人気ブログランキング |
 ”おいしい豚肉”   まきばのホームページはこちら →


uonumamakibaをフォローしましょう


オモシロおいしい魚沼をお届け中
by ランチェスター戦略実践肉屋(有)まきば 桑原一成
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2014年 08月 ( 65 )   > この月の画像一覧

面白い!ヒカキンTV

 ユーチューブを日々UPしてます。

 ユーチューブ動画をUPしている人たちならよくわかると思いますが、超人気のユーチューブ投稿者である人気ユーチューバーがいます。

 その中でも、ピカイチなのがヒカキンさんではないでしょうか。

 質より量を目標に投稿してる私ですが、ヒカキンTVの面白さを見てしまうとこんな適当な動画投稿でいいのかな?と不安がよぎります。

 はじめから気合を入れすぎると長続きしないと思うから、やっぱり自分はまずは量を稼ごうと思います。

 同じ新潟出身のヒカキンさん。

 勝手にとても頼もしく感じてます。

072.gifまきばのホームページの「いいね!ボタン」
 をポチッとな~(古ッ!)
 お願いしま~す(^-<)bヨロシクー


 まきばのホームページはこちら⇒http://www.makiba.co.jp/
by ma-ki-ba | 2014-08-12 23:16 | まきばのできごと | Comments(0)

またやりましたよ!村の青年団でレッツもつ焼き 新潟県南魚沼市

 お盆が近づいてきました。

 私の村では、毎年8月15・16日が村祭りのためお盆がとにかく忙しい。

 村の青年団が祭りの準備、計画すべてを行うためとにかくお盆は寝る間もないくらい忙しい。

 昨日8/10(日)は、祭り前の最後の日曜日。

 毎年朝9時から祭りの会場となる神社の掃除、子供たちの神輿(みこし)作りを行います。

 (ちなみにこの日、私は村の農区長という役職もかねているため朝5:30から村の草刈作業もあったのでした)

 神社掃除、神輿作り、そしてお祭りの屋台で使うビールサーバーのお掃除も終了。

 名目上、ビールサーバーの本番前テストと称して毎年お昼ころから青年団みんなで「もつ焼き」をしながらビールで乾杯がはじまります。

 まずは、もつ焼きのための炭火おこし。



 「もつ焼き?何ぞや?」

 そう思われた方もいるかもしれません。

 実は、私の住んでいるここ魚沼地域(特に北魚沼に位置する小出と、南魚沼に位置する旧大和町)では、昔から豚の新鮮な生ホルモンを炭火で焼いて食べるのがみんな大好き!(狂ったくらいに好き)

 普通はバーベキューといいますけど、この地域では生ホルモン8~9割、肉やその他1~2割の割合のため「もつ焼き」(生ホルモンのことを生モツとも言う為)と呼んでいるんです。

 いい感じに炭がおきたので、みんなでもつ焼き開始です!



 ご覧のとおり、豚のホルモンがほとんどです。

 さあ、焼けてきました。

 私のすぐ横にいるK君。

 大食漢のK君、焼けたものを自分のお皿にドンドンストック。



 「お前、取りすぎだろう!」

という、私のツッコミも音声に入ってた?!

 おそらく、1年間でこういう機会が5、6回はあります(当然魚沼は雪国なので、年の半分の雪のシーズンにはやりませんよ)

 つまり、雪の無い月に1回のペースでやっている計算。

 ヘビーユーザーは、2週間に1回はやってるかな?


 私の学生時代の友人(ちなみに私、埼玉の大学に行ってました)は、いまだに夏になると遊びにやってきます。

 仲間と夜空の星の下、このもつ焼きを我が家の前でやるのが恒例。

 もつをジュージューしながら、魚沼産コシヒカリのおにぎりと一緒にモグモグ。

 あまりにおいしいのか、居心地がいいのか、ちょっと迷惑じゃねぇ?って思うくらい毎年やってきます(高速のパーキングの適当なお土産持ってきてね「(´へ`;ウーム

 さらに、なぜか全部私のおごりという不思議なシステムが確立しているという(*゚▽゚)/゚・:*【祝】*:・゚\(゚▽゚*)

 まぁ、楽しいからぜんぜんOKです。

 先日、「今年もまた行くから待ってろ!」なんていうメールがきました。

 ずうずうしいけど楽しみに待ってるぞ!


 今年ももつ焼きが熱いです。

072.gifまきばのホームページの「いいね!ボタン」
 をポチッとな~(古ッ!)
 お願いしま~す(^-<)bヨロシクー


 まきばのホームページはこちら⇒http://www.makiba.co.jp/
by ma-ki-ba | 2014-08-11 22:44 | 日々のできごと | Comments(0)

私の商品開発思考(>▽<)b OK!!

 まきばの商品開発企画は私が担当しています。

 商品開発の企画をしている私ですが、

・日々料理を作ったりすることはほとんどなし

・外食をすることはかなり少ない

・これを食べたい!というこだわりがほとんど無い

・小さいころからガラスの胃腸といわれるくらいに胃腸が弱いので、食べること自体があまり好きではない

と、はっきりいって商品開発をしてはいけないような人間が商品の企画をしているのだから怖いものです。

 にもかかわらず、新規商品提案会ではかなりの高確率で商品をご採用頂いています。

 なぜか?

 たぶんですが、商品開発のコンセプト作りが他の会社さんと違うからだと思われます。

 毎度毎度ですが、常にランチェスター経営戦略(竹田陽一式)を参考にしています。

 詳しく紹介したいですが、かなり量が膨大になるので省略します。

 超簡単に言うと、自分の会社の規模でも1位になれる商品を考えて作るということです。

 たとえばですが、まきばにはお客様からこんな商品作れない?というようなご依頼を頂くことが多々あります。

 その開発の依頼を頂いた商品案が、市場規模が大きなとってもメジャーな商品の場合、超テンションが下がります。

 たとえば、ミートボール。

 【超テンションが下がる理由】

・肉がミンチになってるからこだわった肉を使っていようが消費者さんからはわかりにくい。

・とてもこだわった調味料を使い、添加物を不使用のポリシーのまきばが作ると価格がとても高くなりミートボールの域を超えた商品価格になってしまう。

・定量生産に適した商品なので、大量生産が得意な大手さんがとっても有利に、手作り製法のまきばはとっても不利になってしまう。

・ミートボールは世間一般に広く知られているメジャー商品だからたくさんのメーカーが作っていて、競争相手がとにかく多い。

 言い換えるとミートボールは高校野球です。

 日本全国にたくさんの高校球児がいて、日本全国が注目している人気スポーツです。

 地区予選を勝ち抜き、全国大会に出場し、全国の猛者たちを倒してようやく頂上へ!

 頂上に行けるチームは、部員が百人以上いて、全国からすごい逸材を集め、最高の環境で練習するわけです。

 いわば「大企業」。

 そこへ、ど田舎の野球をしたくても部員が2、3名しか集まらないような零細企業が勝てるわけが無いわけです。

 それならばどうするか。

 そんなど田舎の少数の部員でも勝てる競技種目を見つけるんです。

 見つからなければ無理やり作るくらいの勢いです。

 昔なつかしの「すごいよ!マサルさん」のセクシーコマンドー部くらいの勢いです。
 (漫画ではセクシーコマンドー部も全国大会ありましたけど・・・)

 話がよくわからない方向に行きましたが、そんな感じで商品開発をしているのでした。

 (どんな感じだ!ビシッ\(-д-;)オイッ)


072.gifまきばのホームページの「いいね!ボタン」
 をポチッとな~(古ッ!)
 お願いしま~す(^-<)bヨロシクー


 まきばのホームページはこちら⇒http://www.makiba.co.jp/
by ma-ki-ba | 2014-08-11 22:12 | 商品開発 | Comments(0)

まきばで実践!顧客維持戦略

 実践ランチェスター戦略です。

 私の参考にしているランチェスター経営(竹田陽一式)。

 まずは勉強で学び、それを実践して体験した失敗・改善等をご紹介。

 【原則】
 顧客維持戦略。
 苦労して作ったお客。
 そのお客を失わないように顧客対応をきちんと実行。
 お客から好かれて気に入られるようにするべき。
 特に規模の小さな会社は顧客維持対応の対策が重要となる。




 この原則の中のひとつに「感謝を態度で示す」があります。

 自分の家の中でもそうですけど、朝起きたら「おはよう」、食事前に「いただきます」、食後は「ごちそうさま」、何かしてもらったら「ありがとう」。

 これを言うかいわないかだけでも雰囲気はまったく違います。

 学生時代に読んだ本でこういうマナー的なことが書いてありました。

 それ以来、家の中で言うのはちょっと恥ずかしい気もするけど言うようにしています。

 さて、この感謝、心で思っていても実際に口に出さないと伝わりません。

 「ちゃんと心の中で思ってるよ!」という人いるかもですけどやっぱり思ってるだけだと伝わらないのです。

 あと、感じるのは仕入先さんはじめ仕事上で電話をすると、話中で電話がつながらないことがしばしばある。

 (急いでるのにまだ話中?)

 少しイラッとします。

 でもそういう会社でも、パンフレット見ると「わが社はお客様第一主義!」とか書いてあるから笑っちゃいます。

 (電話回線一つ増やしなさいよ)

 ということで、まきばでは感謝を態度で表す行動をしようと決めてあることを実行しています。

 それは、お客様からのご入金後の感謝のFAX。

 私が入社してまもなく、まきばは小さい会社だし、頻繁に出張してお客様と面会できるわけでもなく、商品の価格も高めであるためとにかく他社がやらない泥臭いことをせにゃいかん!

 その思いから、お客様からご入金を頂いたらその感謝をFaxでしめそう!と考えたのでした。

 これもすべてランチェスター経営(竹田陽一式)の教えです。

 そこで、達筆であるまきばの常務にこの感謝のメッセージを書いてもらうことをお願い。

 雰囲気が出るよう筆ペンで書いてとお願い。

 しかし、初めてのことだったのではじめ常務は

 「入金してもらう都度手書きのFAXなんて送ってる会社ないよ。

 それに、なんだかとっても恥ずかしいから嫌だなぁ」

と言っていました。

 「他社がやらないから差別化になってインパクトをお客様に与えることができるんだよ!」

と説得。

 それから、私の月1の魚沼通信と、常務の月1のご入金の感謝のメッセージFaxが始まったのでした。

f0121909_7402490.jpg


 すると数日後、お客様とのやり取りの電話の中で、

 「ところであの感謝のメッセージFAX驚いたよ。

 すごい達筆だねぇ~!」

と、お客様からのお褒めの言葉が相次いだ!

 それを常務に話すとこれまた常務も喜び、かつお客様への感謝の気持ちも伝わり気分はよくなります。

 それからというもの、今現在もこの感謝とお礼のFaxは継続されているのでした。

 こんなことを言ってくれたお客様もいました。

 「いやぁ、あの達筆のメッセージには驚いたよ。

 それに比べてお前がくれる魚沼通信の字はほんと汚くて読みにくいなぁ~]^▽^)キャッキャッキャッ」

(当初の魚沼通信は手書きでした。ちなみに書いてる本人はとっても丁寧にきれいに全力で書いているのでした・・・)

(私)( Σ( ̄Д ̄;)がーんっ!)

 下手字が、お客様にインパクトを与えて記憶に残ってる・・・・

 当初の目的達成!

 (気分は少し複雑ですが)大成功です。

072.gifまきばのホームページの「いいね!ボタン」
 をポチッとな~(古ッ!)
 お願いしま~す(^-<)bヨロシクー


 まきばのホームページはこちら⇒http://www.makiba.co.jp/
by ma-ki-ba | 2014-08-10 07:45 | 実践ランチェスター経営戦略 | Comments(0)

阿部キノコ園さんのえのき育成過程の紹介 新潟県南魚沼市

 地元食材を使った商品作りをしているまきば。

 実際に使用している食材がどのようにして育てられているのかを知ると、紹介するときの力強さも変わってきます。

 だから、最大限その生産現場まで見せてもらうよう生産者さんにお願いをしています。

 まきばでは、地元のキノコを使った商品も作ってます。

 キノコの混ぜご飯の素、キノコ入りメンチカツなどなど。

 実際にそのキノコの仕入れも自分たちで伺います。

 一見無駄に思えるようなことですが、生産者さんとコミュニケーションをとる為に重要なことです。

 先日、魚沼でえのきを作っている阿部キノコ園さんにえのきを引き取りに行ってきました。

 えのきをもらう前に、

 「阿部さん、えのきの生産現場見せてもらえるかな?」

とお願いすると快くOKしてくれました。

 えのきを栽培している奥の部屋へ。



 この日も猛暑でとにかく外は暑い。

 しかし、えのきの部屋に入るとひんやりしていて長くいると肌寒いくらい。

 たくさんのえのきが、顔を出している。

 湿度と温度を一定に保ち、えのきを育てる。

 さらに次の部屋へ。

 芽が出はじめたばかりの段階の部屋でした。

 キノコが生えてくる容器の中にはぷつぷつと魚の卵のようにもみえる目が出たばかりのえのきたち。

 

 
 えのきを栽培する工場は基本的に平屋建てなんです。

 理由はえのきを育てる際に維持しなければならない湿度。

 もし二階建てだと、常に湿度を与えなければならない為木が腐ったりしてしまうので床はコンクリート使用にせねばならない。

 二階建てで床をコンクリート使用にするにはとても強靭な建物にする必要があり、コストも高くなる。

 だから平屋建てが主なのだそうです。

 さらに、少しでも効率的にキノコが早く育ってくれれば、工場内の回転も速くなるわけです。

 そこで考えられたのがキノコに与える光の工夫。

 青白いライトがキノコの部屋には設置されていて、その光は通常の光よりも育成速度を早めてくれる。

 一見シンプルに見えるえのきの栽培の影には多くの工夫がありました。

 こういう見えざる工夫をどんどん紹介して、皆さんに親近感を持ってもらえるようこれからも続けてゆきまーす。

072.gifまきばのホームページの「いいね!ボタン」
 をポチッとな~(古ッ!)
 お願いしま~す(^-<)bヨロシクー


 まきばのホームページはこちら⇒http://www.makiba.co.jp/
by ma-ki-ba | 2014-08-09 13:48 | 生産者さん紹介 | Comments(0)

地産地消 惣菜・加工品の商品提案会へ  まきば新潟県南魚沼市

 昨日、新潟市へ地元新潟県産の食材を使ったまきばの地産地消の惣菜・加工品の商品提案会に参加してきました。

 ちなみにこの日は朝4時起き( ̄□ヾ)ネムー

 父と母に協力してもらい、出品商品の調理、カット、盛り付けを。

 私は、提案会の備品の準備、ポップ・チラシの作成、準備を!
 (前の日にやっとけっちゅ~の!)

 6時半過ぎ出発、8時10分前に会場到着(ちょっと飛ばしすぎたかも・・・)

 会場準備をしていざ商品の提案です。



 会場入り口まん前という超度級にすばらしいポジション。

 気合を入れて商品を提案しました。

 とってもおいしい!という言葉を多数いただけてうれしい。

 当然手厳しいご意見もしばしばいただきました。

 この意見は次への糧とします。

 一番人気はなんといっても、雪むろで低温熟成させたじゃがいもを使ったコロッケ。

 今回は、新潟県の上越で採れた茶豆(高級品です)を練りこみました。

 やっぱり地元新潟の食材を使ってなんぼでしょう。

 ポップや、チラシや、ipad動画を駆使してめっちゃインパクト&簡潔に説明しました。

 ちなみに今回提案した商品は、

・(先ほど紹介)雪むろ熟成じゃがいもの新潟茶豆入りコロッケ

・ピーマンの肉詰め

・ピーマンの肉詰めフライ

・茶豆入りふんわり肉詰めいなり煮(ボイリングパック)

・ロールキャベツトマトソース味(ボイリングパック)

・新潟県産豚のメンチカツ

 以上6品。

 実はこのラインナップ、ランチェスター差別化戦略に照らし合わせ、他社との差別化を考えた上で選定しました。

 【選定ポイント】

・他社が作りにくい(主に手作りでないと作れない)

・地元新潟県の食材を使用している

・お客様の意見を取り入れて作られたものである

・調理をした際に失敗する可能性が低い

・6品全品アレルギー食品の代表格であり多くの商品に通常使用されている「乳」と「卵」を使用していない

 これらを、試食する方が留まっている数秒~数十秒の間にわかりやすく説明するわけです。

 

 多くの方に提案しているとうれしいことがいくつか起こります。

 当然おいしい!といってくれるひとがいればうれしい。

 また、「以前この商品使ったことあるんですよ。とっても好評で食べたみんなが喜んでたのよ!」なんていわれた時にはテンションMAX。

 まきばの商品の特徴、思いをお客様へ直にうったえることのできた有意義な時間でした。

072.gifまきばのホームページの「いいね!ボタン」
 をポチッとな~(古ッ!)
 お願いしま~す(^-<)bヨロシクー


 まきばのホームページはこちら⇒http://www.makiba.co.jp/
by ma-ki-ba | 2014-08-08 22:30 | 商品開発 | Comments(0)

出荷商品を梱包、バンド結束!出荷プロ集団まきばアクセス

 まきばで日々製造される商品は、まきばの物流部門「まきばアクセス」でピッキング、梱包、出荷されます。

 私が、商品のお見積もりや商品の仕様書と呼ばれる書類を作成する際に、いつもこのまきばアクセスに質問します。

 「この商品なら、ダンボールNO.2にいくつ入る?」

 「運送便の重量制限いっぱいまで梱包して送料抑えたいんだけどいくつまでならいけそう?」

 「あの商品在庫、あといくつストックある?」

 これらの質問に即答してくれるので、私の作業のスピードもアップし大変助かってます。

 また、手前味噌ですがお客様から

 「まきばさんの出荷はミスが驚くほど少なくて助かっている」

という評価をたくさん頂くのでした。

 さて、そのまきばアクセスで行われている作業のひとつバンド結束作業の様子です。

 バンドで結束することで、荷崩れを防止。

 さらに、今現在送料が高いので結束することでひとつの荷物となり送料を抑えるというメリットもあるのです。



 簡単そうに見えて実は難しい。

 重いものを誤って上に乗せてしまえば箱つぶれの原因となりクレームがきます。

 慎重かつ丁寧かつ、とにかくスピーディーに。

 緊張感とセンスが求められる仕事なのです。

072.gifまきばのホームページの「いいね!ボタン」
 をポチッとな~(古ッ!)
 お願いしま~す(^-<)bヨロシクー


 まきばのホームページはこちら⇒http://www.makiba.co.jp/
by ma-ki-ba | 2014-08-08 22:10 | 営業物語 | Comments(0)

豚肉冷凍スライス&袋詰め 製造工程紹介  まきば新潟県南魚沼市

 まきばがもっとも得意とする豚肉の冷凍スライス&袋詰めの製造工程です。

 お客様のご希望のスライスの厚みに設定。

 きれいにスライスします。

 冷凍スライサーの性能が良いため(1年ちょっと前に新たに購入!)一定のスライス厚でスピーディーにスライスができます。

 ここできれいにスライスされたお肉は、これまたきれいに袋に詰めてゆきます。

 ここでひとつポイント!

 単に袋に詰めるのではなく、少しお肉をスライドしてずらしてから袋詰めするんです。

 お肉が少しスライドするだけで見た目の印象がまったく違うんです。



 このひと手間が、いわゆる商品がお客さんに「手にとって!」とうったえているようだと言っていただけるゆえん。

 見えないところで結構こういう一見無駄に見えるようなこだわりがちりばめられているのでした。


072.gifまきばのホームページの「いいね!ボタン」
 をポチッとな~(古ッ!)
 お願いしま~す(^-<)bヨロシクー


 まきばのホームページはこちら⇒http://www.makiba.co.jp/
by ma-ki-ba | 2014-08-08 21:52 | まきばのできごと | Comments(0)

ワンリソースマルチユース

 レバレッジ。

 いわゆるてこの原理です。

 ひとつの力で何倍もの成果を出す。

 ささやかながら日々これを心がけてます。

 そのひとつがSNS。

 ユーチューブの動画量産を実行中。

 一日に1個は動画を投稿。

 この動画に、

・リンクを貼り

・タグを付け

・グーグル等でヒットするためのキーワードを付ける

 グーグルを大きな地図とすれば、ユーチューブ動画は小さな小さな看板。

 どんなにきれいで大きな看板を作っても、その数がひとつしかなければ人の目に触れる可能性は低いわけです。

 いわゆる映像にこだわり、音楽をつけ、登場する人もとっても美男美女的な動画。

 でも、ほんのベニア板に「まきばはこっち→」みたいにマジックで書いただけの粗末な看板でもその本数が数万本にもなれば多くの人の目に触れてまきばの場所はわかりやすくなるわけです。

 私が今やってる動画投稿がまさにそれ。

 今日も、まきばのゆかいすぎる事務スタッフ小川ドン(ちなみに女性です)に、

 「一成さんのなんだかわけのわからないことぼそぼそ言ってる動画、あれいったい何なの?ハラホロ~( ̄∇ ̄)~ヒレハレ」

と言われちまいました(後でパンチ!)

 私の投稿している動画はよほど粗末なベニア板の看板のようです。


 さて、先ほどのレバレッジですが、動画を1個投稿して終わりではレバレッジになりません。

 ひとつの資源(リソース)は、多くのシーンで使いまくります(マルチユース)。

 投稿した動画は、ブログで紹介。

 ブログに掲載した記事は、自動的にフェイスブックへ更新される。

 また、ブログもこれまでエキサイトブログ一本でしたが、今現在プラス3つのブログを開設。

 とっても汚い私の動画は、少なくともフェイスブック、ブログ4つで紹介されているのです。

 また、ユーチューブ動画自体がグーグルの検索エンジンに引っかかる。

 私の汚い粗末なユーチューブ動画がどんどんと増殖してまきばのホームページにいろんな方を導いているのでした。

072.gifまきばのホームページの「いいね!ボタン」
 をポチッとな~(古ッ!)
 お願いしま~す(^-<)bヨロシクー


 まきばのホームページはこちら⇒http://www.makiba.co.jp/
by ma-ki-ba | 2014-08-08 21:42 | レッツ筋トレ | Comments(0)

出張・営業のときに心がけてる面会件数

 私がとっても参考にしている経営戦略がランチェスター経営戦略(竹田陽一式)。

 社会人1年目から本、CD、DVDを購入し学習してます。

 (友人知人からは頭がおかしいのか?位にいろいろと言われました)

 金額を累計するとちょっとした良い車が購入できるくらいでしょうか。

 さて、そこで学んだことを実際に実践しうまくゆくこともあれば、うまくゆかないことも当然あります。

 うまくゆかなかったときは自分のやり方が悪かったときです。

 単に頭で勉強しただけでなく泥臭く実行して失敗したことなど何かしら参考になればと思いご紹介。



◎営業マンの仕事内容を分析

 【原則】
 営業マン。
 仕事を取って売り上げをもたらすのが仕事です。

 営業マンの日々の仕事内容は大まかに3つ。

 1、移動時間

 2、社内業務時間

 3、面談、コミュニケーション時間

 移動時間は、たとえば出張してお客様のところへ向かうときの時間です。

 社内業務時間は、たとえば会社で朝礼をしたり、掃除をしたり、書類を作ったり、報告書や日報を書いたりなど社内で行う業務の時間です。

 面談・コミュニケーション時間は、実際にお客様のところに到着して商談したり、挨拶したり、商品のサンプルを差し出したり、見積もり案件を獲得したりと次の仕事につながるために費やす時間です。

 結構これらの仕事をこなすとき特に何も思わずにやってる人が多いのでは。

 会社に売り上げ・利益をもたらすこと=生産性

 生産性を基準に考えると、

 移動時間=生産性マイナス

 社内業務時間=生産性△

 面談・コミュニケーション時間=生産性◎

 まず、移動している時間=お金をばら撒く時間といえます。

 新幹線、電車、車。それぞれお金がかかってます。

 さらに、移動している間の自分の人件費も考えるとかなりの高額なお金をばら撒いている状態です。

 社内業務時間は、たとえばきれいに日報を書いたとしても「君の日報きれいにかけてるから仕事をあげよう」なんてお客さんはいないわけです。

 でも、依頼されてる書類を作って提出しなければほかの人に迷惑等をかけることになるので最低限のことをせねばならない。

 だから生産性は△。

 できれば、重要でない仕事は短時間でパッパと片付けましょう。

 面談・コミュニケーション時間は生産性◎。

 商談から次の仕事のきっかけが生まれるわけです。

 ちょっとしたお話をしてたらたまたま仕事をゲットしたり、何度も面談してるうちに親近感を持ってもらって案件を持ちかけてもらったりと、自分の予期せぬ展開もたくさん出てきます。

 しかし、これらの生産性を意識してないと、

 「今日は東京から北海道のお客様まで訪問して商談したぞ(ちなみに訪問件数1件)。

 いやぁ~長旅で疲れたなぁ。

 いい仕事をしたぞぉ。

 自分へのご褒美においしい夕食とおいしいお酒で乾杯だ!」

なんて、長距離移動して疲れたこと=いい仕事をした、と勘違いしてしまうわけです。

 ライバルの同業他社と比べて、いかにして移動時間、社内業務時間を短時間に、かつ面談・コミュニケーション時間を長くするか。

 これが相手に勝つために重要なわけです。


 【実践】

 はじめてこの内容を勉強したとき、

 「なるほど!すげえ良いこと知ったどぉ~」と思い、前職の新人時代とにかく訪問件数を増やすことを心がけた私。

 通常、会社の先輩方が一日4~6件の訪問のところ、多い日には20件訪問しました。

 1年が過ぎました。

 多少は営業成績あがり、見積もり依頼も増え、顔も覚えてもらいました。

 しかし、費やしている労力と比べると成果が恐ろしいほど出ていない・・・

 (なぜだ?)

 営業目標にも遠く及ばず(多少はあがりましたけど)・・・。

 毎日こんなに訪問してるのに。

 会社に帰るのもダントツで一番遅いのに・・・・。

 (なぜだ?)

 今振り返ってみて思い当たる営業成績不振の原因、

・訪問件数は多いが営業内容がショボ過ぎた

 当時、商品知識が皆無だったので訪問しても「何か仕事ありませんか?」と声をかけてみたり、会社にあって適当なパンフレットを渡してみたりととにかく営業内容ショボかった。

 営業力=営業の質×面会件数の2乗

 面会件数のウエイトがはるかに大きいのですが、限りなく営業の質がゼロに近かったため成果が出ていなかった(ゼロには何をかけてもゼロであるからね)。

・訪問件数は多いが、訪問先が小規模だった

 当時、とにかく訪問件数を増やすことを第一に考えてた私。

 なので、ここに訪問して成約できればなんて考えはなく、会社の大小考えずにとにかく訪問(ある意味人間的には損得勘定がなくよいことではあるんですけどね)。

 おじいちゃん、おばあちゃん2人で切り盛りしている小さな会社さんに営業ゴールデンタイム(キーマンが会社に帰ってくる時間帯)に訪問したりしてました。

 他のライバル会社は、規模が多くたくさんの案件を持っているキーマンに営業攻勢。

 そんなときに私はおじいちゃんおばあちゃんと会話・・・。

 業績あがるわけはないのでした。


・社内業務がとにかく遅かった

 新入社員がはじめに感じるのは、その業界用語がチンプンカンプンでわからないこと。

 私は工作機械商社に入社したのですが、入社して2年半まで極端な話会社で、訪問先で何を話しているのかさっぱりわかりませんでした。

(お客様)「圧力計の〇メガパスカルでネジ径が〇〇の、SUS仕様の見積もりくれよ」

(私)「(〃゚д゚;A アセアセ・・・(何語?)」

 相手はメッチャ急いでるので、少しでもつっかえると容赦ない怒声を電話の向こうから頂きます。

 (3年間の前職生活のうち、2.9年までは私の仕事は怒られることであると思ってました)

 また、何をするにも完璧を目指してしまうという細かい性格も災いし、先輩たちが2・3分で終わる仕事に30~40分もかかってしまってた。

 生産性△の社内業務時間にこんなに時間をかけちゃってたため、当然時間がなくなり万年睡眠不足。

 おのずと効率も落ちるのでした。

 

 そんな私でしたが、長い間続けてゆくと徐々にまずい点が改善されてゆくから不思議。

 おそらく常人の2倍以上は時間がかかる長凡才人間なのでしょう。

 そんな私でも、前職を退社するまでの3年2ヶ月(だったかな?)のうち、最後の数ヶ月間連続して営業目標100%を達成することができたのでした。

 この時から多くの量をこなせばおのずと質に変わってゆくという意味の「量質転化」の言葉を座右の銘にしたのでした。

 面白いもので、売り上げが上がるようになったとき、某ライバル会社の営業マン(私より5歳くらい年上)からお客様の会社で辺りに誰もいない時にめっちゃ嫌がらせを受けました。

 (これって、俺のこと脅威に思ってるんじゃないの?)

 また、私が退職することが決まったとき誰から聞いたのかそのライバル会社の営業マンから私の携帯に電話が。

 「桑原さんやめちゃうんだって。

 でも、これからもがんばってくださいね!」

 (私)(こいつなんで普段と違ってこんなにすがすがいいんだ?)


 勉強したことは実践して、失敗して、改善して、ようやくかすかに成果が見える。

 簡単で!誰にもできて!高収入!

 今買えばあたるジャンボ宝くじ!

 私の経験ではありえない現象のようです。


072.gifまきばのホームページの「いいね!ボタン」
 をポチッとな~(古ッ!)
 お願いしま~す(^-<)bヨロシクー


 まきばのホームページはこちら⇒http://www.makiba.co.jp/
by ma-ki-ba | 2014-08-08 20:16 | 実践ランチェスター経営戦略 | Comments(0)
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
最新のトラックバック
大和商工会東支部のIT勉..
from @南魚沼市
ba/ba
from お悩み解消ネット
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧