらまた万が一のことが起こるのが世の常)

なんとか納期に間に合わせる毎日でしたが、その合間でもさらに仕事を頂くための電話は欠かしません。

こっちが必死こいて納期に間に合わせようと四苦八苦しているのを知っていたお客さまは、ちょっとあきれながら

「そんなに忙しいのにまだ仕事取ろうとするの?( ̄□ ̄;)!!」

なんて言われました。

心に刻んだ2つの原則。


原則1 常に攻め続けストック

    を積み上げること


原則2 原則1を忘れないこと


■ブログ、インスタ、フェイスブック、

 ツイッターストック中


まだまだ軌道に乗ったなんて全く思っていませんが、おかげさまで日々忙しくさせてもらえています。

日々冷や汗を流しながら全く反応のないFAXDMを流していた当時とは別世界です。

今の状況なんて全くイメージできてませんでした。

話し変わり、5Gの時代に突入しこれからインターネットはさらに加速度をあげて発展していくと確信してます。

そこで、現在私はブログ、インスタ、フェイスブック、ツイッターを積み上げてます。

FAXDMを始めた当初同様に全くと言っていいほど反応がありません。

1円の利益も上げてません。

そんな無駄なことに時間をかけれているのはお客様のストックがあればこそ。

SNSに時間を使っても今までの積み上げによってこういう目先の利益ゼロ活動ができるわけです。

ただ、これも2年ほど経過したときには今全く予想していない状況に発展するという自信があります。

理由として、

・FAXDMを続けた結果現在に至っているという経験

・SNSを実名顔出しでやっている

・継続することに自信がある

・現実世界での実績(チックな)ものがある

です。

これらについてはまた機会があったら深掘りしたいと思います。


今日はこれにて。


(おしまい)

by ma-ki-ba | 2019-06-15 20:40 | 日々のできごと | Comments(0)

新しいことをはじめるとき 準備せずに飛び込むのが効率的と思う件

新しいことをはじめるとき

準備せずに飛び込むのが効率的と思う件

f0121909_16092040.jpg

こんにちは。

休日は、終日強制的に外出を課してますが今日はネット情報発信の為午後から部屋で作業してます。

早速下記の内容をツイートしてみました。

「新しいことにチャレンジするときは、思い切って飛び込むのが最も効率的だと思います。学生時代ガチンコファイトクラブが流行ったときソッコー一人でボクシングジムに入会。はじめはメッチャ緊張したけどすぐ慣れて楽しめました。多分友達誘ったり色々調べてたらやる気冷めてたでしょうね。」

自分の体験談をもとに振り返ってみます。


▪️事前の情報収集で不安は無くならない


新しいことをはじめるとき、必ずや不安やストレスを感じます。

それを少しでも解消する為に知人に聞いたりネットでググったりして情報収集しもしもの危険に備えるという一見理にかなった行動に見えます。

ただ、実際情報を集めて

「あー安心。これでなんの不安もなくはじめられる!」

っていう状態になれたという記憶はほぼあらず。

でもやっぱりまだ不安だから他の人にも聞いてみよう。

そうやっていろんな人の話を聞きながら否定的な意見と巡り会い「やっぱりやるべきではない」もしくは「今はまだその時期ではない」となり今まさにその時期に一生会うことなく流れてしまう。

要は、

・不安を正当化してくれる意見を待ってい

・慣れ親しんだ今の状況から変わりたくない(コンフォートゾーンに留まりたい)

という元々人間に備わった性質に沿ってしまうということでしょうか。

▪️実際に飛び込むと想定していた恐怖の100分の1

私の場合、石橋を叩いて叩いて壊してしまうくらい慎重な性格であり、前からそれが嫌でした。

同じく学生時代バイト先の友人と一緒に免許を取りに行こうと話していたのですが、学科試験の勉強がまだ完璧ではないとの思いから伸ばし伸ばし。

実技試験も慎重に慎重を重ね完璧と思うまで試験を受けませんでした。

結果、めでたく一度も落ちることなく受かりました。

ただ、残念なことにとんでもなく時間がかかってしまい、友人は自分を見限って一人で試験を受けとっとと合格してました。

多分あそこまで完璧にせずとも受かっていたと思います。

30センチのボーダーラインを越えればいいのに、1メートルの高さを超えるまで一生懸命練習していたようなイメージでした。

そんな経験を通して、万全を期すより飛び込むべきという思考になっていたので学生時代ボクシングジムに誰に相談することなく即飛び込みました。

はじめて行って見学。

ちょうどスパーリング開始。

(あれ?スパーリングしてる人の白いTシャツの背中に徐々に模様ができてるのなんで?)

スパーリングの最中に出た鼻血が飛び散り背中に滴っていました(T0T)マジカ

結構やんちゃそうな人たちもいましたけど、練習してるうちに仲良くなりました

多分友人誘っても誰も入会しなかっただろうし、入会しない為の理路整然とした非の打ち所のない意見が出ていたことと思います。

▪️相談した相手にリスクはない

例えば今やるかどうか迷っていることがあって、一歩勇気を出してはじめることで今までとまったく違う世界に行けたとします。

もし相手の意見に従ってはじめは断念。

月日は流れ5年後やっぱり気になり今度は自分の意思でチャレンジ。

そしてら素晴らしい成果が得られ、当初イメージしていた不安なんてまったく関係なかった。

5年前にチャレンジしていればよかった(>0<)

「お前のアドバイスのせいで5年間棒に振ったじゃないか!」とは言えないわけです。

ものごとの決断も、投資も、すべて自己責任デス。

▪️時に我慢強さが弊害になる

新しいことをはじめるという点と似た要素があると思うので最後に一つ追加。

アーリーアダプターって大事だと思います。

カタカナ使ってしまいました。分かりズラいですね。

新製品とか出た時に即それを使う人、要は新し物好き。

私は、新しいものへの好奇心が本当にありません。

今前携帯電話とかも、型落ちしたやつの方が安くてコスパいいじゃん!って思いそれを買ってました。

先日、仕事で使っているパソコンのマウスを見た弟が、

「そんな旧式使ってたら効率悪いから新しいの買った方がいいよ。」

と言われてしまった。

内心(まったく不便を感じてないからこれでいいんだけど)と思いつつも、弟の意見に沿ってその場でアマゾンでおすすめマウス2個購入(有線と無線の両方を買うことにした)

・無線反応悪そう

・マウス設定するのメンドそう

いざ到着。

パソコンに有線の方の新しいマウス繋いでびっくり!

設定しなくても今のマウスってすぐ動くんですね(知らんかった)。

で、無線のマウスどうしようか?って思った時閃いた。

(3年前に買ってほぼ不使用だったMacBookあったな。)

つけてみてこれまた設定なしで動いた!

また閃いた。

(もしかしたら家でブログ書けんじゃね?)

家はWifi環境あるから実際書いてみると、当たり前だけどできた!

ただ、会社のパソコンWindowsなのでMacの操作に悪銭苦闘しつつこのブログを書くことできました。

いい意味で今の環境の不便さを感じ、もっと楽できる方法ねえかな?って手抜き思考すべきだって思いました。

f0121909_15454060.jpg

今度憧れだったタリーズMacデビューしてみよう。

カフェで仕事してますよオーラ全開でハッタリかましてみます!

(おわり)

iPhoneから送信

by ma-ki-ba | 2019-06-09 15:45 | 日々のできごと | Comments(0)

実践顧客戦略 【感謝は態度で示せ】

実践顧客戦略

【感謝は態度で示せ】

f0121909_20465850.jpg




こんばんは。

今日も気づけば夜でした。

仕事終わらずであきらめて、いったん休憩がてらブログ書きます。

★今日の戦略原則 【感謝は態度で示せ】

「お客さまは神様です」、「顧客第一主義」という言葉聞いたことがあると思います。

っていうより、こういうことを言わない会社を探す方が難しい。

「お客さまは普通の人です」、「自分第一顧客第二」なんてスローガンうたってる会社見たことない。

ただ、普段生活しているとどう考えても愛想が悪い、対応も悪いという場面に出くわしたことがあると思います。

ということで、まずは実態の把握からしてみます。

ものを購入した際に、感謝の表れとして「お礼状」がどの程度出されているかの調査結果を見てみます。

※ランチェスター経営㈱ 顧客戦略より引用

・過去にスーツやコートを購入したお店から心のこもったお礼状(またははがき、手紙)をもらったことがある
 3%

・保険に加入した後セールスレディー(セールスマン)からお礼状をもらったことがある
 3%

・自動車を購入したとき担当の営業マンからお礼状をもらったことがる
 6%

・家を新築したあと、工務店から年賀状をもらっている
 7%

結果、「お客さまは神様です」、「顧客第一主義」とみんなが言う割合に比べて感謝を実行に移している会社はごく一部のようです。

■感謝を態度で示すを実践!

 その結果やいかに

ランチェスターの顧客戦略DVD見てこの実態を知ってから、とにかく実際に感謝を態度で示せす会社はだいたい1~5%くらいしかないから印象に残るためにも何かしら感謝で示そうと考えたわけです。

じゃあ何をするか。

前のブログに書いたように、当初お客さんがいなかった時ネットでぐるなび検索した飲食店さんに片っ端からサンプル紹介のFAX流しまくってた。

(まずは、サンプルの依頼をくれたお客さんにサンプル出荷した後手書きのお礼のはがきを出そう)

とにかく時間だけはあり余ってたのではがきを書く時間はたっぷりある。

FAX流し、サンプル依頼着たらサンプル出荷し、次にはがきを書く。

てなことで当初は毎日はがきばっか書いていました。

■予期せぬはがきの効果を実感

はじめははがきを1枚書くのに5分くらいかかってました。

お客さんごとにいろんなお例文を書いていた。

でもこれもまた量質転化で、書くほどに代替要点をついた文例みたいなのができてきて3分程度で書けるようになった。

それと、サンプルを送ってそのままだと当然買ってもらえる確率は上がらないので、いやだけど緊張するけどサンプル到着後2・3日したら感想をうかがう電話をかけねばならない。

皆さんも経験あると思うけど、「無料サンプル贈呈」とかいうキャンペーンとか応募してサンプルもらった後に勧誘の電話しつこくされたなんてありません?

あれ経験すると、その後無料サンプル!とかあっても(どうせまた勧誘来るんだろ)ってなって請求するのもおっくうになる。

そうなるとおのずと勧誘の電話をした側は迷惑オーラ全開で対応の洗礼を受けるとなるわけ。

しかし、自分の場合手書きの感謝のお礼のはがきを送った後に電話するんで結構な確率で皆さん丁寧に接してくれるんですね。

小心者の自分にはこれが本当に精神的な負担を緩和してくれて助かった♪

■感謝するポイントを探す

感謝するほど他社との差別化になり、感謝するほどにその後のコミュニケーションのストレスが緩和し、さらに感謝するのに時間は多少使うがコストはたいして使わないということに気づいてから、はがき出す以外に感謝するポイントが無いかと思うようになった。

ソッコー見つけました。

「代金を入金頂いた

 タイミングで感謝する」

(てか、顧客戦略のテキストに書いてありました)

てなことで、お客さまから入金頂いたタイミング(入金されるとFAXで通知が来る)でこちらも入金のお礼のFAXを流すことに。

差別化のためにパソコン打ち文章ではなく手書きにします。

ただ、私は字がめっちゃ下手(丁寧に書いてもミミズがはった字って言われる(T0T))なので、常務(母)に書いてもらうことに。

各お客様月末入金が主なので、毎月その月にマッチしたお礼文を書いてもらい流すことに。
(はじめは恥ずかしいからいやだと拒否られたが説得)

f0121909_21224296.jpg
これを入金確認後、FAX可能なお客様へ送信。

するとこれがまた結構大きな効果が。

お客さんに電話対応していると、

「あのお礼状ビックリしたよ。本当に達筆だねぇ~」

とか、あるお客様訪問した時には

「ああいうお礼状送ってくれる会社の態度が本当に素敵です」

なんても言ってもらえました。

■結論

・顧客第一主義と言われる割に実践している会社は少ない

・まだ関係が初期段階でも優しく対応してくれる

・手書きは多少時間がかかるが圧倒的な差別化になり、かかった時間以上のメリットが帰ってくる


by ma-ki-ba | 2019-05-30 21:18 | まきばのできごと | Comments(0)

実践商品戦略 地味で面倒な商品を作り続ける理由

f0121909_19291274.jpg


今日もお疲れ様です。

今日も気づいたら夜でした。

本日、飲食店をされている知り合いの方が、

「今後の新業態についての打ち合わせをしたい!今すぐ伺います!」

なんて言われたので一度断ったんですけどどうしてもと言われたので、

「11:30以降ならいいですよ!(その前に筋トレするため)」

とお願いしてソッコー筋トレ終わらせた。

さらに、午後は健康診断(今回は肺の)があることすっかり忘れていたのを思い出したら、なんとほぼ同じ時間に行われる地元の高校卒業者就職説明会を予約していたことも忘れていたことに気づきでてんやわんやでした。

「商品戦略」

まきばは食品製造業。

会社を存続させてゆくうえで必要な粗利益は、お客様に商品を販売することでしか得ることはできません。

「電話対応がいいからお金をあげよう」

「事務作業が迅速で正確だからお金をあげよう」

とはならず必ず商品を介して粗利を頂くわけです。

じゃあどんな商品を作るのがいいのか。

まきば入社当初は、まず自社でどんな商品を作っているかを見てみることに。

・コロッケ

・メンチ

・味付肉

・シューマイ

・ミートボール

・角煮

もともと豚肉中心の精肉店がスタートであるため、上記商品はなるほど納得。

しかし、この先にすごことが待ち受けていた。

・クリスマス用チキンレッグ(?)

・筍ご飯の素(ごはん?)

・ちらしずしの素(またごはん?)

・山菜ご飯の素(ってか、肉入ってねーし!)

・スモーク軟骨(珍味か!)

・タラのクリーム煮 (もう勘弁してくれщ(゚ロ゚щ) オーマイガーッ!!)

お客さんの要望に応えた結果こうなったとのことでした。

しかも、売れ残って在庫として貴重な冷凍スペースを圧迫。

更には、入りきれない為別で倉庫に冷凍庫を作ってそこで保管してた。

(不良在庫のために冷凍庫作って電気代かかってんのか・・・)

絶望感に打ちひしがれながら、地道に店頭で処分価格で販売したりしながら全部はかせました。
(自分をほめてやりたい)

そこから、単に依頼されたから作る、作り易いから作るというやり方だと同じ道を歩んでしまうという教訓を得てどういうものを作ったらいいかあれこれ考えた。

まずは、他社の売れてそうなものを真似しつつ差別化を加えてみよう!

作りましたよ!

餃子とシュウマイ。

餃子は、米粉を練り込んだもちもちとした食感の皮に一つ一つ手作業で新鮮な豚肉のアンを多プリとつつむ!とってもジューシー!

シュウマイも同じく米粉を練りこんだ川に新鮮な豚肉のアンを包み、まったくくさみの無い香辛料控え目な手作りの味!



結果はどうだったと思いますか。



全然売れなかった <(゚ロ゚;)>ノォオオオオオ!!


売れなかった理由(推測)

餃子、シュウマイは機械化で大量生産できて比較的安いがそこそこうまい。

まきばのは素材にこだわっていて旨いが高い。

安くてそこそこうまい > うまいが高い

こんなことを何度も何度も繰り返してゆくと、たまにまぐれで売れる商品が出てきました。

【揚げ調理済みでレンジでチンでも美味しいコロッケを作ってほしい】

この要望をお客様よりある日頂きました。

ソッコー断りました。

・コロッケは大量生産商品の代表みたいなもの

・揚げるとめっちゃコストがかかる

・大手が得意

どうしても作ってほしいと相手も引かなかったので、適当に会社の在庫のコロッケ揚げて凍らせてサンプルを出荷。

そしたら

「レンジでチンしたらサクサクして美味しいってみんな言ってた!試食した社長なんて、『本当は今揚げたんだろ』って言ってたよ」

なんて予想外の意見にビックリ。

・大手の揚げ調理済みのコロッケは、レンジでチンすると衣がベトベトになる。

・そもそも原料が安いからまずい。

・まきばは希望の入数に対応してくれる(対応細かい)

ちなみにこのコロッケめっちゃ高いけどそこそこ売れました。

年齢層の高いお客様(比較的生活に余裕がある)向け媒体での販売であったことも功を奏しました。

以上から学んだこと

・自社がの強み>他社の強み だと売れる

・自社の強みは意外と自分たちでは気づいていない

・お客さんからの意見でそれってめんどくさくてやりたくないことは意外とチャンスである
(他社もきっと同様にめんどくさくてやりたがらないから)

ある日、お客様からこんな商品作れない?開発依頼が。

「きんぴらごぼうの豚肉巻き」

見た瞬間、


(うわぁ、やりたくねぇ~( ̄□ ̄;)!!)

細いきんぴらごぼうを豚肉で巻いてゆく商品。

まるで精密機械工場で作るような商品。

聞いてみると、大人気商品だったけれど製造元が販売終了してしまったとのこと。

・めんどくさい

・人手がかかる

・時間もかかる

という人手不足の深刻な現代においてめちゃくちゃやりたくない要素満載の商品でした。

ということでいざチャレンジ!

とんとん拍子で採用に。


f0121909_20381385.jpg



いざ製造。

3本巻くのに1分もかかる。

遅い人だと2本しか巻けない。

(価格も高めに設定したし、たいして注文こないだろ。)

受注予定数のFAXが送られてくる日、なぜかお客様から電話が。

「とんでもない数の注文になりそうなんです・・・・。1万セット超えるかもしれません・・・。」

(背筋が凍った)

絶対・・・、無理・・・・。

欠品は絶対に許されないのがこの業界の常識。

ちなみに1万セットは16万本巻く必要がある。

普段なら寝ずにやってやる!と言うところだけれども1分に3本だと単純計算で5,333分間かかる。

仮に一人でやったら寝ずに74日間・・・。

途中経過は割愛しますが、何とかこの最大の難局は切り抜けることができました。

言うまでもなく、この商品はその後いったんストップに。

他社ができないことは、マッチしたらしたで恐ろしい事態を招くことを痛感。

by ma-ki-ba | 2019-05-23 19:29 | 日々のできごと | Comments(0)

商品戦略

商品戦略。
商売をするうえで必ず必要なもの「商品」。
前職が現在の食品業界と全く畑違いだったため、商品戦略やってみた。

基本的な力体力の2つの方式

①攻撃力=兵力数 × 質 
※一騎打ち戦の方式

例えば刀を持った兵士同士の戦い

・チームA 10人 戦闘力1→攻撃力10×1=10

・チームB 5人 戦闘力2→攻撃力5×1=5

結果 A10-B5=A5人生き残り、B全滅

②攻撃力=兵力数² × 質
※間隔戦の法則

例えば離れたところからライフルの打ち合いでの戦い

・チームA 10人 戦闘力1→攻撃力10²×1=100

・チームB 5人 戦闘力2→攻撃力5²×1=25

結果 A100-B25=A75
つまりAが7~8人生き残り、B全滅

①ならBはAを5人道ずれにできたけど、②だと2~3人しか道ずれにできない。

①の方が②より効果があることが分かった。

じゃあ①(一騎打ち戦)の商品って何?

①(一騎打ち戦)商品例
・手作り(大量生産が難しい)
・賞味期限が短い(遠くまで運べない)
・地元の食材、生産者限定の食材(大量に手に入らない)

②(間隔戦)商品例
・機械で大量生産できる
・賞味期限が長い(遠くへ輸送可能)
・常温で運べる(運送費安い、倉庫に積み上げて置ける)
・原料が豊富に手に入る(輸入原料、たいしてこだわりのない原料)

まきばが作っている主力商品の一つがコロッケ。
コロッケと言えば大量生産のできる②の商品の最たるもの。

コロッケを①の領域にするために、
・魚沼の冬に降り積もる雪を使った天然の冷蔵庫で熟成(地域限定)
・じゃがいも一個一個手作業で下処理(手作り少量生産)
・お客様のご要望に沿ったオリジナルを対応(少量生産)
・揚げてあるのにレンジでチンでもサクサクの食感(差別化)
・中に新潟県産の茶豆入り(地元食材、入手困難、差別化)
としました。

こだわりを求めないお客さまには全くひびかずですが、こだわりを持ったお客様からは商品開発の要望を多数いただいています。

結果、顧客の明確化にもつながることができました。

by ma-ki-ba | 2019-05-13 21:37 | 日々のできごと | Comments(0)

ストイックな奴ら

まきばのゆかいな仲間でありストイックすぎる奴ら。

出荷担当の「ナベ」と「マッツン」だ。

今日、自分は彼らに謝らならないことがあった。

我ながら自分の意志の弱さに悲しみを覚えてしまう。

素直に謝ろう・・・。

「昨日ラーメン食べちゃいました」と・・・。

さっき勇気を出して謝りました。

彼らの軽蔑のまなざしが突き刺さる。

(ナベ)「普段サラダチキンを主食としている僕たちにとって、唐揚げ1個食べるだけでもどれだけ危険な行為であるか。分かってますか!!」

「ナベごめん。

 だけど・・・。

 さっき、

 お昼に俺の調理した味付け豚肉試食してたよな。」

(完)

by ma-ki-ba | 2019-05-13 15:52 | 生産者さん紹介 | Comments(0)

人体実験

f0121909_20385329.jpg
 缶コーヒー、体に悪いとわかっちゃいるけどやめられない。

 私も缶コーヒー毎日仕事しながら飲んでしまいます。

 ただし、飲むのは1日1本くらいにし、買うのはおおかた微糖のみ。

 また一気に飲みません、一日かけてすすってる感じ。

 毎日会社にの自販機の買ってるので、はっきり言って飽きてるし、おいしいとも思わない。

 ただ、落ち着くのが目的で買ってます(多分同じ考えの人多いのでは)。

 この本の題名こそ「成功する人は缶コーヒーを飲まない」ですけど、書いてある内容は食べたものが人体に及ぼす影響について事細かに紹介しているというものでした。

 ちょっとそれ自慢?って思われるかもですが現在自分は身長179cm、体重63~65kg(だいたい64kg)ほど。

 この身長だと平均体重70.5kg(BMI計算より)なので細い方に分類されるかもしれない。

 よくまわりからは、

「太らない体質なんでしょ」

と言われるけど全然太ります。

 めっちゃダイエット頑張ってるだろと思われるかもだけど、昔の超絶ダイエットしていたころに比べると好きなもの食べている(ただ、食べる量と種類とタイミングには一応気を使ってる)。

 ちなみに超絶ダイエットしていたころは逆に体重が増えて70kgになったことも(T0T)

 豚バラ肉1頭分(2枚で約8kgちょい)に近い重量今よりも重かったわけ。

 今までの体重経緯を思い出すと、

・高校までいくら食べても全く太らず(脂肪も筋肉も付かず。自分は太らない人間であると信じ切った)

・大学に入り、3度のごはん(しかも量がめっちゃ多い)の他に好きなお菓子を食べまくった(毎日遠足状態)

・留学から帰ってきた友達に一年ぶりに会って開口一番言われた言葉
「桑原、お前太ったなぁ~~」
(一瞬何を言われたのか理解できず。太った自覚全然なかった。)
 アパートに戻って姿見鏡見たら太ももお腹やばかった・・・

・一念発起しランニング、ボクシングジム、過度な食事制限で追い込む
(はじめは食べたいものを食べれないストレスが強烈過ぎた)
(食べ物豊富な日本に住みながら毎日飢餓状態)

・ボクシングのおかげで筋肉つけつつ減量成功、奇跡の体重59.8kg(練習後)

・社会人になり増体恐れて仕事後深夜のランニング&食事制限&我慢できず爆食のサイクル、体重70kg台

・食べる量、タイミング、食べるもの気を使い現在に至る

 これらの経験で分かったこと(自分の場合)は、

・頭の中(考え方)ですべてが決まる
・無理は続かない
・筋トレサイコー
・継続できるハードルの低い日課を続ける
・身近な人の親切な気遣いが一番厄介な敵となる

 この本読んだら朝のチョコレート習慣が減ってきた。

 頭が変われば行動が変わる。

by ma-ki-ba | 2019-05-01 20:38 | 日々のできごと | Comments(0)

筋トレメリット、棚卸。

f0121909_20151655.jpg
 皆さんご存知の通り筋トレには2億個のメリットがあります。
 メリットあり過ぎて何がメリットかわかりません。
 灯台元暗し。
 この本はそのメリットを棚卸てくれます。

・スケジュール管理がうまくなる
 毎日続けるには一日の行動を把握してどの時間にやるかを自然に計画するようになる。
(計画外の出来事が起こると心が折れる)

・モチベーションコントロール力が上がる
 テンションが高かろうが低かろうが寒かろうが暑かろうが続けるには一定のモチベーションをキープする必要があります。
 これ続けると、うれしいときも浮かれず、悲しいときも落ち込まず(いや、落ち込んでる)、無表情な人間になります。

・他力本願に頼らなくなる
 さぼったり食べすぎたりすると体重計の数値として自分に返ってくるというように自分のやったことが帰ってくることを実感する。
(新年のお参り行ったの1、2回?。でも毎日神棚とお仏壇にはお祈り実行。人事を尽くして天命も尽くす!)

・ZOZOタウンでサイズ失敗なくなる
 返品知らず(返品する勇気がない)

・他人の噂、批判あまり気にならなくなる
 2チャンネル、芸能界ネタ、噂話では基礎代謝は上がらない。

・ストレスに強くなる
 筋トレ中に内線するなって言ってるのに内線で呼ばれるとキレる
(しかも内容がしょうもない(「日本フードさんにお肉注文しましたぁ?」してねーし!)とさらにキレる。)

・いい悪あがきをするようになる
 毎日45回やっているゆっくり自重スクワット、30回当たりが苦しみのピーク。
 (「28・29・30・・・・、1・2・3」と心の中で数えるとちょっと新鮮な気分になる。)

 この他にあと1億9999万9993個あるメリットは是非自分で実感してください。

 

by ma-ki-ba | 2019-04-20 20:15 | 日々のできごと | Comments(0)

ゼロエマージナルコストエコノミー




フェイスブックにも乗っけましたが、まきばにX線検知器がやってきました!

普段生活してる人はなじみないですよね。

作った商品の中に異物が混入するのを防止するための機械です。

通常金属探知機とウェイトチェッカーの2つの機械はほとんどすべての食品製造工場さん導入してます。

金属の混入と商品のグラム不足(100gと表示してるのに実際は95gしか入っていない的なこと)防止の機械です。

このX線検知器を導入するとそれに加えて骨やプラスチックといった金属探知機で検知できない異物も防止できるという機械。

ひと昔前は1000万とも言われていました。

技術は進歩し価格もかなりこなれてきましたがそれでもいい車買えるような金額。

安心安全にはコストがかかるなぁとつくづく思います。

さて、話は変わり食品工場には定期的にお取引先様の品質管理担当者様による工場点検が行われます。

工場検査の前に事前に資料の作成を求められることがあります。

旧工場の時はこの資料作りが本当に精神的に苦痛だった。

「工場内の監視カメラの設置はあるか」

「X線検知器は設置してあるか」

「工場入り口にエアーシャワーはあるか」

小さな建物のまきばからしたらそんなものあるかい!って感じ。

振り返ると知恵を絞ってなんとかかんとか乗り越えてきたってかんじ(よくやったよな)

今月工場検査があります。

事前資料作成してみて驚いた。

当時できていなかったこと、やりようがなかったことが今はできている。

工場内カメラ確認して指示や確認するなんて考えられなかった。

定時になったらチャイムが鳴るなんて。

原料搬入・出荷口が二重扉。

内側整えたら次は外へ。

ユーチューブ、FBのお力拝借。

いざゼロマージナルコストエコノミー

by ma-ki-ba | 2019-04-05 20:55 | 生産者さん紹介 | Comments(0)

キレッキレ お花畑まっちゃん

まきばの事務スタッフお花畑まっちゃん。

自分の能力を最大限活用してお仕事頑張ってくれてます。

そんなまっちゃんここ2,3日とてもドタバタ大忙し状態でも頑張ってくれていました。

先日のこと、この日も遅くまで頑張ってくれました。

おかげで私もここ数日仕事が終わるまで事務所で作業してました。

(まっちゃん戻ったら少しだけでも本読むか・・・)

自分一人になったら事務所のエアコンOFFにして、ヒーターに切り替えるという省エネスタイルに切り替えるのが習慣。

ヒーターを自分の脇の位置に置いたその瞬間!

(まっちゃん)「一人で何やってんですか!ひどくないですか!!」

(意味不明???)

ヒーターの位置移動しただけで・・・、なぜ?

エアコンつけてたけどまっちゃん寒かったらしく、そんな中自分がヒーターを独り占めしたと思ってさっきの言葉が!

いつもほんわかな表情の裏を一瞬垣間見た気がしました。

by ma-ki-ba | 2019-04-05 20:37 | 日々のできごと | Comments(0)
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
最新のトラックバック
大和商工会東支部のIT勉..
from @南魚沼市
ba/ba
from お悩み解消ネット
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧