「ほっ」と。キャンペーン
 ”おいしい豚肉”   まきばのホームページはこちら →
 ”おいしいごはん” 魚沼炊飯のホームページはこちら→

uonumamakibaをフォローしましょう


オモシロおいしい魚沼をお届け中
by ma-ki-ba
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:フードビジネス情報( 32 )

モチベーションの維持薬





大学生から新社会人の間にテープが磨り減るくらい暗記するくらい見てたなぁ。

モチベーション維持の特効薬です。
[PR]
by ma-ki-ba | 2017-02-21 22:24 | フードビジネス情報 | Comments(0)

到達スケジュール

通過点をスケジュールしています。

スケジュールすることで達成できる確率が大きく上がるし実際に実感。

昨年度はある目標数値達成

1500

ようやく目標の1/2通過。

今年は円高株安、日本の経済状況曇り空。

2年後に目標の2/3達成に向けてスケジューリング。

地味な作業をコツコツするだけ

成果の見えない自己満足

見えてきて自己満足
[PR]
by ma-ki-ba | 2016-05-03 22:40 | フードビジネス情報 | Comments(0)

-

f0121909_1932858.jpg

f0121909_193295.jpg












 夢・目標ピラミッド








 また、ひとつ項目が









 達成されそうです。












iPhoneから送信
[PR]
by ma-ki-ba | 2015-11-03 19:32 | フードビジネス情報 | Comments(0)

魚沼一うまい 一瞬技!赤飯おこわに小豆を合わせる 新潟県南魚沼市

 おこわ配達の準備に取り掛かろうとしたとき、ちょうど赤飯を作ってました。

 撮影しようとしたんですが、一瞬で終わってしまいました。

 赤飯には、蒸しあげたもち米に料理酒をふりかけ、続いて小豆(北海道産の高級品)を振りかけて再度蒸しあげます。



 超はや技でした。

 噛めば噛むほどに甘みが口に広がる赤飯おこわです。


emoticon-0171-star.gifまきばのホームページの「いいね!ボタン」
 をポチッとな~(古ッ!)
 お願いしま~す(^-<)bヨロシクー


 まきばのホームページはこちら⇒http://www.makiba.co.jp/
[PR]
by ma-ki-ba | 2014-08-14 21:59 | フードビジネス情報 | Comments(0)

魚沼一うまい 五目おこわに旨煮汁を合わせる 新潟県南魚沼市

 次は、五目おこわの製造の様子です。

 蒸しあげたもち米に五目おこわの具材の煮汁を合わせる作業の様子です。

 皆さん、もち米を蒸し器で蒸した状態ってどんな感じだと思います。

 普段皆さんの家庭の炊飯器で炊いたご飯を想像された方いるのでは。

 実はかなり違います。

 簡単に言うと、「カラッカラに乾いたご飯」というイメージです。

 画像ご覧ください。



 蒸しあげたもち米に五目おこわの具材の煮汁をかけて均等にすばやく混ぜ合わせています。

 うまく混ぜないと白いところと茶色い煮汁色のまだら模様のようになるんですね。

 混ぜ合わせた後、もち米を引き上げると驚き!

 あんなにたっぷりかけた煮汁を全部もち米が吸い上げてるんです。

 具材のうまみをた~っぷり含んだ煮汁を一滴残らず吸い尽くしたもち米。

 うまみも全部もち米が吸い上げているのでした。



emoticon-0171-star.gifまきばのホームページの「いいね!ボタン」
 をポチッとな~(古ッ!)
 お願いしま~す(^-<)bヨロシクー


 まきばのホームページはこちら⇒http://www.makiba.co.jp/
[PR]
by ma-ki-ba | 2014-08-14 21:50 | フードビジネス情報 | Comments(0)

フジロック(FUJI ROKU)のご飯炊くぞぉ~の巻き⑥

 次の配達先に到着しました。

 山の斜面を見ると、たくさんのテント・テント・テント 才才-!!w(゚o゚*)w

 なんだか異国の風景を見ているかのようです。



 ご飯を搬入し、最後のご飯を渡すべきお客様を待ってました。

 しかし、やはりかなり忙しいようで一緒に配達にいったS君の話だと

 「あと30分は待ちますよぉ~」

とのこと。

 それならと、少しでもフジロック雰囲気を味わおうとみんなが歩いてゆくほうへ私も歩いてゆくことに。

 すると途中の橋のところで係員さんに止められちゃいましたΣ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

 ということで、仕方なく戻り屋台が立ち並んでいる広場へ行って再度フジロックの雰囲気をささやかに味わうことに。

 

 はじめの炊飯工場では死にそうになりながらも、ご飯を炊いて配達にこれてよかったです。

 フジロック裏側で、実は魚沼炊飯のおいしいご飯が毎年活躍しているのでした。


  emoticon-0171-star.gifまきばのホームページの「いいね!ボタン」
 をポチッとな~(古ッ!)
 お願いしま~す(^-<)bヨロシクー


 まきばのホームページはこちら⇒http://www.makiba.co.jp/
[PR]
by ma-ki-ba | 2014-07-30 16:37 | フードビジネス情報 | Comments(0)

ブログでもっと表現するために

 ただいま、まきばのブログに画像を多様しながらご紹介しています。

 動画を使用すると面白い反面、もっとこういうことを伝えたいんだけどどうしたらいいんだろう?というもっと良くしたいという欲が出てきます。

 今現在は、身の回りの出来事を画像で紹介している程度に留まっていますが、何事も「量質転化」。

 どんなに今はたいしたことが無くとも、繰り返し繰り返し続けることさえできれば、死ぬまでにはその道の超達人の域に達するはずです。

 今日は、まきばのホームページの手直しをポチポチやってました(こんなことやってていいのだろうかというジレンマと戦いながら・・・)

 動き回るのも大事だけど、今の時代ネットを使えないことは致命傷。

 この日はある心強い味方に声をかけていた私。

 夕方頃その心強い味方Aさん登場。

 まきばのネットワーク周りを一手にお願いしている業者さんです。

 Aさんにここぞとばかりに質問。

 「このR天のページのように迫力ある画像を差し込むにはどうしたらいいの?」

 「ユーチューブ、フェイスブック経由でまきばのホームページに誘導する為の良い方法は?」

 「ラインって集客力的には使えるツールなの?」

などなど。

 そんな話しをしていると、Aさんがある一社のHPを紹介してくれた。

 「この会社さんのページうちが作成させてもらったんですよ。

 いろいろと打ち合わせをした結果作りました。

 10人ほどの会社だけど、HP完成してから北は北海道、南は沖縄から見積やらサンプル依頼やら多数問い合わせ、引き合いが出てきてすごいんですよ。」

(私)「本当?!にわかに信じられないぞ!」

 だって、Aさんその会社名で検索するとトップで出てくるんですよ!なんて言ってたけど、その会社の存在を知らない人が会社名で検索するわけないし、同業他社もたくさんいるようだし、SEO対策だって上位に来るほどページ数も多くなさそうだし・・・

 ただ、実際にHPを作ってから大忙しで、売り上げもがんがん上がっているとのことです。

 その話しを聞いて俄然私もやる気が出てきた(負けらんねぇ~ヽ(∴`┏Д┓´)ノ彡)

 そのあと、まきばのホームページを訂正している私を見ながらAさん、

 「これ一成さん全部作ったんですよね~」

と、感心してるのかあきれているのかという雰囲気で声かけてくれた。

 まきばのホームページは、常識をにとらわれない、つまりは「めちゃくちゃ」な構成になっています。

 ただ、ページ数はかなり多いですと見た業者さんは一様に言ってくれるのでした。

 なんとか成果が出せるよう、量質転化で地道にやっていきます。
[PR]
by ma-ki-ba | 2014-07-07 20:54 | フードビジネス情報 | Comments(0)

豚肉業界のウラ話し③

 さっきまでのお話で、通常なら人気のある部分のお肉は価格が輪をかけて高くなるのでダレも手を出しません。

 食肉センターさんは毎日豚肉を処理してなんぼの職業なのだけども、豚を処理しても高くて売れないし、売れなければ在庫として積みあがるし、在庫が増えれば保管するスペースも限りがあるし・・・。

 最後には、価格を下げて販売せざるを得ません。

 しかし、高い金額で仕入れた豚肉、安く売ってはマイナスが増えるだけ。

 さてどうしたものか。

 そんな時頭をよぎるのが「まきば」のようです。

 他のまきばのような加工業者さんはスーパーさんなど主体に商品を出しているところが多く、当然高い金額で販売することは困難です。

 (皆さんも安くて良い品のスーパーに行くでしょう。高くて良い品はちょっと敷居高いし、安くて悪けりゃ絶対買わないし)

 しかし、まきばは昔から地元食材を使ったり、添加物使わなかったり、手作りだったりという体質なのでおのずと価格が高くなる。

 高くなるから高く買ってくれるお客様が主流になる。

 高く買ってくれるお客様なんて全体が100%としたら1%以下なので地味な商売になる。

 地味だから、他社がやりたがらないお仕事の依頼が増え、作る商品もマニアックになる。

 作ることに一生懸命だから、仕入れ交渉が下手で結構高い原料を使う羽目になっちゃう。

 だから、他社が「高くて買えないよ!」というケースでもまきばだと「うーん?、もうちょっと安くしてくれたら買えるんだけどぉ」となるので、食肉センターさんから結構頻繁に電話が来るんですね。

 しかし、高い仕入ばかりしていたんではいけないので、その原料を使ってまきばもハッピー、食肉センターもハッピー、買ったお客様もハッピーになる商品なにか無いか?と必死こいて考えるわけです。

 はっきりいって、思い浮かびません!そんな都合のいい商品。

 しかーし、本当に稀に思い浮かぶことあるんです。

 なので今、豚肉業界全体にとって本当に都合の悪いこの状況を、アイデアでメッチャチャンスに出来る方法あるんじゃないかとあれこれあれこれ考えてるのでした。

 最近頻繁に投稿してるユーチューブもなにか使えそうな気がする。
[PR]
by ma-ki-ba | 2014-06-24 20:48 | フードビジネス情報 | Comments(0)

豚肉業界のウラ話し②

 仕入先の食肉センターさんから私宛てに結構頻繁に電話がかかってきます。

 「桑原さん、もうどうしようもないよう。

 豚肉が高くて高くて誰も(まきばのような加工業者のこと)買わないよ。

 売れるのは安い部分だけ(牛、豚、鶏すべてその部位によって価格が違います。)。

 ロースとか高級部位は相場が高すぎてダレも買わない。

 安いモモやウデばっかり加工業者は買うから、高い部位の肉は余って在庫積みあがっちゃってるよ。

 まきばさん、なんか買ってくれない?」

 こんな内容の電話が頻繁です。

 今の内容、シロートさん聞いても???って感じでしょう。

 これ肉業界お話しだから分らなくて当然。

 簡単に説明しますね。

 例えば豚1頭丸ごと買ってもらうのが食肉センターとしては一番うれしい。

 だって、1頭丸ごと買ってもらえるから在庫が残らないんですもん。

 (だから、たまにテレビで高級ステーキを激安価格で提供!というお店は1頭丸ごと買ってますってよく言いますよね)

 しかし、普通のとんかつ屋さんは、定番のロースカツやヒレカツがメインなので、それ以外の部分は不要。

 買っても使い道無し。

 だから「ロースだけください」「ヒレだけください」ということになります。

 これを「パーツ買い」と言います。

 例えば、豚1頭丸ごと買うとしたとき肉の価格を1kg当り仮に500円とするとします。

 豚1頭丸ごと買えば1kg当り500円で購入可能。

 しかし、1頭丸ごとは使い道無いからとんかつに使うロースとヒレ肉だけちょうだい!と言うとすると、

「自分の必要なところだけ分けてあげるんだからその分高く買ってよね!」

となるんです。

 では、どれくらい高くなるのか?

 それは、「指数」と呼ばれる倍率をかけるんです。

 例えば「ロースの指数2倍」「ヒレの指数2.5倍」とすると、

 ロース価格=丸ごと価格500円×2倍=1000円/kg

 ヒレ価格=丸ごと価格500円×2.5倍=1250円/kg

となるんです。

 豚1頭丸ごと価格と比べるとはるかに高いでしょう。

 これなんです。

 今年が去年よりも豚の値段が5割アップしているとすると、

 豚1頭丸ごと価格=500円×1.5倍=750円

 するとロース、ヒレの価格はどうなるか!

 ロース価格=豚丸ごと価格750円×2倍=1500円/kg→なんと去年より500円/kgアップ!

 ヒレ価格=豚丸ごと価格750円×2.5倍=1875円/kg→なんと去年より625円/kgアップ!

 こんなに値上がりされちゃあ手も出せんわ!(T0T)ムリムリ

 これが今の現状です。

 だからこそ、今とんかつとかに使えない普段なら人気の無い部分のお肉がメッチャ売れてるんです。

 それは、指数という倍率が低いから。

 例えば脂身少ないほとんど赤身の「モモ肉」。

 もしロースを仮に2倍としたらモモは1.2倍とかそんなもんです。

 倍率が少ないから価格もそんなに高くならない。

 だから、豚肉が以上に高い今、この普段なら人気の少ないお肉がメッチャ大人気なのでした。

 これによって、安い部分のお肉は売れて高い部分のお肉は在庫になる。

 食肉センターの皆さん、在庫を増やさない為豚の処理数を最小限に抑えている。

 だからお仕事の量も激減してしまう。

 さて、そんな状況を捉え、私はあることを計画したのでした。
[PR]
by ma-ki-ba | 2014-06-24 20:31 | フードビジネス情報 | Comments(0)

豚肉業界のウラ話し

 こんにちは、まきばの桑原一成です。

 今日は、今現在起こってる豚肉業界についてお話しさせて頂きます。

 (ちょっとディープなので、投稿後削除させて頂くかもしれませんので念のため。)

 ただいま、日本の豚肉業界大変なことになってます。

 聞いた方もいらっしゃるかもしれませんが、豚の流行性下痢PEDの影響で、国内・海外共に子豚が大量に死んでいるんです。

 これがどのような影響を世間に及ぼすか。

 その1)PEDに感染した農場は、その感染を防ぐ為に成長した豚の出荷をさせてもらえなくなる可能性が。

 その2)感染した子豚が大量に死ぬ為、将来の豚の出荷頭数が減ってしまう。
     豚はオギャーと産まれてから6ヵ月後には成長し、処理場に出荷されるんですね。
     豚がPEDに感染して大量に死亡してしまうと、その6ヵ月後に市場に出回る豚肉が激減するというわけです。

 その3)海外からの輸入される豚肉の価格が高騰。
      実はこの豚の流行性下痢病(PED)は、日本で流行る前に、アメリカ、カナダで流行。
      これによって、海外でも豚がばたばた死亡してしまい、豚激減。
      減れば当然価格は高騰。
      輸入価格が過去にないほどの高値に!

 その4)日本の価格大高騰
      その1~3の結果、日本の豚は激減し価格高騰。
      通常なら国産が高けりゃ安い輸入を!と思うところが輸入も高い。
      更に更に、6ヵ月後には大量に死亡した子豚の影響が出始めて更に値段が高くなる。

 ということで、現在豚肉は去年の3~5割も価格が高騰してるんです。

 皆さん、家庭の家計を預かる主婦だったらどうします。

 スーパーにいったら豚肉が去年よりも3~5割も高い!

 それでも絶対豚肉が食べたい!と思うんならいいですが、限りある予算をやりくりしている主婦なら、

 「豚肉高いからこんばんはポークソテーやめてチキンソテーにしようかしら。」

って思う人出てくると思うんです。

 豚が高けりゃスーパーも「豚肉特売!」も出来なくなっちゃいますね。

(最近チラシで豚肉特売減ったと思いません?)

 こうなると、豚肉の販売量が減るわけです。

 普通なら、需要と供給の関係で豚肉の販売が減れば価格も下がるはず!

 しかし、今回はPEDで豚の出荷量がそもそも減ってるんで、なんと販売不振で減ったのと絶妙なバランスが取れており、価格が下がらない。

 「豚肉売れないが価格は下がらず」という特殊な現象が起こっているのでした。

 
[PR]
by ma-ki-ba | 2014-06-24 20:09 | フードビジネス情報 | Comments(0)
カテゴリ
最新のコメント
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
最新のトラックバック
大和商工会東支部のIT勉..
from @南魚沼市
ba/ba
from お悩み解消ネット
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧