人気ブログランキング |
 ”おいしい豚肉”   まきばのホームページはこちら →


uonumamakibaをフォローしましょう


オモシロおいしい魚沼をお届け中
by ランチェスター戦略実践肉屋(有)まきば 桑原一成
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最低賃金1000円時代を考えてみた【シビアな生き残りサバイバルがはじまる】


最低賃金1000円時代を考えてみた

【シビアな生き残りサバイバルがはじまる】

f0121909_20305242.jpg

こんばんは。


いつも良い意味で最悪を想定しそれに備えて行動してます。


なにかが起こるときは大抵「まさか」というケースがほとんど。


臆病すぎるほどに備えることで、なんとかかんとか日々を平和に過ごせてます。


さて、今日こんなツイートをしました。



ツイート

最低賃金1,000円時代。

引き上げにより所得と消費が増え、生産性も高まるという好循環を狙ってのもの。

日本の会社の7割が赤字。

最低賃金をあげれば所得が増えるが潰れたらもらえなくなる。

最低賃金をあげれば今まで売れなかった商品が急に売れ出す?

真実はシビアな会社の選別サバイバルのスタート


これについて深堀してゆきたいと思います。


⚫️最低賃金1000円時代は、明るい時代の到来?


明るい最低賃金1000円時代を考えてみます。


▪️明るい時代を考えてみる


今日の日経新聞にこの最低賃金1,000円時代についての記事が書いてありました。



中央最低賃金審議会(厚生労働相の諮問機関)の小委員会は31日、2019年度の最低賃金の引き上げを決めた。

東京都と神奈川県は時給1千円を超え、19年度と同じ上昇率が続けば全国平均も23年度ごろに1千円台にのる。

最低賃金に近い水準で働く人は女性や中小企業の従業員に多い。

引き上げで所得と消費が増え、生産性も高まるという「1千円時代」の好循環を実現できるかどうかは女性と中小企業がカギを握る。




19年度と同じ賃金上昇率が続けば全国平均の最低賃金が23年頃に1000円台になるってすごいことです。


新潟県は、現在803円なので約2割アップ!


さて、明るい未来を考えてみましょう。


最低賃金が1000円を超え従業員の皆さんの手取りが増えます。


今までちょっと手が出せなかった商品を購入したり、たまに外食をすることもできるようになりました。


結果、消費が拡大し景気が回復。


これが従業員の皆さんのやる気につながりさらに仕事にも熱が入る。


この好循環によりさらに来年最低賃金がアップ。


結果、消費もさらに拡大。


この好循環スパイラルが継続し見事日本は税収も増えついには国の歳入が歳出に追いついた(プライマリーバランスが実現)。


めでたしめでたし。


この好循環実現は、ストレートに実現するのでしょうか。


▪️明るい時代が実現する

 ための条件も考えてみる


・時給1000円の元を考えてみよう


まず時給1000円はどこからやってくるのかを考えてみましょう。


お金は当然天から降ってくるものではありません。


きちんとした出どころがあります。


ものやサービスを販売し、その対価としてお金をいただきます。


仮にある人が商品を1時間かけて作りました。


その商品を1100円(税込)(零和元年10月以降、消費税率10%)で販売しました。


その人の時給は1000円です。


さて、会社にとっての利益はいったいいくらでしょう?


時給1000円の人が1000円売り上げたからプラマイ0円という人はまずいないと思います。


おそらくざっとマイナス2300〜3450円です。


なぜ?


まず、会社が従業員さんに1000円の時給を払うにはザックリ1150円負担します。


労使折半の社会保険料分として3割の半分の15%を加えると1150円。


さらに、ものを作るには原材料費、水光熱費、制服代、事務員さんの人件費などなどあるので自分の給料の2〜3倍の利益を上げてようやくプラマイゼロ。


つまり、自分の時給の2.3〜3.45倍の利益を上げて収支トントンとなります。


・現時点で日本の7割の会社が赤字


現時点で日本の会社の7割が赤字と言われています。


あえて赤字にしている会社、めちゃめちゃ過去の資本の蓄積が積み上がっている会社、こういうのを考慮せずに皆が普通に頑張っている会社であると仮定し今の業績が継続するとした場合、時給が1000円にアップすると赤字の会社は遅かれ早かれ電話帳から消えることになります。


確かに今は人手不足の時代。


今いる会社がなくなっても他に行けば問題無しかもしれません。


ただし、自分の時給の2.3〜3.45倍の利益を上げることが条件です。


能力、向上心に自信のある人にとっては「待ってました!」。


今までの方が楽で良かったという人にとっては「しんどい・・・」。


全ては因果です。


⚫️最低賃金1000円時代

 到来後の時代を考えてみる


最低賃金1000円時代をなにかと注目される業種に当てはめて考えてみましょう。


▪️運送業


私が感謝しまくっている業種です。


工場で作った商品をお客様へお届けしてくれる運送業社さん。


最低賃金1000円時代は、自動運転の時代です。


決まった集荷時間に無人のトラックが工場に到着します。


到着と同時にアラームが鳴り、工場のシャッターを開けます。


トラックからアームが伸び、そこに荷物を置きます。


するとアームが自動で動き、荷物をトラックに積んで行きます。


今まで運ちゃんが荷物の積み込みをしてくれていたので若干工場側としては手間ですが、送料を今までの価格で据え置いてくれているので多少の協力は当然です。


いざ荷物を積み終えると次の集荷場目指してトラックは出発。


翌日無事お客様へ荷物は届けられました。


▪️飲食店


時給1000円時代となり、外食を定期的に楽しむ人と外食はせずに自宅で食事をとる人とに二極化します。


アルバイトの時給は都心部では1300円になりました。


安売りが難しい環境です。


結果、客単価は上昇し外食は一種のステータス。


しかし、そんな中低価格を実現している業態があります。


セルフ焼肉店。


冷蔵ショーケースに切り分けられ盛り付けられたお肉が並んでいます。


お客さんは自分で食べたいお肉をショーケースから取り、自分の席へ。


お肉を取った瞬間、センサーで売り上げにカウントされます。


ビールも同様に、高速道路のパーキングエリアのコーヒー方式でオーダー。


ショーケースのお肉が減ると、自動で補充されます。


在庫の状況は、リアルタイムでセントラルキッチンに送られ、欠品になる前に配送車が出発、補充じます。


会計はセルフレジに携帯をタッチして終了。


80席の店舗に従業員は2人だけ。


めちゃめちゃ繁盛しています。


▪️小売業


お客様は、来店し自分の欲しい商品をマイバッグに入れそのまま退店。


レジはどこにも見当たりません。


入店し、退店した時点でマイバッグに入れた商品は全て読み込まれ買い物した金額はカードに請求が自動でいきます。


万引きはゼロになりました。


▪️食品製造業


私の業種「食品製造業」はどうなっているでしょうか。


まず、


・外食は一種のステータス
(ある程度所得のある人ででないとなかなか行けない)


・夫婦共働きの為、家に帰って一から料理をするのはしんどい


結果、短時間で調理ができる食材もしくは出来合いの食材(中食)需要が毎年10%の伸びを記録。


その時代背景を受け、まきばの近くにあるテー○ルマークさんの冷凍米飯は安くて美味しいと大評判。


安さの秘密は完全自動化。


機械により大量の冷凍米飯商品を自動で作り上げます。


味も抜群に美味しい。


最強のコスパです。


そんな大工場から直線距離1kmの工場でまきばはきんぴらごぼうの豚肉巻き、ピーマンの肉詰め、ロールキャベツをせっせと製造しています。


きんぴらごぼうの肉巻きは1分に3本、一時間に180本しか巻けません。


1時間収支トントンとなる1時間2300〜3450円換算ですと恐ろしい金額となります。


でも売れています。


なぜならば他に作れる工場が無いから。


市場はニッチで狭いですが、そのニッチの需要をがっちりキャッチできた為、零細企業のまきばとしては十分にやって行ける規模です。


ただし、めちゃくちゃ手間がかかるので現場からは不満がたくさん出てくるかと思いきやみんなが自主的に頑張ってくれています。


なぜか?


手間がかかる=他社が真似できないことを理解している。


時給1000円は、空から勝手に1000円降ってくるのではなく、自分たちがその金額に見合う成果を出した先に得られるものであるということを理解している。


経営者視点を持っている従業員のいる会社は鬼に金棒です。

by ma-ki-ba | 2019-08-01 22:44 | まきばのできごと | Comments(0)
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
最新のトラックバック
大和商工会東支部のIT勉..
from @南魚沼市
ba/ba
from お悩み解消ネット
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧