”おいしい豚肉”   まきばのホームページはこちら →
 ”おいしいごはん” 魚沼炊飯のホームページはこちら→

uonumamakibaをフォローしましょう


オモシロおいしい魚沼をお届け中
by ma-ki-ba
プロフィールを見る
画像一覧

チョ~新鮮な魚沼豚のモツが反響を呼んでいます (>〇<)うれし~!!その4

 豚屠殺についての続きです。

 前回一晩屠殺場の小屋に泊めて落ち着かせることで、ストレスを減らして高品質な肉質にすることが出来ると言いました。

 なるほど、そうか。

 それなら自分もそうやってみよう、またはそのような屠殺をしている豚を仕入れよう(^_^)、と思った人もいるのでは。

 しかしこれが簡単ではないのです!

 今までの長きに渡る屠蓄場の人たちとのお付き合い、良い人間関係によって、特別に優待してもらってるんです。

 それに手間もかかるんです。

 一晩屠殺場へ豚を泊めるから、農場との行ったりきたりが大変(>_<)
 片道一時間半ですから~

 本当にこだわりを持っている人は手間隙を惜しまないんですね。

 いやー頭が下がりますm(_ _)m ハハー

 この良い素材をどんどんPRさせていただきますよ~

 みなさん一度食べてみて、おいしさのあまり感動の涙を流しましょう


 
f0121909_204007.jpg
 
左が新鮮な豚のレバーです
f0121909_2040156.jpg

早速焼いて食べてみました。プリップリです!!!!
[PR]
# by ma-ki-ba | 2007-03-13 20:41 | 営業物語 | Comments(0)

モツ煮込みの勉強ですp(^^)q

f0121909_20412850.jpg

今日は群馬の営業帰りに有名モツ煮込みの店に寄りました
お昼時で店内満員
自分も食べましたよ
ご飯の量がハンパじゃない!
残すと起こられるので頑張って食べましたよ
いや店員さんの素早い対応に驚いたっすm(__)m
[PR]
# by ma-ki-ba | 2007-03-12 20:41 | 日々のできごと | Comments(0)

チョ~新鮮な魚沼豚のモツが反響を呼んでいます (>〇<)うれし~!!その3

 豚をつぶした後に温度を下げることと、屠殺場に一晩豚を泊めること。

 いったい何の関係が・・・・???

 と思われた方もいるでしょう。

 ここで登場するのが「豚のストレスについて」。

 豚は(見た目とは違い)とってもストレスに弱い動物なんです。
 ストレスで発生する病気はたくさん。
 いかにストレスをかけないで飼育をするか、養豚農家さんはいろんな工夫をしてますよ。

 ストレスを感じる要因に「移動」があります。

 豚が移動するのは、子豚から成長するに当たって部屋を変えてゆくとき、そして成長した豚を屠殺場へ運んでゆくときなどが主です。

 豚をトラックに乗せ、屠殺場へ運ぶと強いストレスから体温上昇!!(#^-^#)ホットホット

 そのまま屠殺をして出来た肉は熱を持ってしまいます。

 豚の体内の血が早く抜ける(放血「ほうけつ」)ほど温度は下がるんですけど、興奮状態の豚はなかなか放血がうまくゆかない。

 
 豚を落ちつかせした状態で屠殺するにはどうすれば・・・・・・。 !!!!!分かった

 豚を屠殺場へ一晩泊めて落ちつかせよう(^0^)

 涌井さんは思いついたわけなんですね~ 続く

 
f0121909_9584644.jpg

[PR]
# by ma-ki-ba | 2007-03-10 09:59 | 営業物語 | Comments(0)

チョ~新鮮な魚沼豚のモツが反響を呼んでいます (>〇<)うれし~!!その2

 屠殺・・・一見残酷のような気がするかもしれませんが、私たちがおいしい豚肉を食べるために必要な工程です。

 涌井さんの屠殺へのこだわり、それは「屠殺前日に豚を屠殺場へ運ぶこと」です。

 ???と思われた方いるでしょう。

 まず、屠殺とは生きた豚をつぶし(命をいただき)解体する作業です。
 お肉は冷蔵庫に入れて保存することでも分かる通り、低温で保存することで鮮度を保ちます。

 豚もつぶした後にすばやく温度を下げることで鮮度の良い肉質が保てるのです。

 そう!問題はいかにすばやく温度を下げるか(だからといって水に浸すわけにはいきませんけどね。びちゃびちゃにしたらそれこそ台無し)。

 そこで涌井さん思いついた。

 「そうだ、屠殺場に豚を一晩泊めよう」と・・・・・??????? 続く

 
f0121909_9423657.jpg

[PR]
# by ma-ki-ba | 2007-03-10 09:52 | 営業物語 | Comments(0)

チョ~新鮮な魚沼豚のモツが反響を呼んでいます (>〇<)うれし~!!

 以前ブログでも紹介した魚沼のモツ(知らない方は2月10日のブログ見てね)を日々みなさんにPRしております。
 新鮮なタン(舌)・ハツ(心臓)・レバー(肺)・ナンコツ(のどの部分)・白生モツ(小腸、大腸、胃袋など)を喜んでくれるお客様はダレだろうと考え、素材にこだをりを持たれている居酒屋様という答えを導き出しました。

 魚沼のチョー新鮮豚モツ(内臓を総称して「モツ」と呼びます)についておさらいしますね。

 魚沼のロケーション抜群の高原で、こだわりの飼育をしている涌井さんの豚のモツです。
               ↓涌井さん(いつもニコニコです)
f0121909_91437.jpg


 この涌井さん、飼育方法とエサにこだわっているのはもちろんのこと、屠殺のタイミングにも高品質な肉にするためのこだわりがあります。

 それは・・・・
[PR]
# by ma-ki-ba | 2007-03-10 09:18 | 営業物語 | Comments(0)

まきばの特集が載りました!!

以前にブログでも紹介しました「コメリさんのホームページ」の日本各地のこだわりの農家さん、お店、メーカーを紹介するページにまきばの特集が載りました!

作業風景や、豚肉に関するこだわりなどを掲載しました。

毎月新しい情報を更新してゆこうと思います。

こまきばのホームページとこのページを通してまきばのこだわりをみなさんにどんどんPRしてゆきたいと思います。

乞うご期待です(^-^)v

f0121909_22214270.jpg

[PR]
# by ma-ki-ba | 2007-03-07 22:21 | まきばのできごと | Comments(2)

人の波動について

まきばではパートさん・社員さんみんなが同じ雰囲気を持っています。

とても明るくて(朝が苦手な課長は朝テンションが低いですが)ほんわかしています。

まきばの社長がやはりそんな雰囲気を持ってます。

お店でも丁寧なお店とぶっきらぼうなお店ありますよね。

自分は、その会社や店の社長、つまりトップの人柄がやっぱり隅々まで出るんだなと思うんです!

同じオーラというか雰囲気ところに同じオーラを持った人たちが吸い寄せられるんじゃないでしょうか?

最近新しくお客様になっていただいた方はみんなほんわかしてます(偶然でしょうかね)。

う~ん。

オーラの泉をみて勉強してみよう(^。^#)ミワサーン
[PR]
# by ma-ki-ba | 2007-03-06 21:19 | 日々のできごと | Comments(0)

おいしい生モツの作り方

モツって臭みがあって苦手な人多いですよね。

臭みの原因は、鮮度・汚れ・豚の食べたエサの原料などいろいろです。

では、まきばのモツのくさくない理由は何か!

1、チョー新鮮
  まきばでは、毎週火曜日に屠殺(つぶすとも言います)された豚のモツがその日のうちに、金曜日屠殺された豚のモツでは翌日ににゅうかされるんです。
  だから鮮度はチョー、チーヨーウ~ばつぐんなんです。

2、植物性原料100%のエサを与えてるんです
  このモツのもととなる豚のエサがポイント。
  まきばではモツのもととなる豚の成長期に与えているえさは植物性100%!!
  動物性原料を与えるとどうしても臭みが出てしまうんです(でも栄養価が高いので成長が早くて効率的)。
  まきばの豚は、植物性原料100%で育てるから成長が遅くてコストがかかる。
  でも豚はじっくり育てるほど成熟しておいしくなるんだよ(^0^)/

3、きれいきれいきれい。まきば名物モツの3度洗い
  まきばではモツを3度洗います。
  ただ3度洗うんじゃないんです。
  1度目、2度目は「小麦粉と塩」をまぶして洗うんです。
  すると汚れがどんどん落ちる落ちる。
  3度目には仕上げの水洗い。
  良く洗うから1kgのモツは900gと1割減ってしまうんです。
  おいしいもつを食べてもらうためにコストと手間をかけてもきれいに洗いますよ~

 以上がまきばの持つのおいしさの秘密です。
 
 今年の夏はみんなでバーベキューしよう!!
f0121909_19463934.jpg

[PR]
# by ma-ki-ba | 2007-03-05 19:46 | まきばのできごと | Comments(0)

南魚沼は生モツがお好き

みなさんモツまたはホルモンといったら何を思い浮かべますか?

まきばのあるこの南魚沼(旧大和町)ではモツといったら「豚の生モツ(小腸、大腸、ガツ、テッポウなど)」のことをさしま^す。

生モツを屋外で炭火で焼いてタレをつけて食べるのが最高!!

ゴールデンウィークの田植えシーズンや、お盆、秋の稲刈りシーズンにこの「モツ焼き」をするのが定番なんです。

まきばの店舗(小売スペース)は2坪程度ですが、お盆になると一日に30~40万円も売れるんです。

これはもう殺人的な忙しさです。

でも、ただ生モツを置いていれば売れるというものではないんです。

おいしく生モツを食べていただくためにまた手間隙がかかってるんです。

それについてはまた後日(^0^)/マタネ-
f0121909_1731766.jpg

[PR]
# by ma-ki-ba | 2007-03-04 17:31 | 日々のできごと | Comments(0)

子豚には専用のおっぱいが決まっている!?

 おはようございます。

 今日は、豚に関する知識を載せてみます。
 (知識について書くと自分も勉強になります)

 生まれたばかりの子豚が飲むおっぱいについてです。
 
 豚は一回に大体何頭生まれるか分かりますか。
 答えは平均12頭。

 お母さん豚には左右7個ずつ、合計で14個のおっぱいがあるんです。

 そして生後3日目くらいに自分専用のおっぱいが決まるんです。

 なんと一度おっぱいが決まると3~4週間後の離乳時期まで自分専用のおっぱいをかえないことが多いんです!!

 目がいいのかな?それとも鼻がいいのかな?
 この時期多くミルクの出るおっぱいは強い子豚が取ってしまいます。

 生まれてすぐに競争が始まってるんですね~(・_・)/ウーン、厳しい世界だ


f0121909_8482748.jpg

[PR]
# by ma-ki-ba | 2007-03-01 08:48 | 商品開発 | Comments(0)
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
最新のトラックバック
大和商工会東支部のIT勉..
from @南魚沼市
ba/ba
from お悩み解消ネット
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧