”おいしい豚肉”   まきばのホームページはこちら →
 ”おいしいごはん” 魚沼炊飯のホームページはこちら→

uonumamakibaをフォローしましょう


オモシロおいしい魚沼をお届け中
by ma-ki-ba
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:日々のできごと( 1632 )

人の引力

 人は自分と近い人たちと引き合うということがよく言われます。

 自分の身近な人たちのことを思い浮かべるとよくわかると思います。

 どんな人たちと日々よく過ごすことがあるでしょうか。

 最も頻繁に会う人たちと自分自身はほぼ同じ思考であるとも言われます。

 やはり同じ思考の人たちと一緒にいると居心地がよいと感じ、違うと居心地が悪いと感じるので自然とそういう風になってゆくんでしょう。

 私が通っている美容室があります。

 店主は私の1歳上。

 その人の話がまた面白い。

 その人と話すと接骨院をやっている同級生の話や投資をやってる同級生の話などをよく聞かせてくれます。

 二人とも世間一般の人たちとはかなり違う思考をもった人たちのようです。

 接骨院の人は、体の仕組みをかなり深く把握しており、どうすれば筋肉がつくとかメンタル面の鍛え方とかかなり勉強されていて、美容院の店主もの人のやっているスポーツ教室でその人のプラグラムで肉大改造に成功。

 投資をされている人は、詳しいことはオブラートに包まれてますがかなりいろんな経験をつんでいる様子が話しの端々から読み取れる。

 日々強く「なんか自分の考え方変えてくれるようなすごい人にあえたらなぁ~」と考えていると、ふとした会話の内容でもアンテナに引っかかる。

 その引っ掛かりを手繰ってゆくと強く感じていたことに行き着く確率が高い。

 やっぱり人には引力があることを再認識。
[PR]
by ma-ki-ba | 2016-07-18 05:35 | 日々のできごと | Comments(0)

ギブ、ギブ、ギブ アンド テイク

 日々まきばの営業活動を行っています。

 営業活動で難しいなぁ~と思うことは、商品を紹介したりPRしたりして相手に商品を購入もらうまでのプロセス。

 自分がどんなにがんばろうが相手が納得してくれたりアクションを起こしてくれたりしなければ成果はゼロ。

 ではどうすれば相手は納得してくれたりアクションを起こしてくれたりするのだろうか?

 どんどん押していってその勢いでアクションを起こしてもらう方法、その人の持ってる問題解決(ソリューション)を提供して納得してもらう方法、値引きして買ってもらう方法などなどさまざま。

 私の場合、押しが弱いので相手の求めるものを必死こいて作ったり、いかに短時間で対応したりということに重点を置いて営業活動をしてきました。

 自分なりに思うことは、相手のメリットになることを提供できなければ生き残れない。

 昔は押し売りが通用したかもしれないけれど、これだけネットの発達して情報を取れる時代に勢いの押し売りが通用するとは思えないし、ほしいとも思ってないものを押し売りされたら満足どころか不満足爆発。

 いまだにまきばにも電話料金が安くなりますとかお得な〇〇いかがですかとかいきなり売り込みの電話かかることありますが、その会社の経営者なに考えてるんだろう?って思ってしまう。

 売り込みたいという自分のメリットを表に出す前に、相手のメリットとなるものをどんどん提供する。

 しかしこれがまた面倒。

 相手が何に対してメリットを感じるかが分からない。

 そこで、

 「何があれば便利だと思いますか?」

なんて質問しても、

 「別に今困ってないよ」

という回答が来るだけ。

 言うは簡単、行うは困難。

 相手にとってキラリ!と光るギブを先制して与えられるように頭をひねりにひねらなければ。

 理想の売り込みなしに大繁盛を必ずや実現させてみせます。
[PR]
by ma-ki-ba | 2016-07-08 18:54 | 日々のできごと | Comments(0)

新規商品提案会

 新規商品提案会に参加してきました。

 まきばの今回の品目は、一口ポークステーキと合挽メンチカツ。

 そして、既存のおすすめ商品として一口雪むろじゃがいもコロッケ。

f0121909_6272976.jpg

f0121909_6273018.jpg

f0121909_627308.jpg


 商品を紹介するのに制限時間があったため、完結・明瞭に説明するための言葉を頭の中で考えまくってました。

 はじめはなかなかうまく話せなかったですが、繰り返してゆくうちにどんどん頭が整理され要点をしっかり伝えることができました。

 果たして結果やいかに。

 全品採用されることを祈るのみです。

iPhoneから送信
[PR]
by ma-ki-ba | 2016-07-07 06:27 | 日々のできごと | Comments(0)

魚沼NO1

 以前にフェイスブックかブログで紹介した魚沼NO1。

 常に口に出し、それが自分の耳に入ることで自分を洗脳するという取り組み。

 自分を洗脳してしまえばしめたもので、自動的に日々その目標に直結する行動をオートでとれるようになります。

 はじめは自分も軽い気持ちで話していました。

 まきばのナベ・マッツンに、

 「魚沼ナンバーワンいくぞ!」

と言っても恥ずかしがって無反応。

 しかし、そのやり取りを見ていた奴がいた!

 まきばの友チン(空道家)。

 ある日のこと、仕事終わりに事務所へタイムカードを押しに来た友チン。

 今日感じたことや気になったこと・改善事項など彼が自分の考えをいろいろと私に話してくれた。

 「了解!今後その点気をつけて改善していこう」

(友)「わかりました、それじゃぁあがります。

 魚沼ナンバーワン!!

(私)(ドキッ!!)「おっ、おう・・・。うっ、魚沼ナンバーワン!」

 友チン、魚沼ナンバーワンのフェイスブック見ていたようです。

 しかも、その言い方が力強すぎてまるでプロレスラー。

 あまりの声のでかさに隣の部屋で作業しているナベ・マッツンも「なんだなんだ?」といった様子。

 その後、日々彼が出社したときと帰るときお互いに「魚沼ナンバーワン」コールをやってます。

 プロレスラー的な大声はなくなりました。

 私もはじめは、

 (自分が言い出しだことだけど、さすがに毎日はちとキツイかも・・・)

とか思ってましたがやっぱり続けると慣れてくるもの。

 ナンバーワン毎日言ってるんだからしっかりと仕事を獲得せなあかんぞ!

 退路を断ちました。

 目標に向けて前進あるのみです。
[PR]
by ma-ki-ba | 2016-07-06 07:20 | 日々のできごと | Comments(0)

幸運×幸運

 先日また新たなお客様からまきばに来社頂きました。

 実は、以前からお取引したいと思い続けていたお客様です。

 またひとつ念じ続けていたことが実現しました。

 まきばは原材料にこだわり、手作り思考であり、少量オーダーメイド対応のため価格は当然割高になります。

 なので、誰にでも販売できればいいというものではなくそのこだわりを理解して頂けるお客様に限られます。

 その結果、スーパーマーケットや量販店のお客様はゼロ。

 こだわり・ポリシー・理念を持ったお客様ばかり。

 そんな中、今回ご来社いただいたお客様はさらに頭ひとつこだわり度が強くまきばの基準でもハードルが高い。

 事前にまきばの商品を試食頂いていました。

 商談中、試食頂いたまきばの商品についていくつかの改善要望が出ました。

 その中に、どうしても改善困難だろうというものがありました。

 それはパン粉。

 完全遺伝子組み換え原料不使用のものが基準。

 それであればまきばは完全遺伝子組み換え原料不使用であり且つ国産小麦粉を使用したパン粉を持っていたのでクリアー可能。

 しかし問題はその後にあった。

 完全遺伝子組み換え原料不使用のパン粉であり、さらにふんわり食感の生パン粉にしてほしいとの要望でした。

 皆さん「それがどうした?」と思うかもしれませんが、完全遺伝子組み換え原料不使用で且つ国産小麦を使ったパン粉というものははっきりいって美味しさ度返し。

 食べてみるとガリガリ硬い。口の中ズタズタになるようなものなんです。

 しかしまきばは懇意にしてくださっているパン粉メーカーさんと試行錯誤の上食感が固くないパン粉を作り上げることができた。

 しかしそれは乾燥パン粉。

 ふんわりとした生パン粉は添加物を使ってふんわり感を出すというのが常識。

 はっきりいってこれは不可能と思いました。

 しかし、頭がないものは体を使うの法則にしたがってだめもとでパン粉メーカーさんに連絡。

 すると、

 「できますよ!生パン粉。」

(私)( うそーーー! )

 実際に試作・試食して食感、味ともに問題なければある意味他社にかなりのアドバンテージをとることができる。

 幸運。本当に幸運でした。

 100の失敗の上に1個の幸運あることを実感した出来事です。
[PR]
by ma-ki-ba | 2016-07-01 08:21 | 日々のできごと | Comments(0)

レベル3 両極端思考ミックス

 考え方には、完全無欠の正解がひとつだけあるといことはなく多種多様。

 ひとつのことを追い求めなければ成果出ず。

 しかしこれまた面白いもので、ひとつを追い求めると視野が狭くなるというマイナスの現象も隣り合わせ。

 愚直に同じことを他人が真似できないレベルまで繰り返すこと、これ凡人の進むべき道。

 才能があるのに他の人ができないまで継続して成果を出した人のやり方を刺激にしてきた。



 しかし、一歩間違えると成果を出すことより長い時間続けることを目的にしてしまうという危険性がある。

 そんな中、一日1時間程度の仕事時間で多くの成果を手に入れている人がいる。



 一見すると楽して儲けているという批判的な意見に傾くかもしれないけど、その域に達するまではやはり膨大な見えない下積みがある。

 ただ、下積みをすることが目的でなくて成果を出すことが目的だから成果が出しながら仕事時間を減らしていくことに力を注いでいる。

 両極端な思考をミックスして自分独自のスタイルを作り上げたい。
[PR]
by ma-ki-ba | 2016-06-28 22:36 | 日々のできごと | Comments(0)

10000時間の法則

 好きな言葉「量質転化」。

 途方もない量をこなせばそれはおのずと質に変わってくる。

 どんなに能力の低い凡人でも他の人があきらめるくらい地道にやっていれば成果が現れるという才能でなくて気持ちの問題というところに救いがあります。

 10000時間の法則。

 世間ですごいといわれている人たちは、その成果を出すのに10000時間を費やしているという法則だそうです。

 地道にといっても一日1時間だと30年近くもかかってしまう。

 10000時間経過する途中でも普通の人よりは飛びぬけた成果が出るんでしょうけどね。

 一日10時間でも3年かかる。

 やっぱり地道といえどもある程度まとまった時間をこなさないと生きているうちに成果を見ることは難しそうです。
[PR]
by ma-ki-ba | 2016-06-27 06:01 | 日々のできごと | Comments(0)

来客ラッシュラッシュラッシュ

 昨日は、静岡営業に行ってきました。

 今年に入り、新工場に移転したことでほとんど営業に出れていませんでしたが最近になってようやく出張できる環境が整ってきました。

 しかし、それ以上にありがたいのはとにかく今年に入りお客様の方からまきばの工場に訪問頂く件数が飛躍的に増えた。

 特に何をしたわけでもありません。

 なのに来客が急増。

 6月も残りあと2週間を切りました。

 その間にも現在3・4件の来客予定を頂いております。

 うち1件は、なんと30名近くの集団での来客!

 まきばの前工場は4名もこられたらパンパン。

 30名のお客様にローテーションで工場をご案内するというかなりハードな内容ですが、ありがたいことこの上なし。

 まきばも新たなステージに本格突入。

 また、手帳に書いた夢がひとつ現実のものになりました。
[PR]
by ma-ki-ba | 2016-06-18 08:41 | 日々のできごと | Comments(0)

意識に染み込む合言葉

f0121909_11564972.jpg


 常に思い続ける。

 これって、物事を成し遂げる為に必ず必要なことだと思います。

 常に思い続け、意識しなくても潜在意識にまで浸透させる。

 これができれば、何気ない行動もすべて成し遂げる為の行動に結びついた状態になるんです。

 そこでひらめいた!

 まきばの事務所とまきばの商品出荷ピッキング場所は窓ひとつでつながってます。

 商品出荷やら情報の確認などでこの窓毎日何度も開けては言葉を交わしています。

 「なぁ、ナベ・マッツン。

 今後、この窓開けるたびに『魚沼ナンバーワン!(魚沼でナンバーワンになるぞ!の意味)』って声かけ合おうぜ!!」

(ナベ・マッツン)「・・・・・・」

 「それっ、魚沼ナンバーワン!」

(ナベ・マッツン)「・・・・・・」

 「おいおい、どうした!

 あそれっ、魚沼ナンバーワン!!」

(ナベ・マッツン)「・・・・・・」

 潜在意識に浸透してゆきそうです。
[PR]
by ma-ki-ba | 2016-06-11 11:56 | 日々のできごと | Comments(0)

重要です!素人の目線

 今日は一日新商品の試作を行いました。

 厳密に言うと昨日の午後からです。

 お客様の商品開発担当様と一緒に試作。

 重量データ、作業時間データ、歩留まりデータなど、工程ごとにデータを収集。

 試作は、私、開発担当様、まきばの現場従業員(基本1名)で行います。

 今日の午前中は悲惨でした。

 予想だにしなかった問題が続出。

 (このままだと、この商品発売は難しいですね・・・)

 大問題を目の前に気づけばお昼。

 「とりあえず食事行きましょう」

 入ったお店でオーダーした後もずっと何か解決できる方法はないかと話し合いは続く。

 するとこうやったらいいんじゃないか?というアイデアが二人の間でいくつか出た。

 でもこのアイデアっていうのがまきばの製造現場ではできないということでやっていない方法。

 「逆に、できないと思い込んでるだけでできんじゃないの?」

 ということで、午後から早速素人2人の考えたやり方でチャレンジ。

 すると、大きな問題その1は見事クリアー!

 続いてもうひとつの大きな問題へ。

 はじめはうまくいかなかったけど、あれこれやってるうちにやっぱりできた~!!

 一緒に試作をやっていたSさんも、

 「このやり方ならできますね。きれいに仕上がった。それにこの方法なら今まで3人でやっていた作業を2人でできるようになるかも。」

 実は今回の件、解決できる気がしてた。

 少し前に読んだ本のおかげ。

 人間同じものを見ても見えるものが違う。

 たとえば、紙と鉛筆渡して「身に着けてる腕時計のデザインの絵を時計見ないで書いてみて!」

というとたいていの人は書けない。毎日見てるのに。

 それじゃあ見ていいよと言い、みんなデザインを確認。

 その後でまた目を話してもらいさっき何時だった?と聞くと答えられない。

 同じ時計を見ていても、デザインを意識してたら時間は見ていない。

 普段は時間を意識して見ているからデザインを見ていない。

 製造現場の人たちが普段意識していないところを素人2人は意識して見えたようです。
[PR]
by ma-ki-ba | 2016-05-28 19:52 | 日々のできごと | Comments(0)
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
最新のトラックバック
大和商工会東支部のIT勉..
from @南魚沼市
ba/ba
from お悩み解消ネット
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧