人気ブログランキング |
 ”おいしい豚肉”   まきばのホームページはこちら →


uonumamakibaをフォローしましょう


オモシロおいしい魚沼をお届け中
by ランチェスター戦略実践肉屋(有)まきば 桑原一成
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ:まきばのできごと( 775 )

【妄想】私が魚沼に生息する理由【金持ち父さん貧乏父さんの教え】

【妄想】私が魚沼に生息する理由

【金持ち父さん貧乏父さんの教え】

f0121909_20561645.jpg

お疲れ様です。

今日もブログ行ってみます。

ちなみに現在のブログ作っての流れですが、

・仕事終わってからいやいやブログ執筆開始

・なかなかかけず悩みもだえ苦しむ

・ようやく執筆完了(夜9~10時)

・翌朝出社後ブログ閲覧者数確認、ほぼ誰にも読まれておらず萎える

あと2年これ継続予定です。

本日下記のツイートしました。


◆地元魚沼で仕事していて思うこと

・食品製造業として魚沼はイメージが良い

・通勤時間が3分の神立地

・主得意先の集まる東京まで1時間半で営業行ける神立地

・実家暮らしで生活コストめちゃくちゃ安い

・労力全力本業投入&長期・積立・分散投資

・ラットレース抜け出し自由をゲット


上記を掘っていきます。

魚沼実は神立地です。



■食品製造業として魚沼が神である理由

◎なんだかんだで魚沼産コシヒカリの知名度は抜群

まきばに入った当初、東京の飲食店さんにFAXDM流しまくった話はお伝えしました。

その時に実感したのは、魚沼って食にとってめっちゃプラスイメージが強いってこと。

お米がうまけりゃ豚肉も美味しいんでしょ?

みたいなことしばしば言ってもらいました。

実際に食べてもらい「なるほどうまい!」という意見も。

また、実際にお取引頂けた飲食店さまも

「魚沼の美味しい豚肉!入りました」

的なPRをしてくれ、食べに来たお客さまも

「魚沼産だと美味しそうだね!」

となるわけです。

なので食品販売するものとしては結構なアドバンテージあります。



■短い通勤時間を最大に活かす

東京で働いている人で、ノマドや在宅勤務以外の人で通勤時間3分以内の人の割合ってどれくらいでしょう。

東京で働いている友人に聞くと、片道1時間以上はざら。

仮に1時間だとして往復2時間。

つまり毎日2時間のアドバンテージがあるわけです。

これを仕事に全部投入し、且つ年間300日働いたとしたら600時間のアドバンテージ。

更にさらに仕事の前に通勤で消耗する体力分も考慮に入れたらさらにアドバンテージ。

現在の自分の生活パターンは、

・朝起きたらそのままの姿で第一出社

・朝7時になったら朝飯帰宅
(庭の緑眺めてマイナスイオンチャージ)

・身支度整え朝8時第二出社

地元でもこの生活パターン送ってる人って稀でしょう。



■主得意先の集まる

東京まで1時間半の神立地

まきばでは、

・手作り

・少量多品種(オーダーメイド)

・化学調味料不使用

・魚沼、新潟の食材をはじめアップグレードの原料を使用

の為、必然的に価値を認めてくださるこだわり志向のお客さまが主となります。

価値が高い=大消費地東京

にお客さまは集中する傾向が強い。

その東京まで1時間半ちょっとで行けてしまう。

自宅から最寄りの新幹線停車する浦佐駅まで10分もかからない。

浦佐駅から東京駅まで1時間30分程度。

魚沼で戦略を練り、商品を試作・開発・お届けし、タイミング見計らって攻める(営業訪問)。

田中角栄さんに感謝しかない。



■実家暮らしで生活コスト

 めちゃくちゃ安い


実家暮らしなのでとにかく生活コストが安く済みます。

畑では野菜を作り、田んぼもあるので一年中うまい魚沼米。

家事全般もやって頂けている(すみません)。

かわりにその分を全力で本業へ投入し結果につなげることでお返ししている(と思ってます)。




■労力全力本業投入

&長期・積立・分散投資

以上の恵まれた環境で得たアドバンテージ分の労力は余すことなく全力本業へ投入。

たとえ自分の能力が劣っていても

仕事の成果=質 × 投入時間²

の法則より投入時間が同業他社平均よりも著しく大きければ成果に跳ね返ってくるわけなので迷うことなくただただ投入。

(コツコツ 勝つコツ)

成果は形となって帰ってくるわけです。

帰ってきたら消費することなく、感情ゼロで長期・積立・分散。

面白くもなんともありません。

ただただ自動的に、機械的に。



■ラットレースを抜け出し自由をゲット

学生時代に金持父さん貧乏父さん読み、今後の人生この思考に沿って行動していこうとマジで思いました。

結果、地味生活マスターへ。

地味な生活送りつつ、目に見える成果は全くなし。

暗黒の10年。

友人東京で就職、みんなでたまに集まりなんだか楽しげ。

私魚沼に生息、成果につながらない地味生活淡々と淡々と。

毎年7月友人我が家に家族連れてバーベキュー。

ここにきてどこぞで聞いたフレーズが。

「ローン組んで家建てた」

「お金かかって大変」

田舎でゆったりもいいもんだ。

(おわり)

by ma-ki-ba | 2019-06-12 21:14 | まきばのできごと | Comments(0)

実践時間戦略 質が大事というけどもはじめは時間が効果的

実践時間戦略

質が大事というけども

はじめはやっぱり量稽古


f0121909_21034036.jpg
皆さんお疲れ様です。

今日も気づけば夜でした。

いろんなお仕事を頂ける喜びを日々感じています。

今の状況の源は、過去に行ってきた量稽古であると実感しています。

■過去に行った量稽古の一例

・圧勝の条件4倍型 年間3700時間 仕事を10年以上続けました

・3年間1日も休まず仕事しました

・ランチェスター経営戦略DVD繰り返し学習しました

・筋トレ学生時代から継続中


■量稽古を行った結果得られた成果

・入社当初月間の直販での受注件数20件程度から直近5か月平均326件になりました

・従業員数20名程度から現在41名になりました(来週から更に2人増)

・3年前に新工場に移転することができました

・20歳のボクシングジムに通ってた時の体重と20年近くたった今の体重+2kg以内


■量稽古を選んだ理由
これは自分のコンプレックスによる苦い思い出がめちゃくちゃ大きく影響してます。

・運動が苦手でほぼほぼ最下位だった

(年の小さいときの運動能力は努力よりも才能の要素がでかいと思う)

・高校入ってすぐのテストの成績が学年でほぼ最下位だった

この2つは自分にとってとてもでかい劣等感を植え付けられました。

そこで考え方を変えることに。

若いうちだとどう転んでも勝てないから、他の人が運動や勉強を中断した後もやり続けて40、50代くらいになったときに勝っていられる状況(体引き締まった状態で経済的に余裕のある状態)を目指すのが現実的。

ランチェスター戦略の

「個人の力 = 質 × 仕事時間²」

という方程式からも時間に二乗がついていたことが量稽古をすることの合理性の証明してくれ動機づけになりました。


■量稽古を続けるための工夫

・量稽古で成果を上げた人の情報を得る

・投入した時間と成果が正比例でないことを知る

・継続してやるタスクのハードルをめっちゃ下げる


まずは量稽古で成果を上げた人について知ることでモチベーション上げました。

もっぱら読書と講演CDが中心でした。

・サイバーエージェントの藤田晋さんの渋谷で働く社長の告白

・美容室アースの國分社長の地道力

・日本電産永守社長の経営合理化協会CD

などは聞くと自分のショボさを痛感してまだまだと思わせてくれました。

また量稽古をはじめるまえに成功曲線について知ることができたことで、やったことに対してすぐに成果を求めるという考えがなかったのがストレス軽減に寄与しましたね。


f0121909_21230733.jpg
継続するためにやることのハードルをめっちゃ下げる為に、最悪なコンディションをイメージしそんな時でもこの程度ならやれるでしょというレベルにタスクを下げました。

以上を端的に例えると、

・カップラーメンにお湯を注ぎ(ハードルの低いタスク)

・美味しいラーメン食べてる時をイメージしながら(モチベーション維持)

・3分間待つ(継続)

です。

■量より質という意見について思うこと

とはいえダラダラと長い時間仕事するよりも短時間で終わらせた方が効果的であるという意見があります。

これも全くその通りであるのでついつい量稽古継続にストップをかけてしまいます。

これについて考えた結果出た自分なりの答え。

・今までの延長線の仕事に対しては量より質を重視する

・今までやったことのないことに対しては質よりも量を重視する

まず量より質の代表例が「80:20の法則」ですね。

100あるうちの20%が全体の80%を占め、残りの80%が全体の20%しか占めない。

会社で例えると、お得意先のうち上位20社で売り上げ全体の80%を占め、残りの80社は残り20%の売り上げでしかない。

よって上位20%に力を注ぎ残りの80%へは必要以上に力を向けないというものです。

地球上の20%の人たちで富の80%を占めるということにも当てはまる結構万能な法則です。

でもこの法則って、今現在お客さんゼロでこれから開拓しなけりゃいけない状態の場合って成り立たないです。

まずお客さん作るために何をやるのが効果的か?

80:20の法則では見つけることができなかったので、まずはぐるなび検索して飲食店さん向けに大量のfaxDMを流しまくりました。

■現在も量稽古継続中

量稽古によってまだまだですが一応目に見える成果を出すことができました。

ただ経験上気を抜くと一気に転がり落ちるので日々最悪をイメージしながら継続心掛けてます。

今継続してるのは、まさに今書いているブログです。

めっちゃ苦しんでます。

・文章力が本当に下手である

・時間がかかり過ぎている

・頑張って書いてもほとんど読んでもらえていない

今やってるエキサイトブログの他にワードプレス登録しましたけど全く手が付けられてません。

また、読みたい本も手が付けられずブログ書いて嫌になって帰って酒飲んで寝るというめっちゃ悪いループにはまり込んでます。

でも今までの経験上これ続けて行けば確実に成果が出るってわかってるんでなんとか続けてゆこうと思います。

そのためにはハードルめっちゃ下げる必要あるんで、今後ショボくて短いブログ連発する確率高いです(まー、ほとんど誰にも読まれてないからいいですけど)。

by ma-ki-ba | 2019-06-07 21:41 | まきばのできごと | Comments(0)

化学反応

皆さん今日もお疲れ様です。

明日の出張に備え、今日は早めに帰宅しました。

ブログは、自宅でiPadで書いてる為本日は無味乾燥なテキスト形式となります。

今日まきばであったささやかな出来事のご紹介です。

まきばの愉快な天然事務スタッフお花畑まっちゃんがふとこんなことを口にしました。

(ま)「隣の工場って二階建てなんだよねぇ~」

(ほかの一同)「えっ?」

みんな初耳であることをまっちゃんに伝える。

(ちなみに隣の工場というのは、1つの建物をまきばとお隣さんの2社で間仕切りして使ってるんです。)

(ま)「うそだぁ〜、みんないるときにそういう話ししたじゃん!誰が言ったか覚えてないけど」

一応そういうことを言いそうな人に確認したけど誰も言ってない。

(小川どん)「あんた、幽霊の言葉でも聞いたんじゃないんか?どすえぇ~」

(ま)「やめてよぉ~、こわいよぉ~、絶対言ってたも~ん!誰か覚えてないけど」

ちょうどこの日、まきばの工場内カメラ増設の為業者さんが来ていた。

この業者さんまきばと隣の工場両方に出入りしているので、もしかしたらこの業者さんが事務所に来た時にそういうこと言ったんじゃない?

ってなことでその業者さんに私確認してみた。

(ぎょ)「隣さんまきばさんと同じ平屋建てですよ」

(ま)「やだぁ〜、うそぉ~、私頭おかしくなったみたいじゃぁ〜ん」

(マイハートのなかのツイート)((´・ω`・)エッ?、…。自覚無いの…)

完全にまっちゃん残念でしたぁ~になると思われたその時!急展開が。

税理士さん対応していた常務(母です)が事務所に帰ってきた。

(わたし)「常務、前にお隣の工場が二階建てだって言ったことありますか?」

(常)「えぇーーーーー、そうだよぉ~~~~。ここに移る前この建物には階段があったんだよぉ~~~」


皆さんお察しの通り、常務はまっちゃん以上に天然です。

(ま)「ですよね!隣の工場階段あったって言いましたよねぇ~」

この会話にめっちゃつまらない&融通の利かない左脳型人間の私がかみつく。

今の会話おかしい。

①工場移転前のこの建物の時点の工場に階段が設置されていた

②その後、工場内を居抜き工事して現在の工場が完成した

③現在の工場は二階建てではなく平屋建て工装である

④ゆえに、お隣の工場が二階建てであるという発言は事実無根であり、居抜き工事前の建物が二階建て工装であったということが事実である

(常)「アハハハハ~~~♪やだぁ~~( *´艸`)」

(ま)「あたしの勘違いじゃなかったぁぁぁぁ~♪」

化学反応がスパークしました

(おしまい)



by ma-ki-ba | 2019-06-05 20:18 | まきばのできごと | Comments(0)

続 悪戦苦闘インスタグラム

続 悪戦・苦闘

インスタグラム

 
f0121909_20560748.jpg
 


皆さん本日もお疲れ様です。

今日もやりたくないやりたくないSNSの時間がやってきました。

昨日さんざん苦しめられましたインスタグラムです。

今日のお題はこちら。 

投稿を編集する(T0T)


嬉しいことに、ボクシングジムコーチよりコメント頂きました。

その中に、

「#winボクシングジムクラブ」追加してね♪という要望がありました。

(なんと高度な要求をしてくるんだ)

ってなことで、編集でハッシュタグ付けすることに。

まずは昨日悪戦苦闘させられまくった忌々しいテキストリサーチから。

(どこに載ってるか皆目見当もつかねぇ~)

ってか目次のつけ方おかしいだろ。

目次に頼らず全文斜め読みしてたら見つけた!

目次

・同じ興味を持つ人に自分の写真を見てもらいたい!


(分かるかぁ~

 ΣΣ┏(|||`□´|||;;)┓)

ここで一つ付け加えておきます。

私は娯楽よりも会社PR目的でインスタはじめました。

また、仕事で一日中パソコン操作しているのでPC入力の方がスマホ入力の多分5倍は早い。

後発がインスタで見てもらえるようになるには数をこなさねばならん。

以上の理由よりPCからインスタ投稿をすること前提に始めました。

PCからインスタになんとかたどり着けた。

PCからインスタ眺めてた。

なにかおかしい。

自分が昨日投稿したキャプションが見れない。

ネットで検索しながら何とかこの画面までたどり着けた。

f0121909_21100397.png
PCからスマホ同様の画像にできた。

試しにUSBの画像をアップ。

できた!

キーボード打ちだからハッシュタグを効率よく多数入力できる。

ユーチューブと違ってハッシュタグコピペできるんだ!(感激)

量産投稿のイメージがおぼろげながらできた。

ではでは、先ほどのボクシングジムコーチからのご要望ハッシュタグの追加行ってみよー。

(おかしい、編集の文字が、出てこない・・・?)

試しにスマホで同じ投稿を開き編集試みるとちゃんと「編集」の項目がある。

(なぜ?)

ネットで調べてみて分かった。

PCでは投稿できても編集はできないとのこと。

【本日の学び】

・PCからの投稿は可能(量産のめどがついた)

・ただしPCから編集は不可能(訂正するほどに効率悪し)

・テキストの目次のつけ方おかしすぎ

(おわり)

by ma-ki-ba | 2019-06-04 21:17 | まきばのできごと | Comments(0)

実践顧客戦略 【感謝は態度で示せ】

実践顧客戦略

【感謝は態度で示せ】

f0121909_20465850.jpg




こんばんは。

今日も気づけば夜でした。

仕事終わらずであきらめて、いったん休憩がてらブログ書きます。

★今日の戦略原則 【感謝は態度で示せ】

「お客さまは神様です」、「顧客第一主義」という言葉聞いたことがあると思います。

っていうより、こういうことを言わない会社を探す方が難しい。

「お客さまは普通の人です」、「自分第一顧客第二」なんてスローガンうたってる会社見たことない。

ただ、普段生活しているとどう考えても愛想が悪い、対応も悪いという場面に出くわしたことがあると思います。

ということで、まずは実態の把握からしてみます。

ものを購入した際に、感謝の表れとして「お礼状」がどの程度出されているかの調査結果を見てみます。

※ランチェスター経営㈱ 顧客戦略より引用

・過去にスーツやコートを購入したお店から心のこもったお礼状(またははがき、手紙)をもらったことがある
 3%

・保険に加入した後セールスレディー(セールスマン)からお礼状をもらったことがある
 3%

・自動車を購入したとき担当の営業マンからお礼状をもらったことがる
 6%

・家を新築したあと、工務店から年賀状をもらっている
 7%

結果、「お客さまは神様です」、「顧客第一主義」とみんなが言う割合に比べて感謝を実行に移している会社はごく一部のようです。

■感謝を態度で示すを実践!

 その結果やいかに

ランチェスターの顧客戦略DVD見てこの実態を知ってから、とにかく実際に感謝を態度で示せす会社はだいたい1~5%くらいしかないから印象に残るためにも何かしら感謝で示そうと考えたわけです。

じゃあ何をするか。

前のブログに書いたように、当初お客さんがいなかった時ネットでぐるなび検索した飲食店さんに片っ端からサンプル紹介のFAX流しまくってた。

(まずは、サンプルの依頼をくれたお客さんにサンプル出荷した後手書きのお礼のはがきを出そう)

とにかく時間だけはあり余ってたのではがきを書く時間はたっぷりある。

FAX流し、サンプル依頼着たらサンプル出荷し、次にはがきを書く。

てなことで当初は毎日はがきばっか書いていました。

■予期せぬはがきの効果を実感

はじめははがきを1枚書くのに5分くらいかかってました。

お客さんごとにいろんなお例文を書いていた。

でもこれもまた量質転化で、書くほどに代替要点をついた文例みたいなのができてきて3分程度で書けるようになった。

それと、サンプルを送ってそのままだと当然買ってもらえる確率は上がらないので、いやだけど緊張するけどサンプル到着後2・3日したら感想をうかがう電話をかけねばならない。

皆さんも経験あると思うけど、「無料サンプル贈呈」とかいうキャンペーンとか応募してサンプルもらった後に勧誘の電話しつこくされたなんてありません?

あれ経験すると、その後無料サンプル!とかあっても(どうせまた勧誘来るんだろ)ってなって請求するのもおっくうになる。

そうなるとおのずと勧誘の電話をした側は迷惑オーラ全開で対応の洗礼を受けるとなるわけ。

しかし、自分の場合手書きの感謝のお礼のはがきを送った後に電話するんで結構な確率で皆さん丁寧に接してくれるんですね。

小心者の自分にはこれが本当に精神的な負担を緩和してくれて助かった♪

■感謝するポイントを探す

感謝するほど他社との差別化になり、感謝するほどにその後のコミュニケーションのストレスが緩和し、さらに感謝するのに時間は多少使うがコストはたいして使わないということに気づいてから、はがき出す以外に感謝するポイントが無いかと思うようになった。

ソッコー見つけました。

「代金を入金頂いた

 タイミングで感謝する」

(てか、顧客戦略のテキストに書いてありました)

てなことで、お客さまから入金頂いたタイミング(入金されるとFAXで通知が来る)でこちらも入金のお礼のFAXを流すことに。

差別化のためにパソコン打ち文章ではなく手書きにします。

ただ、私は字がめっちゃ下手(丁寧に書いてもミミズがはった字って言われる(T0T))なので、常務(母)に書いてもらうことに。

各お客様月末入金が主なので、毎月その月にマッチしたお礼文を書いてもらい流すことに。
(はじめは恥ずかしいからいやだと拒否られたが説得)

f0121909_21224296.jpg
これを入金確認後、FAX可能なお客様へ送信。

するとこれがまた結構大きな効果が。

お客さんに電話対応していると、

「あのお礼状ビックリしたよ。本当に達筆だねぇ~」

とか、あるお客様訪問した時には

「ああいうお礼状送ってくれる会社の態度が本当に素敵です」

なんても言ってもらえました。

■結論

・顧客第一主義と言われる割に実践している会社は少ない

・まだ関係が初期段階でも優しく対応してくれる

・手書きは多少時間がかかるが圧倒的な差別化になり、かかった時間以上のメリットが帰ってくる


by ma-ki-ba | 2019-05-30 21:18 | まきばのできごと | Comments(0)

成果は時間の振り分けで生まれる

【地方というハンデも克服?】

微々たる力で利益を得る効果的な方法



こんばんは。

日々雑用とささやかな筋トレと営業活動に精を出してなんとかかんとかやってます。

いろんなことを抱えすぎていて効率マジ悪いなと感じながら改めて下記の原則について考えてみました。


f0121909_20223625.jpg
□ 利益性の善し悪しを決める原則

① 粗利益 - 経費 = 経常利益

例:粗利益アップ↑ - 経費↓ダウン = 経常利益↑↑(最良)

  粗利益ダウン↓ - 経費↑アップ = 経常利益↓↓(最悪)


② 営業マンの仕事内容を分析

f0121909_20363428.jpg
(右端見切れちゃいました。画像クリックすれば見やすいです)

・移動時間(お金バラまき)
 交通費、人件費、そして体力消耗

・社内業務時間(価値は生まぬがやらなばならん)
 電話対応、納品書の作成、コピー、FAX等

・お客様面談、コミュニケーション時間(利益時間)
 面会、商談等、買ってもらってはじめて利益が発生。


可能な限りこの原則を頭に思い描き、面談・コミ時間をMAXに持ってゆくよう心がけることにした。

□現状認識で絶望

入社当初のまだ自分が営業する前は、営業活動自体がほとんどされておらず、なのに事務員さんがめっちゃ多かった。

感覚的に、

・移動時間5%

・社内業務時間90%

・面談、コミ5%

という恐ろしい力配分。

なんとかせねばと焦りに焦りながらも何をしていいか分からず、ひたすらぐるなびで調べた飲食店さんへ手書きFAXDMを送る毎日(毎日冷や汗かきながら)。

100件に多いときは10件もの見込み客からサンプル依頼ゲット(神の確率!)

サンプル出荷の準備をし、資料やお手紙書き、サンプル出荷後はお礼のはがきを書き、サンプル到着3~5日後くらいに感想確認電話をかける。

こうやって苦肉の策で一応は面談、コミ時間を増やした。

と同時に、社内業務の人員も徐々減少し最終的には3名程度に。
(社内業務時間の削減できた)

当然1年後にめっちゃ改善して利益出た!なんてことにはならず、感覚的には8年くらいかかったと思います。

ただ、この時間配分を他の業種に当てはめて考えるといろんな面白い気づきが生まれた。

・スタバはめっちゃ効率が良い

「こんちはぁ〜、スターバックスでーす。コーヒーいかがですかぁ~」

なんてお客さんのところに時間かけて営業行く必要がない。

お客さんの方からお店にやってくる(列をなして)

更に価格も結構高い(粗利めっちゃ高いと思う)

更にさらにお持ち帰りのお客さんは神!席にも座らず後片付けも不要で店員めっちゃ楽。


これに気づいたとき、

(うちもスタバみたいにお客さんの方からやってきてくれたらとんでもなく効率いいのになぁ)

としみじみ思った。

それから数年後ですけど、お客さんがまきばにやってきて一緒に試作・開発を行いそれが世に出て販売となったときには(スタバ方式実現したんじゃね?!)ってとてつもない満足感に浸れました。

さて、この原理原則をうのみにするではなく何ごとも柔軟性が大切と思った出来事紹介。

東京からはるばる来たお客さま、新潟市のお客様、そして私で打ち合わせ。

打ち合わせが終了、私は帰ることに。

するとお客さまから、

「まだ早いしせっかくだから夕飯でも食べに行こうよ、新潟市まで」

とお誘いを受けた。

(それって移動時間になってしまう。会社戻って見積やらサンプルやら営業活動の利益時間の仕事しないと。)

ってなことで、若干無理やりっぽくお断りして帰ってしまった。

それから1年ほどこの件でお相手の方から何度も温かく、そして若干キツクこの時の無礼についてツッコミを頂きました(T0T)アノトキハゴメンネ

あくまで失礼の無いよう臨機応変に対応しましょう。

by ma-ki-ba | 2019-05-27 20:34 | まきばのできごと | Comments(0)

ランチェスター経営を実践してみて体験したこといろいろ

そもそもランチェスター法則とは

ランチェスターの法則は戦争における戦闘員の減少度合いを数理モデルにもとづいて記述した法則。一次法則と二次法則があり、前者は剣や弓矢で戦う古典的な戦闘に関する法則、後者は小銃やマシンガンといった兵器を利用した近代戦を記述する法則である。 ※ウィキペディアより

戦争での法則を経営に当てはめることで効率的に運営をしてゆくこと。

自分は、感情等に左右されない数学・物理が好き(決して得意であったわけでないので念の為)だったので原理原則に基づいたこの法則に惹かれたのがきっかけ。

まず経営ってなあに?ってところを明確にしてみます。

f0121909_09253517.jpg

目的は利益(粗利)を得ること。

利益の大本は商品、サービスをお客様へ販売して対価を得るそれ以外に方法は存在せず。

シンプルだけどもこれがめんどい。

①商品、サービスのPRをいくらしても買うかどうかの意思決定はお客さまが下す
(これだけ営業したんだから買ってくれないと困ります!と言ってキレても意味ない)

②競争相手が横から妨害してくる

なので正しい考え方は、お客様のことを考え、競争相手の情報を集め対策を練る。

間違った考え方は、社内の都合を優先して商品やら対応やらを決めること。

「(営業側)こういう商品・サービスは相手もめんどくさがってやらないしお客さんも求めてる!」

と言っても

「(製造側)そんな面倒なことやってられるか!それよりこのうちの得意な商品(作るの簡単な商品)をPRしろよ!」

というのがこの図を見ると意味の無いことが良くわかる。

さて、全体像は分かったけど何から始めたらいいか分からん。

そこで今度は経営の構成要素はどんなものがあって成果にどういう影響を及ぼすのか調べてみた。

f0121909_09353643.jpg

①②はお客様作り関連。

お客さま、競争相手のことを考えて決める。

これで業績の8割がたが決まる。

③④は社内関連。内部関連。

どういう組織にするか、社員教育するか、モチベーション維持するか、給与体系はどうするか、どこに資金を振り向けるべきか。

全体の2割。

つまりは、外を見て活動している会社は業績が良く、内部の事ばっかやってる会社は業績が上がりにくい。

良くFAXのダイレクトメールで

「業績を良くするために社員のモチベーションをあげるセミナー開催!」

みたいなの来るけど、

(MAXでも2割しか効果ないから効率悪い)

と分かるから即排除。

てなことで、男は黙ってひたすら営業!

ここでまた問題。

営業大事ってわかったけど何をどう営業したらいいか分からない。

考えて初めてやった営業らしきこと、それはFAXDM。

いきなり売り込みせずに

①まきばの紹介とサンプルの呼びかけ(100%)

②サンプル依頼の返信着たらサンプル出荷&感謝のお手紙(3%)

③サンプル送って数日後に勇気を出して電話をかけ感想を聞く(3%)

④うまくゆくと初回購入(1%)

⑤さらにうまくゆくと継続購入(0.1%)

ぐるなび検索して飲食店のFAX番号調べてFAXするだけの日々。

反応率揚げる為にこんな感じの手書きFAX送ってました。

f0121909_09584295.jpg

いかにも田舎のお肉屋さんが地元の食材をPRしている感を狙いました。

大量にやって実感したことがあります。

全然成果が出ない(T0T)トロウカンハンパネー

by ma-ki-ba | 2019-05-26 10:00 | まきばのできごと | Comments(0)

祝!タリーズが地元にやってきた

タリーズコーヒーが

生活にもたらすメリット


f0121909_19440250.jpg

本読読むことで成果が出ます。

・考え方が変わる

・行動が変わる

・結果が出る

・楽しくなる

・さらに本を読む

このサイクルが回転してゆくと、本にかける投資(時間・お金)>リターンが顕在化してきます。

結果、自分の部屋や職場の机にブックタワー、いわゆる「積読」タワーがそびえたちます(T0T)オイツカネー

なので本を読む時間増やすぞ!

と朝はやる気満々なんですが、夜になると気力がほぼほぼなくなり、結局帰って「吉田類の酒場放浪記」眺めながらお酒の誘惑に負けるというパターン。

家に帰るとホッとしてしまうんで、喫茶店でコーヒー飲みながら本でも読みたい!

その目的を達せようと仕事の後探しました。

気づきました。

地元にそんなとことは無い!

考えてみたら一目瞭然。

コーヒー専門店というビジネスモデルは田舎では成り立たない。

飲んで食べてしてもらわなければ利益にならないわけ、お店は。

人口が多い都市ならまだしもただでさえ人がいない地域で、コーヒー飲みながらゆったりひと時を楽しむなんてされたら回転率も低いわ人も少ないわで成り立つわけがない。

しかし、蔦屋の集客力がこの不可能を可能にしてくれる。

更にさらにうれしいことに結構遅くまで営業してるんで仕事終わりの遅い時間帯でもよることができる。

ちなみに今まではわざわざ高速道路使ったりしてタリーズ行ったりしてました。

でも、行き帰りの移動時間と本読んでる時間が大差ないので効率悪い。

多分今日あたりはオープンで人たくさんでざわざわしてそう。

早く落ち着いてゆったりできる感じになってくれること祈りつつ、ブログ書いたら寄ってみます。

by ma-ki-ba | 2019-05-25 19:56 | まきばのできごと | Comments(0)

ストレス改善自然セラピー



 魚沼という豊か過ぎるほどの自然に囲まれていながら建物の中にいる時間がほとんどのため自然を感じることが少ないことを今朝認識。

 幼少期、当時住んでいた家の座敷(ちなみに築150年)の窓から刺してくる朝日に何とも言えぬ感覚があった。

 ネットで調べてみると、花やグリーンに触れたり、森を歩いたりすると心身共に無意識にリラックスする効果があるとのこと。

 理由はいたってシンプルで、人類が誕生してからの歴史上99.99%の期間は自然環境の中で生活しており、現代の都市化された環境ではまだ200~300年しかたっておらず自然環境に適応した体であるから。

 自然を求めることは人間の本能なんでしょう。

 確かに休日車で走っていると道端にある花屋さんや、コメリの花売り場にたくさんの人のいる光景をよく見る。

 自然への癒し欲求は大きいようです。

by ma-ki-ba | 2019-05-17 08:23 | まきばのできごと | Comments(0)

まきば日記


筋トレモチベーション動画で聞いたことって以外の頭の中に残る。

その一つ「本当に効くスキンケア」。

アメリカ皮膚科学会の発表で、肌につけて効果があるものは「日焼け止め」と「保湿剤」のみ!

良く行くドラッグストアには、本当にたくさんの化粧品がずらり。

さらに値段結構高い。

仕事柄開発した商品の原価計算をしているので、普通の人よりは商品の値段がどういう構成のもので決まっているかはわかると思う。

TVやネットCMを打ち、ポスターを作り、タレントを使い、めっちゃ豪華そうな容器に入れる。

確かにPRしないと売れないんだろうけど、購入者の本来の目的は化粧品の効果。

となると一番メリットを享受するには、使う人が何が効果をもたらすかを学び、華やかな広告宣伝に惑わされず、真に高価なものをチョイスすること。

そんな労力を使うことなく筋トレしながら聞いたことを実践するだけというめっちゃコスパの良いやり方で知ったこたえが「ココナッツオイルを塗る!」。

早速買いに行きましたよココナッツオイル。

塗りたくりましたよ顔に、ココナッツオイル。

塗り過ぎたのか、目がシパシパ(>0<)シパシパ

仕事中にこのことをお花畑松井さんに話した。

(お花)「へー、だからなんですねぇ。確かに肌のつやいい感じですね。」

(マジでぇ!やっぱいいのかココナッツオイル)

(お花)「いつもみたいに粉っぽくなくっていいですよ」

∑( ̄[] ̄;)!コナッポイ!!

 相変わらずお花畑の住人感満載の松井さんでした。


by ma-ki-ba | 2019-05-11 18:54 | まきばのできごと | Comments(0)
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
最新のトラックバック
大和商工会東支部のIT勉..
from @南魚沼市
ba/ba
from お悩み解消ネット
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧