人気ブログランキング |
 ”おいしい豚肉”   まきばのホームページはこちら →


uonumamakibaをフォローしましょう


オモシロおいしい魚沼をお届け中
by ランチェスター戦略実践肉屋(有)まきば 桑原一成
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ:日々のできごと( 1686 )

不安・悩み・要望からスタートした商品開発体験記【苦難の先に差別化有り】

不安・悩み・要望からスタートした

商品開発体験記

【苦難の先に差別化有り】

f0121909_21410539.jpg



こんばんは。


今日もようやくブログにたどり着きました。


ただいまの時刻21:42。


気合い入れ、且つスピーディーに、且つ少しでも読んでいためになったと思って頂ける内容になるよう頑張ります。


今回は商品開発についての体験談を通してご紹介します。


商品開発って、今まで作ったことのない未知の経験をする必要がある場合が多々あり、人は今までやったことのないことに遭遇すると拒否反応を起こすという性質があるので大変です。


その人間の性質向き合った考え方が


「壁が高けりゃ超える大変。でも超えてしまったらあとから追ってくる敵もそう簡単には超えては来れない」


というものです。


「これだけ大変な思いを乗り越えたら、敵はそうそう追ってこれないだろぉ!」


という思いで取り組めばモチベーション上がるし、乗り越えたらそうそう敵はやってこれないのでその先の果実を存分に手に入れることができますよ。



■お客さまからいただいた要望


 パラパラと自分の使いたい分だけ取り


 出せるしゃぶしゃぶ肉を作ってほしい


「バラ凍結」という言葉を聞いたことある方いらっしゃると思います。


冷凍でバラけた状態のことを「バラ凍結」と言います。


スーパーに並んでいるお肉って通常冷蔵ですよね。


例えばスーパーの特売でお肉をたくさん買い込んだけど、一度では使い切れずに長期保存のためラップでくるんで冷凍庫で凍らせるとします。


それを次に使うとき、塊になって凍ってるので全部解凍させないといけなくなります。


これって結構不便。


そこで、トランプのようにパラパラの状態であれば使いたい分だけ使えるし、冷凍になっていれば長期間保存ができるので便利。


豚の小間切れでこのバラ凍結の商品って存在してたんです。


ただしゃぶしゃぶ肉のような大判のスライス肉でこのようなバラ凍結商品って存在しなかったんですね。


これができたらしゃぶしゃぶ以外にも、結構作るの面倒なアスパラの豚肉巻きみたいなのも簡単に作れちゃいます。


ただ、これを作るには数千万もしくはそれ以上の高額な機械が必要。


小さな小さな当時のまきばの工場(今の工場でもですけど)ではそんな機械を買うお金もスペースも有りません。


でも、とにかく仕事が欲しい。


ということで、その商品作りにチャレンジすることにしました。


■未知のことに遭遇した場合


反発するのが正常な人間の行動



この件を会社に持ち帰って会議の時に話しました。


薄い薄いしゃぶしゃぶ肉をトランプのようにパラパラで使いたい分だけ使える状態にしたい。


当然今まで製造したことが無くとてもできるとも思えないこの案件を聞いて、


「その考えクールだねぇ♪よしっ、みんな、いっちょチャレンジしてみようぜ!」


なんていう人はいないわけです。


・スライスした肉凍らせたら塊になるに決まっている


・スライスした肉を一枚ずつトレーに並べて凍らせるのか?一体何枚トレー必要になるんだ?


・そもそもどこも作れないから頼んできた商品を打ちが作れるわけがない


すべての反論、本当にごもっとも。


でもとにかく仕事が欲しい。


どこでも作れてあふれかえっている商品を後から作って採用勝ち取るには値下げくらいです。


簡単な商品の価格競争の先にはしんどい思いしかない。


反発されたけどダメもとでまずチャレンジすることにしました。


■まず、

 ①単純に肉をスライスした


 ②凍らせた


 ③結果、やっぱり塊になった


まずダメもとで通常の冷凍肉スライサーでスライスした肉を冷凍しました。


f0121909_22242414.jpg

(もしかしたらパラパラになってくれるかもしれない)


見事塊になりました(T0T)ダローネ


スライスした肉同士が触れた状態で冷凍するから塊になるんだ。


それなら肉同士くっつかない状態で冷凍すればいい。


体育館くらいのでかさの冷凍庫があればできるかもだけど、こんな小さな工場の小さな冷凍庫でそれは不可能。


(やっぱり、数千万以上の機械無ければ不可能か・・・)


1か月くらいずっとどうしたらできるか試行錯誤しました。


一枚ずつ真空パックにして凍らせたらいいのでは?


→どんだけ手間と袋代かかるんだよ



一度塊の状態にしてあとで一枚一枚離せばいいんじゃね?


→塊カッチコチに凍ってて全然剥がせない


そんなこんな悩んでもう無理かな?と思ったとき現場のベテランで班長であったOさん(女性)が一言


「できそうですよ、それ。」



■未知→試行錯誤→イメージ見える

 →できる


現場で普段作業していない私の素人考えでいろんなチャレンジをしました。


常識あるは、無理だと思ったらチャレンジする気にならないので素人だからこそやったことがうまくいくと思ってやっていた。


その素人の発想でいろいろやっているのを見たOさんでひらめきがあったみたいです。


早速Oさんのアイデアでやってもらいました。


①冷凍スライサーでスライスしたお肉をスライドさせて並べる



②その状態で凍らせる

(その時肉同士重なり合っている部分は凍るとくっついてしまいます)



③スライドした状態で凍ってくっついている状態の肉に衝撃を与える



④結果、肉はバラけてバラ凍結のスライス肉の出来上がり!



f0121909_22412753.jpg
できちゃいました。


■まとめ


●お客さまからいただく要望は、ライバル他社が応えられない案件の為必ずハードルが高い


●人間、未知のことに遭遇した場合反発するのが正常な反応である


●ハードルが高いほど乗り越えた後他社が追いつくまで時間がかかる。


●頭でだめでも実際に動いてみるとふとした瞬間できたシーンが頭に浮かぶことがある


●イメージできたことは今までの経験がもととなっている為実現できる可能性が高まる



ブログ書いてる途中地震で揺れたのでめっちゃ焦りました。


ただいま22:48


帰って寝ます。


(おしまい)

by ma-ki-ba | 2019-06-18 22:17 | 日々のできごと | Comments(0)

自分の頭で考えているようで実は考えていない事実【ニュースを聞いて妄想しよう】

自分の頭で考えているようで

実は考えていない事実

【ニュースを聞いて妄想しよう】


f0121909_18205303.jpg
今日は久しぶりにボクシングジムへ行きます。

なので、本日はいつにもましてテキスト感満載の殺風景ブログです。

本を読むようになるまで、新聞やニュース番組は完全なる真実を報道しているものと信じてました。

ただどうしても報道する側のフィルターを通りニュアンスが変わって報道されてしまいます。

言われたままを信じてうまくゆけば問題ないですけど、信じて付いていった結果ハシゴ外されてしまったら結局誰も責任取ってくれないわけです。

こないだ老後の生活全うするには夫婦で2000万円不足するなんて報道が世間を驚かせましたね。

「夫婦で2000万円足りないけど、国が全部面倒見ますから安心してね(^-^)b」

とはならないわけです。

「自分で運用して将来に備えてくださいね!」

となるわけです。

年代別人口の推移や日本の借金の増加率の情報を調べて自分の頭で考えておけばおおよそ検討はつきますよね。

私もそういうことはうすうす気づきはすれども真剣に考えたことはありません。

ただ、日曜日のお昼過ぎの番組の


「そこまで〇って〇〇会」に出てくる頭のいいパネリストの皆さんは膨大な情報を仕入れて自分なりに考え、某新聞や某テレビ局の報道に対してかなり強い意見を展開してます。

(おお、そんな考えになるのか!)

そういう経験から、自分の頭で考えねばなぁと漠然と思っていました。


■ちきりんさんの

 目からうろこの思考のワザ


まずある情報を見たときにまず考えるべきことは、


「なぜ?」



「だからなんなの?」


の2つであると教えてくれてます。


(完全にあらすじチックな内容になってしまってますね。でも続けます。)


「なぜ?」とは、その情報はなんの現象の結果そうなったのかという背景を探る問いです。


「だからなんなの」はある現象の結果今回の出来事が起こったのだとしたら


「次は何が起こる?」


「それに対して自分はどうすべきなんだ?」


というように未来のこと、先のことを考える問いです。


いまいちよく分からないと思うので、私の妄想を披露しましょう。


■高齢者の痛ましい事故の

報道を聞いて自分の頭で考える


連日高齢者の痛ましい事故の報道を聞くようになりました。


つい2、3年前と比較してその頻度が飛躍的に増えたとおそらく皆さんも感じていると思います。


70を超えた芸能人、タレントが自主的に免許の返納をする光景も流されました。


では「なぜ?」の問いでこの報道の背景を考えます。


・高齢者の交通事故の報道が飛躍的に増えたけど、去年より事故件数が飛躍的に増えたんだろうか?


・若者世代の事故の件数は高齢者事故の件数より少ないのだろうか


(すみません、2つくらいしか浮かびませんでした。)


次は、「だからなんなの?」です。


・70超えた芸能人、タレントさんたちが自主返納したけど、彼らには自分の代わりに運転してくれる人がいるからできるんわけで、特に地方で電車もバスもないような地域で返納は進むのか?


・地方で免許を返納した高齢者で夫婦もしくは一人暮らしの人たちはどうやって買い物するのか?
 おそらくインターネットは使えない。


・地方のスーパーマーケットで宅配を行っている店舗の報道は一時期頻繁にされたがその後聞かないのはどうしてか?
 やはり黒字化のめどが立たないのか?


・ネット有機食品販売会社オイシックスのグループ会社「とくし丸」の移動販売車は、国の補助を受けていないが黒字化しているというのを聞いたことがある。
 とくし丸が全国に一気に普及するのではないか?


・高齢者の事故防止機能を搭載した車もしくは今の車にオプションで後付できる事故防止機能装置が、これからさらに進む高齢化に向けて発達してゆくかもしれない。


・そしたらその装置を開発している会社の株価が上がると思われるので、今から調べて購入しよう。


・いや待てよ、自分のような素人がそういう発想になる言うことはすでにその会社の株は買われていて割高になっている為高値掴みする危険性があるからPER他慎重に調べておこう。


かなりちきりんさんの良質な思考と違い不良質な思考でしたが、こういう風にいろいろと連想ゲームのような思考を習慣化できれば


「だまされたぁ!」



とはならず、



「そのパターンで来たのね^^」



と大人の対応ができると思います。


ああ、時間が20時になりました。


久しぶりのボクシングジムなので、軽めでかんべんしてもらおう。


ああ、連打したくない・・・・。



(おしまい)

by ma-ki-ba | 2019-06-17 18:20 | 日々のできごと | Comments(0)

継続のコツは【慣性の法則】と【低いハードル】です(はじめの一歩を踏み出させる)

継続のコツは

【慣性の法則】と【低いハードル】です

(はじめの一歩を踏み出させる)


f0121909_19581814.png
物事を継続することってめっちゃしんどいです。

ただ同じことを繰り返すだけの単純作業なんですけどなかなかできません。

この継続について自分なりの考えについて下記のツイートしました。

「慣性の法則」と「ハードル下げ下げの第一歩」を意識すると継続できます。

動き続けるものは動き続け、止まっているものは止まり続ける。

まず動き続けることを意識し、休日でも仕事、筋トレ、学びます。

やる気が出ないことも多々あるのでハードル極限まで下げた第一歩で動き出し結果流れに乗ります


上記について経験を交えて深堀します。


▪️「慣性の法則」意識し

 「低いハードル」で一歩を踏み出す
  

まず私が主に継続してることに、

・約20年間筋トレを継続

・朝5時台の出社を5年継続

があります。

当然たまに筋トレサボることもあり、6時以降に出社することもありますが基本的に継続しています。

一見するとすごいことのように見えるかもですが、やってる法としては全然普通という感じです。

理由は、「慣性の法則」の意識と「低いハードルで一歩を踏み出す」の実施です。

慣性の法則は、多分中学の理科の授業で初めて習った気がします(曖昧です)。

動き続けるものは動き続け、止まっているものは止まり続ける。

ざっくりいうとこんな感じ。

つまり一度習慣化できてしまえばやらないと気持ち悪くなってついついやってしまうというふうに持っていけたら勝ちですね。

と言いつつ、20年間筋トレ継続してますけどそれでもマジ毎日やりたくないです。

今日は日曜日で休日。

休日ほど筋トレするのがめっちゃしんどい。

時間に余裕があるからこそ後でいいかな?と思ってしまう。

この時有効な手段が、低いハードルで一歩踏み出す。

例えば今日でいうとめっちゃ筋トレやりたくなかったので、

(よし、筋トレしなくていいからまずは短パンに着替えるだけで良しとしよう)

と、まず短パンに着替える。

すると、

・せっかく着替えたんだからとりあえずスクワットだけやってみるか

・ついでにかかと上げもやっちゃうか

・次に腹筋やってみて・・・、もうここまでやったら最後までやっちまえ

いざやり終わると、日曜の9時台に筋トレ終了したことの開放感で次に部屋掃除、次に読むべき本・今日の新聞に目を通し、やるべき仕事に手をつけるという感じでどんどん前に進んでいきます。

はじまりは短パンに着替えること。

走り幅跳びみたいにはじめはゆっくりのスタートから始まり最後は全力でジャンプ!っていうイメージです。


▪️自分なりに考えた継続できない理由


①単純に完璧主義的思考が継続するのにとってすごいハードルを高くしてると思います。

私は、めっちゃ不完全主義者です。

もともとめちゃめちゃ完璧主義でしたが、それによって時間がかかりチャンスを逃しと多くの弊害を経験した結果不完全主義に徹することにしました。

例えばいま書いているブログがいい例です。

書きながら訳が分からなくなってます。

当初何が書きたかったのか完全に思考迷子になりながらいま書いています。

でも書きます。

なぜなら継続が目的だからです。

内容はどうでもいい、継続できればオッケーというハードルの低さです。


②はじめることを決意した時のモチベーションは3日で消えます

継続していると分かりますが、これを継続しよう!と決意した時のモチベーションは3日で消え去ります。

すると4日目くらいから、

(なんのためにこんなことやってたんだっけ?)

となります。

仮に、夏の浜辺で6つに割れた腹筋を披露したい!

と決意しても4日目には、なんでこんなつらいことしてるんだ?別に海行かなくていい

みたいになります。

私の場合精神力が弱いので、どんなにモチベーションが低下しても、やる意味を全く見出せなくてもやれてしまうハードルの低さに目標設定しました。

なので目標設定は、モチベーションMAX状態の自分は想定せず、モチベーションガタ落ちの自分を想定してすべきです。


▪️低いハードルでは効果出ない

 のではについての意見



継続するにはハードルを下げて一歩を踏み出しやすくし、それを続けることで継続が習慣化する都いうことはわかった。

でもそんなに低いハードルだと継続できたとしても成果が出ないんじゃないのという反論が聞こえてきそうです。

それについての私の答えは大いに成果があるです。

その理由として、結果が出るか出ないかは全部その人の思考で決まるから。

例えば腕立て伏せ毎日20回継続する!と決めたとします。

腕立てだけ、しかも20回だけなら畳1畳のスペースがあればできるし着替える必要もないので誰でもできそうです。

でももし100人で継続をスタートしたとして1年続けられる人は10人以下だと思います。

(統計とっていないので単なる自分のイメージですが)

簡単すぎでやる気にならない

たまたま忙しかったから今日はいいか

そもそも20回では効果がないでしょ

みたいな何かしらの理由でストップするはずです。

反対に1年間続けることができた場合、継続するに至った思考法をいろんなことに応用できるようになります。

例えば

・1日1行だけ本を読んでみよう

・いまより10分だけ起きる時間早めよう

みたいな感じ。

これが当たり前になると次い応用変に突入します。

腕立て20回に加えスクワット10回もプラスしよう。


▪️結論


成果を求めず継続を重視。

継続さえ身につければ成果出す方法は無限



今日も下手くそなブログ1本積み上げれてよかった

(おしまい)

by ma-ki-ba | 2019-06-16 20:57 | 日々のできごと | Comments(0)

ストックが増えるほど人生はどんどん楽になります【ストック作り意識し日々行動】

ストックが増えるほど

人生はどんどん楽になります

【ストック作り意識し日々行動】



f0121909_19454796.jpg

こんばんは、お疲れ様です。

今日もなんとかブログ更新できそうです。

本日下記のツイートをしました。



ストックが増えるほど人生はどんどん楽になります。

貯蓄のストックがあると心に余裕が生まれます。

お客様のストックがあるととめどなく仕事を頂けます。

成功体験のストックがあると、今現在成果出ていなくてもその先に結果があることを理解してるので続けれます。

結果日々の行動はほぼストックの為



上記を体験談を含めて深掘りしてゆきます。


■ストックがあることの安心感の実体験


繰り返し何度もお話ししますが、私が今の会社に入った14年前本当にお得意先様がありませんでした。

4社ほど売り上げ占有率の高い柱となるお客様がありましたが、提案した商品が企画採用となればその月の売り上げにつながりますが、採用されなければ仕事がないという極めて不安定な状況でした。

安定的な売り上げを得るには当たり前だけど新規のお客さまを作るしかない。

新規顧客開拓の方法として当時頭に浮かんだのが、


・飲食店へのFAXDM営業


・自社のホームページの作成


必死こいで毎日FAXDMを流し、週に一度仕事終わってから近所のパソコン教室で勉強しながらホームページ作りをしていました。


■仕事しながら日々冷や汗が止まらない


必死こいてFAXDMを流し、仕事終わって眠い中チンプンカンプンの状態でホームページ作りの為パソコンの前でもだえ苦しむ日々。

当然ですけどFAXをいくら流しても反応は無く、ホームページも作成途中の未完成な状態で一応アップしてましたけど注文なんて無い。

そんな中、当時の柱のお客さまからの商品企画採用が無いとなるとマジで仕事が無い。

仕事が無ければ商品を作る必要もないわけで、結果製造現場のパートさんには早めに帰ってもらうことになります。

数週間そういう状態が続いたとき言われてしまいました。

「稼ぎたいので仕事取ってきてくださいよ!」

必死こいてやれることやっていて、寝る時間も少なく眠い中、この言葉はかなり応えた。

マジで冷や汗書きながらFAX流してました。


■2年ほど過ぎたときに異変に気付く

その後、FAXDMだけでは会社を運営してゆくだけの受注を取ることができないという結論に至り、時を同じく当時画期的であったインターネットで売り手と買い手をマッチングさせるシステムの会社さん(フーズインフォマート)からの営業があったので意を決して登録しました。

買い手のニーズが見れるので、FAXDM流していた時よりは確実に提案の制度が向上しました。

しかし、どんどんお客さができるなんて甘いものではなく当然断りの連続であることは変わりありませんでした。

そんな中、FAXDMを流しまくり、お礼の直筆メッセージとともにサンプルを送り、その後お礼の直筆はがきを送り、さらに数日後電話でフォローを行うという一連の流れは出来上がっていたので、ネットでのPRにそのアナログ対応を加えて営業しました。

すると、少しずつではあるんですがお客様のストックができてきます。

そのお客様がさらにリピート客にランクアップしてくれると定期的に注文を頂けるようになります。

一度だけのお客さまだけだと行動をやめたとたん受注は途絶えます。

リピートのお客さまが積みあがってゆくと定期的に受注が増えてきます。

また電話でのやり取りも増えるので事務所に活気が出てきます。

シーンと静まり返った事務所で冷や汗をかいていた状況が徐々にですが変わってきたと感じたのがおよそ2年経過したときでした。


■しかし順風満帆にはいかないのが人生

徐々にお客様のストックができてきて雰囲気はいい感じ。

しかし順風満帆にはいかないのがこの世の常です。

奇跡的なラッキーがこの間いくつかあり、第2、第3の柱になり得るお客さまができてきました。

本当に念願かなった、本当に助かったぁ~と思っていました。

そんなある日、突如納得のいかない内容でお取引が終了となったり、ある大地震がきっかけでお取引の終了を告げられたりということを3度ほど経験しました。

まさに言葉の通り死ぬ気でやっていたのでこれを経験したときは本当に光が見えないというほど沈みました。

なんとか徐々に精神的に回復したときに実感したこと。

「どんなに調子が良くとも、ストックの積み重ねは絶対にやめてはならない。」


■心に刻んだ2つの原則


一貫してストック作りを継続しました。

予想外のお取引終了を経験したのち、新たな出会いによって大口のお取引先様ができてきました。

結果、以前の忙しさを上回り更に忙しくなってきたのが入社して10年くらい。

(でもここで手を緩めたらまた万が一のことが起こるのが世の常)

なんとか納期に間に合わせる毎日でしたが、その合間でもさらに仕事を頂くための電話は欠かしません。

こっちが必死こいて納期に間に合わせようと四苦八苦しているのを知っていたお客さまは、ちょっとあきれながら

「そんなに忙しいのにまだ仕事取ろうとするの?( ̄□ ̄;)!!」

なんて言われました。

心に刻んだ2つの原則。


原則1 常に攻め続けストック

    を積み上げること


原則2 原則1を忘れないこと


■ブログ、インスタ、フェイスブック、

 ツイッターストック中


まだまだ軌道に乗ったなんて全く思っていませんが、おかげさまで日々忙しくさせてもらえています。

日々冷や汗を流しながら全く反応のないFAXDMを流していた当時とは別世界です。

今の状況なんて全くイメージできてませんでした。

話し変わり、5Gの時代に突入しこれからインターネットはさらに加速度をあげて発展していくと確信してます。

そこで、現在私はブログ、インスタ、フェイスブック、ツイッターを積み上げてます。

FAXDMを始めた当初同様に全くと言っていいほど反応がありません。

1円の利益も上げてません。

そんな無駄なことに時間をかけれているのはお客様のストックがあればこそ。

SNSに時間を使っても今までの積み上げによってこういう目先の利益ゼロ活動ができるわけです。

ただ、これも2年ほど経過したときには今全く予想していない状況に発展するという自信があります。

理由として、

・FAXDMを続けた結果現在に至っているという経験

・SNSを実名顔出しでやっている

・継続することに自信がある

・現実世界での実績(チックな)ものがある

です。

これらについてはまた機会があったら深掘りしたいと思います。


今日はこれにて。


(おしまい)

by ma-ki-ba | 2019-06-15 20:40 | 日々のできごと | Comments(0)

【恵まれた時代】ユーチューブは無料で学びを得られる宝庫【出し惜しみなし】

【恵まれし時代】

ユーチューブは無料で学びを得られる宝庫

【出し惜しみなし】

f0121909_21133888.png

お疲れ様です。

天才バカボンの歌のように、この日も朝から夜だった状態です。

忙しいことは良いことです。

でも、目先のことだけに追われるだけだと数年後悲惨な状態になってしまうので一日の仕事で将来に花開くための行動を入れるようにしてます。

このブログも先を見越した種まきです。

今は全く誰の目にも触れてませんが、数年後のためにタネをまき続けます。


今日は下記のツイートをしました。


ユーチューブは学びを得られる宝庫です。

【理由】

・志高い人たちが苦労して体得したことを余すことなく教えてくれる

・いつでも好きな時に見ることができる

・ジャンルは無限、習熟度も無限

あとはその有益な情報をキャッチできるアンテナいかにして持つか。

日々の仕事と読書がめっちゃ大事。


これらについて深掘りしてゆきます。

■志が高い人たちが

苦労して体得したことを

余すことなく教えてくれる

ユーチューブを見て驚くことは、本当に有益な情報を余すことなく無料で教えてくれる人が本当にたくさんいることです。

はっきり言って、この情報数万円の価値あるよねっていうものがめっちゃたくさんあります。


■価値を感じるユーチューブ情報

・マナブ

・メンタリストDaiGo

・両 学長

・与沢 翼

・神王TV

・園原夫婦株式会社

・リクサルリビト

・イケハヤ大学

超有料級の情報が無料で聞き放題です。

ではなぜこのような有料級の情報を無料で余すことなく発信してくれるのか。

(ほぼ私の推測)

・有料な情報を無料で発信することでその人に対する信頼感がアップする

・信頼感がアップすることでその人の進める教材を購入したり、その人のコンテンツに多数人が集まることが結果広告収入として返ってくる

・単に学んだことを人に教えるのが楽しい


■いつでも好きな時に見ることができる

基本皆さん忙しいです。

一日でゆっくりできる時間は少ないでしょう。

なのでいつでも好きな時に見れるユーチューブはピッタリです。

【私のユーチューブを聞く(ながら作業中に聞く、見ることなし)シーン】

・朝の掃除中、胸ポケットに入れて聞く

・朝シャワー浴びる際に棚に置いて聞く

・洗面台に立てかけて聞く

・筋トレしながら聞く

隙間時間ですけど結構な情報ゲットできます。


■ジャンルは無限、習熟度も無限

自分の興味のある分野の動画が必ずあります。

更に、自分のレベルにあったものもかなりの確率であります。

例えば私の場合、投資関連の内容に興味があるので「両学長」の動画をしばしば聞きます。

数多くの投資関連の本を読んでいきついたのは、

・個別の株式投資はリスクが大きすぎる

・FX、株のテクニカルの技術を要するトレードは本業がおろそかになるので向かない

・結果、長期・積立・分散を機械的に積み上げてゆくのが最もベターである

そうなると次はいったい何に、長期・積立・分散すべきか?という問題になります。

それを懇切丁寧に両学長の動画は説明してくれます。

結論、

・楽天証券のeMAXIS Slim 先進国株式インデックス

・イデコ

・NISA

・他

先日金融機関の方に、海外個人年金保険を進めて頂いた。

今現在貯金しても利息はほぼゼロ。それと比較してこの商品であれば年率〇%で運用できますよ的な説明。

両学長の動画を見ていたので、

・手数料がネット証券に比べてめっちゃ高いこと

・運用するのならあえて保険で運用する必要なし

ということを事前に知っていた。

これ知らなかったら利率も良さげだしお付き合いもあるしなんて考えて入っていたかも。


■有益な情報をキャッチできる

 アンテナいかにして持つか


このような有益な情報を有益と感じなければスルーしてしまいます。

私ももっともっと自分にとってまだ気づいていない有益な情報スルーしてはいないだろうか?と結構思ってます。

当然有益というものは人によって十人十色。

どれが正解どれが不正解というものはありません。

自分の場合、脱ラットレースが目標の第一なので「仕事」「投資」「モチベーション」「考え方」「ネット活用」が自分にとっての有益な情報です。

最近人生を全うするのに2000万円たりませんので、みなさん資産運用しましょうね的な発言がニュースになりました。

こんな感じで、「急にあとは自分たちで頑張ってね^^みたいなことおこるなきっと」と思ったので「投資」のマイランキングは急上昇です。

悲観になり過ぎては人生つまらない。

楽しみつつ備えつつ最適バランスで生きてゆきます。

(おしまい)


by ma-ki-ba | 2019-06-13 21:57 | 日々のできごと | Comments(0)

新しいことをはじめるとき 準備せずに飛び込むのが効率的と思う件

新しいことをはじめるとき

準備せずに飛び込むのが効率的と思う件

f0121909_16092040.jpg

こんにちは。

休日は、終日強制的に外出を課してますが今日はネット情報発信の為午後から部屋で作業してます。

早速下記の内容をツイートしてみました。

「新しいことにチャレンジするときは、思い切って飛び込むのが最も効率的だと思います。学生時代ガチンコファイトクラブが流行ったときソッコー一人でボクシングジムに入会。はじめはメッチャ緊張したけどすぐ慣れて楽しめました。多分友達誘ったり色々調べてたらやる気冷めてたでしょうね。」

自分の体験談をもとに振り返ってみます。


▪️事前の情報収集で不安は無くならない


新しいことをはじめるとき、必ずや不安やストレスを感じます。

それを少しでも解消する為に知人に聞いたりネットでググったりして情報収集しもしもの危険に備えるという一見理にかなった行動に見えます。

ただ、実際情報を集めて

「あー安心。これでなんの不安もなくはじめられる!」

っていう状態になれたという記憶はほぼあらず。

でもやっぱりまだ不安だから他の人にも聞いてみよう。

そうやっていろんな人の話を聞きながら否定的な意見と巡り会い「やっぱりやるべきではない」もしくは「今はまだその時期ではない」となり今まさにその時期に一生会うことなく流れてしまう。

要は、

・不安を正当化してくれる意見を待ってい

・慣れ親しんだ今の状況から変わりたくない(コンフォートゾーンに留まりたい)

という元々人間に備わった性質に沿ってしまうということでしょうか。

▪️実際に飛び込むと想定していた恐怖の100分の1

私の場合、石橋を叩いて叩いて壊してしまうくらい慎重な性格であり、前からそれが嫌でした。

同じく学生時代バイト先の友人と一緒に免許を取りに行こうと話していたのですが、学科試験の勉強がまだ完璧ではないとの思いから伸ばし伸ばし。

実技試験も慎重に慎重を重ね完璧と思うまで試験を受けませんでした。

結果、めでたく一度も落ちることなく受かりました。

ただ、残念なことにとんでもなく時間がかかってしまい、友人は自分を見限って一人で試験を受けとっとと合格してました。

多分あそこまで完璧にせずとも受かっていたと思います。

30センチのボーダーラインを越えればいいのに、1メートルの高さを超えるまで一生懸命練習していたようなイメージでした。

そんな経験を通して、万全を期すより飛び込むべきという思考になっていたので学生時代ボクシングジムに誰に相談することなく即飛び込みました。

はじめて行って見学。

ちょうどスパーリング開始。

(あれ?スパーリングしてる人の白いTシャツの背中に徐々に模様ができてるのなんで?)

スパーリングの最中に出た鼻血が飛び散り背中に滴っていました(T0T)マジカ

結構やんちゃそうな人たちもいましたけど、練習してるうちに仲良くなりました

多分友人誘っても誰も入会しなかっただろうし、入会しない為の理路整然とした非の打ち所のない意見が出ていたことと思います。

▪️相談した相手にリスクはない

例えば今やるかどうか迷っていることがあって、一歩勇気を出してはじめることで今までとまったく違う世界に行けたとします。

もし相手の意見に従ってはじめは断念。

月日は流れ5年後やっぱり気になり今度は自分の意思でチャレンジ。

そしてら素晴らしい成果が得られ、当初イメージしていた不安なんてまったく関係なかった。

5年前にチャレンジしていればよかった(>0<)

「お前のアドバイスのせいで5年間棒に振ったじゃないか!」とは言えないわけです。

ものごとの決断も、投資も、すべて自己責任デス。

▪️時に我慢強さが弊害になる

新しいことをはじめるという点と似た要素があると思うので最後に一つ追加。

アーリーアダプターって大事だと思います。

カタカナ使ってしまいました。分かりズラいですね。

新製品とか出た時に即それを使う人、要は新し物好き。

私は、新しいものへの好奇心が本当にありません。

今前携帯電話とかも、型落ちしたやつの方が安くてコスパいいじゃん!って思いそれを買ってました。

先日、仕事で使っているパソコンのマウスを見た弟が、

「そんな旧式使ってたら効率悪いから新しいの買った方がいいよ。」

と言われてしまった。

内心(まったく不便を感じてないからこれでいいんだけど)と思いつつも、弟の意見に沿ってその場でアマゾンでおすすめマウス2個購入(有線と無線の両方を買うことにした)

・無線反応悪そう

・マウス設定するのメンドそう

いざ到着。

パソコンに有線の方の新しいマウス繋いでびっくり!

設定しなくても今のマウスってすぐ動くんですね(知らんかった)。

で、無線のマウスどうしようか?って思った時閃いた。

(3年前に買ってほぼ不使用だったMacBookあったな。)

つけてみてこれまた設定なしで動いた!

また閃いた。

(もしかしたら家でブログ書けんじゃね?)

家はWifi環境あるから実際書いてみると、当たり前だけどできた!

ただ、会社のパソコンWindowsなのでMacの操作に悪銭苦闘しつつこのブログを書くことできました。

いい意味で今の環境の不便さを感じ、もっと楽できる方法ねえかな?って手抜き思考すべきだって思いました。

f0121909_15454060.jpg

今度憧れだったタリーズMacデビューしてみよう。

カフェで仕事してますよオーラ全開でハッタリかましてみます!

(おわり)

iPhoneから送信

by ma-ki-ba | 2019-06-09 15:45 | 日々のできごと | Comments(0)

悪戦・苦闘 インスタグラム

昨日、急遽写真撮影のため写真館へ行ってきました。

(午前消防の大会だったのでかなりドタバタ)

なんの写真かというと、お客様である生協様のカタログの表紙にまきばの商品と私の写真を掲載頂けるという光栄な機会を頂いたから。

実は、数か月前にもまきばの商品をカタログの表紙に掲載頂いたのでした。

この時も私の顔写真を載せるという連絡を直前に頂いたので日課の筋トレルームにて携帯写メで撮ってもらった。

これが実に・・・、実に・・・、実に・・・出来が悪かった(T0T)イキナリスギー

暗いわ

顔は引きつるわ

角度ハチャメチャで

バックは部屋にあったついたて

あのはずかしめ・・・・、

繰り返してなるものか・・・・。

にもかかわらず、今回も連絡を頂いたのは金曜日。

リミットは、今週水曜日。

って、平日に写真撮りに行く時間作れねぇし。

ソッコー写真屋さんに連絡し日曜日の撮影OK頂けました!

 長岡市 おしゃれフォトスタジオ

 


以前もお世話になったフォトスタジオさんで、店主さんが本当に話しやすく事前にリラックスさせてくれるんです。

(会話でリラックスしてから撮影するというプロの技)

しかし、この話が単なる雑談でなくすごい為になる内容。

最近、SNSを駆使することをずっと考えており、ブログの投稿頻度のアップ、ワードプレスでのブログの投稿チャレンジを実践してました。

なので常に「インスタグラム」というワードが頭にちらついていた。

しかし、今までやったことのないことをやるのが本当におっくうな人間なのでどうしても行動できない。

そんな時、たまたまネット駆使して情報を拡散する的な話をしているとインスタグラムを紹介してくれた。

実際の投稿の仕方や、「#」つけて引っかかり易くする方法など懇切丁寧に(多分30分以上)説明してくれたんです。

もうこりゃやるっきゃないでしょ。

ってなことで、早速帰りがけに本購入。

早速登録。

登録は比較的簡単にできた(ってか、フェイスブックアカウントがどおたらこおたら?ってな感じで理解できない状態で登録されてしまった)。

では記念すべき、1枚目の写真投稿!

あれ?投稿の仕方説明してるページが無い・・・?

f0121909_21141984.jpg
目次を目を凝らしてみる。

・プロフィールの写真を変えたい

・プロフィールの情報を追加したい

・インスタグラムのおすすめユーザーをフォローしたい

・インスタグラムをしている身近な友達や家族とつながりたい


(おいおい、普通しょっぱなは「写真のっけたい!」だろ?!

 (。□。;)逆さガビーン!!

だから、この手の「サルでも分かる」的なテキストって嫌い。

めっちゃ探して、めっちゃ悩んで、それでも分からん。

インスタしてる全員が雲の上の存在に思える。

あきらめかけたその時見つけました。

・フィードに写真を投稿するには?

(なんで写真投稿が、目次の23番目なん・・・・)

目次の順序に納得いかないながらも記念すべき初投稿できました。

1投稿すんのに1時間以上かかった・・・。

でも大丈夫です。

量質転化、成功曲線、ランチェスター時間戦略全部知ってます。

カメの歩みの100倍のろいけど、2年後には徒歩くらいになってるはず。

(おわり)

by ma-ki-ba | 2019-06-03 21:14 | 日々のできごと | Comments(0)

f0121909_05511426.jpg

f0121909_05511472.jpg



iPhoneから送信
by ma-ki-ba | 2019-06-03 05:51 | 日々のできごと | Comments(0)

信じる道を進んでいくけど 途中で結構心がぐらつく件

信じる道を進んでいくけど

途中で結構心がぐらつく件
 


お疲れ様です。

今日は、土曜日。

お客さま、たいていお休みなのでゆったり目でした。

週に一度の安らぎの曜日。

と思いきや、最後にどんでん返し有り。

ブログでも書こうかと思ってたタイミングで、取引先の社長さんから電話。

出て開口一番

「君がなにをゆーてるか

 意味わからん!(`Д´) 」

(私もなんで怒られているか意味わからん)

ある商品の案件について私が送った資料がダラダラと長ったらしく要領を得ないということでした。

「君は真面目なのはわかるんやけど、

 悪い意味で思い切りが無い(`Д´) 」

結構この手のことで指摘されることが多い。

あいまいなのが嫌いってところもあり、

● A > B

● B > C

● したがって A > C です

みたいな言い方をする傾向がある。

そんな回りくどいこと言わんで

● A > C だ!

の一言でいいだろ!

っていう内容でした。

似たようなことですけど、自分が心掛けてること、継続していることについて否定的なこと言われることって結構あったりしませんか。

●本を大量に読む → 本ばかり読んでても何にもならないと言われる

●筋トレ続ける → キショイと言われる

●言われたことをきっちりとこなすことを心掛ける → 真面目過ぎて融通が利かないと言われる

●仕事を頑張る → 視野が狭い、人としてつまらないと言われる

●目標に突き進む → 息苦しいと言われる

自分の進む方向ってこれでいいの?って結構心がぐらつきます。

★そんな時は極端に考える

ただ、最近はぐらつきはかなり改善しました。

そんな時は極端に考えると頭が整理されます。

極端な考えその1

甘いもの好きもいれば辛いもの好きもいる


食べた瞬間、甘いもの好きの人には甘く感じ、辛いもの好きの人には辛く感じる食べ物は無い。

極端な考えその2

誰にでも好かれる人は存在しない

(誰にも批判されない為には存在

    しない以外手はない)


芸能人人気ランキングでトップの人は嫌いな人ランキングでもトップの方にいることが多い(らしい)

要は、活躍して目立っている人はファンも多けりゃアンチも多い。

極端な考えその3

米・中だって関税かけあって喧嘩してる


国同士で喧嘩してんだから個人同士の意見の相違なんて原子核レベルの小ささで目に見えないくらいどうでもいい。

てなことで、批判されずに人生全うすることは死ぬまで呼吸するな(ってかしないと死ぬ)ってのと一緒くらいあり得ないこと。

自分の人生自分しか責任取ってくれませんので人様に被害を与えないんなら自分の好きにやってくべし。

by ma-ki-ba | 2019-06-01 21:07 | 日々のできごと | Comments(0)

商品開発は弱者の戦略で

商品開発は弱者の戦略で


f0121909_20532991.png
こんばんは。

今日も結構なドタバタでした。

新商品の試作依頼が10品ほど頂いており、試作をしなければならないけれど通常の製造で手一杯という嬉しい悲鳴を上げています。

とにかく1品ずつ仕上げ、新商品発売にこぎつけてゆきます。

  ★今日の戦略原則

 新商品開発は弱者の戦略で

まきばの商品コンセプトは私が基本的に決めます。

テレビ番組で、外食チェーンやコンビニの商品開発の様子を見られた方いると思います。

膨大な試行錯誤を経て、何パターンもの試作品を作り、何度も何度も試食を繰り返し、それが実際の製造ラインで生産できるかをテストする。

そこまでやってようやく発売。

このいくつもの試練をクリアーしてめでたく販売できたとして、1年間販売継続される商品はほんの一握り。

商品開発って本当に大変だと思います。

ではまきばの商品開発はというと、

①私が頭で考える

②現場で試作品を作る

③試食と同時にお客様へサンプルを出す

以上!

こないだはサンプル依頼受けて翌日に出荷しました。

いい意味でスピーディー、悪い意味で適当です。

★そんなに簡単な商品開発をする理由

普通だと考えられないような商品開発をする理由があります。

①おいしさ以上に素早さが差別化になる

②差別化ポイントを押さえていれば他社に真似されない

③そもそも自社で100%良いと思った商品はお客様にとって100%ではない


①お客さまは素早い提案を求めている

お客さまがほとんどないところから一つ一つ新規を積み上げてきました。

その際に心掛けた事。

「圧倒的なスピードで対応する」

食品製造業やってる人ならわかると思いますけど、原料を仕入れるときにそのメーカーが大きいほど結構対応遅い傾向がある。

例えば、急遽の注文で原料が必要になった。

急いで原料を発注し、「なんとか即出荷してほしい」と午後1時に発注。

すると「発注は午前中で打ち切りですので最短で明日の出荷となります。」ということがある。

大手さんは発注をさばく量も半端ないのでそういう風に決まり事を作らないと対応できないこと良くわかる。

ならその逆をいこうということで、例えば午後5時過ぎに飲食店さんから注文着たら即準備してヤマト運輸へ持ち込んだりしながら「まきばは圧倒的に早い」という印象を持ってもらった。

(今ではお得意先様の数も増えたので、ヤマト運輸が集荷に来る前までにしてます)

てなことで、圧倒的に早い対応をしていると味とか云々の前に「まきばにお願したら翌日には試作してくれる」というイメージを持ってもらえ、そしたら他に話がゆかずにまきばに開発の話しがやってくる。

②差別化ポイントを押さえて

 いれば他社に真似されない

素早く対応できたからと言って、何の変哲もなければそのうち他社がうちはもっと安くしますよと言って仕事を取られる危険性が出てくる。

てな風にならないように、商品に必ず他社がまねしずらい要素を加えます。

例えば、

・原料(魚沼でしか手に入らない、特殊なルートからでしか仕入れられない、等)

・製法(手作りでなければ作れないので人手不足の今の時代とても作ってられない、等)

・製造ロット(少量から対応します、大量でも対応できます)

特に製造ロットは、大手さんだと大量でないと作れませんとなり、まきばより小さな会社だとそんな量注文着ても作れませんとなります♪

③そもそも

 自社で100%良いと思った商品は

 お客様にとって100%ではない

自社でうんうんうなって開発しても必ずこうしてほしいああしてほしいという意見が出ます。

だったら未完成でもいいから試作品を出して意見をもらってまた試作して出すを高速で回した方が効率的。

あともう一つこれに加えられる要素がありました。

④営業の要望に現場が答えてくれる

 (よね?)

私が、お客さまからこんな要望が来た!あんな意見が来た!と言って現場に試作を依頼します。

世間で良く言われるのが「現場と営業は仲が悪い」。

営業がめでたくお客さまからの要望を聞き出しそれを現場に伝えても、何も文句言わずにすぐに実行してくれるかと言えば決してそうではないらしいですよ。

「また無茶なこと言いやがって」

「そんな効率悪いことできるわけねえだろ」(やれば意外とできてしまうんですが・・・)


ではまきばではどうやってやるのか。


私が怒られながらもあきらめずお願いするm(_ _;)m オネゲーシマス!!


ちょっとでも連絡が遅かったりすると結構怒られます(T0T)コエ~~

なので、現場が忙しいときとか可能な限りお手伝いします。

こんな狭い中で対立なんてせずに早く外に攻勢をかけるべし。

下の図の考え方ですね。

f0121909_09253517.jpg
てなことで、雑用係としていろんなことをすることもスピーディーな商品開発の大事な要素の一つになりけり。

by ma-ki-ba | 2019-05-31 21:32 | 日々のできごと | Comments(0)
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
最新のトラックバック
大和商工会東支部のIT勉..
from @南魚沼市
ba/ba
from お悩み解消ネット
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧